阿幾左与庵 MODIFIED HEAD PROFESSIONAL RACKET, BLACKBURNE & POWER ANGLE STYLE -- 阿幾左与庵
FC2ブログ
2018/04/08 (Sun) 00:11

500円でゲットしたヴィンテージのHead Professional
ベッティーナ・バンジちゃんんが使ってた。

このラケットを改造してBLACKBURNE のようにDOUBLE-STRUNG、ラケットの両面にガットを張って、POWER-ANGLE のようにDIAGONAL-PATTERNで張ろうと思います。

先ずは張ってあるガットを解きます。

DSC05804_2018040713015746d.jpg 

本体はアルミの引き抜き成形のような中空フレームですが、ブリッジ部は硬質塩ビのような樹脂です。

DSC07492.jpg

グロメットとブリッジを取り外しました。

購入時の張り上げ重量=356g
グロメット     =14.4g
ブリッジ      =33.1g

穴あけ加工前のフレームとグリップテープ重量=295gr

DSC07595.jpg 

フレーム上下面にストリングを通す2Φの穴を開けました。

DSC07594.jpg 

穴を開けたフレームのエッジ部は中空になっていました。
アルミパイプをダイローラで型押ししながら引き抜き成形した素材のようです。

DSC07596.jpg 

リブ部分の厚みはエッジ部の倍ほどありますから、間違いないでしょう

DSC07597.jpg 

2Φの穴開け後、3Φのキリで座ぐりしてバリ取りしました。

DSC07598.jpg 

座ぐり前はこんなにバリがありますのでストリングが傷ついて切れるかもしれません。

DSC07599.jpg 

DSC07600.jpg 

ブリッジは軽くするために半分に切断しました。

P1100890.jpg

P1100891.jpg 

ブリッジを取り付けてストリングを張りました
ソリンコツアーバイト1.05Φです
一面を張り上げました。

P1100899.jpg

ストリングホールは最終的に3Φ穴を開けて4Φでザグリしましたが、ストリングの滑りが悪いのでまだバリがあって切れるかもしれません。
R面取りが必要でしょうが工具が入手できるまでとりあえずこれでプレーしてみます。

P1100900.jpg 

もう一面も張り上げました。

P1100901.jpg 

両面張り上げました。
少々難しいですけど、まぁなんとか😅
40ポンドで張りたかったのだけどストリングホールの滑りが悪くて上手くテンション維持できませんでした。
結果、30ポンド程度のテンションしかかかってないと思います。

P1100902.jpg 

張り上がり重量313gr
この程度の重さなら使えそうです。

P1100904.jpg 

穴位置をちゃんと設計しなかったので中央部の格子目が広くなってしまいました。
ITFのレギュレーションでは中央部は周縁部より蜜であることとなっていますのでトーナメントでは使えません。
でも、ローテンションの効果なのか、センター部の格子目が粗になったからか、とても良くスピンが掛かります。

パターンとしては周囲にもう1本ストリングを張っても良いですね。

DSC08110.jpg 

実際に使ってみたら

「フレームショットよさようなら」の謳い文句は正しかった・・・というか、フレームショットしてもあらぬところに飛んでいくことはない。

打球面積が小さいので風圧が小さくなり振り抜きが早いし楽。

サーブもフレーム付近でヒットしてもちゃんとコントロールでき、狙ったところに飛んでいく。
しかもスピンがよくかかる・・・フレームの出っ張りがないのでその分打球面積が広がるのと、斜めばりの効果が加わってるのかもしれませんね。

ということで、ブラックバーン社の両面張りフレームにパワーアンクル社のダイヤモンド張りが最強のラケットと断定いたしました。

両面張りの効能を実感したので1本BLACKBURNEを購入することにしました。

改造ラケットは強打したらガットが切れちゃいました。
やっぱりR面取りが必要のようですね。

関連記事

 
 

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | BLACKBURNE | DOUBLE-STRUNG | POWER-ANGLE | DIAGONAL-PATTERN
コメント:投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開