阿幾左与庵 そうだ茶の木を植えよう -- 阿幾左与庵
FC2ブログ
2018/05/10 (Thu) 21:44
 かねてから作りたかった自家製緑茶。
猫の額の庭地にはもう植える余地がないみたいだから、先住者を(容赦なく)間引くことにした。

先住者は、沙羅の木、這松、柘榴、プリペット、カナメモチ、樫、山桃ですが、
プリペットは10年ほどで全草排除、這松は根が排水管を塞いだので除去してその後跡地にというか、

今地面に生えてる植物は、殆ど食べられるものですが、

沙羅の木、柘榴、カナメモチ、樫、山桃、隠れ蓑、金木犀、オリーブ、フェイジョア、両性キーウィ、ブルーベリー、みかん、いちじく、杏、柿、ポポー、かぼす、棘無しタラ、佐藤錦、梅桃、コシアブラ、ヒメウコギ、タカノツメ、あじさい、
明日葉、日向当帰、コゴミゼンマイ、蕨、アマドコロ、水仙(排除しても、しても出てくる(T_T)、大和芋、ホップ、山蕗、石蕗、紫蘇、山の三つ葉、セイジ、ローズマリー、スギナ、イタドリ、オオバコ、スベリヒユ、その他スミレなど

水耕栽培&プランター
トマト、山葵、三つ葉、ノビル、独活、茗荷、ドクダミ、紫蘇、各種ミント、バジル 大名竹、布袋竹、根曲がり竹、・・・

あと盆栽で、
松、檜、杉、萬両、千両、コバノミツバツツジ、八手、柊、櫨、楓、雪の下、・・・

雑草(という植物はありません、とは昭和天皇のお言葉だったと思いますが)がたくさん
(・・・すみません浅学で)

こうして列挙すると、まぁ沢山の有用植物が生えている猫の額の地面でした。

で、この猫の額の地面に念願のお茶の木をうえようとの一大プロジェクトを発動したのです

普通のお茶の木は「やぶきた」ですが、最近花粉症に効くということで人気の品種がありました。
「べにふうき」
もともとは紅茶用の品種のようですが、発酵させずに緑茶で喫することで花粉症の抗炎症作用あるそうです。
それを植えようと思って探しましたが、どことも売り切ればっかりで、一箇所だけありました。

お茶の苗木ファーム
http://www.ochanonaegi.com/p1.htm#8
アフィリエイトじゃありません、単なる備忘録です😆

20本買いました。




DSC08410.jpg

1年生挿し木苗でしょうか、元気です。

DSC08411.jpg

西側のカナメモチを間引いてその隙間に植えました。

DSC08412.jpg

DSC08413.jpg

南側のカボスの横っちょです。

DSC08416.jpg

西側

DSC08414.jpg

DSC08415.jpg

南側

DSC08417.jpg

山桃苗東魁(メス木) です。来年小枝が出てきたら接ぎ木苗に使うつもりです。本木が大木になってきたので接ぎ木して定着したら本木を伐採する予定です。

DSC08419.jpg

カナメモチを間伐した根本に植えたべにふうき。

DSC08418.jpg

ベランダのパーゴラではキーウィが花開いてきました

DSC08424.jpg

ニホンミツバチかなぁ

DSC08426.jpg


DSC08429.jpg

どっかで拾ってきたスベリヒユですが繁殖してきました

DSC08371.jpg

DSC08372.jpg

2015年に栽培を始めた山葵ですが薹が立って種が散布されて子供も育ってきてます。
今年も種を採取しました。



DSC08357.jpg

という、阿幾左与庵での山菜などの有用植物レポでした。
関連記事

 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
食材  /  山菜  | CM(2)  | TB(0)
自家製茶いいですねぇ~♪
私も庭があったらやりたいくらいです。(^^)
2018/05/13 (Sun) 00:39 | 編集
かものはし様、

べにふうきはもともと紅茶用の木ですからわらび様の山荘に植えてみてはいかがでしょうか。
お茶の木なら鹿の食害に合わないかもしれませんが鹿の食害対策では、昨年藍那の郷に山桃の苗を植えた時、苗を2cmメッシュのプラスチック網で鹿の届かない高さまで巻きました。
1.8mくらいだったかな?

この記事
藍那の里 炭焼きクラブ 山桃増殖プロジェクト
http://akisayotei.blog.fc2.com/blog-category-42.html#e_914
2018/05/14 (Mon) 00:10 | 編集
コメント:投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開