li 阿幾左与庵
2020/01/01 (Wed) 00:00

申年長月 昼😅 宴会倶楽部御品書

会員様ご予約受付中 


前菜

玉筋魚釘煮、本唐墨、赤鰈唐墨、銀化スモーク
生ハム(サイボクGP豚モモ肉&ロース) 焼銀杏

吸い物 

白身魚の潮汁

刺身(振り塩締め氷温熟成)  

石鰈、黒鮪カマトロ、鮃、鰆、真鯛、
ヒイカ、剣先烏賊、真烏賊、明石真蛸

酢肴

炙り〆鯖、炙り〆サゴシ

焼き物

国産鰻蒲焼き、淡路産焼穴子、淡路産鱧蒲焼き
干物(真烏賊、ナメタカレイ、鮎開き、鯵開き)

煮物  

時魚

御飯・止椀

棒寿司(銀毛、焼鱧)焼穴子押し鮨
零余子ご飯
玉筋魚釘煮茶漬け 白飯
赤身魚赤出汁
タイカレー(グリーン or レッド)

香の物 

ラブレ漬け(高菜、白菜、小蕪) 玉葱粕漬け 南高梅干 生姜甘酢漬け 茗荷甘酢漬け、辣韮甘酢漬け

果物  

巻き柿、干し安納芋、トルコ産干し白無花果

蒸し物 

淡路産渡り蟹、徳島産高脚蟹、淡路産鱧、淡路産穴子

鍋物  

魚すき 鶏すき

揚げ物(トランス脂肪酸が気にならない方のみ提供)

山菜天(蕗の薹、タラの芽)

飲み物

純米吟醸酒大和蔵 
テンプラニーリョ赤ワイン (VINA PENA、PATA NEGRA 2007
 
ブラックニッカ 
 Akispecial(ブランデー50+チンザノロッソ50)
ジンフィズ、マルガリータ 

ソフトドリンク

珈琲モカ、抹茶、煎茶、
明日葉・ヒュウガトウキ・煎茶のトリッ茶

ようこそおいでませm(_ _)m 


P1040225.jpg

 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/09/30 (Fri) 23:35
9月21日(水)

フィッシングマックスの情報で、「ハゼクランク」なるルアーでハゼがバンバン釣れるんだって((・・?)
で、買ったんだけど・・・全然アタックしてこない。
ま、そんなこともあろうかと石ゴカイも買ってたんですよね😅
餌釣りに変更したら、当たる当たる、やっぱ餌は美味しいんですよね~(^^♪

んで、こんな釣果

DSC02678.jpg

Sちゃん、キビレも釣りました🙌

DSC02677.jpg

15~18cmのハゼ29匹(^^♪

DSC02681.jpg

キビレ2匹・・・ちっこいけどね(;^_^A

DSC02680.jpg

ハゼは開いて天ぷら用に

DSC02683.jpg

キビレは早速塩焼きにいたしました(^^♪

DSC02684.jpg

9月24日(土)

先日の釣果に気を良くして、また行ってきました
こんなところです
汐はそれほど良くないけど、河口の流れ出しなのでまぁ活性があるかもって、期待😂

DSC02694.jpg

どうですか? いかにも釣れそうな風情があるでしょう?

DSC02695.jpg

砂浜から投げたほうが良いかもしれないけど、いつもの釣り場はここ
石積みの途中にある平たいコンクリートの排水口
左の住宅街にあるビオトープの溢流排水口なんですね
なのでこの付近には餌を求めて寄ってくるんですねお魚が(^^♪

DSC02696.jpg

でもね、前回は上げ三分で食いが立ったけど
今回は小潮であまり動かないので今一つ
でも、見て、キスが釣れたんですよ\(^o^)/

DSC02697.jpg

今日の釣果はキス4尾とハゼ7尾

DSC02704.jpg

テンプラ用に開いて冷凍保存~(^^♪
年越しぞばとか雑煮のトッピング天ぷらにいたしましょう😋

DSC02706.jpg



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/09/30 (Fri) 20:27
9月19日((月))敬老の日

注文品が届きました

北海道/秋鮭 メス 生筋子入り 3.0キロ前後 (特選)【急速冷凍】
株式会社アツマル水産 送料1300円込みで6,280円

DSC02638.jpg

こんなお方ですね

朝、定置網での獲れとれをIQF発送してくれます。
IQF品なので、アニさんの心配をしなくてもルイベで食べられるんです😋

DSC02639.jpg

少し解凍されたところで鱗取りします

DSC02647.jpg

開腹できる程度に解凍されたら執刀❢
先ずは腹子を取り出します(^^♪

DSC02648.jpg

三枚に処してフィレをきれいに掃除します

DSC02649.jpg

尾の身を少し試食用に梳いて

DSC02650.jpg

中落と、お頭ですね

DSC02651.jpg

頭は兜割・・・鮭は柔いので楽ちんっす(^^♪

DSC02652.jpg

DSC02654.jpg

腹子は492g-100g(バットの重量)≒390g
市場価格600円/100gだから、これだけで2340円
でも、6000円払えば腹子が1kg買えるんですから、フィレを食べたいかどうかでどちらを選ぶかですね😂

DSC02655.jpg

頭は鍋用にカットして保存

DSC02656.jpg

と、プラチナ会員様から、なんか食べたい~ってお電話が
赤烏賊(ソデイカ)、イシモチ、メバチのお造り盛りをご用意😋

DSC02657.jpg

ちょうど獲れとれのルイベも

DSC02658.jpg

カマとハラスの焼き物~

DSC02659.jpg

んでもってかんぱぁ~い
今日はプラチナ会員様が遠近法をお使いになられました😂
なのであたしは豆絞り顔アップ大写しでござーます😤

DSC02660.jpg






 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/09/29 (Thu) 10:10
やっぱり大ウソつきだったShinzo Abe
1000万人移民受け入れ政策案 → 「移民政策はしません」そこまで委員会発言 → 高度人材受け入れ推進、就業条件緩和に永住権取得条件緩和 → 「日本を世界でも最速で永住権を取得できる国にする」

これでやってくるのはChang Chongからのサービス業への労働者。
最悪は留学生という資格で入国し毎年200万円の生活費を我々の税金から給付され、就学先をはしごして5年経ったら永住権をゲット。
高度人材どころか、反日教育を受け育った敵国性人を1000万人も入れてどうするつもりなのか。
まさに売国政策・売国奴安倍晋三。
ここに至っても安倍支持者からも党内からも全く批判の声が上がらない。
みなすでに統一教会と創価学会の信者になってしまったのか。
終に朝鮮に乗っ取られちゃったみたいですね。



□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 4133号
□■■□──────────────────────────□■■□
        2016(平成28)年9月29日 (木)

より転載

━━━━━━━━━━
難民モドキという難問
━━━━━━━━━━


     平井 修一

山本夏彦翁曰く「人はついぞ自分は見えない」。

他者のことは冷徹に観察できるが、ことが自分に及ぶと冷静に現状を把握 して行動することができない。パニックになったり、無謀な行動をして自 滅したりする。

「PCの作業では30分に1回は上書き保存する」・・・これは多くの失敗か ら学んだ上の鉄則だが、1時間、2時間でも問題ない状態が続くと、この鉄 則を忘れるのである。

人は賢いか、愚かか。現状としては「賢くもあり、愚かでもある」「冷静 に判断することもあるが、失敗が多く、一時的な感情でバカなことをする こともある」あたりだろう。

難しいことではあるが、人間は概ね経験で動くから、未知の明日、来週、 来月、来年のことはなかなか予測できない。ちょっと前までは無茶をして も「ガンガン飲んで、ひと眠りすればOKだ」なんてやってきたから、老人 になっても無茶をして、そして老人であることを自覚し、「もう以前の体 ではないんだ、無茶は禁物だな、教訓とすべし」と反省するのである。人 間は賢い。

ところが体調が戻ると教訓は忘れて、ヨッシャーッとなり、そして後悔す るのだ。全然進歩しない。人間は愚かである。

どんなに経験を積んで、賢くなっても、その知恵を後進にバトンタッチで きないというのが人間の哀しさだ。物質は残せるから、その蓄積の上に今 があるのだが、精神は2万年前と一緒で、いつでもゼロからのスタート だ。まったく発達、発展しない。2万年前の苦労を今も繰り返すのである。

ウィキによれば「ニッコロ・マキャヴェッリ(1469年5月3日 - 1527年6月 21日)は、イタリア、ルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の 外交官」。新大陸が発見され、大航海時代、移民、移住が移住して続々と 植民地が作られていった時代である。われわれは500年経っても彼を超え られない。

塩野七海氏の「マキアヴェッリ語録」にはこうある。

<いくつかの民族は、なぜ自分たちの土地を捨てて他国に侵入し、そこで 国を創るか――の理由だが、これは戦争の一種と見るべきであろう。

この人々は、戦乱によるか、飢餓のため貸して、やむを得ず家族ともども 侵入してくるわけだが、この種の侵入は、領土欲に駆られてではない。と はいえ、先住民族を追い出したり殺したりすることにおいては、変わりは ないのである。だからこそ、通常の戦争よりも残酷な様相を呈する場合が 多いのだ。

この、やむを得ずにしても新天地を求めて侵入してきた民族が、もしも非 常に多数の人間からなっている場合は、必ずといってよいほど先住民族を 追い出し、殺し、財産を奪った果てに新国家を建設するようになる。

そして建設の後は、モーゼがしたように、またローマ帝国のあちこちに侵 入した各民族が行ったように、地名を変える現象が起こる。

ガリア・チザルピーナと呼ばれていた地方がロンバルディアと呼ばれるよ うになり、ガリア・トランスアルピーナがフランスになるという具合で、 侵入してきた民族の名にとって代わるというわけだ。

イリリアはスキャヴォーニに、パンノニアはハンガリーに、ブリタニアは イギリスに代わったように、例を挙げていくときりがない。モーゼも、彼 が征服したシリアの一部地方を、ユダヤと呼ばせたのであった(政略 論)>(以上)

以下は、昨日PCがフリーズして壊滅した原稿(引用以外)を記憶を頼りに 修復したものである。上書き保存を忘れたのだから自業自得で、仕方がな い、明日再チャレンジだと思ったのは賢明だが、この際、気分転換で一杯 やるか、ちょっと早いがいいだろうとなったのは愚かである。人間は複雑だ。

在ウィーンの長谷川良氏の論考「新たな『民族の大移動』が始まった!」 (アゴラ9/22)から。

<私たちは大きな勘違いをしているのかもしれない。彼らは一時的な難民 殺到ではなく、欧州全土を再び塗り替えるかもしれない人類の大移動の始 めではないだろうか。以下、その説明だ。

メルケル独首相は19日、ベルリン市議会選の敗北を受け、記者会見で自身 が進めてきた難民歓迎政策に問題があったことを初めて認め、「今後は 『我々はできる』(Wir schaffen das)といった言葉を使用しない」と述 べた。

この発言は「難民ウエルカム政策」を推進してきたメルケル首相の政治的 敗北宣言と受け取ることができるが、来年実施される連邦議会選への戦略 的変更と考えることもできる。賢明なメルケル首相のことだから、当方は 後者と受け取っている。

オーストリアはファイマン政権時代の1月20日、収容する難民の最上限数 を3万7500人(年)と設定した。参考までに、17年は3万5000人、18年3万 人、そして19年は2万5000人と最上限を下降設定している。すなわち、今 後4年間、合計12万7500人の難民を受け入れることにしたわけだ。

同国は昨年、約9万人の難民を受け入れている。そして今年9月現在、最上 限をオーバーする気配だ。そのため「最上限を超える難民が殺到した場 合、どのように対応するか」が大きな政治課題となっている。

すなわち、難民受け入れ数の最上限設定の背後には、「殺到する難民を制 御し、必要に応じてその上限をコントロールできる」といった自惚れた考 えがその根底にある。

現代の代表的思想家、ポーランド出身の社会学者で英リーズ大学、ワル シャワ大学の名誉教授、ジグムント・バウマン氏は、「移民 (Immigration)と人々の移動(Migration)とは違う。前者は計画をたて、 制御できるが、後者は津波のような自然現象で誰も制御できない。政治家 は頻繁に両者を混同している」と指摘している。

ここで問題が浮かび上がる。欧州が現在直面している難民、移民の殺到は Migrationではないか、という懸念だ。そうとすれば、欧州はトルコやギ リシャに難民監視所を設置し、殺到する難民を制御しようとしても、制御 しきれない状況が生じるだろう、という懸念だ。

欧州では3世紀から7世紀にかけて多数の民族が移動してきた。これによっ て古代は終わり、中世が始まったと言われる。ゲルマン人の大移動やノル マン人の大移動が起きた。

その原因として、人口爆発、食糧不足、気候問題などが考えられている が、不明な点もまだ多い。民族の移動はその後も起きている。スペインで はユダヤ人が強制的に移動させられている。

ジュネーブ難民条約によれば、政治的、宗教的な迫害から逃れてきた人々 が難民として認知される一方、経済的恩恵を求める移民は経済難民として 扱われる。

ところで、視点を変えてみれば、21世紀の今日、“貧しい国々”から“豊か な世界”へ人類の移動が始まっているのかもしれない。換言すれば、北ア フリカ・中東地域、中央アジアから欧州への民族移動はその一部に過ぎな い。この場合、政府が最上限を設定したとしても彼らの移動を阻止できない。

ドイツで昨年、シリア、イラクから100万人を超える難民が殺到したが、 大多数の彼らはジュネーブ難民条約に該当する難民ではなく、豊かさを求 めてきた人々の移動と受け取るべきだろう。繰り返すが、制御できない民 族の大移動は既に始まっているのかもしれない>(以上)

仕事、安全、未来、豊かさ、温暖な気候を求めて2万年前から人は移動し てきた。北から南から東京、大阪に人が集まるのはごく自然なことだ。た だ、国境を越えたり、異民族だと衝突は避けがたい。

ジャーナリスト・井本省吾氏の論考「塩野七生氏の卓見『難民、移民は入 れるな』」(アゴラ9/21)から。

<前回、イタリア人による移民礼賛論の危うさをを取り上げた。長くイタ リアで暮らし、イタリアの生活と文化、歴史について日本人の中でもっと も詳しい一人である塩野七生氏の「移民への対処」論を紹介したい。

2008年12月号の月刊「文藝春秋」に載ったエッセイと同時期のナンバー 715号に掲載された記事だが、今でも十分に通用する。筆者は塩野さんの 考えにほぼ全面的に賛成である。

塩野さんは「純粋培養だけでは、いずれは衰弱する。異分子による刺激は 常に活気を取り戻すには最適な手段」として、有能な外国人の日本への移 住を歓迎する。

だが、当時、日本では移民を一千万人受け入れると言い出した。塩野さん は「これくらい、バカな政策はない」と一蹴する。理由は以下の如し。

《移民政策では先行していたのがイギリスやドイツやフランスやイタリア だが、これらの国の現状を見てほしい。今では移民受け入れに積極的で あったゆえに苦労が絶えない。ヨーロッパ人がアメリカへの移民であった 百年前とは、事情が変わったのである。

以前は移住先の国の言葉を習得し法律を守るのは当たり前と思われていた が、今はまったくそうではない。移り住んだ国に同化するよりも、その国 の中に自分たちのための治外法権区域を作ることのほうに熱心な感じだ》

移民がその国に問題なく定住する大きな条件はその国の言葉を自由に話 し、生活習慣を身につけることである。さらに、その生活習慣をこよなく 愛することが大きい。

そうした外人はしばしばテレビなどに出演し、流暢な日本語とユーモアで 日本人に親しみをもたらす。彼らが日本に愛着を感じている事は話しぶり や身振りで良くわかる。日本人そのもののような所作をする人々も珍しく ない。

私はこうした外国人の存在を大いに歓迎する。中には日本人に帰化した者 も少なくない。

だが、自分たちの言葉を話し続け、生活の文化も持ち込み、さらに自分た ちの治外法権区域を作れば、その国の国民との摩擦、争いが多発しないは ずがない。塩野さんは言う。

《これが現状である以上、今の日本の選択すべき道は、一つしかないよう に思われる。深く静かに潜行してきたこれまでの厳しい移民政策を、これ 以後も黙ってつづけることなのだ。来られては困る人々を、なるべく人目 に立たずに排除するために》

外国人の移民を歓迎する向きは、外国人の流入を閉ざすと労働力が不足し 日本は孤立する、と心配する。だが、塩野氏は「その心配はない」と退ける。

女性や非正規労働者、高齢者を今まで以上に活用することで解決できる し、長期的には必要な外国人は日本にやってくるから、日本が孤立する心 配もないと見る。

世界の知的労働者、有能な技術者は何を欲しているか。「治安の良さ」 「親切な人々」「便利な日常生活」の3点セットだ。この点については日 本は世界のトップクラスにあると塩野さんは太鼓判を押す。

今や米国のような先進国でさえ、城塞都市かと思うくらいに高い塀をめぐ らせガードマンが見張る中で、有力な知的・技術的労働者が富裕階層とと もに日々を暮らすようになりつつある。日本なら、城塞なしでそれが実現 できる。

日本は説明不足で、そうした情報を海外に提供していないから、知的労働 者も不十分にしかやってこない。しかし日本に少し長く旅した人々はそれ を認識し、徐々に定住の道を選び出す。

例えば、テレビや洗濯機などが壊れたら電話で数時間で修理に来て、ほぼ 満足行くように直して行ってくれるし、修理にコストがかかるようだと、 安い新品を手配してくれる。欧米だと修理に1~2週間かかるのはザラ。 新興国や途上国ではまともな修理を期待できない場合も少なくない。

重ねて言えば、塩野さんは「『来られては困る人々』は、断固として排除 すべきだ」と書いている。

《日本にとって一番困る人々は、もちろん反日教育で洗脳された中国人と 北朝鮮・韓国人だ。彼らは日本を嫌いだが、母国で生活に困窮したため、 豊かな日本にやってくる。ある者は犯罪行為、ある者は性産業や水商売で 金を稼ぐ。

彼らが日本に来たことによる(日本の)メリットは何もない。あるのはデ メリットだけだ。彼らが多く集まればチャイナタウンやコリアタウンを形 成し、そこは治外法権区域と化す。彼らは多くの犯罪を犯し、日本の治安 は悪化するだろう。

今回の国籍法改正案(改悪案)は、ザル法である。偽装認知がおそらく中 国・韓国人により多発するはずだ。……(その結果、治安、親切さなど)日 本の良さも消えるだろう。日本語を全く話さず反日教育を受けた新・日本 人の手によって。まあ、多くの人が気がついた時には、もう手遅れかもし れないが》

塩野さんがこう書いたのは、欧州への難民流入問題が本格化する直前のこ とだが、今日の混乱を正確に見通している。

1000万人の移民に賛成しているきれい事の好きなリベラリストは、今も欧 州での社会的混乱に見て見ぬふりをしている。

だが、問題の深刻さを少しでも理解している日本人、特に政治家は塩野氏 のように、毅然と言わねばならぬ。

「日本は移民、難民を安易に受け入れるわけには行かない。自分のことは 自分の国で、自分でせよ」と。

中国や韓国に対しては、特にこの姿勢で対応すべきである。塩野氏の冷徹 な視点は、かつて福澤諭吉が喝破した次の「脱亜論」の観点と共通する。

《シナ朝鮮(に対しては)隣国なるが故とて特別の会釈に及ばず。悪友を 親しむ者は共に悪友を免かる可らず。我は心に於て亜細亜東方の悪友を謝 絶するものなり》

諭吉も手を携えて共に欧米列強の攻勢に対処しようと、最初は大いに期待 した。だが、傲然と誇り高いだけでまったくヤル気なく、日本の援助に頼 り、ぶら下がり、しかも恩を仇で返す。その魂胆、性格にあきれ返った末 の脱亜論である。

100年たっても変わらない隣国人の業、性。そこを見据えないと「気がつ いた時には、もう手遅れかもしれないが」となるやも知れぬ>(以上)

遠くさかのぼれば我々もアフリカから大陸経由で、あるいは海を越えて日 本にやってきた開拓者、難民、移民だったろう。国は縄張り、シマであ り、先住民族の早い者勝ちである。遅れてきたものはいじめられ、差別さ れ、辺境に追いやられるのが常だ。

あるいは先住民族を圧倒してシマ乗っ取ることも多いだろう。マヤ文明、 インカ帝国は駆逐された。豪州タスマニアのアボリジニは白人に瞬く間に 絶滅された。北米の住民は1500年には100%がインディアンだったが、今 はたったの3%に過ぎない。

非妥協的な宗教妄想で自由、民主、人権、法治の近代国家造りに失敗し国 土破壊を招いた難民モドキの侵入を許せば、やがて国家は乗っ取られる、 ハイジャックならぬカントリージャックだ。もし日本が100年後も素晴ら しい国であるためには異民族の浸透をしっかりコントロールしなければな らない。これは子孫に対する我々の義務である。(2016/9/28)

**********************

発行周期 不定期(原則日曜日発行)

               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。

       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。
読者:5537人

ryochan@polka.plala.or.jp
--
渡部 亮次郎


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:伝えたいことジャンル : ブログ
2016/09/13 (Tue) 16:43
9月7日(水)

南側のテラスの上に5mmくらいの大きさの得体の知れない黒い物体が???

DSC02505.jpg

一面に散らばっています
昔見た似たような物体にはウサギやヤギの糞がありますが
臭いもしないし、そうかといって割っても種らしきものもありませんから植物の実でもなさそうです
2mmほどの大きさなら、シャクガの幼虫の糞に似てますが???

DSC02518.jpg

上を見て犯人を捜索したら・・・

居ました~(@_@)
立派な芋虫が~
10cmほどもあるスズメガの幼虫です
大事に育てているヤマトイモの蔓に巣食ってました


DSC02519.jpg

それも一匹だけじゃありません
隣の蔓なんて葉柄だけ残して葉っぱはきれいに食べつくされてます😢

DSC02520.jpg

あっちにも

DSC02521.jpg

こっちにも~

DSC02523.jpg

零余子は食べないみたいですけど、葉っぱが無くなっちゃったら養分を吸い上げられなくなるいかもしれないので裏山にお引越し願うことにしました~(^^♪

DSC02586.jpg

明日葉についてたクロアゲハ キアゲハの幼虫もご一緒願いましたわ😅
        ↑ かものはし様にご指摘いただきましたm(_ _)m

DSC02588.jpg

芋虫ちゃんは都合6匹いてはりました😅

流石に芋虫たる所以
名前の由来はサトイモやサツマイモなどの芋類の葉っぱを食べるから芋虫なんですね~😅
ワタシの大事なヤマトイモの緑のカーテンを食い荒らして
立派な置き土産、超特大芋虫の糞(くそ)を置いていきました



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
食材  /  山菜  | CM(2)  | TB(0)
2016/09/13 (Tue) 11:32
9月5日(月)

定番に定着した安くて美味しい業務スーパーさんの巻とミニいなり

DSC02496.jpg

卵子を抱いてるともっと嬉しいのだけど、ガスエビっす
顔はいかついけど美味しいんです😋

DSC02497.jpg

立派なお値段だけど、美味しそうなイシガレイをゲット

DSC02498.jpg

いつも通りの5枚下ろしにして振り塩締め氷温熟成へ

DSC02499.jpg

メキシコ産クロマグロ中トロと舌平目の湯引き

DSC02500.jpg

ハタハタの煮付け~

DSC02501.jpg

飛びぃの粗の汐汁

DSC02502.jpg

いつかは飽きるだろうけど、ミニいなり

DSC02503.jpg

ガスエビのお造り~

DSC02504.jpg

9月6日(火)

飛びぃの酢締めと舌平目~

DSC02509.jpg

酢が弱かったみたいで皮がまだ硬かったので炙っちゃいました😅

DSC02510.jpg

家で炙ってたたきにしようかな😋 それともお刺身がよいかしら

DSC02511.jpg

突然ですが、お師匠様のところのお味噌が仕上がったとのレポートがアップされてたので、思い出してチェック
今年初めに仕込んだ米味噌です

DSC02512.jpg

重しを取って、

DSC02513.jpg

ラップを外したら麹黴が白く浮いてます
とても良い香りですね

DSC02514.jpg

天地返しして混ぜ混ぜして

DSC02515.jpg

平坦に均して

DSC02516.jpg

とりあえずの使用分だけ取り分けて
また消毒して密封して保管しました

DSC02517.jpg

6月7日(水)

前から気になっていた業務スーパーさんのちらし寿司
美味しかったけど、山菜なんぞが入ってたのは・・・やっぱりシナ原産なんでしょうねぇ
ぷちぷちが出なけりゃいいんですけど😩

DSC02524.jpg

鰹とイシガレイの造り盛り~

DSC02525.jpg

9月8日(木)

本日の獲物たち、
水洗いして、皮も剥いで貰いました😂

DSC02527.jpg

これ、1匹丸ごとじゃないんです ハーフカットなんですね😂

DSC02528.jpg

ベビーホタテより少し大きいサイズ年長さんホタテかな
生きが良くてパカパカしてます

DSC02529.jpg

定番になったミニいなりと巻~
合わせて助六

DSC02530.jpg

残りの鰹を叩きにして

DSC02531.jpg

うまずらの薄造り、肝醤油用の肝添え

DSC02533.jpg

明日は工務店とおっしーさんが来るので
社長には一日繰り上げて今日来ていただきました
お土産は純米吟醸無濾過生原酒 御代桜

DSC02534.jpg

右のバッグは何かと言いますと、

DSC02536.jpg

お酒(一升瓶)のキャリングバッグなんです
家に来るときのためにお友達がプレゼントしてくれたんですって

DSC02537.jpg

飛びっ子(左)と、ぶりっ子(ハタハタのブリコ)
ブリコも代用キャビアになれますね😋
なんて言ったらハタハタに悪いわ、ぶりっ子で十分美味しいです😋

DSC02538.jpg

9月9日(金)

大丸の生山葵が1200円もしてるので、他を探したら、ありました。
同じくらいのサイズでこのお値段❢
コープさんでめっけ~🙌

DSC02539.jpg

これは叩きでしょう

DSC02540.jpg

今日はおっしーさんが来はります
自前麦ジュースを始めた
そうですが、梅酒の瓶で醸してはりました。
家にはPVCの瓶が余ってますのであげますよと言ったら取りにいらっしゃるとのことですので家の麦ジュースのテイスティングもしていただきます。

オードブルは生ハムとカラスミ

DSC02541.jpg

零余子と銀杏のバター炒め

DSC02543.jpg

ヤマトイモとアボガドのサラダ

DSC02544.jpg

うまずらのお造り

DSC02545.jpg

飛びっ子とぶりっ子

DSC02546.jpg

炙り〆サゴシ、鰹叩き、タコ、イシガレイ

DSC02547.jpg

お土産に頂いた、ひやおろし

DSC02548.jpg

おっしーさんにはうちの麦ジュース
私たちはひやおろしで
かんぱ~い

DSC02549.jpg

9月10日(土)


今日の獲物は
釣りもののタッチー
少々高いけどゲット

DSC02562.jpg

3日連続の来客
今日はプラチナムメンバー様御来庵
プラチナ会員様には昨日いただいたひやおろしをお薦めいたしました
ワタシは昨日飲みすぎたのでお茶で乾杯

DSC02563.jpg

炙りタッチー
石鰈、炙り〆サゴシ
タッキー(タコ)

DSC02564.jpg

鰹叩き

DSC02565.jpg

ワタシ

DSC02566.jpg

零余子と銀杏

DSC02568.jpg

すぐに皮下出血するワタシの惨めな腕
ひじから先しか出ないんですけどねぇ
なにが原因なのでしょうか?

DSC02569.jpg

アボガドとオクラと粘りっ子(ヤマトイモと長いものハイブリット)

DSC02570.jpg

安納芋の自家製干し芋

DSC02571.jpg

調子が上がってきたので、パタネグラを開けました😂

DSC02572.jpg

パタネグラが2本目に入ったあたりでカメラウーマンに変身した会員様は
やたら写録なさいます😂

DSC02574.jpg

DSC02576.jpg

DSC02584.jpg

今日もごきげんさんで夜は更けていきました(^^♪

DSC02585.jpg

9月11日(日)

今日の獲物はこれ

DSC02589.jpg

DSC02590.jpg

で、連日の炙り〆サゴシに炙りタッチー
それに本日ゲットの中トロ
室温で脂がとろけてしまいます😅

DSC02592.jpg

相模豆腐に占地と淡竹の煮物アンドダダ茶豆をトッピング

DSC02593.jpg

9月12日(月)


今日の獲物はグレと

DSC02594.jpg

子持ち甘エビ~

DSC02595.jpg


呑み録

日付

銘柄と量

Alc(ml)

日本酒換算

2016/9/5

麦焼酎3合

119

4.4

2016/9/6

大和蔵搾りた1合 麦焼酎2合 HB2杯

128

4.7

2016/9/7

大和蔵搾りた1合 麦焼酎2合 ビニャペニャ0.3本

136

5.0

2016/9/8

御代桜 純米吟醸五百万石無濾過生原酒3合 ミルク割りWSK1杯 HB1杯

110

4.1

2016/9/9

御代桜 純米吟醸五百万石無濾過生原酒3合 越の雪椿ひやおろし旬熟一番あがり2合

184

6.8

2016/9/10

麦焼酎2合 パタネグラ0.8本

153

5.7

2016/9/11

大和蔵搾りた1.5合 GIN1杯 ヴィニャペニャ0.2本 パタネグラ0.5本

123

4.6

 

注)日本酒換算は15度の日本酒一合のアルコール含有量=27mlとしたもの




 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/09/05 (Mon) 20:16
6月30日(木)

今日は兵庫医大の再診日です
相変わらずの状態で炎症を抑えるためにリンデロン点眼を続けて経過を観察することになりました。

7月14日(木)

9時からCコートでテニス
14時兵庫医大で右眼前嚢収縮切開後の炎症の再診
再診の結果、
切開した前嚢は何故か眼内レンズの周縁部にまで捲れて?後退していました。
白内障手術直後の状態となり、眼前のシャッター膜が開放されたので視界良好🎶
写真を撮っておけばよかったけど、嬉しくて忘れちゃった
このまま点眼薬(フルオロメトロン)をさし続けて9月1日再受診することになりました

9月1日(木)

再診の結果、
まだ炎症は完全に治まっていないのでフルオロメトロンを1日3回点眼することに
次回は12月1日(木)です



 
[Read More…]
 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 兵庫医大 | 前嚢収縮 | 
2016/09/05 (Mon) 19:05
8月30日(火)

業務スーパーさんで1枚950円+taxのマルハニチロさんの紅鮭
肉質と言い、塩加減と言い、とっても美味しいのです
半解凍で15枚に切り分けてスチームオーブンで焼き上げますと、
一切れでごはん一膳行っちゃいます😂

DSC02460.jpg

オスだから安いけど、このお値段はお買い得
蒸して真空パックンしてデポジット

DSC02461.jpg

銀ぴかの秋刀魚
塩焼きにしようかな

DSC02462.jpg

予てから気になっていた業務さんの稲荷寿司と巻寿司
食べてみたら美味しいんです
特に稲荷は出色の出来ですね
日本人好み(ワタシ好みか😂)の甘辛加減がすんばらすぃ~(^^♪
ミニサイズなので、揚げさんの握り寿司ともいえますしお酒の充てにもいけますわ
しかもね、350円+tax❢
コスパ最高~っす😋

DSC02463.jpg

巻はおいくらだったかしら?
巻も普通に美味しいです😋

DSC02464.jpg

中トロと大鮃(デポ品)

DSC02465.jpg

蒸し毛ガニ(デポ品)

DSC02467.jpg

8月31日(水)

ヒイカの煮付け~
ふつうはこのお料理ですね😂
ヒイカをお造りにするのは家だけかも

DSC02468.jpg

田舎からかぼちゃを頂いたので
南京と豚肉の煮物に
豚肉は南京と合わないのかしら?
豚肉臭いんですね😩

DSC02469.jpg

偶にはソーセージなんかも食べるんですよ
ブルベリーとトマトは自家製です(^^♪

DSC02470.jpg

9月2日(金)

所さんの番組で「ガイジンが選んだ冷凍食品トップテン」を見て探してきました。
でもね、一位になったラーメンはありませんでした😞
その他、品揃えでお店ごとにあるもの無いものがあるみたいで、
マルハチさんではこれだけ見つけました😂

DSC02471.jpg

早速、お酒の充てに唐揚げをチンしました~(^^♪
確かに若鳥の食感
お味もまぁまぁ
揚げ物をしたくないご家庭には重宝しますね

DSC02472.jpg

サゴシのちっこいのがめっちゃ安かったので焼き物に

DSC02473.jpg

若鳥は美味しかったのでお代わりでございます😂

DSC02474.jpg

お次はお好み焼きをチン
出来上がり画像は取り忘れ~😅
まぁまぁ😋ですね
ワンコイン以下のコストで、チンして一流店並みの一品が食べられるって❢
それ自体が大感激でしょ?
今回わかったけど、
あの毒餃子事件以来中国製造は無くなってるってことと、
中国食材が避けられているってこと。
良かった良かった(^^♪

DSC02476.jpg

9月3日(土)

業務スーパーさんで変わった麦焼酎をめっけ

DSC02477.jpg

こんな醸され物っす

DSC02478.jpg

ワイン酵母で醸した麦焼酎?
白ワインの香り?

DSC02479.jpg

DSC02480.jpg

ロックで飲んでみた
・・・(・・?
まぁ、ワインのような感じがしないでもないが、
やっぱ、麦焼酎ですね
でも飲みやすいのはアルコール度が低いからかも(22度)
やっぱ、アルコール発酵で麹黴に勝るものはないようですね

DSC02481.jpg

ヒイカとサゴシの炙り

DSC02482.jpg

大きな舌平目(下駄とか牛の舌とも言いますね😂)

DSC02483.jpg

分厚いところを冊取して
残りは煮つけに

DSC02484.jpg

9月4日(日)

飛魚の大きいのを水洗いしてもらったら
飛びっ子も入ってました😋
フィレは振り塩締め氷温熟成へ、
飛びっ子は漬けに

DSC02489.jpg

今日の出物はね、
メキシコ産ホンマグロ中トロ
解凍品だけどトロだと冷凍でも生とあまりかわんないですね
これ、100g398円+税 ・・・ 安っと思うのはワタシだけ?

それとね、大ぶりのハタハタ
ブリコが入ってそうです

DSC02490.jpg

釣りものなので一本販売だと高価になるので切り身にして小分けにしたんだって
とっても良い身なので二船ゲット
釣りものサワラがkg2000円はめちゃお得~\(^o^)/

DSC02491.jpg

DSC02492.jpg

早速お造りに
鰆とホンマグロの中トロ~

DSC02493.jpg

下駄の煮付け~

DSC02494.jpg

舌平目(下駄)の炙り~

DSC02495.jpg


呑み録です 😂 アルコール換算量も記入しました

  

日付

銘柄と量

Alc(ml)

日本酒換算

2016/8/29

大和蔵搾りた2合 パタネグラ0.8本

142

5.3

2016/8/30

大和蔵搾りた2合 ヴィニャペニャ0.5本 HB1杯

126

4.7

2016/8/31

ヴィニャペニャ2本

180

6.7

2016/9/1

大和蔵搾りた2合 ヴィニャペニャ0.2本 GF1杯

96

3.6

2016/9/2

大和蔵搾りた2合 ヴィニャペニャ0.5本 MK割りWSK2杯

137

5.1

2016/9/3

大和蔵搾りた2.5合 麦焼酎2合

156

5.8

2016/9/4

大和蔵搾りた2.5合 麦焼酎2合

156

5.8

注)日本酒換算は15度の日本酒一合のアルコール含有量=27mlとしたもの


 
[Read More…]
 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/09/05 (Mon) 14:57

国際派日本人養成講座 からの転載です


No.967 「大東亜戦争は継続中だ」と語ったインドネシア将軍

<<   作成日時 : 2016/09/03 21:55  

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本軍が引き上げた後も、インドネシア植民地主義・共産主義と戦ってきた。

■転送歓迎■ H28.09.04 ■ 48,692 Copies ■ 4,237,361Views■

__________
伊勢雅臣著『世界が称賛する 日本人の知らない日本』
http://amzn.to/2aeCHh7

お陰様で3ヶ月で3刷り1万部、Kindle版とも好調です。
アマゾンではカスタマーレビュー28件、5つ星評価で4.9と高い評価をいただいてます。読まれた方は、ぜひ投稿をお願いします。

投稿者: 玉澤直久 5つ星のうち5.0「全ての日本人が読むべき本です」

 私たち日本人は、他国の人たちからどのように見られているかということを非常に気にする国民であるのに、実は自分の国のことをそれほど知らない国民で す。この本は、日本及び日本人はどのような国、民族であるのかという事を、しっかりと理解させてくれる本で、全ての日本人に読んで欲しいと思います。

伊勢雅臣)学校や図書館には寄贈させていただいています。
申し込みは以下の頁からどうぞ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=315924
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


■1.「我々が取り組まねばならない植民地一掃の大事業」

 インドネシアのサンバス将軍は、次のように語ったと伝えられている。

__________
 日本の戦争目的は、植民地主義の打倒であった。その目的の大半は達成したが、植民地主義国はまだ残っているではないか。ソ連(ロシア)は最後の植民地主 義国だ。中国もチベットやウイグルを併呑した植民地主義国だ。これから我々が取り組まねばならない植民地一掃の大事業は、中ソが相手となる。[1, p111]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 25年ほど前の発言だが、ソ連こそ打倒されたものの、チャイナによるチベット、ウイグルの弾圧・搾取は酷くなる一方であり、最近の南シナ海の軍事基地化はそのまま、東南アジア諸国への侵略である。

 しかし、この発言の真意を理解するには、インドネシア国民が第二次大戦後も植民地主義と戦ってきた足跡を知らなければならない。インドネシア国民から見 れば、西洋植民地主義や共産主義と戦ってきた日本が大東亜戦争の敗戦で引き上げてしまったので、その後の「植民地一掃の大事業」を、彼らだけで取り組まな ければならなくなった、というのである。

 戦後のインドネシアの戦いを見れば、大東亜戦争の意義も、日本の今後の使命も見えてくる。


■2.日本軍の支援を受けて独立準備

 1602年から始まったオランダのインドネシア支配は過酷で、各地でコーヒーや砂糖の栽培を強制し、その収益はオランダの国家予算の三分の一を占めたと言われている。貧困に喘ぐインドネシア人の平均寿命は、一説によれば、35歳まで低下した。

 オランダ支配に抵抗して、インドネシア人民は何度も独立闘争を起こしたが、そのたびに制圧された。そこに登場したのが日本軍だった。日本軍は同じアジアの民としてインドネシア人に助けられ、わずか七日あまりでオランダ軍を降伏させた。

 インドネシアに駐留した第16軍司令官・今村均大将は、独立運動の指導者スカルノに対し、将来の独立に向けた準備を支援する代わりに、戦争に協力するよ う求めた。スカルノはこの取引に応じ、日本軍に物資や労務を提供する代わりに、日本軍はインドネシア人による軍隊(PETA)の創設・訓練、官僚の育成、 法制度や教育体制の整備などを進めた。[a, b, c]

画像


画像


 その上で、日本軍が敗れた1945年8月15日の二日後、スカルノは初代大統領に就任して、独立を宣言したのである。


■3.オランダの「侵略戦争」

 しかし、それで過去300年以上の権益をあきらめてしまうようなオランダではなかった。オランダの副総督ファンモークは、スカルノの独立宣言を無視して、インドネシアの港町スラバヤにイギリス軍とともに、上陸した。

 ファンモークは「インドネシア人は、日本軍が降伏してしまった現在、我々が上陸すれば、彼らは直ちに元通り従順になるに違いない」と考えていた。しかし、インドネシアは「日本軍のおかげで羊がトラになった」とオランダは驚愕した。

 イギリス軍は連合軍の管轄として、日本兵の武装解除、本国輸送などの役割を果たすためにやってきたのだが、インドネシア独立戦争に巻き込まれ、大きな犠牲を出した後で、1946年11月に軍隊を撤退させた。

 しかし、オランダは諦めず、1947年7月に戦車、飛行機、機関銃で武装した部隊約10万人を投入して、大規模な攻撃に出た。インドネシア共和国軍は兵 員こそ2百万人もいたが、武器は日本軍から秘密裏に渡された小銃4万丁ほどに過ぎず、大半の兵士は竹槍を手に立ち向かった。オランダ軍は瞬く間にジャワの 大部分と、スマトラ油田地帯を含む産業地帯を占領した。

 オランダの「侵略戦争」は世界中の非難を浴び、国連安保理も「オランダの敵対行動の即時停止」と「平和的手段での解決」を謳った決議案を採択した。


■4.「植民地主義と戦うには力がなければ勝てない」


 オランダは、この決議案を受け入れて、停戦に応じるかと見せかけたが、占領地域からの軍隊撤退は拒否した。外交交渉が乗り上げ、局地的戦闘が続く中、1948年12月20日、オランダは空挺部隊による第二次攻撃を開始。

 オランダとの独立戦争では、日本軍人数千人が戦後も現地に残ってインドネシア軍とともに戦った。そのなかには、インドネシア国立英雄墓地に祀られている人々もいる。[d]

 国際世論、特にインドを始めとするアジア諸国はオランダによる都市の無差別爆撃に激しい非難を浴びせかけた。国連安保理も1949年1月28日、オランダに対して、インドネシアから撤兵するよう勧告する決議案を採択した。

 アメリカ議会の中では、これ以上、軍事行動を続けるならば、マーシャル・プラン(アメリカによる欧州経済復興援助)を打ち切るべきだという声が出てき て、これが最終的にオランダを諦めさせた。結局、国連による非難決議は、オランダの侵略に対する有効な阻止手段とはならなかったのである。

 3年半の独立戦争で、インドネシア側が払った犠牲は死者だけで80万人、負傷者は1千万人を超えた。しかし、オランダは謝罪するどころか、戦闘を賄うた めに自ら発行した軍票60億ドルのインドネシア政府による弁済、オランダ人官吏への恩給支給、オランダ人所有の不動産の権利承認などを要求した。

 インドネシア政府は独立確保のために、オランダの要求をすべて呑んだ。そして再侵略の心配がなくなった1963年に、オランダの要求を否認する声明を出した。その時の外相であったルスラン・アブドルガニー氏は、[1]の筆者・江崎道朗氏に次のように語った。

__________
 我々はようやく力がついてから全世界の見ているところでオランダとの約束を全部破り捨てました。つまり植民地主義と戦うには力がなければ勝てないので す。オランダと戦う力、つまり軍事能力を戦時中、日本が与えてくれたおかげで我々は独立することができました。[1, p80]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 連合国が東京裁判で我が国を「侵略の罪」で裁いている最中に、原告側に立っていたオランダは露骨な侵略をしていたのである。


■5.共産クーデターとの戦い

 オランダからの独立を果たしたのも束の間、インドネシアは今度は共産主義勢力の標的とされる。ソ連や中国はスカルノを操って、インドネシアを共産化しようとした。1958年には、スカルノ政権はソ連から10億ドルもの武器援助を受けとった。

 1963年、終身大統領に就任したスカルノへの反感から欧米諸国が援助を控えると、中国は肩代わりし、共産党の勢力拡大に注力した。インドネシア共産党は「入党すれば、いい仕事につける」と宣伝し、党員3百万人、シンパ18百万人にまで膨張した。

 1965年10月1日未明、ついに共産クーデターが勃発。大統領親衛隊の約5百人の決起部隊が、陸軍将校の邸宅を次々と急襲し、大統領官邸を占拠した。俗に「9・30事件」と呼ばれる。

 しかし、陸軍戦略予備軍司令官のスハルト少将が、共産クーデターに呼応しないよう国軍幹部を説得し、即座に鎮圧に動いた。スハルトを中心とした陸軍が行動を開始すると、学生とイスラム教徒の民衆は共産党に立ち向かった。

 各地で民衆が左右に分かれて激突し、半年間で死者百万人に上ると言われる内戦が繰り広げられた。この結果、共産クーデターが失敗に終わり、周恩来主導のアジア共産化構想は頓挫した。スカルノは大統領の職位こそ解かれなかったが、失脚して実権を失った。


■6.「日本にぜひ協力してもらいたい」

 9・30事件の翌66年2月、インドネシア軍の司令塔となっていたアリ・ムルトポ准将が来日して、福田赳夫外相、佐藤栄作首相と会談した。ムルトポは、次のように訴えた。

__________
 束南アジアはこれまで、米中ソの代理戦争をしてきました。米中ソを入れないようにASEAN(東南アジア諸国連合)という垣根を作ります。1967年にその構想を発表します。中国、ソ連、ベトナムに対抗する政治連合です。

 共産国の出方次第では、軍事連合にするかもしれない。しかし、我々が政治団体とか軍事団体を結成すると言えば、アメリカにぶち壊されてしまうので、当分の間は文化、観光、経済の団体という覆面をするつもりです。日本にぜひ協力してもらいたい。[1, p121]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 日本政府は察知していなかったが、9・30事件以降、インドネシアやマレーシア、シンガポールなど東南アジアのリーダーたちは、「もうこれ以上、巨大な 象(米中ソ)に我々の士地を荒らされてはかなわない」と考えて、ピースゾーン(平和地域)としてのASEAN建設に向けて一致して動いていたのだ。

 日本政府は、スハルト大統領体制が発足すると、直ちに大規模なODA(政府開発援助)を供与しインドネシア政府を支援した。

 ムルトポ准将の言葉通り、1967年、タイ、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポールと反共を国是とする5カ国でASEANが誕生した。

 昭和51(1976)年に総理大臣に就任した福田赳夫は、翌52年、東南アジア諸国を歴訪し、マニラで、ASEANを全面的に支援する事を約束した。この演説は「福田ドクトリン」としてASEAN諸国から、今も高く評価されている。


■7.日本を助けたインドネシア指導者たち

 インドネシアをはじめとするASEAN諸国は、日本を頼りにするばかりでなく、日本をできる限り助けようとした。アイゼンハワー政権のダレス国務長官 が、日本が講和独立後に、朝鮮戦争特需に代わる新たな経済市場が必要と考えた時に目をつけたのが東南アジア市場だったが、東南アジア諸国の指導者たちも、 この方針を支持し、日本企業の東南アジア進出を支援した。

 1973(昭和48)年にOPEC(アラブ石油輸出機構)が中東戦争を有利に運ぶために、石油供給を削減して、石油ショックが起こった。

 この時、日本政府は内密にOPECのリーダーであるサウジアラビアのフェイサル国王に日本向け石油の供給増加を依頼したのだが、その際に同じイスラム教 徒として、国王との仲介をしてくれたのが、アラムシャ副首相やモハメッド・ナチール首相らインドネシアの指導者だった。彼らはこう語って、日本への支援を 求めた。

__________
(大東亜戦争によって)キリスト教徒(オランダ)に支配されていた我々イスラムの民を救い、その独立を支援してくれたのが日本であり、日本はイスラムの味方だ。[1, p90]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 平成17(2005)年、小泉首相の靖国参拝に関して、中国政府がヒステリックな批判を繰り返していた際にも、ちょうど訪日していたインドネシアのバンバン・ユドヨノ大統領は「国のために戦った兵士のお参りをするのは当然のことだと思う」と参拝を支持した。


■8.「たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾だ」


 戦後も続いた日本とインドネシアの橋渡しをしたのが、中島慎三郎氏という一民間人だった。中島氏は戦時中は日本陸軍の防疫給水部衛生兵として、インドネシア各地で伝染病対策を行って、大歓迎を受けつつも、疲弊した人々の生活に心を痛めた。

 終戦後に帰国し、東京新橋駅前で花屋を始めた。そこに出入りするようになったのが、戦時中に陸軍士官学校や早稲田大学に留学していたインドネシアの青年 たちだった。彼らは帰国できないまま、母国の発展には日本の協力が必要だと考え、日本との関係を築こうとしていた。彼らは中島氏を父とも仰ぐようになり、 やがて母国に戻って、政財界で活躍するようになる。

 アリ・ムルトポ准将を福田外相に引き合わせたのが、この中島氏である。ユドヨノ首相が靖国参拝を支持してくれたのも、中島氏がツテを辿って依頼したのである。

 冒頭の「我々が取り組まねばならない植民地一掃の大事業」と語ったサンバス将軍の言葉は、実は海部首相が行った大東亜戦争に関する謝罪演説に激怒して、中島氏に国際電話で語ったものだった。それはこう続く。

__________
 そんなときに行つた海部演説は、植民地主義打倒の悲願を放棄したことになる。海部さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、アジア・アフリカの悲願を代表 して、まだ残っている植民地主義を攻撃すべきだった。大東亜戦争は継続中だ。たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾だ。[1, p111]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 このサンバス将軍の発言を、中島氏は次のように解説した。

__________
 要するに、戦争に負けたからと言って、その戦争で自ら掲げていた理想まで否定するのは無責任ではないかと、サンバス将軍は言っているのだよ。その無責任さが結局、現在の日本の東南アジア政策のお粗末さになって現れているのだ。[1, p111]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「植民地解放」という理想を忘れてしまった現代日本が、現状維持だけを旨とする「お粗末な外交」に堕(だ)してしまったのも当然である。それを歯噛みして 見ている国々がある。草葉の陰の我が先人たちも同様であろう。日本が戦った植民地主義・共産主義との戦いとしての「大東亜戦争」は、今も続いているのであ る。
(文責:伊勢雅臣

■リンク■

a. JOG(045)「責任の人」今村均将軍(上)
 インドネシアでは、民族独立を目指すスカルノとの友情を貫き、ラバウルでは、陸軍7万人の兵を統率して、玉砕も飢えもさせずに、無事に帰国させた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogbd_h10_2/jog045.html

b. JOG(046) 「責任の人」今村均将軍(下)
 戦犯として捕まった部下を救うために、自ら最高責任者として収容所に乗り込み、一人でも多くの部下を救うべく奮闘した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogbd_h10_2/jog046.html

c. JOG(193) インドネシアの夜明け
 インドネシア独立を担った人々が語る日本人との心の交流。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogbd_h13/jog193.html

d. JOG(036) インドネシア国立英雄墓地に祀られた日本人たち
 多くの日本の青年たちがインドネシアを自由にするために独立の闘士たちと肩を並べて戦ってくれました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogbd_h10_1/jog036.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 江崎道朗『コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く』★★★、展転社、H24
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4886563805/japanontheg01-22/


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | 伊勢雅臣 |  | 国際派日本人養成講座 | インドネシア | 植民地 | 共産主義 | オランダ | 侵略
2016/08/30 (Tue) 01:02
8月24日(水)

タケノコメバル、アルゼンチン赤エビ、タッチーの炙りっす😋
山葵は安曇野産山葵の鮫膚おろしでのすりおろし

DSC02422.jpg

8月25日(木)


さんまも少しお安くなってきました😂

DSC02423.jpg

Sちゃん盛り付けのヒイカの造り盛り~(^^♪

DSC02424.jpg

ちょっと腹骨を削っちゃって、血ぃが出ちまったけど、
背側と腹側に切れ目を入れ、腹骨を切らないように皮にだけ切れ目を入れると
内臓を傷つけないようにフィレが取れまんねん😋

DSC02426.jpg

包丁で押さえてね、こんな具合にべりべりと引きはがします(^^♪

DSC02427.jpg

ちょっと血が出ちゃったけど、
このやり方だと内臓を取り出し腹腔を水洗いする必要がなくなるし、
中落はそのままオーブンでカリカリに焼くとお酒の充てになりますの😋

DSC02425.jpg

で、水洗いしてないから、濃厚なお造りになるのでした🎶

DSC02428.jpg

焼き上げた中落でござんす
これで一合は飲めるかな?

DSC02429.jpg

8月26日(金)

日付が変わった深夜に、
お茶引き女郎のお仕事をしておりますの😂

DSC02430.jpg

いつもは煮出してるカルテッ茶を石臼ならぬセラミックミルで抹茶にすりすりおろし~

DSC02431.jpg

これ以上細かくしようとすると結構な力が要るのです(;^_^A
これでも1gの抹茶を挽くのに50回はハンドルを回さないとできません
あ~しんど😩

DSC02432.jpg

マルハチさんでゲット
水洗いしてもらったけど、肝がちっこかった😩
形も壊れてたし、いつもの人じゃなかったし、半分洗い流したんとちゃうんって思っちゃったわ

DSC02433.jpg

安い水ナスは、少し苦かった
古くなってたのかしらね

DSC02434.jpg

うまずらです

DSC02435.jpg

8月27日(土)

毎日のようにあるので、美味しいしゲット

DSC02436.jpg

小振りだけど美味しそうな部位が

DSC02437.jpg

キハダとうまずら~

DSC02438.jpg

ヒイカ~

DSC02439.jpg

8月28日(日)

朝、引っ越してきた後輩の部屋の窓に引っ越し祝いの遮光フィルムを貼ってからお買い物に、
今日の獲物

DSC02440.jpg

でもって、お決まりの🍻乾杯~

DSC02441.jpg

乾杯のあとから、肴の準備ですね😅
Sちゃんはキハダを切りつけてますね、
わたいはさんまの処理を、例のフィレ取りで~っす(^^♪

DSC02442.jpg

とりあえずキメジです

DSC02443.jpg

さんまです
フィレ取りのあとの切りつけはSが担当
ちと、今日は調子がよろしくありませんわ😂
さんまとか大トロとかは置いた後移動すると、もう取り返しがつきません
脂がノリノリなので形が崩れちゃうんですよね~😅

DSC02444.jpg

在庫品のクロマグロトロなんですが、・・・
やっぱマイナス20℃じゃぁ・・・色落ちするんですよねぇ、とほほ😩
味は良いのだけど見栄えがねぇ
マイナス60℃冷凍庫が、
欲しいわ~っ

DSC02445.jpg

本生山葵でお味を調えましょうね🎶
大鮃もあったけど写録忘れ~

DSC02446.jpg

ダダ茶豆

DSC02447.jpg

さんまの塩焼き~
向こうは中落焼き~、一緒に焼き上げるとちょうど良い焼き具合に仕上がりますね

DSC02449.jpg

相模豆腐の海藻和え

DSC02450.jpg

プラチナ会員様初めて食したさんまの中落カリカリ焼き
「お、いけるやん」の一言で酒飲み決定~(๑❛ᴗ❛๑)♡

DSC02451.jpg

出来上がった会員様のルーティーンの写録

私の鮭ごはんのコマ送りですね😅

16時58分スタート

DSC02452.jpg

かわいそうなワタシの腕のお肌は・・・
ちょっとぶつかるとすぐに内出血しちゃうのでした

DSC02453.jpg

DSC02454.jpg

DSC02455.jpg

あまりに美味しいので箸が止まりません😅

DSC02456.jpg

DSC02457.jpg

17時00分
がっついて、2分間で壱膳完食~(^^♪

DSC02458.jpg



呑み録です😂


2016/8/24

  大和蔵搾りた3合 HB2杯

2016/8/25

  ヴィニャペニャ0.4本 大和蔵搾りた2合 GF2杯 HB1杯

2016/8/26

  ヴィニャペニャ0.5本 大和蔵搾りた2合

2016/8/27

  ヴィニャペニャ0.7本 GF2杯 HB2杯

2016/8/28

  大和蔵搾りた2合 GF2杯



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ