阿幾左与庵 テニスボール保圧容器およびテニスボールの内圧 -- 阿幾左与庵
2018/02/26 (Mon) 19:48
 テニスボールの保圧・内圧回復容器および、そもそものテニスボールの内圧についてのコメント(質問)がありますので、一度整理しておきたいと思います。

まず、テニスボールの内圧ですが

ボールの内圧について調べてもITFに規格はありません。

WIKIより抜粋

国際テニス連盟による規格[1]
色 白または黄
表面 均一な布地で覆う
重量 56.0g以上59.4g以下
直径 6.54cm以上6.86cm以下
254cm±0.3cmの高さから強固な平面に落下させた時のバウンドが135cm以上147cm以下でなければならない。(ボールの下を測る。) 繋ぎ目があってもよいが縫い目があってはならない。

なので、当然のことながらトリトンXなどのノンプレボールでも公式球に採用されていたりします。

メーカーのスペックを探しても内圧の規定はなかなか見つかりませんが、住友ゴムさんの特許出願に次のような記述があります。

https://astamuse.com/ja/published/JP/No/1994229864
テニスボールの内圧測定方法

「硬式テニスボールには、中空のコアの内部に空気またはガスを封入してコア内部を大気圧より0.6〜1.2kg/cm2 程度高くした加圧テニスボールと、コア内部が大気圧とほぼ同程度の圧力(大気圧より0.4kg/cm2 程度まで高い圧力のものも含む)の無圧テニスボールとがある。」

大気圧はゲージ(圧力計)では0kgf/cm2ですから、テニスボール内圧はゲージ圧力で 0.6~1.2kgf/cm2 ということになります。

なお、「テニスボールの内圧はおよそ1.8気圧である」という表現がありますが、これを1.8barだとか、1.8kgf/cm2であると誤解されている方が多いようです。
この、〇〇気圧という表現は曲者でして、実は絶対圧力の表現なのです。
大気圧は1気圧(1ata=1 atomic absolute ≒ 0 kgf/cm2 gauge)ですから、1.8気圧は≒0.8 kgf/cm2G なのでした。

ところで、諸々のご質問などの答えはテニスボールの圧力回復容器の先駆者でいらっしゃいます、有本様のホームページをご覧になれば疑問が氷解なさることでしょう。

素晴らしい情報が開示されているのですがpdfファイルで構成されているからなのでしょうか、検索してもなかなかヒットしませんでした。

「有本・健康・幸せ・テニス道」
http://arimotoktennis.web.fc2.com/

硬式テニスボール蘇生筒『棒リッチ』が整いました!
http://arimotoktennis.web.fc2.com/pdf/20110525a.pdf


硬式テニスボール蘇生筒 


上記の製作仕様書にはノウハウが満載されていますので諸々の疑問が氷解されることと思いますが、要点を抜粋しますと;

2.原 理

(1)プレッシャーボールは、約1気圧(1kgf/cm2)の内部圧力が封入されており、ボール缶内部も同等の圧力で封印されているので開封 しなければボールの内圧に変化が無い。この原理を利用してボールを保管する場合は、棒リッチ(塩ビ管)の封入圧力を約1kgf/cm2  (100kPa)に設定してボールを保管すると、何時までも新品のボールの圧力に近い圧力のボールとして保存できます。

(2)ボール缶を開封して使用している間に内部圧力が減少したボールを蘇生する場合は、その減少具合によって棒リッチの封入圧力を0.5  ~1.5kgf/cm2 (50~150kPa)の適切な圧力に設定し保管すれば、時間は少しかかるがニューボールに近い圧力に蘇生することができます。



************
(4)ボールの空気へたり具合によって蘇生圧力が違い ますので、以下の設定圧力を参考にして下さい。

Ⅰ.殆ど空気が抜けたボール:約50~80(kPa)約5週間
Ⅱ.沢山空気が抜けたボール:約80~110(kPa)約4週間
Ⅲ.少し空気が抜けたボール:約110~140(kPa)約3週間
Ⅳ.そのままの状態で保存する場合:約110(kPa)

(5)棒リッチにボールと空気を封入して保存又は蘇生  する場合は、水平に設置すると健全に蘇生し易い。

(6)本装置は排水パイプ部品を圧力容器として使用する  ため取扱には十分注意して下さい責任は持ちません。

(7)④のエアバルブを②の蓋に内側から1個追加すると  リリーフ弁(安全弁)となり安全に空気を封入できます


関連記事

 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | 保圧容器 | テニスボールの内圧
コメント:投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開