阿幾左与庵 テニス -- 阿幾左与庵
FC2ブログ
カテゴリ記事一覧
2018/12/05 (Wed) 22:53
 レッスンプロ君の依頼で2サイズグリップサイズアップのメモ
初期重量は209g

オーバーグリップテープとグリップテープを外しました
両面テープが巻いてある状態です

DSC09648.jpg
両面テープを剥がして
1mm厚のコルクを貼りました
グリップサイズは1ランクアップで周囲長さ3mm増加ですから
直径2mmアップで周長約6mmアップ=2サイズアップとなります
エンドキャップの上にも貼るつもりだったけど
エンドキャップとシャフトの段差が1mmと大きかったので
エンドキャップまで貼って段差なしとなりました
この状態で+3.5g
DSC09649.jpg
ちょっと休憩で鮃とトロビンチョウで一杯
DSC09650.jpg
ヒートシュリンクチューブをかぶせて
+4gの298.5gとなりました
塩ビのヒートシュリンクチューブが薄いけど重いですね
ベアウエイトで 290gから⇒298.5gと8.5gアップとなりました

この上にグリップテープ12.5gを巻けば ⇒ 311g
さらにオーバーグリップテープ5.2gを巻けば ⇒ 316.2gとなりますね
DSC09651.jpg













 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | グリップサイズアップ
2018/08/22 (Wed) 00:36
 猛暑下でのテニス
年寄りの冷水? い~え、年寄りの火炙りですね~😅
「35℃での運動はおやめください、命を守る行動を」ですってぇ~?
そりゃそうなんだけど、コートを予約してしまってるし、なんとかしたい。
てことで猛暑対策でございます。

タープテントを持ち込みました。
設営2人で5分。


DSC08960.jpg

ボール籠のカートにも「さすべえ」を取り付けました。
パラソルはセンターが貸してくださいます。



DSC08959.jpg

私はしょっちゅう、ねっちゅう症になっちゃうので、さらなる進化対策を施しております。
菅笠。 帽子と頭の間に隙間があるので風が通って涼しいです😄



DSC08958.jpg

そして空調服。それも前後二個ずつ合計4個のファンがついた強力型。
ポチャティブってる体の上にバルーンを纏って空冷しておりますわ😅
でもねぇ、送気温度が35℃じゃぁそれほど涼しくはありません。(無いよりは数段マシだけど)
吸気口にペルチェ素子でも使って冷気を作れないか検討中です。

DSC08957.jpg

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | タープテント | 菅笠 | 空調服
2018/07/10 (Tue) 09:06

主題の機器の自作を試してきましたが、巷にはすでに製品として販売されていましたのでネットから拾った情報をアップしました。購入するもよし、自作するもよし、ご自分にあう情報をご活用ください。


⇩ヤフーショップ掲載の再生器


筒丸(テニスボール加圧・再生ケース 60個入) :nxgnv6itqa:テニスボール ...

https://store.shopping.yahoo.co.jp › スポーツ › テニス › ボール › 硬式
 評価: 4.3 - ‎3 件のレビュー - ‎¥11,500 - ‎在庫あり
テニスボールを加圧して長期間保存・再生するケースです。

DIYの紹介動画です
硬式テニスボールの空気入れを作ってみた。 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=WB9QhAKDRos
2016/04/27 - アップロード元: mizuki
硬式テニスボールの空気入れを無理やり作ってみました。 使用しているソフトテニス用空気入れは 「ケンコーソフトテニスポンプ ...



ヤフオクに出品されている商品の説明動画

テニスボール空気入セット(空気の抜けたテニスボールの再生)

テニスボール空気入セット(空気の抜けたテニスボ... - ヤフオク!

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d230051137
プレッシャーボ-ル空気入れセット 説明 テニスボールの規格は、 直径 6.54cm~6.86cm 重さ56.7g~58.5g (1.8gの許容範囲) 高さ 254cmから落下して134.62CM~147.32cm弾む 等の規格があります。 市販のプレッシャーボールは、中に1.8気圧の ...





空気のぬけたテニスボールの再生基本編 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=IGhjggjiDGc
2017/10/03 - アップロード元: Yasushi Kita
つまりにくい18Gの太い針を使って テニスボールの再生をします。

空気のぬけたテニスボールの再生 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=5-U7_4VZMy0
2017/10/01 - アップロード元: 喜多保司
空気圧1.8気圧が、ニューボールの空気圧です。空気の抜けたボールを1・8気圧に再生します。

塩ビ管でDIYを試みようと言う方のために、とてもわかり易いヒートガンによる塩ビ溶接の解説がありましたのでご紹介します。
おいらのアクアリウム

塩ビ溶接用ヒートガン(SURE プラジェット溶接専用機 PJ-203A1)


「塩ビ溶接」が施された場所

塩ビ溶接用ヒートガン(SURE プラジェット溶接専用機 PJ-203A1)

アクアリウム関連の自作(DIY)に使っている塩ビ溶接用の「プラジェット溶接専用機 PJ-203A1」です。「プラジェットPJ-203A1」は、塩ビ溶接に最適な温度と風圧に調整されているので、塩ビ溶接に挑戦するときに、「温度」やら「風圧」なんかに気を取られることなく作業に集中できるモデルに仕上げられています。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 硬式テニスボール内圧再生器 | 
2018/05/07 (Mon) 21:13
500円でゲットしたヴィンテージのHead Professional
ベッティーナ・バンジちゃんんが使ってた。

このラケットを改造してBLACKBURNE のようにDOUBLE-STRUNG、ラケットの両面にガットを張って、POWER-ANGLE のようにDIAGONAL-PATTERNで張ってみたらとても具合が良いのでBLACKBURNEのラケットを買うことにしました。

その記事はこちら↓

 MODIFIED HEAD PROFESSIONAL RACKET, BLACKBURNE & POWER ANGLE STYLE [2018.04.08]

購入したラケットです。
中古ラケットのウエブショップでメーカー価格より安く売られてました。
カバー付きの新品。

DSC08167.jpg

といっても新古品のようで、グリップのカバーフィルムを剥がしたらグリップテープは経年劣化で炭化してボロボロになってましたので新品に巻き変えました。

DSC08165.jpg

2面にストリングを張ってありますが、エンドノットの端が打球面に出ないように工夫してありました。

DSC08160.jpg

DSC08161.jpg

なかなか細かい配慮がなされていて感心しました😄

DSC08162.jpg

でもこの結び方じゃぁセカンドノットのエンドがファーストノットのループを通ってないので緩み止め効果は薄いですね。

DSC08163.jpg

これはついでにワンコインで買ったWISLON HAMMER 3.7 
グリップが4ー5/8とかなり太いので買う人がいないからでしょうね、破格値です。
私達だと4-2/8インチくらいが適正サイズなのでグリップを削っちゃえば良いやと思ったのですが、
豈図らんや、盛りプラ無しのカーボングラファイト製チュープシャフトでした。
エンドキャップを外したグリップエンドは一見、チューブの周囲に樹脂を8角形に2mmほど盛って整形しているように見えたので、0.5mmほど木工ヤスリで削ろうとしたのですがカーボンは堅くて歯が立たない。
電気カンナを使ってみても滑るだけ。
最後に鉄鋼粗ヤスリで試したら少しだけど刃が立ったので嬉しくなってガリガリやったら、・・・
ベコッて割れ目ができた😰😱
ここまでやって初めて気がついた。
このシャフトは盛プラスチック無しの八角形成形の薄肉カーボンシャフトだったのでした。

それでかぁ。「ハードヒッターの方は折らないように注意」ってネットに書いてあったわ😅
お陰で割れたところをエポキシ樹脂で補強し熱収縮チューブでカバーして補強する羽目になりました😪
0.5mm削って0.3mm補強しました~って、ナンノコッチャ。

DSC08166.jpg

BLACKBURNもHAMMER 3.7もラケット長はレギュラーサイズの27inch ですので私サイズの28.5inchに延長することにしました。
今までは発泡ウレタン樹脂で整形していましたが重いので、杉などの軽い木材を整形して延長しようと思ってましたがちょうどよいサイズの圧縮成形コルク材があったのでこれを使用しました。

カットしたコルク材と仕上げ成形削りに使ったヤスリ鉋です。

DSC08269.jpg

中空グリップエンドはヨネックスです。
コルク材に書いてあるメモ18,44gというのは、前回ヨネックスのグリップを延長していた樹脂の重さが44gで、今回のこの同形状のコルク材が18gということですから、樹脂製よりも26g軽くできることになります。



DSC08270.jpg 

ヨネックスのグリップエンド
赤くなっているのは印泥の色です

DSC08277.jpg

BLACKBURNのグリップエンドです。

DSC08280.jpg

WILSON HAMMER 3.7のグリップエンドです
これを見たら丸いチューブの回りに樹脂を成形盛してると思いますよねぇ。
ところが、これはフェイクフランジ部なのでした。
裏まで覗いて見なかったので気が付かなかったけど、上のBLACKBURNのシャフトと同じ形状のチューブに「目的不明の丸い形状のフランジ」をくっつけてあるのでした。
誰が見たって、丸い形状の所まで削れるって思うじゃないのよねぇ😤

DSC08275.jpg

グリップエンドに印泥で朱を付けてコルク材にスタンプしました。
着色部を切削してグリップエンドに差し込み接着して接続部に熱収縮チューブを被せて補強します。

DSC08281.jpg

BLACKBURNのグリップエンドと延長ピースです。

DSC08283.jpg

ゴムバンドで1昼夜圧着保持します。

DSC08284.jpg

細部は接着後に切削成形します。



DSC08285.jpg

ヤスリ鉋で成形しました。
DSC08302.jpg

ヒートシュリンクチューブで補強します。
0.3mmと薄いので接着部は3層補強しました。

DSC08323.jpg

DSC08324.jpg

DSC08325.jpg

グリップエンドキャップを被せて、あとからステイプラーで針打ちしました。



DSC08326.jpg

グリップテープを巻いてプレイイングウェイとを計測。
購入時重量=314gが15g増え、329gとなりました。

DSC08329.jpg

計画通りマイナス26gとはなりませんでしたが、16g軽くなりました。



DSC08332.jpg

HEAD PROFESSIONALはアルミフレームの回りに発泡樹脂でグリップをモールドしてありますので、プラスチックチューブでジョイントすることにしました。
ジョイントチューブを挿入する穴を開けました。

DSC08343.jpg

DSC08345.jpg

DSC08346.jpg

DSC08347.jpg

延長ピースを接着してその後はお決まりのコースで成形しました。

DSC08348.jpg

WILSON HAMMER 3.7はグリップ削りに失敗してドタバタしたのでグリップ延長工事の写真は撮らーずでしたが、恙無く完了しました。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 熱収縮チューブ | ヒートシュリンクチューブ | 圧縮成形コルク材
2018/04/08 (Sun) 00:11

500円でゲットしたヴィンテージのHead Professional
ベッティーナ・バンジちゃんんが使ってた。

このラケットを改造してBLACKBURNE のようにDOUBLE-STRUNG、ラケットの両面にガットを張って、POWER-ANGLE のようにDIAGONAL-PATTERNで張ろうと思います。

先ずは張ってあるガットを解きます。

DSC05804_2018040713015746d.jpg 

本体はアルミの引き抜き成形のような中空フレームですが、ブリッジ部は硬質塩ビのような樹脂です。

DSC07492.jpg

グロメットとブリッジを取り外しました。

購入時の張り上げ重量=356g
グロメット     =14.4g
ブリッジ      =33.1g

穴あけ加工前のフレームとグリップテープ重量=295gr

DSC07595.jpg 

フレーム上下面にストリングを通す2Φの穴を開けました。

DSC07594.jpg 

穴を開けたフレームのエッジ部は中空になっていました。
アルミパイプをダイローラで型押ししながら引き抜き成形した素材のようです。

DSC07596.jpg 

リブ部分の厚みはエッジ部の倍ほどありますから、間違いないでしょう

DSC07597.jpg 

2Φの穴開け後、3Φのキリで座ぐりしてバリ取りしました。

DSC07598.jpg 

座ぐり前はこんなにバリがありますのでストリングが傷ついて切れるかもしれません。

DSC07599.jpg 

DSC07600.jpg 

ブリッジは軽くするために半分に切断しました。

P1100890.jpg

P1100891.jpg 

ブリッジを取り付けてストリングを張りました
ソリンコツアーバイト1.05Φです
一面を張り上げました。

P1100899.jpg

ストリングホールは最終的に3Φ穴を開けて4Φでザグリしましたが、ストリングの滑りが悪いのでまだバリがあって切れるかもしれません。
R面取りが必要でしょうが工具が入手できるまでとりあえずこれでプレーしてみます。

P1100900.jpg 

もう一面も張り上げました。

P1100901.jpg 

両面張り上げました。
少々難しいですけど、まぁなんとか😅
40ポンドで張りたかったのだけどストリングホールの滑りが悪くて上手くテンション維持できませんでした。
結果、30ポンド程度のテンションしかかかってないと思います。

P1100902.jpg 

張り上がり重量313gr
この程度の重さなら使えそうです。

P1100904.jpg 

穴位置をちゃんと設計しなかったので中央部の格子目が広くなってしまいました。
ITFのレギュレーションでは中央部は周縁部より蜜であることとなっていますのでトーナメントでは使えません。
でも、ローテンションの効果なのか、センター部の格子目が粗になったからか、とても良くスピンが掛かります。

パターンとしては周囲にもう1本ストリングを張っても良いですね。

DSC08110.jpg 

実際に使ってみたら

「フレームショットよさようなら」の謳い文句は正しかった・・・というか、フレームショットしてもあらぬところに飛んでいくことはない。

打球面積が小さいので風圧が小さくなり振り抜きが早いし楽。

サーブもフレーム付近でヒットしてもちゃんとコントロールでき、狙ったところに飛んでいく。
しかもスピンがよくかかる・・・フレームの出っ張りがないのでその分打球面積が広がるのと、斜めばりの効果が加わってるのかもしれませんね。

ということで、ブラックバーン社の両面張りフレームにパワーアンクル社のダイヤモンド張りが最強のラケットと断定いたしました。

両面張りの効能を実感したので1本BLACKBURNEを購入することにしました。

改造ラケットは強打したらガットが切れちゃいました。
やっぱりR面取りが必要のようですね。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | BLACKBURNE | DOUBLE-STRUNG | POWER-ANGLE | DIAGONAL-PATTERN
2018/02/26 (Mon) 19:48
 テニスボールの保圧・内圧回復容器および、そもそものテニスボールの内圧についてのコメント(質問)がありますので、一度整理しておきたいと思います。

まず、テニスボールの内圧ですが

ボールの内圧について調べてもITFに規格はありません。

WIKIより抜粋

国際テニス連盟による規格[1]
色 白または黄
表面 均一な布地で覆う
重量 56.0g以上59.4g以下
直径 6.54cm以上6.86cm以下
254cm±0.3cmの高さから強固な平面に落下させた時のバウンドが135cm以上147cm以下でなければならない。(ボールの下を測る。) 繋ぎ目があってもよいが縫い目があってはならない。

なので、当然のことながらトリトンXなどのノンプレボールでも公式球に採用されていたりします。

メーカーのスペックを探しても内圧の規定はなかなか見つかりませんが、住友ゴムさんの特許出願に次のような記述があります。

https://astamuse.com/ja/published/JP/No/1994229864
テニスボールの内圧測定方法

「硬式テニスボールには、中空のコアの内部に空気またはガスを封入してコア内部を大気圧より0.6〜1.2kg/cm2 程度高くした加圧テニスボールと、コア内部が大気圧とほぼ同程度の圧力(大気圧より0.4kg/cm2 程度まで高い圧力のものも含む)の無圧テニスボールとがある。」

大気圧はゲージ(圧力計)では0kgf/cm2ですから、テニスボール内圧はゲージ圧力で 0.6~1.2kgf/cm2 ということになります。

なお、「テニスボールの内圧はおよそ1.8気圧である」という表現がありますが、これを1.8barだとか、1.8kgf/cm2であると誤解されている方が多いようです。
この、〇〇気圧という表現は曲者でして、実は絶対圧力の表現なのです。
大気圧は1気圧(1ata=1 atomic absolute ≒ 0 kgf/cm2 gauge)ですから、1.8気圧は≒0.8 kgf/cm2G なのでした。

ところで、諸々のご質問などの答えはテニスボールの圧力回復容器の先駆者でいらっしゃいます、有本様のホームページをご覧になれば疑問が氷解なさることでしょう。

素晴らしい情報が開示されているのですがpdfファイルで構成されているからなのでしょうか、検索してもなかなかヒットしませんでした。

「有本・健康・幸せ・テニス道」
http://arimotoktennis.web.fc2.com/

硬式テニスボール蘇生筒『棒リッチ』が整いました!
http://arimotoktennis.web.fc2.com/pdf/20110525a.pdf


硬式テニスボール蘇生筒 


上記の製作仕様書にはノウハウが満載されていますので諸々の疑問が氷解されることと思いますが、要点を抜粋しますと;

2.原 理

(1)プレッシャーボールは、約1気圧(1kgf/cm2)の内部圧力が封入されており、ボール缶内部も同等の圧力で封印されているので開封 しなければボールの内圧に変化が無い。この原理を利用してボールを保管する場合は、棒リッチ(塩ビ管)の封入圧力を約1kgf/cm2  (100kPa)に設定してボールを保管すると、何時までも新品のボールの圧力に近い圧力のボールとして保存できます。

(2)ボール缶を開封して使用している間に内部圧力が減少したボールを蘇生する場合は、その減少具合によって棒リッチの封入圧力を0.5  ~1.5kgf/cm2 (50~150kPa)の適切な圧力に設定し保管すれば、時間は少しかかるがニューボールに近い圧力に蘇生することができます。



************
(4)ボールの空気へたり具合によって蘇生圧力が違い ますので、以下の設定圧力を参考にして下さい。

Ⅰ.殆ど空気が抜けたボール:約50~80(kPa)約5週間
Ⅱ.沢山空気が抜けたボール:約80~110(kPa)約4週間
Ⅲ.少し空気が抜けたボール:約110~140(kPa)約3週間
Ⅳ.そのままの状態で保存する場合:約110(kPa)

(5)棒リッチにボールと空気を封入して保存又は蘇生  する場合は、水平に設置すると健全に蘇生し易い。

(6)本装置は排水パイプ部品を圧力容器として使用する  ため取扱には十分注意して下さい責任は持ちません。

(7)④のエアバルブを②の蓋に内側から1個追加すると  リリーフ弁(安全弁)となり安全に空気を封入できます



 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | 保圧容器 | テニスボールの内圧
2018/01/21 (Sun) 20:34
 潮芦屋のコートでレッスンプロしてる児玉文雄様からグリップ延長オーダーを頂きました。

HEAD PRESTIGE REV PRO
LENGTH  685MM 27 IN STRING PATTERN  16/19 REC. STR. TENS. 22-26 KG /48-57 LBS
HEAD SIZE 600 CM2 / 93 IN2 300 G / 10.6 OZ BEAM 20MM BALANCE 315 MM / 1 IN HL

データでは上記ですが、実測重量は320g(ストラング&オーバーグリップテープ)

このラケットを1.5 INCH グリップ延長しました。

その結果、
全長720MM(28.3 IN)346 g (ストラング&オーバーグリップテープ)
BALANCE 400 MM / 1.6 IN HL

となりました。

1月16日 作業開始

先ずはオーバーグリップテープ、&グリップテープを巻き解きます。
そして、エンドキャップのU字釘を抜いて、

DSC07765.jpg 

エンドキャップを外します。

DSC07766.jpg 

案の定、エンドは空洞でした。

仕上げも結構雑い仕事・・・まぁ、Maid in China ですから、こんなもんでしょう。
ヨネックスは日本製ですので、エンドも閉じていてきっちり仕上がってます。

DSC07767.jpg 

ここで、グリップ延長工事材料です。
先ずはアウターシェル材料の#200シート(200g/m2 200μ厚)ガラスクロスのテープ。

DSC07769.jpg 

このガラスクロスにエポキシ樹脂を含浸させたものを8枚重ねて上下に銅箔を置き熱圧着したものが電子基板材料となりますので、ご存じの方はその強度がお分かりになると思います。

DSC07770.jpg 

そして、アウターシェルを固めるのはエポキシ樹脂ではなくて瞬間接着剤(シアノアクリレート:アクリル樹脂)ですね。

DSC07771.jpg 

ピンぼけですが、グリップエンドの空洞に蓋をするためにガラスクロステープを貼ります。
ガラスクロステープ(ダクトテープ)には粘着剤が付いていますが接着強度を上げるために瞬間接着剤を塗っておきます。

DSC07772.jpg 

さらに硬度を上げるために瞬間接着剤を塗ります。

DSC07773.jpg 

空隙ができないように、ガラス板などに(今回はステンレスシート)に押し付けて硬化するのを待ちます。

DSC07774.jpg 

乾いたら周囲をトリミングして

DSC07775.jpg 

トリミングした周辺を折り曲げて貼付け、瞬間接着剤で上から塗り固めます

DSC07777.jpg 

1月17日

今回は38mmほど伸ばすので50mm巾ダクトテープを12mmグリップに巻きつけますが、寸法をきっちり巻き付けないと充填した樹脂が膨張して太くなってエンドキャップが嵌りにくくなってしまいますから注意が必要です。

DSC07780.jpg 

この円筒の中に樹脂を充填して中央にワインコルクを押し込みます。

DSC07781.jpg 

充填する樹脂はこれ。

DSC07776.jpg

1月17日11時

接着剤を半分ほど充填して、

DSC07783.jpg 

中央部にワインコルク(3g)を押し込みます。

DSC07784.jpg 

樹脂が垂れないようにエンドを上にして静置します。

DSC07785.jpg 

17時

表面が乾いた状態になったので対向面をプレス成形します。

DSC07790.jpg

DSC07791.jpg

DSC07792.jpg

23時

この接着剤は硬化時に発泡するので、硬化表面の弱い所が破れて膨れだしています。

DSC07794.jpg

1月18日

発泡は収まった(硬化が進んだ)模様ですが、まだ内部は半硬化状態ですね。

DSC07795.jpg

1月19日

発泡してはみ出したところをカッターで切除しましたがまだ不完全硬化状態です。

対向面を変えて(ショートサイド)プレス成形しておきます。

DSC07809.jpg

1月20日

どうやら硬化が完了したよです。

DSC07813.jpg

DSC07814.jpg

不要な部分をカットします

DSC07815.jpg

DSC07816.jpg

アウターシェルのダクトテープの上から瞬間接着剤を塗って固めます。

DSC07817.jpg

DSC07820.jpg

その上からもう一層ダクトテープを巻いて、

DSC07822.jpg

瞬間接着剤で塗り固めます。
2層のアウターシェルを形成することになります。

DSC07823.jpg

1月21日

延長グリップが硬化したので、エンドキャプを取り付けます

DSC07824.jpg

4面にU字釘を打ち込みました。

DSC07825.jpg

要所に両面テープ(ベースシートがプラスチックフィルムのもの)を貼って

DSC07826.jpg

グリップテープを巻いて、さらにオーバーグリップテープを巻きます。
元のものを巻きましたが、当然のことながら長さが不足します。

DSC07827.jpg 

仕上がり720mmとなりました。

DSC07828.jpg





 
[Read More…]
 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ
2017/11/29 (Wed) 16:05
11月21日

懸案だったWeed Open 135 Tour ラケットグリップを延長することにしました。

グリップテープを剥いた状態です。

DSC07372.jpg

エンドキャップを外してみるとグリップの先端は切りっぱなしの状態で空洞が開いています。

DSC07373.jpg

このままだと樹脂が内部に垂れ込んでしまうのでダクトシールテープで蓋をします。
3Mのダクトテープは200g/m2で200μ厚さのガラスクロスにエポキシ系接着剤がコーティングされていますがそのままだと接着剤が硬化しません。
なので、テープを貼り付けた後その上からアロンアルファなどのシアノアクリレート系瞬間接着剤で塗り固めます。
グリップエンドに蓋をしたら、グリップエンドに50mm巾のダクトテープを巻いて1インチ(25mm)延長した筒を形成します。

DSC07375.jpg

11月21日19時

その筒の中にネダボンド(1液湿気硬化型樹脂接着剤)を半分程充填して中央にワインのコルク栓を押し込みます。
この接着剤は発泡性があるので硬化後の比重がエポキシ系接着剤に比べて軽く仕上がります。

キラキラテープはダクトテープを巻く位置決めのために巻いています。
とても薄くて軽いので最後までそのままにします。

DSC07380.jpg

DSC07381.jpg

樹脂が硬化するまで垂れ落ちないようにグリップエンドを上にして固まるのを待ちます。

DSC07382.jpg

11月22日22時

外から抑えると内部はまだ柔らかいですが外周部が半硬化してきたので板で型成形しておきます。
ほんとは最初から型を用意しておけばよいのですが、取り敢えず幅広対向面を型押ししておきます。

DSC07395.jpg

DSC07396.jpg

DSC07397.jpg


11月26日
11月24日に狭い対向面を型押しに変更していましたがほぼ硬化したので仕上げをすることにしました。

膨潤してタレている樹脂を削ってから切断面を探します。

DSC07433.jpg

25mmを精密工作鋸でカットします

DSC07434.jpg

この時点ではダクトテープは1巻きしか巻いていませんので延長した筒の強度は充分とはいえません。

DSC07435.jpg

11月26日17:00時

グリップ延長筒の強度を上げるために、シアノアクリレート系接着剤を塗って、その上からもう一巻きダクトテープを巻きます。
いままでグリップ延長試作の結果2重巻きで強度は充分です。
(折れてもまたやり直せるので安心ですしね😅)

DSC07436.jpg

DSC07437.jpg

17:10分

瞬間接着剤ですからもう硬化したみたいなので、グリップエンドを嵌めることに。

DSC07438.jpg

成形押ししていたおかげで案外簡単に嵌りました。
型押ししてないと膨潤してしまいエンドキャップがはまりにくくなってしまいます。

DSC07439.jpg

グリップを延長して、全長730mm(28-3/4 inch) となりました。
他のラケットと同じ長さになったので距離感が狂うこともなくなるでしょう。

DSC07441.jpg

グリップエンドをUネイルで止めて

DSC07442.jpg

DSC07443.jpg

グリップの幅広対向面に両面テープを貼ってグリップテープを巻きました。

DSC07444.jpg

仕上がり重量287g
14gの増加ですが、まだまだ軽量ラケットの部類ですね😄

DSC07445.jpg

バランスは、延長前+1ポイントHH(Head heavy) でしたが、Even balanceになりました。

これは理想的なラケットが完成したことになりますね😄 🙌

DSC07446.jpg


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | Weed | Open | 135 | Tour |  | ラケットグリップ延長 | ラケットグリップ | 延長工事
2017/11/19 (Sun) 08:56
長年プリンスのThunder Stick 115(sq inches area) Long body (27.5 indhes length)を使ってきたけど、Wilson Hammer 3.4 stretch やWilson Hammer 3.5 Outer limits を使ってみて、ルール目いっぱいに近いサイズ、打球面135sqinx全長29inの優位性がよくわかったのでThunderstickのグリップを長く改造して28.5インチの長ラケにしちゃいました。
ラケットのグリップ延長 [2017.05.06]
これで、リーチが長くなったので深いロブにも届くようになりました。
打球面の面積はWilson hammerよりも小さいけど、ガットの網目が広いのでスピン性能は勝ってます。
理想的には135sq inでガットの網目が広いラケットがあればいいなと思っていたらありました。

ただ残念なことにラケット長が27 3/4 inchesしかないのです。
でも、Live Periphery (LP) Stringing というガット張りを提唱していて、Instructions を読んでみたらなかなか良さそうなので買っちゃいました😄


****************

The Weed Open 135 Tour is the shortest and lightest 135 model.

https://weedracquets.com/135-series/10-ext-135-open.html
$228.00 (米国内での販売価格です)
日本での購入価格は  $250 US Dollars.($170 frame, $20 for stringing and $60 shipping)
The Open 135 Tour is designed with an open string pattern (strings spaced farther apart) to create more topspin and slice, if you hit with topspin or slice.

Open 135 Tour
EXT 135 Open 

New product

The Weed Open 135 Tour is the shortest and lightest 135 model.  It is designed with an open string pattern (strings spaced farther apart) to create more topspin and slice, if you hit with topspin or slice.

Racquet Prices include Stringing, Shipping, a Free 2 Racquet Cover Bag w/Mesh Pockets and Vibration O Dampener.

Data sheet

Head Size 135 sq. inches
Length 27 3/4 inches
String Pattern 16 Mains X 19 Crosses
Weight 8 5/8 (unstrung)
Balance 1 HH
Compositions High Modulus Graphite

More info

The Weed Open 135 Tour is the shortest and lightest 135 model.  It is designed with an open string pattern (strings spaced farther apart) to create more topspin and slice, if you hit with topspin or slice.  The Open 135 Tour was designed to utilize co-polyester/ polyester strings in the Mains to generate spin and prevent string wear.  Stringing with regular synthetics or gut strings will wear quickly and string savers are recommended if using a non-poly string.  The racquet is very effective with co-polyester strings at the low tension range (40-50 pounds).

 Racquet Prices include Stringing, Shipping, a Free 2 Racquet Cover Bag w/Mesh Pockets and Vibration O Dampener.

Reviews

Download

135-Open-Stringing

Stringing Instructions - Open 135/Open 135 Tour Series


135-Open-LP-Stringing

Live Periphery (LP) Stringing Instructions - Open 135/Open 135 Tour Series


*************

10月29日

オーダーして10日程で届きました。

DSC07194.jpg

DSC07195.jpg

Live Periphery (LP) Stringing  です。
ポリストリングを中央から5ポンドづつテンションを緩めて、周囲2周のストリングはシンセを使って緩く張ってます。

Instruction manual を読んだけどよくわからなかったので実物を精査して図解にしました♫

DSC07196.jpg

Periferal portion string のstart & end knot 位置です。

DSC07222.jpg

黒いポリストリングのメイン、クロスのノット位置です。

DSC07224.jpg

周辺部(Periferal portion) のシンセガットのストリンギング順序です。

DSC07225.jpg

DSC07226.jpg

DSC07227.jpg

DSC07228.jpg

DSC07230.jpg

これらを纏めるとこんな張り順になります。
使ってみて具合が良いようでしたら他のラケットにも適用したいですね😄

DSC07231.jpg

で、使用してみた感想ですが、
Weedのウエブサイトでレビュー投稿しました♫
長文なのでアップしてくれたかどうか😅
それはともかく、このラケットもグリップを延長して全長29インチほどに改造することにしました😄

I'm a mid and high level tennis player of a xx-years-old Japanese woman.

The rackets which is being usually used is “Prince Thunderstick Longbody os 115”, so that I saw the benefit of having a larger hitting area to generate added power and steady play and more over long body enable me wider reach and higher hitting point.

Last year I knew Full Sized Rackets were formerly produced and purchased “Wilson OUTER LIMITS HAMMER 3.5 Stretch” which is freshly restrung in Pros Pro Hexaspin orange polyester on mains and Toalson Tournament on crosses at eBay.

Strings are about #16 gages so that wind resistance is strong, then I restrung in Solinco Toure Bite #20 at 65 lbs tension.

Solinco’s thin string achieves weak wind resistance and lighter swing weight and generate high power and steady control.

But about the spin performance, Wilson Hammer 3.5 seems a little bit inferior to Prince Thunderstick because of close stringing pattern.

Then I have been searching the racket which is designed full size body and open stringing pattern.

Recently I have found Weed Open 135 Tour which seems my ideal one.

 

I am a self-stringing player and really interested in Live Periphery (LP) Stringing technology.
I read LP stringing instruction then I convinced this stringing system is supreme to usual stringing system for senior player.

 

Finally I ordered the item as follows;
Model: Open 135 Tour
Quantity: 1
Grip Size: #1 - 4 1/8
String :
According to Weed’s recommendation that is using
Tecnifibre Black Code 18 in Mains/ Synthetic Gut in Crosses under LP stringing, center tension 60 lbs.

 

As for the impressions using racket, everything is splendid except for length.

Serve and volley are controlled to place into aimed area.

Especially wide angle serve, I was able to place the serve at the position of the side line 2/3 of the service area and got ace.

Easy to stroke flat and slice may be for the L.P. stringing system.

Top spin stroke is also easy for light swing weight.

Only one, regarding the length of the racket, the length of the everyday racket is around 29 inch, so that the distance feeling goes crazy.because of 1-1/4 inch shorter length.

I want 29 inch long version Weed Open 135 Tour.

 

Note: I modified the grip length of "Prince Thunderstick Longbody os 115” 1-1/4 longer and body length is 29 inch.


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | Weed | Open | 135 | Tour
2017/10/25 (Wed) 12:51
究極のスピン性能を追求してスパゲッティ ストリンギング パターンに辿り着きましたがメインストリングに絡めるスパゲッティ(綿糸)が邪魔なのでテグスで代用してみたりしてきました。

限りなく すぱげってぃなぽりすとりんぎんぐぱた~ん (10/11)
Faux Spaghetti stringing patterns (non-interlaced strings) (10/04)

今回はスレッジハンマーを「(自称)進化型😅スパゲッティストリンギングパターン」で張ってみました。
どこが進化型かと言いますとメインストリング2本を捩ったことでスパゲッティ(ナイロンテグス)を省略したところです。

DSC07160.jpg

平行に張った2本のメインの間にクロスを通すのだが、2本を捩ってその間を通した。
一方向に上下させるだけだと表裏のメインが一緒にスライドしないので捩っていくのだが反対方向の捩りが端に蓄積していくので中程で逆捩りに変更したため、その箇所では捻りが倍になってしまった。

DSC07161.jpg

DSC07162.jpg

DSC07163.jpg

DSC07166.jpg

単にクロスをメインでサンドイッチしただけでなく捻りを入れたためスライドの戻りが悪くなったがそれでも結構スピンはかかります。
あとはコートで検証してみて評価です。😄




 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 進化型スパゲッティ | スレッジハンマー