阿幾左与庵 阿幾左与庵 -- 2013-08-の記事一覧 --
FC2ブログ
2013/08/30 (Fri) 20:39
8月29日

丸鯵とツブ貝は本日の酒肴ですが、ヅワイガニはスチームしてストック。
鰯は開いて酢締めして明日の酒肴です(*^_^*)

P1040946.jpg

この鰯は開いて酢締めしますが、すし酢のみで漬けますと酢が優しいので2~3日漬け込んでも締まりすぎません♪
最近の阿幾左与庵ではすし酢3対米酢1を配合していましたが、米酢を入れると1日で締まりすぎるのですし酢のみに戻しました(^_^;)

P1040945.jpg

本日の酒肴になった鰺のお造りで~っす♪
アラは相も変わらずアラ炊きに致しました。

P1040947.jpg

これは昨日の残りのビントロです。(^_^;) 少し塩をしたら締まって血合いが目立ってきました。
ビントロといえども、赤身の扱いはムズいっすわ。
つくづく小型の-60℃冷凍庫が欲しくなります。
なんて言ってもマグロの冷凍保存には-60℃が必要なんですよね~、でも12万円は贅沢過ぎ。(-_-;)

P1040948.jpg

つぶ貝の煮付け。 ツブ貝っていったって、お味はサザエと変わりません。 ちょっとした酒肴に最適です。

P1040949.jpg

イベリコ豚タンの塩焼き。 スライスして1%重曹塩水に漬けてますのでいつでもご用意できますの(^_^;)

P1040942.jpg

阿幾左与庵にピッタリの旗を見つけました ♪ なかなか上手いコピーなので気に入りました(^_^;) 

P1040944.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/28 (Wed) 23:25
8月28日

少し小振りの新秋刀魚。 Lサイズはお値段が倍致しますので分相応にお安いものをゲット。

P1040930.jpg

これもお安い、ビンチョウマグロ。 部位を選択すると、ほんとに美味しいビントロが食べられますわ♪

P1040931.jpg

新秋刀魚の中骨や皮も捨てずにオーブントースターで、カリッと焼き上げますと美味しいんです。
お魚はできるだけホールで食べられるところは全部食べるように心がけてますの。

P1040933.jpg

秋刀魚のお造りで~っす♪
早く漁獲が増えるといいですね~。 やっぱり脂が乗って美味しいで~っす(*^_^*)

P1040934.jpg

こちらはビントロです。 脂とろとろっす♪

P1040935.jpg

オーブントースターでカリカリに焼いた秋刀魚の骨せんべい。 おいしいんですよ♪

P1040936.jpg

昨日仕込んだ鯖寿司。 やっぱりいつ食べても美味しい。 けど、太るのが心配・・・(^_^;)

P1040937.jpg

真烏賊の一夜干し。 これってお酒の充てに最高なんです♪
このあと例によって豚タンの焼き肉食べて・・・メタボっくるんでした・・・あぁ~あ、意志薄弱なあたし(-_-;)

P1040938.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/28 (Wed) 21:26
8月27日

今日はノルウェイ産のアトランティックサーモンでスモークサーモン作りです。
皮も骨も取ってあるフィレです。 金色の台紙に乗ってなんか豪華絢爛ですね♪
ビッグな特大サイズで全長54cmもありやんす(^_^;)

P1040917.jpg

P1040918.jpg

適量のお砂糖を塗して(脱水効果が大きいので)、その上からまた適量のヒマラヤの岩塩を塗しますが、おそらくは4~5%の重量比だと思います。 ・・・ほんとに適当なので悪しからずです、はい、(^_^;)

P1040920.jpg

あっという間に水分がにじみ出てくるので。

P1040921.jpg

ちゃっちゃとスモークシートで包みます。

P1040923.jpg

そしてその上からピチットシートに包んで。

P1040924.jpg

さらに、新聞紙でくるみます。
新聞紙で包むのは、ピチットシートで吸い上げた水分を冷蔵庫内に蒸散さすための緩衝材なのです(*^_^*)

P1040925.jpg

んで、仕込み完了っす♪
このまま、冷蔵庫で7~10日保管乾燥すると出来上がりで~っす(*^_^*)

P1040926.jpg  


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
酒肴  /  燻製  | CM(0)  | TB(0)
2013/08/28 (Wed) 19:51
8月27日

ゴマ鯖の生鮨で~っす。

P1040905.jpg

秋刀魚の生鮨で~っす。

P1040906.jpg

刺身こんにゃくで~っす。
よく見えませんが、このこんにゃくにはすだれ状の筋が入っているので酢味噌が絡んで旨いんっす♪
勿論、国産!

P1040929.jpg

豚タンで~っす。

P1040910.jpg

今日はとても空気が澄んでいて遠方までよく見えました。 秋の始まりでしょうね。
特徴的な三段重ねのあべのハルカス。

P1040912.jpg

紀伊半島の山並みもうっすらと見えます。

P1040913.jpg

P1040914.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/28 (Wed) 19:19
8月25日

今日の酒肴用食材です。
上の2匹はちょっと節約して塩焼き用の解凍秋刀魚。

中の新物はお造り用に頭を落として内蔵を掃除してもらいました。(^_^;)

そして、やっぱり買っちゃう鯖。 最近東北産がお安く出回ります。 やっぱり風評被害なのでしょうかねぇ。

P1040896.jpg

赤蕪と白小蕪の紅白ラブラブ漬け♪

P1040898.jpg

鰆の昆布締めと秋刀魚のお造り。 脂が乗ってお口の中で蕩けますわ(๑╹ڡ╹๑)
秋刀魚の片身は酢締めにしました。

P1040900.jpg

秋刀魚の塩やきっす。 早く新物の漁獲が増えるといいですね~。

P1040901.jpg

秋刀魚の尾の身と皮の潮汁。 なんでも椀種にしちゃう阿幾左与庵でした(^_^;)

P1040902.jpg

豚トロの生ハム。 味は良いのですがね、繊維が堅くって残っちゃうんです。

P1040903.jpg

筋が多い場合は少し炙ると美味しく、噛み切れるコラーゲンたっぷりになるのです。
で炙っちゃいました。 やっぱり、筋は消えますね♪

P1040904.jpg

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/26 (Mon) 14:41
8月24日(土)

ビッグサイズの鰯を求めてスーパー巡りしたものの全然見当たらなくて代わりと言ってはなんですが、結局鰆を買いました。
一部お造りにして、のこりは生鮨にいたしましょう。

P1040884.jpg

生若布を湯通ししてサラダに(*^_^*)

P1040885.jpg

やっぱり美味しい鰆のお造り(๑╹ڡ╹๑)

P1040887.jpg

これも定番のツブ貝の煮付け。

P1040888.jpg

鰆の皮をお椀に入れて熱湯を注いだだけで出来る潮汁。
超~簡単で(๑╹ڡ╹๑) 椀物です。

P1040889.jpg

カイノミステーキ。

P1040890.jpg

ミックス茸の佃煮。

P1040891.jpg

蛸卵の煮物。 アゴ出汁で味付け致しました。

P1040893.jpg

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/26 (Mon) 13:59
庵主Sはドラム担当だったのですが、突然、ウクレレを弾きたいと言い出しました。
バイト先のBGMでビーチサウンドというチャンネルがあり、それを聞いて癒やされたので、

「そうだ、ウクレレを弾こう」と霊感を受けたのだそうです(^_^;)

実は庵主Aも昔、ギターが弾けるんだからウクレレは4弦だから簡単だろうと思ってウクレレを買っていた(右のひょうたん型)のですが、コードの抑え方がギターと違うので三日坊主で終わってました。

庵主Sは若いころ、ギターにチャレンジしたものの、挫折しておりましたが、ウクレレなら4弦だから大丈夫と思ったようです。

ということで眠っていたウクレレと教本で練習を始めました。
調律の方法や音階の弾き方から始めて、簡単なコード進行の曲を選んで、

・・・1周間程で「君といつまでも」が弾けるようになりました。(*^_^*)

で、さらに高度なレベルを教えるにはウクレレが1本ではやりにくいので、もう1本買いました。

P1040895.jpg
ひょうたん型のは国産、Famous社の FU-200型です。
新しくかったのはMade in USA パイナップル形、
ALAMOANA アラモアナ ウクレレ UK-160/UK-160P

国産は単板製の高級機ですが、これは合板製の廉価版ですが、音程は正確との高評価でしたので、購入しました。
標準の糸巻きベグはギア式ではありませんので、庵主Sには調律し難いのでギア式ペグも買って交換しました。
ついでにFU-200もギア式のペグに交換しました(*^_^*)
MAHALO UMH100G/GD/BK ウクレレペグ

FU-200とはペグの穴径が異なるので穴を拡げる必要があります。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/25 (Sun) 00:50
8月23日

真蛸の卵をカラスミにするので、取り敢えず塩漬けしました~(^_^;)
卵膜が分厚いので数日かかるかもです。

P1040868.jpg

ところで野菜室で熟成させていた生ハムですが、かなりカチカチになってきたので、ピチットから開陳してみました。

*豚タンは3月1日に味噌漬けし、2月26日に塩糀漬けし、6月4日にピチットしたものです。

*肩ロースは、3月17日に、赤味噌5対酒2のミックスに漬けて、6月4日にピチットしたものです。


それまでの記事はこちら。

豚タンも肩ロースも最初の半分ほどの大きさに縮まってます。
重量計測での水分除去率は計算出来ない(脂肪量が絡むから)ので、職人?(庵主A)の指の感覚で、・・・まぁ、言ってみれば硬さの触感で、(^_^;)判断致しました。

豚タンは・・・なんか、わけわかんない形態にならはったわ(^_^;)

P1040869.jpg P1040870.jpg P1040871.jpg

こちらは豚トロのレシピ。

P1040873.jpg

豚トロのスライスですが、平べったいフィレを三つ折にしましたので、三枚バラみたいですね。

P1040874.jpg

それぞれの部位の生ハムレシピでござんす(^_^;)

P1040876.jpg

で、試食た~いむ、でござんす(^_^;)

上が肩ロース、中程が豚トロ、繊維を断ち切る方向にスライスしています。
下が豚タン。

豚タンは塩糀漬けしたのが災いしたのか、糠味噌臭が致します。 旨みは良いのですがね(^_^;)

お味噌だけの肩ロースが最もお味がよろしいようですわ(*^_^*)

豚トロは塩糀漬けもしたのですが、脂身が多いので、糠味噌臭はあまり致しません。
けど、繊維が固い。 もともと豚トロは歯ごたえもありますから、生ハム加工にはあまり適さないのかもです。(^_^;)

ここに写真はないのですが、出来損ないだったモモの生ハムもその後ピチットで矯正しておりましたが、よいお味になりました。 やっぱり、最低でも、ピチットで3ヶ月~6ヶ月は熟成する必要が有るようです。

これまで短期即製で48ヶ月長期熟成生ハムの味を再現するべく色々なレシピで施策してきました。

今のところ、味噌漬け1~2ヶ月+ピチット熟成3~6ヶ月がよろしいようですわ(*^_^*)
味噌漬けの期間はブロックの大きさで加減して、ピチットは硬さの触感で加減いたしましょう。
糀は香りがきついので使わないほうがよろしいようです。

生ハムに適した部位は、やはり腿肉が良いようです。
肩ロースや豚トロは脂身が多すぎますね。
でも脂身がお好きな方にはとろとろに口溶け致しますから(๑╹ڡ╹๑)かもです。
お皿に盛りますと、それぞれに個性があっておもしろいです。

P1040879.jpg

これは昨日買った剣先烏賊のエンペラ炒め。 70円でめっちゃ美味しかったわ(*^_^*)

P1040880.jpg

エンペラを炒めた後のオイルでレタス炒め。 
最近はキャベツよりも、白菜よりも、レタスが一番使いやすいっす♪

P1040882.jpg

仕上げは私の作った黒カレイの干物焼。
冷凍のままスチームオーブンに放おり込んで焼くので簡単スけど、焼き上がりの判定がムズいんス(^_^;)
どうやら、まだ、半生のようですので、も一回釜に入れて焼きを入れますね。

P1040883.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
干物  /  生ハム  | CM(2)  | TB(0)
2013/08/23 (Fri) 12:09
8月21日

社長ご来庵♪ 最近阿幾左与庵ではやりの花壇盛り。
ピチットで締めたビントロ。 水っぽくなくなってもっちりします。
鰆の昆布締め、ソデイカにアトランティックサーモン。 
下は酢締めした鰯の丸めてぶつ切りにしました。

P1040838.jpg

これは、坊ちゃんカボチャと紫オクラ。 生のスライスです。
坊ちゃんカボチャは瓜のような香りですが、甘くてシャキカリ食感です。 
紫オクラは、兎に角粘りますねー、自然薯みたいです(^_^;)

P1040839.jpg

私達には相変わらずの紅豆腐ですが、お客様には久しぶり(^_^;)

P1040840.jpg

ミックス茸とシシトウの佃煮。 
お家むかご。 小粒ですが、これで収穫はお終い・・・野に採取に行かねば。

P1040844.jpg

鰯の押し鮨。 美味しかった~♪

P1040837.jpg

8月22日

珍しい蛸の卵発見♪ 100円/100gだったので、4パック全部大人買い(^_^;)
さぁ、どんなお料理に致しましょうかね。

P1040858.jpg

今が旬の丸鯵。 大鰯が無いので鯵のお造りと塩焼きに致します。
剣先烏賊のエンペラ。 炒めるとほんとに美味しいんです。
肝がぷっくりのカワハギ。 煮付けに致します(๑╹ڡ╹๑)

P1040859.jpg

毎日おなじようなものばかり食べても飽きない、阿幾左与庵の酒肴。
鯵のお造り、鰆の昆布締め、ビントロのピチット締め。

P1040861.jpg

鯵の塩焼き。 半身です(^_^;)

P1040862.jpg

カワハギの煮付け。 庵主Sがヒレを切り取らずに煮たものですから、少しざらついたところがあるので残念。
殆どの方がヒレを付けたまま煮ていらっしゃいますが、庵主Aはヒレから剥がれた皮がザラザラするので、ヒレを切り取って煮付けます。 ヒレが無いと盛り姿が悪いかもしれませんけど、食感第一ですわ(^_^;)
皆さんヒレの皮は気にならないのでしょうか?

P1040863.jpg

シシトウの佃煮、紅豆腐、坊ちゃんカボチャ、水なすで~っす。

P1040865.jpg

取り敢えず煮付けてみたタコマンマ。 といってもマダコの卵なので小粒です。(^_^;)
やっぱり、醤油漬けや塩辛には水蛸の卵でないとね。
でも、もっちりこってりしてますので、・・・う~む・・・そうだ 蛸の卵のカラスミを作ろう\(^o^)/
乞うご期待♪

P1040867.jpg

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/21 (Wed) 14:08
8月19日

昨日仕込んだゴマ鯖の生鮨。
すし酢3に米酢1の割合で締めてますので柔らかい甘酸っぱいお味になっています。

P1040824.jpg

イベリコ豚タン焼き肉にモロッコインゲンの炒めもの。
オリーブオイルで炒めて、生しょうゆを掛けて頂きます。 生醤油とオリーブオイルの相性がまたよろしいんですわよ(*^_^*)

P1040825.jpg

紅豆腐の賽子盛りっす♪
ちびちび食べてますとお酒が止まりませんわ(^_^;)

P1040828.jpg

手長蛸の煮付け。 

P1040829.jpg

小蕪のラブレ漬け。 ほんとに酸茎のまんまで~っす。♬

P1040830.jpg

8月20日

本日の目玉食材。 すごく生きが良いので、3パック購入。
それと、ビントロブロック。

P1040831.jpg

半冷凍して手開きにしました。
柔らかいお魚の時は半冷凍すると調理しやすいのですが、これは失敗しました。
脂が固まってしまい、骨の身離れが悪くなってしまいました。
とにかくすご~く脂が乗っていました。
氷水で洗って、酢締めへ。 明日食べますが楽しみですね。

P1040832.jpg

鰆の昆布締めと、ビントロ。
このビントロは大当たりでした♪  脂がよく乗ってる場所を選んでますが、100円/100gはお買い得でした~\(^o^)/

P1040834.jpg

このところ毎日のように出来る入道雲。 
もう上空の部分が潰れちゃいましたが、木の下では局地的豪雨が降っています。
ちょうど奈良県南部あたりなのですが、大阪市降雨情報でみますと、しっかり真っ赤っ赤に降っています。
こちらはカラッカラなのに・・・こちらでも降って欲しいですわ(-_-;)

P1040835.jpg

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/21 (Wed) 13:33
8月16日

相変わらずのソデイカと鰆。
やっぱり偏食気味?

P1040800.jpg

最近のイカの白バラ造りでは花びらの先にスリットを入れてます。 この方が綺麗に広がるので美しいのです♪

P1040801.jpg

こちらも相変わらずのマグロ梳身のグリルです(^_^;) よくまぁ飽きないものですわ。

P1040803.jpg

常備品のきのこミックスと昆布の佃煮。

P1040805.jpg

これは4個重ね巻きの巻き柿。 阿幾左与庵謹製の最大径です。
まだまだ、未熟ですね、綺麗なスパイラルになってません(^_^;)
冷蔵庫から取り出して切る時は固かったのですが、室温(28℃)に馴染んだら普通の干柿の硬さに戻りました。
形はもひとつでも、お味は・・・絶品ですわ(*^_^*)

P1040797.jpg

先日採取した立ち枯れ乾燥キクラゲを水で戻したら、こんなに立派なキクラゲになりました。(*^_^*)
きのこミックスに加えたら、やっぱり食感がひと味違いますね。 美味しいです♪

P1040806.jpg

こちらは近所の公園の倒木(桜)から採取したカワラタケ。
カラッカラですから、虫は居なさそうですが、念のため虫出ししました。

P1040807.jpg

虫が居たか確認しようと思っていたのに、庵主Sがちゃっちゃと塩水を捨てちゃいました(^_^;) まっいいか。
この後干して保存してカワラタケ酒の原料にいたします。

P1040808.jpg

8月17日

今日は庵主Sの友人がご来庵。
マグロ、鰆(昆布締め)、ソデイカ、アトランティックサーモンスモーク、カラスミの お花畑盛りっす♪

P1040809.jpg

先ずはビールで乾杯~っ\(^o^)/

P1040810.jpg

きのこミックスの佃煮と紅豆腐市松模様盛り~♪

P1040813.jpg

お客様ご持参のドイツビア。 後ろにちらっと見えるのは庵主A用の大和蔵。

P1040814.jpg

お取り寄せの有機トマト。

P1040815.jpg

ちび房トマトは飾りに最適ですね。(*^_^*)

P1040816.jpg

いつものマグロ梳身のグリルです。

P1040818.jpg

この頃になりますと、庵主Aはワインを空けてお昼寝タイムに突入しております。
このあと、豚タン焼き肉を召し上がったそうです♪

8月18日

本日の食材はこれ、宮城県産のゴマ鯖。 
生鮨に仕込んで、明日の酒肴になりました。(*^_^*)

P1040821.jpg

あいも変わらず、ストックしていた銚子産のマグロ梳身、といってもこんなに立派な赤身が取れます。♪
ソデイカは冷凍柵がストックしてありますので何時でも食べられるんですね(^_^;)

P1040822.jpg

鶏牛蒡ときのこミックス。
牛蒡のカットがちとでかい・・・庵主Sの好みですね。(*^_^*)

P1040823.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/16 (Fri) 13:54
8月13日

8月9日にフロートボールとダイアフラムを交換したINAXのトイレロータンク。
未だに漏水が止まりません。
再度チェックで蓋を開け、手でボールを弁座に押し付けても漏水してます。
それもボール交換前より多いのですよ?
弁座以外から漏れているとなると、弁本体の取付部くらいしか漏水原因がありません。
ふと、オーバーフロー管を揺らしてみましたら、少し動いて漏水がとまりました。
どうも付け根にクラックが発生しているようです。
止水弁を絞めて、ロータンクの水を排水して調べていたら、あっさり折れちゃいました。

P1040767.jpg

破断面をみますと白い部分がかろうじて架橋構造が保たれていた部分で、私がちょっと力を加えたら毟れちゃったんですね。
その他の面はつるんと光ってますから、見事に脆性破壊のクラックが発生したものと思われます。
一体どういう材質なのでしょうか。 見た目、熱硬化性樹脂に見えますが、もっと安価な塩ビでも良いんじゃないでしょうかね。

P1040768.jpg

ま、仕方ないのでアマゾンで下の部品を手配購入しました。

INAX 密結サイホンロータンク用フロート弁(弁座内径50mm) PK-TF-811C(240)

P1040766.jpg

その後、ネットで検索したら出るわ出るわ、INAXのオーバーフロー管折損事故多発。
しかも明らかに製品不良による瑕疵であるにも拘わらず、リコールも無償修理も行っていない。
メーカーの姿勢にネットではかなりお怒りの方が増加しているようです。

弁体を交換するにはロータンクをはずさなくではならないので、めんどっちいなぁと思って調べていたら、切断部に塩ビパイプを挿入して接着する修理方法が紹介されていました。

この方のブログで上手で可愛い図解(完璧)がありました。 ありがとうございましたm(__)m

あ・の・ろぐ


d1eed8.jpg

接着剤は
この方のブログで紹介されていました、セメダインスーパーX

晴れのち気まぐれ♪

オーバーフロー管の内径が23.2mmで16サイズ塩ビ管の外径が22mmですから、そのまま使うとブカブカです。
ソケットですと外径が24~25mmありますので入りません。 オーバーフロー管現物を持って行って現合チェックすればよかったかも。
結局16塩ビパイプを1m買って帰り、金切りノコで加工しました(あっという間です)
シールテープや、パテで調節したほうが良いでしょうけど、そのままたっぷり接着剤を塗って挿入しました(^_^;)

案の定、傾いて固まっちゃいましたが、性能(止水)は発揮してるようで漏水はとまりました。\(^o^)/

おひる宴会前のお仕事が終わりましたので、酒肴作りに勤しみましょう(*^_^*)

本日の食材はこれ、調子産の生マグロ梳身。 
良い赤身が取れそうなところが190円x2パック。
そして、鮮度の良い鰆のフィレ。

P1040769.jpg

3分の1強をお造りにして、残りは昆布締めに致しました。
8寸の白板昆布に挟んで一晩絞めて白板昆布と一緒に頂きます。

P1040770.jpg

下は銚子産のマグロ梳身から作った赤身のお造り。 なかなか歯ごたえもあり、縮れのようなお味でした(^_^;)
隣は冷凍保存してあった宗八カレイの昆布締め。 やっぱり美味しい、お酒が進みますわ。

P1040771.jpg

もちろん、鰆のお造り。 どうしても好物があると買っちゃいますので偏食してるみたいです。
鰆の上品な脂の旨味が堪りませんの。

P1040773.jpg

マグロ梳身の筋の部分をグリルしました。 筋が多いところのほうがコラーゲンたっぷりのモチモチで美味しいです。

P1040775.jpg

定番のイベリコ豚タン焼き肉っす♪

P1040776.jpg

だらだら夜更かししながら飲み続けて、お口直しに。

P1040777.jpg

200円くらいだったかしら、こんなに入ってるのですから、お買い得っちゃお買い得。

P1040778.jpg

ワイン2本も飲んじゃったので、後続はドライマティーニ。 これも飲みやすいからねぇ・・・飲み過ぎるんっす。

P1040779.jpg

8月14日

昨日に引き続き銚子産のマグロ梳身が出ていましたので買っちゃいました。 だって美味しいんですもの。

P1040780.jpg

昨日仕込んだ鰆の昆布締めです(*^_^*)  美味しい魚をさらに美味しくお昆布締~っ\(^o^)/

P1040781.jpg

鰆の皮と尻尾の近くの筋が多い身を使った潮汁。 飲酒の途中で胃中のアルコールを希釈しましょう(^_^;)

P1040782.jpg

例によって、マグロ梳身の筋が多い部分のソテーです。
毎日おなじようなものばかり食べて飽きないかって? 好きだから飽きませんのよ。

P1040783.jpg

ゆで卵の漬け出汁漬けです~。 煮玉子より優しいお味に仕上がります。

P1040784.jpg

白小蕪のラブラブ漬け。 ほんとにすぐき漬けと同じ味になりましたわ。 
売ってる酸茎より美味しいんじゃないかしら(*^_^*)

P1040785.jpg

紅豆腐っす♪

P1040786.jpg

8月15日

今日の肴はこれ、丸鯵で~っす♪
30cmサイズがこのお値段、(*ゝω・)ノ アリガ㌧♪

P1040789.jpg

早速三枚に処ろして、お造りで~っす(*^_^*)
旬の丸鯵、食べるのは? 今でしょ~っ!!
魚屋さんは今は平鯵より断然丸鯵をって勧められますね。

P1040790.jpg

頭と中骨は勿論あら煮に致します。

P1040792.jpg

梅干し、茗荷の甘酢漬け、ミックス茸の佃煮、紅豆腐の4品盛り。

P1040793.jpg

昨年の11月に漬けた完熟オリーブ。 半年以上経ったので試食してみましたら、おどろ木ももの木さんしょの木。
今まで瓶詰めや缶詰しか食べたことが無かったのですが、これは絶品。
まるでオリーブオイルが詰まってるみたいにジューシーでコクがあるんです。
輸入品の瓶詰めや缶詰の味とは全くの別物です。びっくりしました。
オリーブの産地では自家製オリーブ塩漬けを食べてるそうですから、こんなに美味しいもの食べてるんですね。

P1040794.jpg

カイノミのステーキです。 
庵主Sが固いって仰りますので、重曹と塩それぞれ1%水溶液に1週間ほど漬け込みました。
結果、とっても柔らかくヘレのような口当たりになりましたわ♪

P1040795.jpg

豚タン800g、カイノミ500g、牛タンルート500g。
筋と脂を梳いてからサイズにカット、先ほどの重曹塩水に漬け込みます。
そうしますと、何時でも適量取り出して調理できますので超便利素材ですわ。

スジはその後スジコンに化けるのでした(^_^;)

P1040796.jpg  


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/12 (Mon) 17:20
8月11日

お庭の山芋にむかごがわんさか実ってるので、猛暑の中野のむかご探索に行って来ました。
といっても熱中症になりたくないので、フィールドの近くまで車で行って、さらっと見て回りましたが、野のむかごはまだ実ってませんというか、花が咲いてる程度。 
やっぱり9月ごろですよねぇ~、お庭のむかごが早生すぎるのでしょう。

その代わりと言ってはなんですが、茸を見つけました。

もう老菌でしかもカサカサに乾いてます。
倒木に生えていました。 裏面の管腔です。 短いですが、柄も付いてます。

P1040752.jpg

P1040748.jpg

こちらは側生断面(毟りとった面)です。

P1040747.jpg

傘は結構大きく不規則な形状をしています。

P1040746.jpg 

帰ってきて同定にチャレンジ。 家の図鑑で調べてみました。
裏の管腔は随分虫に喰われています。 色は白~薄い象牙色
管腔は軸に垂生しています。

P1040761.jpg

表面は薄いクリーム色。

P1040762.jpg

図鑑の絵では人形茸に似ていますが、これは地面に生えるので違いますね。

P1040760.jpg

おそらくはこのブナハリタケではないかと。
でも裏面の針状突起はありません。 ブナハリタケの老菌に針状突起はのこっているのでしょうか?
乾くと暗紫色になるそうですが、これは白いままですが香気はたっぷりあり美味しそうな香りです。
生え方はそっくりです(^_^;) 水に戻したら食べられそうですがやっぱり同定出来ないきのこは食毒不明ですね。

P1040765.jpg

これは明らかに乾燥キクラゲ。

P1040750.jpg

P1040751.jpg 

これはコフキサルノコシカケ?かな?

P1040749.jpg

むかごならぬ茸探索の後は食材探しに。

昨日の滋賀県産鮎が売れ残りで2割引き。 4尾入り5パックあったので全部大人買い。
干物に加工致します(^_^;)

P1040757.jpg

P1040758.jpg

いつもの紅豆腐、市松模様・・・崩れ。 庵主S云わく、もぉめんどくせーからやめたっ!

P1040754.jpg

鯖生寿司とウルメイワシの甘酢漬け。 まぁ昨日と同じようなもんす。

P1040753.jpg

茸とゴーヤ、昆布のオリーブオイル炒め。

P1040755.jpg

カイノミステーキの食い散らかし(^_^;) 美的じゃないけど、備忘録ですから堪忍どすえ。

P1040756.jpg

アトランティックサーモンのマリネ。 美味しゅうございました。

P1040759.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/10 (Sat) 23:19
8月9日

今日は水洗トイレのロータンクからの水漏れ修理です。
フロートボールの劣化でシートから漏水しているようで、ボールタップから出てくる水がピッタンポッタン五月蝿いのです(-_-;)
ボールの交換と、ついでにボールタップのダイアフラムも交換しました。

工具を用意して段取り良くDIYしたら、30分ほどで完了♪

で、本日の酒肴ですが、庵主Sが買ってきた天然鰤の腹身ブロックと石川産の鯖。
残念ながら、写真を撮り忘れちゃうんですよね(´・ω・`)ガッカリ…。

鰤は半分をお造りにして、昨日仕込んだ鮎魚女の昆布締めのお作りと食しました。
鰤の半分は白板昆布で昆布締めに致しました。
白板昆布を使ったのは、丁度よい昆布がなかったからなのです。
昆布締めには羅臼昆布が最適でしょうけど、とっても高価。 なので、今までは棹前昆布を使用していましたが切れてたのです。
鯖は例によってしめ鯖に致しました。

8月10日

今日のメインは鮎の塩焼き。 珍しく滋賀県産、しかも4尾で299円。
実は生鮎の塩焼きは今季初めてなんすら(^_^;)

P1040734.jpg

一昨日甘酢漬けにしたウルメイワシのフィレ。
ガンバラも中骨もそのままで漬けたので気になっていた小骨ですが、試食してみたら全く気にならないくらい柔らかくなっていました。 またお味もサイコー♬  皮も引かなくても全く問題有りません♪
むしろ皮を引かないほうが美しいです。 寿司ネタにしたらコハダに勝るとも劣らないでしょう。
これはこのままで数日楽しめそうです\(^o^)/

P1040735.jpg

庵主S作、鰤の白板昆布締め、石川産鯖の生鮨、そしてウルメイワシの甘酢漬け。
関西では白板昆布締めが普通みたいで、諄くなく上品な昆布締めになりましたわ。
白板昆布を一緒に切るのはちとむずかったみたいですね。
でもお味は絶品に仕上がりました。

P1040736.jpg

鯖生寿司は近頃の淡路産とかが少々油臭い感じがするので、石川産ならそんなことないだろうと思ってましたが、大正解でした♪ 日本海産サイコー!

P1040738.jpg

P1040739.jpg

ウルメイワシの甘酢漬け。 お菓子みたいです(^_^;)

P1040740.jpg

いっつもてんこ盛りにしちゃって美しくないのですが、この程度がよろしいかと・・・食べ散らかしちゃった絵です(^_^;)

P1040741.jpg

そして、メインの鮎塩焼き。 とぉ~っても美味しゅうございました(*ゝω・)ノ アリガ㌧♪

P1040743.jpg

さらに、昆布と茸の佃煮、豚タン焼肉とゴーヤの炒めもの。
イベリコ豚タンはいくらでも食べられますので・・・メタボっくるんだわ(;_;) でもやめられないのよね~(-_-;)

P1040744.jpg

てことで、ちっともダイエット出来ない庵主Aでした・・・


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/10 (Sat) 00:00
8月6日

いつもの紅豆腐ですが、今回は厚揚げ豆腐で作ってみました。
揚げ豆腐ですから、適当に水分が飛んでいるはずで、風乾しなくてもよいと考えたのです。
湯通しして油を落として梅酢に漬けたらこんなに赤くそまりました。
ていうか、揚の部分が梅酢を吸い込んだからでしょうね(^_^;) でも赤紫色がくっきりですわ。

P1040708.jpg

梅酢の欠点は塩分濃度が高いこと、およそ15%はあるでしょう。
なので、漬けっぱなしにするとしょっぱくなっちゃいます。
まぁお酒の肴ですから、塩舐めて一升の酒豪にはもってこいでしょうね(^_^;)
でも、あたしたちには塩っぱすぎるし、もう少し優雅に演出して、賽子に刻んで市松模様にしてみました。
一部不揃いですが、まぁ一品としてお出しできる盛り付けになったのではないでしょうか?
庵主Sの作品です(*^_^*)

P1040712.jpg

8月7日

立派な生鰆のフィレがお安かったので購入しました~。
中骨を梳いて、皮を引いて、少し塩を振って、半分はお造りに、残りは昆布締めに致しました(*^_^*)

P1040715.jpg

で、半身のお造りっす♪

P1040716.jpg

いつもながら、鰆の皮は柔いので引くのがムズいんス。
で、皮に身が多めに残っちゃうので、お陰で潮汁が美味しいんス。 ・・・皮引きがヘボい庵主Aの言い訳(^_^;)

P1040717.jpg

普通のお豆腐の紅豆腐、スイカの皮の梅酢浅漬、むかごの油炒め。
野のむかご収穫にはよ行かねば、無くなっちゃいそうですね。

P1040714.jpg

8月8日


ワンコインの北海道産鮎魚女。 鱗と鰓、内臓を取ってもらいました。 いわゆる水洗いっす♪

P1040719.jpg

それから立派な丸鯵。 塩焼き用って書いてありますが鮮度は良いですね。
これも水洗いしてもらいました。

P1040718.jpg

これまた、めっちゃ新鮮ででっかいウルメイワシ! あまりのお安さについ購入。

P1040720.jpg

今日発見した、俎板の効能、シンクに渡してピッタリサイズでした。(^_^;)
この使い方が出来ると、お魚の捌きにとっても重宝いたします。♪

P1040726.jpg

んで、ちゃっちゃと捌いたウルメイワシ。
酢締めにしますが、フレッシュなので一枚お造りにしようかと思ったら、小骨が側線以外にも沢山あるので諦めました。
酢締めにしたら柔らかく(気にならないくらい)なるのでしょうか? 
ま、やってみるべ(^_^;)

P1040725.jpg

鮎魚女のお作りと、塩焼き用でも鮮度が良かったので半身をお造りにした丸鯵で~っす。
どちらもとってもおいしゅうございました。

でもね、お造りに出来る鮮度の鯵がどうして塩焼き用になってるのでしょうか?
おそらく先日はお造り用でしたが、売れ残ったので今日は塩焼き用になったのではないでしょうか?

私達瀬戸内沿岸育ちは、お魚は〆てから冷蔵3日はお造りに出来る鮮度と思ってますし、お魚によっては3日目のほうが美味しい場合も多々ありますしね。
売り手のマニュアルではそうなってるのでしょうから、あとは私達消費者の自己責任で判断すれば良いこと。
絞めて翌日は半額になるのなら、とってもお買い得、ありがとうございましたm(__)m

P1040724.jpg

鮎魚女のあら煮。 いつもながら、根魚の煮物は旨いっす(^_^;)

P1040728.jpg

食べかけの丸鯵。 お造りも美味しかったけど、半身の焼もめっちゃ美味しかった。♪
やっぱ、今でしょう、旬は!

P1040727.jpg

しっかり身の付いた(残った)鰆の皮と中落ちの潮汁。 やっぱり(๑´ڡ`๑)ですね。

P1040730.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/05 (Mon) 22:03
8月4日

1.5kgはあろうかという宗八カレイ。 ロジスティクスの発達で関西にも生鮮で届くようになりました。
例によって、五枚処ろしにしてもらってアラも持ち帰ります。

P1040700.jpg

パーツを組み立ててみますと、尾びれが無くても45cmの俎板いっぱいです♪

P1040701.jpg

下は食べ散らかしちゃったお皿、写真を撮り忘れちゃうんですよね(^_^;)
身は少し水っぽく柔らかいので、一部はそのままお造りに、残りは塩して昆布締めにしました~。
左の切れ端が宗八カレイで、右の一切れは例のアトランティックサーモンですね。(*^_^*)
下の白いのは縁側っす♪

P1040704.jpg

例によって、あら煮で~っす。
尾頭付きのお魚を捌いてもらって、アラを持ち帰らない主婦って信じられません。
とっても美味しいし、あら炊きや、お吸い物もできるし、お料理の品数が増えるのにねぇ。

P1040706.jpg

お庭で採れたむかごっす。

P1040702.jpg

赤紫蘇は塩漬けにしてお料理の色つけに使います。

P1040703.jpg

8月5日


昨日仕込んだ宗八カレイの昆布締めっす♪ やっぱ、昆布締めに限りますわね(*^_^*)

P1040707.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/05 (Mon) 18:15
8月3日

今日は 女子会員1号様の凱旋パーティー。 
先ずはマスカットスパークリングワインで、かんぱぁ~いっ♪

P1040682.jpg

本日はお魚づくしみたいですね。
アトランティックサーモンのバラ造り、下左右はクロメヌケの昆布締め、上左右は鰆の昆布締めっす♪

P1040680.jpg

ソデイカの白バラ造りとその左右はニシ貝です。
下右は鮃、左はイシガレイの昆布締め、下中はそれぞれの縁側で~っす。

P1040683.jpg

ナスの蒲焼(^_^;) 紛いです。

P1040684.jpg

今日はほんとに涼しくて、日が陰ってきたので川床に移動。
イベリコ豚タン焼肉にPATA NEGRA 2006.

P1040690.jpg

美女三人の足水、びしょびしょ~♪

P1040693.jpg

もうすっかり出来上がった庵主A&S (^_^;)

P1040691.jpg

夜になっても頑張ってる氷旗。 蚊取り線香炊いて頑張って飲んでる私達でした~(^_^;)

P1040698.jpg

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2013/08/01 (Thu) 23:23
8月1日

きょうの食材はこれ。 ヨコシマサワラ 邪鰆ではありません、横縞鰆でありんすわ。
ほら、このとおり、横縞があるんですね。向こうっ側にあるのは太平洋生マグロの梳き身っす・

P1040661.jpg

3分の1は本日のお造りにして、残りは例によって昆布締めに致しました。
中と左はマグロ梳身のお造りっす。

P1040662.jpg

これはね、クロメヌケの切り身があったのですが、見るところお造りに出来そうな鮮度でしたので薄造りにしてみたところバッチリでしたのよ。(*^_^*)
一匹分のフィレを買って、片身の半分をバラのお造りにして、残りは昆布締めに致しました。

P1040665.jpg

こちらは昨日の鱧の一部、湯引きです。(*^_^*)

P1040669.jpg

赤蕪のラブレ漬け。 これを食べると本当にお通じがよろしくってよ(^o^)

P1040667.jpg

そして禁断の鯖寿司。 (T_T) あぁぁ、これで、またメタボっくるんだわ(;_;)

P1040671.jpg

鰆の潮汁を飲んだ上に、鱧吸いでありんす。
この上さらに、イベリコ豚タン焼肉を食べて、クロメヌケのあら煮を食べて、ワイン2本に、バーボンハイボールダブル3杯のんで、・・・でもまだお仕事が残ってるので。

P1040672.jpg

お仕事とは庵主Sのヘアカット。
庵主Sは酔っ払うと自分で適当にカットするので、ザンバラ頭になってるの。
なので、あたしがトリミングして修正するのですけど・・・切りすぎてるところはねぇ、どうしようもないんでありんすわ。、
でもまぁなんとか整えられたんじゃないでしょうか(^_^;)

P1040673.jpg

一応ボブカットのつもりでありんす。

P1040674.jpg

P1040675.jpg

前髪もそれなりにぱっつんしましたわ。

P1040676.jpg
 
もう絶対に自分で切らないように酸っぱく言い聞かせましたがどうなることやら。。。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ