li阿幾左与庵 阿幾左与庵
2020/01/01 (Wed) 00:00

申年師走 昼😅 宴会倶楽部御品書

会員様ご予約受付中 


前菜

玉筋魚釘煮、本唐墨、銀化スモーク
生ハム(サイボクGP豚モモ肉&ロース) 焼銀杏

吸い物 

白身魚の潮汁

刺身(振り塩締め氷温熟成)  

縞鯵、秋鮭ルイベ、赤烏賊(ソデイカ)、鰆、真鯛、石鰈
真烏賊、明石真蛸

酢肴

炙り〆鯖、炙り〆サゴシ

焼き物

国産鰻蒲焼き、淡路産焼穴子、淡路産鱧蒲焼き
干物(エテカレイ、鯖開き、真烏賊、鯵開き)

煮物  

時魚

御飯・止椀

棒寿司(〆鯖、銀毛、焼鱧)焼穴子押し鮨
零余子ご飯
玉筋魚釘煮茶漬け 白飯
赤身魚赤出汁
タイカレー(グリーン or レッド)
味の素の冷凍チャーハン
キンレイさんのとんこつラーメン、鍋焼きうどん

香の物 

ラブレ漬け(高菜、白菜、小蕪) 玉葱粕漬け 南高梅干 生姜甘酢漬け 茗荷甘酢漬け、辣韮甘酢漬け

果物  

巻き柿、干し安納芋、トルコ産干し白無花果

蒸し物 

淡路産鱧、淡路産穴子

鍋物  

魚すき 鶏すき

揚げ物

蝦虎魚天、山菜天(蕗の薹、タラの芽)

飲み物

純米吟醸酒大和蔵  麦焼酎
テンプラニーリョ赤ワイン (VINA PENA、PATA NEGRA 2007
 
ブラックニッカ 
 Akispecial(ブランデー50+チンザノロッソ50)
ジンフィズ、マルガリータ 

ソフトドリンク

珈琲モカ、抹茶、煎茶、
明日葉・ヒュウガトウキ・煎茶のトリッ茶

ようこそおいでませm(_ _)m 


P1040225.jpg

 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/12/07 (Wed) 00:12
11月12日(土曜日)

夜釣りの釣果 です
場所はダイエー横の宮川、尺チヌがうじゃうじゃ泳いでるんですね
なので見えチヌは釣れないので、夜ならと釣行したのですが・・・

堤防の斜面に居てたんです、モクズガニが,手網で掬いました
結構立派なサイズです。甲羅にフジツボも着いてる

日が落ちて6時から7時までの間にヒットしたのが、チンタ(カイズ)・・・キビレやチヌのちっこいの

皆さんとっても元気です


DSC03498.jpg

悔しいので翌朝、高価なシラサエビを買ってチャレンジしたのですが
やはり餌を食ってくれません


DSC03506.jpg

沈まないウキ・・・😥

DSC03507.jpg

チヌは泳いでるんですけどね・・・餌を食べてくれません😣

DSC03508.jpg

でもまぁ獲物を賞味いたしましょう

DSC03509.jpg



DSC03519.jpg

飛んで
12月4日(日曜日)

シラサエビを買って西の堤防にいきました
その前7時にダイエーの横の宮川に行ったけど全く釣れなかったんです😣

日焼けが嫌なので、覆面してますね~

DSC03738.jpg

グレ釣りのコマセしてたお隣さんが、でっかいチヌ(黒鯛)を釣らはりました

DSC03739.jpg    DSC03737.jpg

でっかいお船が入港してきたのでしょうか
押し船が出ていきます

DSC03740.jpg

DSC03741.jpg

DSC03742.jpg

本日の釣果は、
Sちゃんが、
鯔子を2尾(10cmくらい)
私は尼さん
鯔子がシラサエビを喰うなんてしらんかったわ😆

周りで釣れてたのはコマセ釣りしてたお隣さんだけ
お隣さんの釣ったでかチヌを見たSちゃんは
プロマネする気満々
がぜん釣りに目覚めて、コマセ釣りをするんだって

がんばんぞ~


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/12/05 (Mon) 22:40
11月24日

今年もなかなかお目にかからない鯔子
たまたまパルさんに立ち寄ったら
有りましたがね~😆
しかも、昨年の単価1280円/100gよりもお安い580円・・・あとでブログ見て判ったんだけどね😅・・・もっと買えば良かったかも
でもまあぁ大振りで形の良いものを3腹買いました🙌

因みに、これまでの購入単価(100gあたり税抜き)はと言いますと、

2015年11月17日  1280円
2015年11月10日  599円
2014年        品薄で購入できず
2013年11月25日  649円
2012年11月12日  199円
2012年11月07日  299円
2012年11月02日  599円
2012年10月30日  599円
2012年10月15日  299円
2012年02月20日  499円

2012年は怒涛のごとく生産してましたね😅・・・ だってお安かったからね


でも、このお値段だったら全部大人買いしても良かったかもって後の祭り

DSC03688.jpg

ま、気を取り直して、プスプスぷすぷすプスプス・・・
血管を針で突いて穴を開けて放血しました

DSC03691.jpg

細い血管も丁寧に穴あけします
これが綺麗なカラスミを作る秘訣なんですね

DSC03692.jpg

5時間ほどできれいになったので
無駄に付いてる臍をカットして塩漬けします

DSC03693.jpg

塩で全体を覆って、1昼夜

DSC03694.jpg

11月25日

塩を洗い流して
たっぷりの純米酒に浸して塩抜きします

DSC03698.jpg

11月26日

1日塩抜きしたら
ピチットシートで挟んで脱水成形

DSC03704.jpg

上下面にピチットシートを敷いて

DSC03705.jpg

平たいお盆を乗せて上に3kgの重石を置いて整形します

DSC03706.jpg

11月27日
1日経ったらこんな感じになりました

DSC03708.jpg

翌11月28日
干し網籠に入れて天日干しの開始です

DSC03713.jpg

DSC03714.jpg


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | カラスミ | 唐墨
2016/11/28 (Mon) 23:53
自民党
これって、ナショナリズムを標榜する政権だと思ってたけど、
小泉政権、安倍政権の政策はとにかく売国ばっかり
公約はすべからくポイする
一体こいつら何やねんって思ってたら

疑問解消っていうか、
調べて結論に至ってたことを検証してくださってる御仁がいらっしゃいました
カレイドスコープ

から、転載でございます

安倍信者は目を覚ましなさいな

*************************以下転載


安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている


自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。

左派弱体化へ秘密資金 米CIA、保革両勢力に
(共同通信 2006年7月19日)

【ワシントン18日共同】
米中央情報局(CIA)が1950年代から 60年代にかけて、日本の左派勢力を弱体化させ保守政権の安定化を図るため、当時の岸信介池田勇人両政権下の自民党有力者と、旧社会党右派を指すとみら れる「左派穏健勢力」に秘密資金を提供、旧民社党結党を促していたことが18日、分かった。

同日刊行の国務省編さんの外交史料集に明記された。

同省の担当者は、
日本政界への秘密工作を米政府として公式に認めたのは初めて」と共同通信に言明し た。

米ソ冷戦が本格化した当時、日本を反共の「とりで」にしようと、自民党への支援に加え、左派勢力を分断する露骨な内政干渉まで行った米秘密工作の実態が発覚。

日本の戦後政治史や日米関係史の再検証にもつながる重要史実といえそうだ。

安倍晋三という「保守の仮面」をつけながら日本国解体を粛々と進める謎の男。(本人も、自分が何をやろうとしているのか理解できていない)

「戦後レジームからの脱却」などと、意味不明のスローガンを使っていますが、なんのことはない、祖父の岸信介の代から、米CIAによって丁寧に育てられた“生まれながらの”米国奴隷に過ぎない、というわけです。

安倍晋三が繰り返し唱えているように、「戦後レジームを否定する」というのなら、多くの犠牲を払いながら、軍国主義の戦前体制を打破して作り上げた民主的な戦後体制を否定することになるわけで、その民主主義を日本に定着(押し付けた)させたアメリカへの対米従属主義(都合のいい言い方をすれば「親米主義」)をも否定し、さらにCIAがつくった自民党をも否定することになるのです。

しかし、この謎の思考回路を持った男は、その脱却しなければならないはずの自民党政治の頂点に立ったのです。

そして、「戦後レジームから脱却」するために憲法改正や愛国心教育の実践を掲げ、挙句の果ては統一教会のコンセプトをパクッた「美しい国」をつくるなどという迷言を吐く始末。

結局、安倍晋三が目指しているのは「国家主義の復活」に過ぎないのです。

と思いきや、党内の反対を押し切ってTPP交渉参加を表明したところを見ると、国家主義とは水と油の「新自由主義」の経済保守にも見えるのです。

要は、この男は支離滅裂、自分が何を言っているのか、何をやっているのか理解できていないのです。

霊能師や占い師、カルト教祖や朝鮮坊主の「神のお告げ」によって政治を行っているような狂人のノーミソはまったく理解不能。

CFRとCSISは、3.11の前に「日本のターニング・ポイント」計画を取りまとめていた!?

非常に高い分析能力と洞察力を持ったアナリスト、トニー・カータルッシが、2011年4月14日、福島第一原発が連鎖的な水素爆発を起こしてから、ちょうど一ヵ月後に、ある記事を書いています。
それは、この記事に掲載されています。

2011年4月14日の時点で、「日本のターニング・ポイント」について、外交問題評議会(CFR)ですでに決められており、その計画に沿って安倍晋三と、彼の自民党は、民意をことごとく無視し、政権公約を反故にしながら「日本売り」を進めていることがよく分かる記事です。

まるで安倍の好きな「予言」のような記事です。

これが、安倍が言う「戦後レジームからの脱却」の正体なのです。

安倍晋三と彼の自民党の議員たちが、TPPなどまったく理解できないし、憲法改正の必要性についての合理的な説明もできはないのは、彼らが、私たちが想像もできないくらい深い深いマインド・コントロールにかけられているからなのです。

自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。

まず、よく読んでください。
少なからず、驚かれるでしょう。


by Tony Cartalucci    2011年4月14日、タイのバンコクにて

アメリカは、日本の領域に(基地を置いたり)入り込んで、いろいろ干渉するために、北朝鮮に対する防御はアメリカしかできないと、日本に「米軍の必要性」を売り込んできたのです。

米国の日本の震災への対応は、「手近な間に合わせ」だったかも知れませんが、米軍なりに、最善を尽くそうとしたことは確かなことなので、そのことを持って「(米軍が手を抜いているかものように見えても)アメリカは威信を失った」と批難されるまでのことはないでしょう。

……………………………(途中、一部割愛)

酷い目に遭わせた上に、さらに侮辱する

グローバリズムやグローバリストを応援する人々は、一心不乱になってリビアで計画的な危機を作り出そうと企てている一方で、「まさにその時、進行していた 福島の災害をどうやって食い止めたらいいか」ということより、日本の復興について、どうするかに焦点を当てて、付け焼刃の知識を持ち寄って、あーだ、こー だとやっていたのです。

その復興計画は企業から資金を提供されたシンクタンクがまとめたものです。

「日本は新しい経済基盤の上でこそ復興を遂げることができる」("Japan Can Rebuild on New Economic Foundations")とタイトルが付けられたブルッキングズ研究所のロバート・ポウゼン(Robert Pozen)によって書かれた報告書は、「日本は境界を撤廃すべきだ」という要求を含んでいます。

日本が海外からの移民を受け入れることによって、少子高齢化を乗り切ることができるだろう、ということ、そして地方において予算を使うこと(地方分権を意味しているものと思われる)を阻害している日本の政治制度を組み立てなおすこと、そして、もちろん、コンピュータ・テクノロジーの進歩を伴った経済成長、新薬の開発、そして「金融革命」を刺激すること、などが盛り込まれています。

この報告書で述べられている「金融革命」が、新しいデリバティブの創造と、市場導入を意味していることは言うまでもありません。

外交問題評議会(CFR)が発行するフォーリン・アフェアーズ・マガジン(雑誌「外交問題」)に掲載された「東京のターニング・ポイント」と題する記事では、
「この災害が、日本が今までの保護政策を放棄し、TPPという自由貿易の真似事をする格好の機会である」と書かれています。

TPPの本質とは、「相互依存」という美名の下に横たわっている泥沼に、TPPに参加した国々を引きずり込むための、もうひとつの誘導に過ぎません。
それは、アメリカや、ヨーロッパ各国の経済を引きずり出して、国際銀行家たちが用意した「投機的借金地獄」の世界に引きずり込もうとするものです。
……
外交問題評議会(CFR)フォーリン・アフェアーズ・マガジン(雑誌「外交問題」)の中には、このようにもかかれています。
「(日本の)軍事改革は、3月11日を境にして、日本の自衛隊の“時代錯誤の制約”を取り外すことが含まれている。
それは、自衛隊との関係性、自衛隊と米軍との相互運用、そして国際防衛に係る産業共同作業への参加において自衛隊が加わわるようにするものだ」。
……
さらこの記事では、
「原子力に対する信頼性は揺るぎ、日本の石油への依存度は増え、日本の沿岸から中東に至る広い範囲で、シーレーンの安全性を維持するために、アメリカの権限におもねるようになるだろう」と書かれています。

新アメリカ安全保障センター(CNAS)の企業部門のパトリック・クローニンは、彼の「日本のニューディールの機会」のという記事の中で、こうした見方に同調しています。

さらに彼は、(これから始まる)一連のミッションでは--それは、おそらく災害救援と人道的支援から始まるものと思われますが--日本の自衛隊をNATO形式の軍事相互運用の中に完全に統合すべきであると主張しています。

日本が再び立ち上がるにつれて、そのような「相互運用性」や、クローニン氏が日本に参加してほしいと考えている一連のミッションは、彼のシンクタンクであるCNASに資金提供する軍産複合体にとって、莫大な利益をもたらすことは疑いのないことです。

これは、トニー・カータルッシという経済アナリストが、ワシントンのいくつかの保守系シンクタンクが公式に発表している「日本を今後、どうするか」について書かれたレポートを読み込んで書いた記事です。

それが2011年4月14日にアップされたのです。
つまり、外交問題評議会(CFR)の「日本のターニング・ポイント」計画は、3.11前から存在していたと考えなければならないのです。

これが何を意味するか。

自民党は、ワシントンの命じるまま、活断層の真上でもお構いなしに54基の原発を造り続けてきました。

そして、小泉政権の時に、福島第一原発の安全装置をわざわざ取り外し、元共産党議員の吉井英勝氏が国会で追及した香川県多度津に310億円かけて作った大型振動台の撤去を命じました。

「福島第一原発は今に必ず過酷事故を起こす」と、GEの元原発エンジニアや国会議員、IAEAまでもが再三にわたって警告してきたのに、これをことごとく無視。

何より福島第一原発の作業員たちから、「福島第一原発で放射能漏れがある」と何度も内部告発があったのに、それを聞いた前の福島県知事、佐藤栄佐久氏を国策捜査によって社会的に抹殺し、それどころか、第一次安倍内閣では、「福島第一原発の電源喪失に備えて何も対策を講じていないが大丈夫だ」といっていた安倍晋三や甘利明を、いったいどう考えたらいいのでしょう。

どんな角度から見ても、東日本大大震災と福島第一原発事故にはアメリカの作為が働いていて、何も理解できない小泉純一郎と彼の内閣、そしてそれをそっくり受け継いだ安倍晋三とその内閣は、日本の滅亡をせっせと準備してきたと考えないわけにはいかないのです。

それは、ワシントンのグローバル・エリートたちが、日本を自分たちの完全奴隷にするため、「日本のターニング・ポイント」を演出したということです。

統一教会(勝共連合)を通してCIAに遠隔操作され続けてきた自民党

CIAが、安倍晋三の祖父である岸信介ら自民党の重要人物に秘密工作資金を提供し続けてきたことは、CIA自らが公表した事実です。

その資金で、岸信介は東西冷戦の最中、CIAの命によって「共産主義のとりで」という偽装の正義を掲げながら、笹川良一児玉誉士夫とともに勝共連合をつくったのです。

勝共連合とは、朝鮮カルト、統一教会の教祖である文鮮明が、1968年1月13日に韓国でまず創設。
同じ年の4月、日本で岸信介らによって創設されました。
勝共連合の日本側の初代会長は、統一教会」の会長でもあった久保木修己

東西冷戦の終結後、勝共連合はその存在意義を失い、徐々にしぼんでいきましたが、それでも自民党の議員の中には未だに名簿に名を連ねている議員が多く存在しています。

このリンク先にあるのは、現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト(『週刊現代』99.2.27号から)で、警視庁公安部の『勝共推進議員名簿(衆・参)』(93年9月作成)にあった衆参両院議員249人と勝共連合からの派遣秘書43人の名簿をもとに、現職議員128人をリストアップしたもの(所属政党は現在のもの)とされています。

当然、日本側の勝共連合の創立者である岸信介の子供、安倍晋太郎(安倍晋三)の名前も載っています。

128名のうち、よく目に付くところで、町村信孝、中曽根康弘、中曽根弘文、鳩山由紀夫、鳩山邦夫、小泉純一郎、森喜朗、竹下登、細田博之、平沼赳夫、橋本龍太郎、亀井静香、中川秀直、中川昭一、尾身幸次、山崎拓、麻生太郎、古賀誠、松岡利勝、衛藤征士郎…。

CIAのコントロール下で日本を支配してきた清和会(現・清和政策研究会)の政治家はすべてといっていいほど勝共連合に入っています。

勝共連合の歴代会長は全員、統一教会幹部であり、役員の多くも統一教会信者で占められています。

その上、実質的に活動している会員たちも統一教会信者であるため、勝共連合とは、統一教会の事実上の下部組織であることは間違いのないことで、それはCIAにコントロールされているのです。

文鮮明は、自らを再臨のイエス(メシア)と称し、「世界平和のために人類が一つの家族になるべき」という教理を掲げて、1970年代から日本・米国などで活発な布教活動を開始しました。

1991年と1992年に相次いで北朝鮮を訪問し、金日成主席に会い、兄弟関係を結んでいます。

んっ?
世界平和のために人類が一つの家族になるべき…。

そうです
岸信介とともに、日本側の勝共連合を創設した旧名「日本船舶振興会」の笹川良一のテレビCMでよく聞かされました。
人類みな兄弟」。

20130402-1.jpg

その笹川グループの競艇利権にスッポンのように食らいついているのが、現・大阪府知事で日本維新の会の幹事長である松井一郎です。

日本維新の会と自民党の政策の違いを言うことは難しいほど、両者は酷似しています。
いずれ、かたちとはどうであれ、参院選に向けて選挙協力を言い出します。

これは、当然のことで、日本維新の会とは、自民党の別働隊だからです。

CSISが安倍晋三を使ってTPPに参加することを前提として、東北・医療特区構想を日本側に推し進めさせている

日本船舶振興会は笹川良一の死後、日本財団と名前を変えました。

この名前もまた、「この船が海底掘削を行った地点で地震が起こる」と言われている「海底掘削調査船・ちきゅう」が取り上げられるときに必ず出てくる名前です。

「ちきゅう」を持っている独立行政法人海洋研究開発機構には、毎年、日本財団から多額の寄付金が入っています。

また、日本財団は、“日本のメンゲレ”山下俊一と福島県を発起人にして、「放射線と健康リスク」国際専門家会議を主宰した団体です。

「放射線と健康リスク」と題した国際専門家会議が、震災から半年を迎えた11日から2日間の日程で、福島市の福島県立医大の講堂で開催され、国際放射線防護委員会 (ICRP)国連科学委員会(UNSCFAR)国際原子力機構(IAEA)など、国際原子力関係機関の専門家が医療被ばくや情報提供などの支援を行う ことを決めた。

この会議は日本財団が主催ICRP、福島県医師会、福島県立医大放射線医学総合研究所(放医研)などが共催、ロシア、アメリカ、ウクライナ、英国などから放射線防護の専門家ら約400人が参加した。

これは、外交問題評議会(CFR)の下部組織で、実質的な対日工作機関である米国戦略国際問題研究所(CSIS)の「復興に向けた日米パートナーシップ」の一環で、すでに3.11前から日本のTPP参加を前提に進められていた東北・医療特区構想の端緒となる会議です。

CSISのマイケル・グリーンは、CFRの上席研究員でした。

つまり、どういうわけか、3.11東日本大震災後、福島第一原発事故が起こって大量の被曝者が出ることを、あらかじめ知っていたかのような手際のよさで、CSISは「日本の震災復興パートナーシップ」のコーディネーターを努めているのです。

そして、そのTPPの主席交渉官を努めているのが鶴岡公二外務審議官。
鶴岡外務次官は、東京財団との関わりを持っており、何度か同財団主催のシンポジウムにコメンテーターとして呼ばれています。

日中韓FTAの首席交渉官を努めているのも、この鶴岡氏。

東京財団とは、笹川財団=日本財団=東京財団と考えてもよく、日本財団の理事長である笹川陽平氏が顧問として入っている財団です。

竹中平蔵が一時期、この財団の理事長を努めていました。

政権が変わろうが、政治家が変わろうが、ワシントンに洗脳されてしまった外務官僚や経産官僚が霞ヶ関に潜り込んでいて、売国政策を進めているのです。そして、そうした官僚たちが、政治家をもコントロールしているのです。

日本財団東京財団のような財団がワシントンの対日工作機関であるCSISの受け皿になっており、そのCSISが日本のTPP交渉参加、そして、福島県の放射能被曝者を実験台にした医療特区のモデル事業を日本側に推進させようとしているのです。

それはTPP参加後の「混合診療を全国へ広げるため」です。

こうしたシロアリ官僚や、竹中平蔵のような徹底して国を売り渡して日本国民の奴隷化を進めるような御用学者たちによって、日本丸は船底に穴を開けられようとしているのです。

そして日本丸沈没…。それは着々と進んでいます。

国家主義と新自由主義を同時に提唱する謎の思考回路を持った男

安倍晋三と自民党は、ワシントンのクローバル・エリートたち(無政府主義のワン・ワールド主義者)にとっては、単に「使えるバカ」と「その使えるバカを利用して政権の座にしがみつく妄執」に過ぎません。

安倍晋三は、「日本の農業は必ず守る」、「国民皆保険は守る」と言いながらTPPに前のめりに突入していきました。
しかし、当の本人が、「非関税措置(ISD条項)とは何か」をまったく理解できないのです。

ひどすぎる!安倍晋三首相のTPP答弁_これが総理大臣の答弁か?!


それだけでなく、勝共連合の思想そのものである憲法改正日本の核武装へ突き進もうとしています。

(※だから、「日本の核武装論者」たちは、実は統一教会の勝共連合の流れを汲む人々で、日本人の「成りすまし」であることに気がつかなければならない)

にもかかわらず、口では「うちゅくちぃ国」と言いながら、憲法についても経済についても、中学生ほどの知識もないのです。

安倍晋三には、常に彼の耳元で「神のお告げ」を囁く「神々」が付き添ってきました。
その「4つの神々」がテレビや週刊誌で一斉に取り上げられましたが、今は、そこにCSISという「もう一つの神様」が加わったということなのです。

こんなに神様が多いと、とうとう収拾がつかなくなって、再び政権を放り投げて逃げだしてしまうでしょう。

東日本大震災と福島第一原発事故の二つによって炙り出された「CFRによる日本の完全奴隷化計画」。

さて、このCFR=外交問題評議会とは、そもそも何でしょう。
そのルーツは王立国際問題研究所(俗称、チャタム・ハウス)と同じ。CFRとは姉妹関係にある民間のシンクタンクです。

王立国際問題研究所は、植民地支配を続けてきた残虐なヨーロッパ貴族の末裔たちが、新植民地主義の下に地球の再分配をしようと、勝手に世界の分割統治を計画している機関です。

一方、外交問題評議会(CFR)のほうは、デービット・ロックフェラーなどの「ユダヤ人の成りすまし=シオニスト」が主宰する世界統一政府を樹立するための戦略機関。

両方とも、ただの民間機関なのに、ここから大統領などのアメリカの代表者が出てくるのです。
小沢一郎も、自民党幹事長時代は、よくCFRに呼ばれていました。

ニューヨークにある外交問題評議会本部ビルは、国連ビルと同様、ロックフェラー財閥の関係者から寄付されたものです。
今、デイヴィッド・ロックフェラーは、名誉会長になっています。

この外交問題評議会はビルダーバーグ会議とも連携していることが知られています。

つまり、世界は、外交問題評議会王立国際問題研究所ビルダーバーグ会議など「影の政府」によって動かされているのです。

そして、今、「彼ら」は、日本の完全支配のために重点的に取り掛かっているのです。

外交問題評議会の政策目標のひとつとして、「国際連合世界政府」の権力と軍事力(=国連平和維持軍)を、どの個々の国家も対抗できない水準に強化す るとともに、アメリカ自身も含めて統治権と軍備を放棄させて「国際連合世界政府」のもとに全て移管させるという「世界統一構想」があります。

TPPなども、こうした人々による世界統治体制への移行の過程に用意されたものです。

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは


ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」


この影の政府を運営しているのは、ロックフェラー財閥やモルガン財閥、ロスチャイルド財閥、英国王室などの貴族の末裔とされているグループです。

彼らは、政府や有名大学、マスコミを支配して国際主義を浸透させるために、アメリカの伝統的文化基盤を徹底的に破壊しました。

それがTPPによって、いよいよ日本にも上陸という瀬戸際になっています。

アメリカの中流は徹底的に破壊されてしまいました。
彼らが、とても悲惨な生活を強いられていることは、日本のメディアは一切報道しません。ウォール街の資本が入っていて、日本のメディアもコントロールされているからです。

こうした影の政府は、CIA→勝共連合を通して岸信介、安倍晋太郎、他の自民党議員たちを遠隔操作し、彼らに徹底した売国政策を取らせてきましたが、小泉純一郎→安倍晋三あたりからは、戦略国際問題研究所(CSIS)によって動かされているのです。

だから、安倍晋三の2月訪米の折り、彼がCSISで講演したときに「リチャード・アーミテージ(元国務副長官)さん、マイケル・グリーン(CSIS上席副所長)さん、ありがとうございます」と言ったのです。

要するに、「お二人のお陰で、われわれ自民党は、なーんも考えなくても政権を取ることができました」とお礼を言ったのです。

こうした、いわゆるジャパン・ハンドラーと言われる人々たちは「ワン・ワールドの国際主義」を推し進めようと資本の力と法律を押し付けることによって日本をさらに支配しようとしています。

しかし、安倍晋三が目指しているのは国家主義です。

よく安倍晋三は精神分裂を起こさないものだと感心します。

いずれにしてもTPP参加後は、自民党の議員は用済みになります。
彼らの一人一人は、売国奴として、その名を後世に残すことになるのです。

この記事のトップにある共同通信の記事は2006年7月19日にアップされたものです。
しかし、朝日新聞は、その同じ内容の記事を、この12年も前の1994年10月10日に掲載しているのです。

ここで素朴な疑問-「何故日本の大手マスコミは自民党にCIAが資金提供していた事実を報道しないのですか...

そうです!
自民党の連中は、数十年も前から金(官房機密費)の力で新聞記者たちを手なづけてきたのですねぇ。
だから、東電を追及できないのですよ。


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | 売国 | 安倍政権 | 小泉 | カレイドスコープ
2016/11/28 (Mon) 20:35
11月20日(日曜日)

来年から「兵庫きのこ研究会」に入会します😊
来年からというのは、「今年の活動は11月の定点観察会が最後なので、これに体験参加して来年度からの入会とすれば会費は来年度からでよろしいですよ」と事務局長(=会長という役職名はないみたいです)の幸徳様からのお薦めですので、ありがたくそのとおりとさせて頂きました。😄



今回は会えませんでしたが、あの和田匠平君もメンバーです

定点観察会は1月~11月まで、毎月の第3日曜日に修法ヶ原(再度公園)で行われています。

行ったことがないので2日前の金曜日にナビを頼りに行ってきました😅
片道およそ50分です

ちょうど紅葉の季節で、とても美しい公園です

DSC03542.jpg

DSC03543.jpg

こういう看板はなんとかならないものでしょうかね

DSC03544.jpg

なにかいてるのかしら? って感じのショットでした😅・・・

DSC03545.jpg

DSC03547.jpg

修法ヶ池をパノラマ撮影してみました

DSC03549.jpg

DSC03550.jpg

帰ってきて、カンパチとキハダでカンパチ~じゃなかった、🍻かんぱい~ でした・・・

DSC03551.jpg

で、翌々日の20日
10時駐車場集合なので、今は9時40分くらい、あと20分で集合場所ですが途中の展望場所で撮影
小雨が上がった後の霧で巷は霞んでます

DSC03556.jpg

DSC03557.jpg

再度山ドライブウエイは道が狭くてしかもガードレールならぬガード石積みが凄い圧迫感を演出します。
ていうか、走りにくい道ですね😥
途中、こんな札所もありました

DSC03558.jpg

駐車場に集まって点呼、あとは自由観察です

DSC03559.jpg

遊歩道の脇にいろいろと生えてます

この辺りまで先輩にくっついて来てたけどはぐれちゃったけど、
御影高校のきのこクラブの若人が顧問の先生と一緒に合流してきました。
とかく高齢者が多くなりがちなきのこ研究会やきのこクラブですが、兵庫きのこ研究会は御影高校生が参加なさるのでとても活気的です😆
同定時にもタックシールに名前を書いてくれたり、大助かりでした😆

沢山の写真の説明は追い追い書き込むことにしてとりあえずアップしました😅

DSC03560.jpg

あとで判ったけど、ハマシメジですって

DSC03561.jpg

落ち葉が美しい文様をえがいています

DSC03562.jpg

なんかわからないきのこ

DSC03563.jpg

ツチグリ

DSC03565.jpg


DSC03566.jpg

今回、きのこの大きさが判るように1cm格子のバックを作ってきました

DSC03567.jpg

掘ってみたら

DSC03568.jpg

マツカサタケの仲間みたいかな?

DSC03569.jpg

カノシタかな?

DSC03570.jpg


DSC03571.jpg


DSC03572.jpg


DSC03573.jpg

ナラタケ

DSC03574.jpg


DSC03575.jpg


DSC03576.jpg


DSC03577.jpg

ニガクリタケかしら?

DSC03578.jpg


DSC03579.jpg

ナラタケ

DSC03580.jpg


DSC03581.jpg

カノシタ

DSC03582.jpg


DSC03584.jpg


DSC03585.jpg


DSC03586.jpg

ムラサキアブラシメジモドキ

DSC03587.jpg


DSC03588.jpg

シモコシ

DSC03589.jpg


DSC03590.jpg

カゴタケ
とても珍しいきのこだそうです
御影高校の先生も10年ぶりくらいに見たそうです
カナダからの留学生が見つけたんだって

DSC03592.jpg

においが独特でいちごチョコレート、アポロの臭がします
こんな珍しいきのこに出会えるなんてめっちゃ運がよいかも😄

DSC03593.jpg

ツチグリ

DSC03594.jpg

マツカサタケ

DSC03595.jpg


DSC03596.jpg

ムラサキシメジ

DSC03597.jpg


DSC03598.jpg


DSC03599.jpg

この立派なムラサキシメジを見たら、今まで奥池で見つけていたのはムラサキアブラシメジモドキだったのでしょう。

DSC03600.jpg

大勢で見つけたらほんとにたくさんの種類が見つかりますね

DSC03601.jpg

でっかいシイタケ

DSC03602.jpg


DSC03603.jpg


DSC03604.jpg


DSC03605.jpg


DSC03606.jpg


DSC03607.jpg


DSC03608.jpg


DSC03609.jpg


DSC03610.jpg


DSC03611.jpg


DSC03612.jpg


DSC03613.jpg


DSC03614.jpg


DSC03615.jpg


DSC03616.jpg


DSC03617.jpg


DSC03618.jpg


DSC03619.jpg


DSC03620.jpg


DSC03621.jpg


DSC03622.jpg


DSC03623.jpg

クッサイくっさいサンコタケ
お掃除してない公衆便所の臭がします😣

DSC03624.jpg


DSC03625.jpg


DSC03626.jpg


DSC03627.jpg

家に持ち帰ったムラサキシメジ
虫だししました

DSC03628.jpg

他のきのこよりも大きな虫がいました
でも寒くなってきたので量は少ないみたいですね

DSC03629.jpg

その後は布団乾燥機ディハイドレーターで乾燥

DSC03630.jpg

グレのお造り

DSC03631.jpg

豚ロースの焼肉

DSC03632.jpg

お野菜追加

DSC03633.jpg


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 兵庫きのこ研究会
食材  /  きのこ  | CM(2)  | TB(0)
2016/11/19 (Sat) 00:25
諸悪の根源金融ユダヤ人とその眷属

RAPT NAKAMURA 様のサイトより転載です

*************************************************************


18 6月 安倍・竹中の行った売国政策の一覧。余りの闇の深さに驚きます。

í|íÜã‡óZÅEåoç‡ëäÇ…åˆîFèÿìnǵ 

(注意)このページに鳥越俊太郎氏の画像を貼っておりましたため、このサイトを鳥越氏のサイトと誤解されて情報拡散されておられる方が多数おられるようです。鳥越氏の画像はただこのページの記事の内容と合致していたために貼り付けていたものであり、こちらのサイトは鳥越氏とは何の関係もありません。画像を貼り替えましたのは、そういった誤解がこれ以上拡散されないためです。鳥越氏のサイトでも「なりすまし」と悪意のある書き方がされていますが、私にはそんな意図は全くございません。私自身の体験と調査に基づいて書いた記事です。どうぞご了承ください。詳しくはこちら
 

どうやら私も裏社会の皆様に命を狙われるようになったようですので、私の身に何かあった場合に備えて、とりあえず私がこれまで調べてきたことの一覧をまとめておきたいと思います。
 
今のところ私は、現在の日本社会の闇の核心人物は「竹中平蔵」だと思っており、彼こそが金融ユダヤ人にとってのキーパーソンだと思っています。もちろん「安倍晋三」も然りですが、安倍晋三は経済政策についてうまく語ることができず、国民を煙に巻くことができません。それができるのは今のところ、ただ竹中平蔵ひとりなのです。
 
小泉のときも安倍のときも、竹中平蔵が二度に渡って日本の経済政策に携わるようになったのは、それだけ彼が金融ユダヤ人からの信頼を受けているからでしょう。竹中平蔵は韓国においても経済政策のブレーンになっていたことが分かっています。韓国は1998年にIMFの支配下に入って以来、完全にアメリカ金融ユダヤ人の属国になっています。
 
竹中平蔵は米韓FTA締結を主導した元ブレーン。韓国セウォル号の問題の発端も彼にあった。
 
私はこのことを察知したため、早くからトークラジオ(VOL.7 竹中平蔵による国家的犯罪〜史上空前の売国政策)で竹中平蔵について語ったのですが、このトークラジオを収録・公開した10日ほど後にASKAの麻薬逮捕のニュースが流れました。
 
この報道があるまで、日本国民は竹中平蔵について余り関心がないように見えましたが、この報道をきっかけに国民の多くがパソナに注目し、パソナの会長である竹中平蔵に注目するようになりました。実際、このブログでもパソナ関連の記事がダントツトップで数多くアクセスされています。
 
それ以降、私はさらに竹中平蔵について詳しく調べてきたのですが、今現在、私が調べてきたことの一覧をここに簡単にまとめてみました。有志の皆さんが、この情報を元にこの日本の闇をもっと深く掘り下げてくだされば幸いです。
 

1・現在の裏社会の経済はパソナ中心に動いている。

 
これからの日本経済はパソナ中心に動いていきます。現在、日本政策の作る経済政策のほとんどがパソナの利権になっていますし、これからもさらに数多くのパソナ利権が作られていくでしょう。
 
1).労働の流動化
 
社員の首を切りやすくして、パソナなどの派遣業者に転職希望者が大量に流れ込むようにするための政策。18歳を過ぎればほとんどの人が労働者となります。そして、正社員制度を完璧につぶしてしまえば、派遣事業が大きく栄えます。そのため、労働派遣法を次々と改悪し、正社員を減らそうとしているのです。
 
3年でクビ!? 正社員ゼロ!? 労働者派遣法の“大改悪”に反対します
 
仮に労働者の給料の半分を派遣業者がピンハネすれば、派遣業者は全国の人たちの半分の給料を手にすることになります。これは莫大な利益です。
 
2).残業代ゼロ政策
 
仕事が嫌になり、自ら転職したがる人を増やすための政策。
 
3).外国人労働者の大量受け入れ
 
パソナなど派遣業者を通して外国人を日本の企業に送り込むための政策。
 
4).女性の雇用促進
 
家の中にいる主婦たちを家から追い出し、パソナを通して派遣社員として働かせる。旦那の残業代をゼロにするのも、共働き夫婦を増やすため。また、主婦が働いている間、パソナの経営する保育園に子供を預けさせる。さらに女性を外に出して働かせる代わりに、家事代行業者を雇わせる。もちろんその仲介をパソナが担当。
 
パソナファミリー保育園
 
パソナグループの家事代行「家ゴトConcierge」
 
5).クールジャパン政策
 
クールジャパン機構の大株主の一つがパソナ。パソナは芸術・文化事業も展開中。
 
クールジャパン機構について
 
パソナミュージックメイトは仕事と音楽・演劇活動をサポート
 
6).岩盤規制の撤廃。農業特区。JA全中の全廃。
 
パソナは農業にも従事。しかし、農業ビジネスを拡大するためには、現在の様々な規制やJAが邪魔なので、これら全てを破壊しようとしています。
 
パソナグループの新しい農業支援 -パソナ農援隊
 
7).健康食品の表示規制緩和
 
パソナも今後は自ら作った農作物を使って、健康食品事業を展開する予定では?
 
8).地方創生本部の設立
 
パソナも地方活性化のための事業を展開中。また、都市部だけでなく、地方でも人材派遣事業を拡大しようと目論んでいます。
 
淡路島 話題の観光スポット・レストラン・グルメ のじまスコーラ
 
パソナ「ひろしま発人材集積促進プロジェクト」
 
「地方創生本部」設置もやはり創価=パソナ=竹中平蔵の利権のため。呆れたアベノミクスの実態。
 
9).国家戦略特区
 
金融ユダヤ人が日本でビジネスをしやすくするための政策ですが、同時にパソナ利権をより拡大しやすくための政策でもあるのでしょう。この件については今後、調査をしていきます。
 
10).etc
 
叩けばまだまだ埃が出てきそうなので、今後も入念に調べていきます。
 
とにかく、日本政府が作る政策を見れば、パソナが今後どのように儲けようとしているのかが分かります。政府の作る経済政策とパソナの行う事業は常にリンクしているのです。
 

2・パソナが儲かれば、創価が儲かり、創価が儲かれば、北朝鮮が儲かる。

 
竹中平蔵の経済政策は、全て金融ユダヤ人にお金を献納するためのものですが、同時にそのほとんどがパソナの利権となっています。しかも、風が吹けば桶屋が儲かる式に、パソナが儲かれば創価が儲かります。パソナ代表の南部靖之氏が創価学会員だからです。創価が儲かれば、今度は北朝鮮が儲かります。創価学会は北朝鮮宗教だからです。
 
派遣利権だけではない。JA全中全廃もクールジャパンも全ては創価=パソナ=竹中平蔵の利権だった。
 
北朝鮮が延命しなければ、金融ユダヤ人はこのアジアに戦争の危機を作れず、アジア諸国に武器を売ることができません。
 
また、北朝鮮は麻薬立国であり、麻薬の売買は金融ユダヤ人にとって非常に重要です。世界に麻薬を流通させるためには、北朝鮮をこのまま存続させなければなりません。
 

3・北朝鮮を維持させるために、カジノ法案を提出。

 
現在、北朝鮮にはパチンコ利権から大量のお金が流れています。この利権がつぶれれば、北朝鮮もつぶれます。しかし、パチンコ利権の収益はかつての半分ほどに減っていますので、今ではパチンコ利権がカジノ利権に食指を伸ばしています。
 
コナミなどパチンコ利権ではない創価企業もカジノ利権に手を出しています。ユダヤ金融資本ももちろんアメリカでの経験を活かし、日本のカジノ構想を日本政府と一緒になって作り上げています。
 
安倍首相、カジノを成長戦略に明記へ。これで得するのは在日とユダヤ金融資本のみ。
 

4・アベノミクスはアメリカのドル防衛が目的。

 
アメリカは今や借金大国となり、もはや返済は不可能な状態です。そのため、今にも国家が破綻しそうな状況なのですが、破綻を免れるために、日本円の価値を下げ、相対的にアメリカドルの価値を押し上げようとしたのが、アベノミクスの主たる目的です。
 
アベノミクスによって日本経済がボロボロになっているのは周知の通り。それは計らずしてボロボロになったわけではなく、最初からボロボロにすることを計画していたのです。
 
したがって、アベノミクス効果で経済が良くなったとマスコミが報道するのは全てインチキです。
 
また、消費増税も日本の景気を冷やすことが目的でした。TPP交渉も日本経済を叩き壊し、アメリカ経済を優位にするために行っているものです。
 
日本人を地獄に突き落とすアベノミクス。その輝かしい実績の数々。
 

5・安倍晋三が戦争を起こしたがっているのも、アメリカのドル防衛が目的。

 
アベノミクスで日本経済をボロボロにしても、アメリカの破綻は免れられそうもない。なので、金融ユダヤ人はこの極東で戦争を起こし、経済大国・日本の地位を貶め、成長途上にある中国をも叩きつぶそうとしています。今のところ、この二国さえ潰しておけば、アメリカは覇権国家としての地位を保ちつづけることができるからです。
 
しかも、戦争を起こせば、アメリカの軍産複合体が大儲けします。アメリカの軍産複合体は金融ユダヤ人の経営する企業です。
 
このような事情から、彼らはなんとしても日本を戦争のできる国にしたいと思っています。そのため、安倍晋三を使って憲法改正に取り組んできたのですが、さすがにそれが無理だと分かると、今度は憲法解釈の変更という手に打って出てきました。
 
公明党はそれに対して反対を表明してきましたが、公明党の支持母体は創価学会であり、創価学会は金融ユダヤ人の手先です。ですから、反対しているのはただのポーズだと分かります。いずれ彼らもほとんど完全に安倍の提案を受け入れることでしょう。
 

6・竹中平蔵=南部靖之=創価学会。安倍晋三=岸信介=統一教会。日本の二大カルトがこの世を取り仕切っている。

 
日本政府の政策を邪魔するような人間は、創価学会や統一教会などに所属する在日ヤクザを使って暗殺したり、冤罪事件に巻き込んだりします。
 
小泉・竹中改革下で起きた幾つもの暗殺・冤罪事件。日本はもう法治国家ではない。
 
しかし、小泉政権下で余りに沢山の人を殺してしまったので、今では余り下手に人を殺すことができない。特に有名人を殺せば、すぐに大きな話題となり、国民の注目がそこに集まってしまいます。
 
それでも無理に殺した場合、私のような人間がその真相を調べようとしはじめますので、私のような人間はまだ芽の出ないうちから(有名にならないうちから)摘み取ろうとしています。実際、昨日は死にそうな目に遭いました。
 
ついに私にも暗殺の手が回ってきました。私の自家用車に細工がされた模様です。
 
竹中平蔵と創価学会がつながっていることは上記の通りですので、ここではもう触れません。安倍晋三と統一教会のつながりについては以下のリンクをご参照下さい。
 
安倍首相と山口組と統一教会と北朝鮮。全ては裏で一つにつながっている。
 
安倍首相と統一教会のつながりを証明する動画。
 

7・ロシア・中国のガス契約締結によって、中国・元が世界のあらゆる取引に使われるようになり、アメリカ・ドルが排除されつつある。アメリカの崩壊はもう間近。

 
この事実があるため、金融ユダヤ人は焦りに焦っています。だからこそ、なりふりかまわずパソナの利権構造を次々と作り上げているのかも知れません。
 
中国とロシアのガス契約締結でアメリカが滅亡する。その仕組みについて。
 
竹中平蔵も安倍晋三も、金融ユダヤ人が力を失えば、自分たちの権力も名声も富もすべてが一夜にして消えてしまいます。そうと分かっているので、彼らは強い批判を受けることを承知の上で、次々と自分たちの都合の良い政策をでっちあげているのでしょう。
 

8・「仁風林」はこれらの裏社会の計画を阻止されないため、真面目な政治家や官僚などをハニートラップにかけるための秘密のサロン。

 
かつてのノーパンしゃぶしゃぶ事件で、売国奴以外の官僚がほとんどハニートラップに引っかけられ、霞ヶ関は売国官僚のみで埋め尽くされることになってしまいました。恐らく現在は「仁風林」が、正義感のある政治家や官僚をハニートラップに引っかける役割を果たしているのでしょう。
 
表向きはまじめなサロンを装いつつ、罠にかけたい者を闇の中に引きずり落とすのです。
 
「仁風林」はCIAが作ったハニートラップ製造店か? かつてのノーパンしゃぶしゃぶ事件と酷似。
 

9・特定秘密保護法案は、これら裏社会の構造を隠すための法案。

 
これについては、もはや説明は不要でしょう。
 
まだまだ書きそびれたことがあるような気がしますが、これからも命のある限り、必要に応じて、必要な記事を書いていくつもりです。
 
とにかく、命の危険ばかり顧みていては、この国はいつまでも変わりません。誰かが勇気をもって立ち上がらなければ!!



人気記事
○こちらの記事もどうぞ 



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

 
tag | 金融 | ユダヤ | ユダヤ人 | ユダヤ金融 | 竹中平蔵 | 安倍晋三 | 小泉純一郎 | 田布施
2016/11/14 (Mon) 21:00
11月4日(金曜日)

Sちゃんが大きい魚を釣りたいと言うので練習に行きました。
芦屋の人工浜です
いかにもキスとかヒラメやカレイが釣れそうですが誰も釣ってません。
潮干狩りはできるらしいけど、お🐟さんはいてはらしまへんのかしらね😓

DSC03447.jpg

かっこいいバイクが止まってたので借景に

DSC03444.jpg

さて、これからルアーキャスティングの練習でござる

DSC03445.jpg

皆さんは餌釣りでチヌ、スズキ、グレなどを狙ってるそうですが
私たちはルアーで太刀魚狙いでキャスティング練習
きっちり石畳にルアーを取られてしまいました😣
要するに底にひっかけちゃったんですね(T_T)

DSC03446.jpg

ま、仕方ないからマルハチさんでマルハゲゲット

DSC03448.jpg

今日はこれが良いよってジャーマネ様のおススメ
丸鯵1尾100円

DSC03449.jpg

で、マルハゲとマルアジの造り盛り~♫
大葉に乗ってるのは本山葵とハゲの肝

DSC03451.jpg

11月5日(土曜日)

今日は夜釣りの練習
夜釣りってね、タックルのトラブルなんかがあると、もう釣りになりません。
昼とは大違いです
経験の浅いSちゃんのために特訓ですわ😅

DSC03453.jpg

ここは住宅街の一画の遊歩道なのでとても足場がよろしいのですが
如何せんお魚さんがお留守のようです
昔はテトラでチヌ、スズキはもとより鮎魚女などの底魚も豊富に釣れたんですけどね
向こうのほうで釣ってたおじさんはガシラが釣れたって言ってました

DSC03454.jpg

ま、とにかく特訓っす

DSC03455.jpg

なんとか上手く投げられるようになったかな?

DSC03456.jpg

波間に浮かぶ電気ウキ
これが、す~っと沈んでくれないと話になんないです😅

DSC03457.jpg

シラサエビとアオイソメでチャレンジするもアタリなし(T_T)

DSC03458.jpg

結局坊主で帰って
ジンギスカーン

DSC03460.jpg

11月6日(日曜日)

夜釣りがダメなら朝マズメでチャレンジ
やっとこちっちゃなメバルが釣れました😆


DSC03462.jpg

その後、全然釣れないので夜釣りにチェンジ
夕方5時日没から始めて6時から7時にかけて

セイゴが3尾、カイズが1尾釣れました
ダイエー横の宮川です
昼間は尺チヌが群魚して泳いでるのに、何故か小魚しか釣れません
悔しいですねぇ😣

DSC03464.jpg

でも折角なのでゲットして塩焼にしました😆

DSC03465.jpg

別に確保してた鮎魚女(マルハチさんでゲット)

DSC03466.jpg

早速のお造りと

DSC03468.jpg

これはお家ハウスアイコと
新メニューのアボガドモズク掛け、めっちゃ相性抜群で美味しいです😉

DSC03469.jpg

焼きあがった小魚の群れ
これも美味しかったし、粗から出汁を採っておでんのスープに使いました😊

DSC03470.jpg

鮎魚女の煮付け

DSC03473.jpg

DSC03474.jpg

まだまだSちゃんのチャレンジは続くのでした
尺チヌが釣れるまで😊



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2016/11/05 (Sat) 15:14
WJFプロジェクト 様のブログからの引用です
アメリカはTPPをどう見なしているか(4) (11/04)

アメリカはTPPをどう見なしているか(4)

TPP: あなたが知らない最も不正な取引
アメリカの反TPPの団体「ExposetheTPP」が作成した動画に日本語の字幕をつけました。
TPPを知らない人たちに、TPPの怖さを伝えるのに最適の動画ですので、拡散にご協力ください。





 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:伝えたいことジャンル : ブログ
2016/11/04 (Fri) 11:38
10月は海に山にテニスコートにと大忙しで、特にきのこの同定に手間取り飲み食いログが付けられませんでしたので纏めてアップしておきます。
纏めてみて初めてわかったけど、一ヶ月で12升も飲んでたんですね😂
今月は控えめにしたんだけどなぁ


日付ヒヅケ 種類シュルイ アルコール量(ml) 日本酒換算量(合)
2016/10/1 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/2 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/3 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/4 麦焼酎2合 HB1杯 93 3.4
2016/10/5 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/6 ビア大1本 麦焼酎2合 128 4.7
2016/10/7 麦焼酎3合  119 4.4
2016/10/8 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/9 麦焼酎2合 79 2.9
2016/10/10 ヴィニャペニャ1本 86 3.2
2016/10/11 21時計測値 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/12 麦焼酎2.5合 99 3.7
2016/10/13 麦焼酎2.5合 99 3.7
2016/10/14 ビア大1本 麦焼酎2.5合 148 5.5
2016/10/15 麦焼酎1合 パタネグラ0.4本 77 2.9
2016/10/16 大和蔵3合 HB1杯 95 3.5
2016/10/17 大和蔵3.5合 95 3.5
2016/10/18 大和蔵3合 HB1杯 95 3.5
2016/10/19 麦焼酎1.5合 59 2.2
2016/10/20 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/21 麦焼酎2.5合 99 3.7
2016/10/22 麦焼酎2合 79 2.9
2016/10/23 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/24 麦焼酎1合 40 1.5
2016/10/25 麦焼酎2合 79 2.9
2016/10/26 麦焼酎2合 79 2.9
2016/10/27 麦焼酎2。5合 99 3.7
2016/10/28 麦焼酎3合 119 4.4
2016/10/29 麦焼酎3.5合 139 5.1
2016/10/30 麦焼酎2.5合 99 3.7
2016/10/31 麦焼酎3.5合 139 5.1
  合計ゴウケイ 3195 118.2
      12 升

10月1日

解凍だから、キハダでこのお値段
庶民の味方マルハチさんありがとう😃

DSC02788.jpg

そして、季節外れのすいかが、このお値段で
西瓜大好きの私には堪えられませんわ 🙌

DSC02790.jpg

キハダは早速美味しく頂きました

DSC02792.jpg

お肉(マトン)も頂きました

DSC02793.jpg

10月4日

ちっこいけど鱸だってさ~
普通はセイゴっていうんじゃないのぉ?

DSC02831.jpg

この子を「明るい擬装食品」の唐墨(但し鱈子の)にしようと思います😅

DSC02832.jpg

取り敢えず初期脱水のために塩漬けに

DSC02833.jpg

DSC02835.jpg

DSC02836.jpg

奉書焼にしたかったけど、いかんせん奉書が無いっちゃ、しゃーないわ😅

DSC02837.jpg

隠匿物資(アナゴ様表現のパクリっす😅)の石鰈なんですけど、なんかサメ鰈みたいに旨味が増してます
もうまるで縁側です😋

DSC02838.jpg

田舎からじゃがいもが届いたので、肉じゃが

DSC02839.jpg

10月5日

シールを2度も貼ってるって、
きっと、2割引きでも売れなくて乾いてきちゃったから半額になっちゃったんでしょうね
かわいそうなので全部ゲット・・・って筋子の醤油漬けにするんで好都合😁

DSC02841.jpg

やっと大きくなってきたお家バジル
口当たりも良いしどんなお料理にも合います

DSC02842.jpg

初摘のお家オリーブ

DSC02844.jpg

鱈子の初期脱水が終わりましたって・・・2日も漬けてたので漬けすぎちゃった😅

DSC02845.jpg

塩を洗って

DSC02846.jpg

お酒につけて塩抜きします
が、お酒が少なすぎてあまり塩抜き出来ませんでした
干したあとまた塩抜きして乾燥したんですよ。

DSC02847.jpg

まるちゃんの塩焼きそばで作った「なんちゃってカルボナーラ」
美味しいっす😁

DSC02848.jpg

半額の筋子は醤油漬けに 😋、

DSC02849.jpg

10月6日

お家にも隠匿物資としてデポしてますが、
しばらく品切れになってたので取り敢えずゲット
北海道って書いてるけど、これは加工地で原産地はNZだったかな、南半球です

DSC02850.jpg

珍しいものがあったので買ったんだけど、

DSC02851.jpg

モクズガニです
めっちゃすばしっこくて捕まえるのに一苦労
お鍋に入れるので、千枚通しで〆てみたけど、全然効果なしで大暴れ
仕方ないから蒸し器に放り込んで隙かさず蓋して、

DSC02852.jpg

蒸しました~😂

DSC02853.jpg

美味しいけど、小さいから、
めんどくさいです😆

半日、ボールに漬けて泥を吐かせたけど、結構水は濁ったし、少々油臭かった
どんな環境で捕れたかわからないからねぇ
四万十川の産なら「めちゃうま」なのかもしれませんが、
難しいですね・・・

DSC02854.jpg

お隣さんから頂きました
カナダ産松茸です

DSC02855.jpg

大丸の商品ですから、やっぱ、お上品に美味しいです😄

DSC02857.jpg

10月9日

助惣鱈子唐墨が出来あがりました

DSC03149.jpg

10月11日


オリーブオイルを塗って真空パック冷凍保存します

DSC03191.jpg

グチ(イシモチ)の塩焼~

DSC03192.jpg

10月12日


宮川にチヌやキビレがうじゃうじゃ泳いでるのです
なんとか釣れないかと思って、「見えチヌの釣り方」でググったら
蟹で釣れるっていう情報と、ジョイントキャンデーなる消しゴムで釣れるっていうのがあったので
まずは餌となるイワガニをゲットしに干潮の人口浜に行きました
石ころをひっくり返すとサササッと逃げる蟹をゲット

DSC03193.jpg

これを釣り鉤に付けて鼻先に落とし込むと、
食い気があれば釣れるんですってさ

で、やってみたけど、やり方が悪いんでしょうね
蟹が落ちてきた音でぱっと散っちゃって見向きもされませんでした😖
ジョイントキャンデーなんて言わずもがな、全くダメ

DSC03194.jpg

蟹をゲットしたのはこんなところ😄

DSC03195.jpg

DSC03196.jpg

DSC03197.jpg

あらら、おなじみのイソヒヨちゃんがこんなところに😄

DSC03198.jpg

マルハチさんで鰤ゲット

DSC03199.jpg

銀化のルイベ

DSC03200.jpg

赤出汁~

DSC03201.jpg

はらこ飯~

DSC03202.jpg

旨いんだな、これが 😆、

DSC03203.jpg

10月13日

手頃なカンパチをゲット

DSC03204.jpg

これは前日の鰤っすね~😄

DSC03205.jpg

またまた、銀化の漬けとのはらこ飯~♬

DSC03206.jpg

10月14日

ヒイカなんだけど、剣先烏賊のヒイカなんですよね
美味しいんでゲット

DSC03214.jpg

鰤、カンパチ

DSC03215.jpg

季節外れの花火=

DSC03232.jpg

西宮のマリンフェスタみたい

DSC03236.jpg

しょぼかったけど、
最后はバンバンババーンと華やかでした😄

DSC03239.jpg

オードブル盛り合わせ
蕨、銀杏、紫占地、零余子、鴇色喇叭茸

DSC03242.jpg

10月17日

ちび剣先烏賊の煮物

DSC03244.jpg

蝦虎魚と黄鰭っ子の塩焼
蝦虎魚は塩焼のほうが調理が簡単で、しかも美味しい♫

DSC03245.jpg

満月の宵の口

DSC03246.jpg

DSC03248.jpg

ダイダイイグチ入りの煮込みうどん

DSC03251.jpg

10月18日

手打ち蕎麦の練習
Sちゃん3回目

DSC03252.jpg

DSC03253.jpg

あらら、ひび割れが

DSC03254.jpg

打ち粉しすぎかな?
ボロボロじゃん

DSC03255.jpg

ぶっとぉ~

DSC03256.jpg

DSC03257.jpg

迫力満点、
噛みごたえ最高😂

DSC03259.jpg

今日の獲物はツバス

DSC03260.jpg

10月19日

はい、マルちゃん塩焼きそばを使った、楽しい擬装食品
カルボナーラ生パスタ
もちもちで美味しいです😄

DSC03261.jpg

10月20日




DSC03299.jpg

ソイメバル

DSC03300.jpg

10月21日


ヨコワの叩きとツバス

DSC03308.jpg

豚肉と茄子ピーマンの炒め物

DSC03310.jpg

10月22日

デビラ鰈の干物と秋刀魚
デビラ鰈の干物は中国地方では定番の酒肴ですが関西じゃぁ珍しいですね
これは生干しっぽいけど、カラカラに乾いたものは硬いので玄能で叩いて骨を砕いてから炙り焼きにします
潮のえぐみが肴の旨味と混ざってとても美味しい酒肴なんです😋

DSC03311.jpg

10月23日

佃煮三種盛り
紫占地、淡竹、鴇色喇叭茸

DSC03313.jpg

鯒薄造りと ヨコワの叩き

DSC03314.jpg

赤烏賊(ソデイカ)の丸焼き~

DSC03315.jpg

10月25日

お家みかんが大きくなって色づいてきました
下の方の小さいのは柚子です
今年はカメムシが大発生してるみたいでみかんに集ってるから収穫することにしました😆

DSC03354.jpg

DSC03355.jpg DSC03356.jpg

取り敢えず黄色くなってるのだけ摘みました

DSC03357.jpg

後から追加

DSC03397.jpg

巨大になってるけど、蜜柑です😋

DSC03398.jpg

鬢長鮪と蛸

DSC03358.jpg

はらこ飯

DSC03359.jpg

10月26日

鬢長鮪

DSC03360.jpg

10月27日

私の初打ち二八蕎麦

DSC03373.jpg

細く切ったつもりでも茹でたら結構太くなっちゃった😅
今度はもっと細くきりましょう

DSC03374.jpg

今日の獲物は丸鯵

DSC03395.jpg

牡蠣飯

DSC03396.jpg

10月28日

南京と銀杏と橙猪口を炊き合わせたら、
みんなオレンジ色にマスキングされちゃった😅

DSC03399.jpg

生きの良い鰯が安かったので丸干しにすることに

DSC03400.jpg

久々にでた赤身肉すじ
すじって書いてあるけど殆どスネ肉
おでんに入れると良い出汁がでるし、筋が少ないから固くないんです😃

DSC03401.jpg

拡大鏡を求めてダイエーさんの上にある100均、シルクさんに行ったついでに食品売り場に行ったら珍しいものがありました。
青パパイヤです。
ラブレ漬け試作用に買ってみた。
売り場では千切りにして5分塩水につけてサラダにってメニューを紹介してました。

DSC03402.jpg

私の蕎麦打ち2度めの作品、8.5割蕎麦
Ptメンバーが遊びに来たいとのことで、ちゃちゃっと打ちました。
蕎麦切りも手慣れてきたのでリズミカルに細く切れるようになりました😁

DSC03403.jpg

どうですか、まぁまぁの出来栄えだと思います。
〆の温蕎麦に致します♫

DSC03404.jpg

渡蟹、鯵、鮃
きんぴら
フジッコのお豆さん

DSC03406.jpg

いつものように🍻

DSC03408.jpg

一日置いたら一層橙色が濃くなった
南京、銀杏、橙猪口の煮物

DSC03410.jpg

10月30日

キハダマグロ

DSC03411.jpg





 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 蕎麦
2016/11/02 (Wed) 23:25
ムラサキシメジ と トキイロラッパタケ の佃煮です

DSC03207.jpg

ムラサキシメジは幼菌なので、一本のままの大きさです
図鑑などではホコリ臭いとかの味覚が書かれていますが、全くそんなことありません。
しっかりしたシメジのお味が致します。

DSC03212.jpg

トキイロラッパタケも小さいので一本の姿佃煮です
アンズタケは食べたこと無いのですが、おそらく同じような味と香りなのではないでしょうか
杏のような甘酸っぱい香りがします

DSC03213.jpg

干したダイダイイグチを茹で戻したらこんなに濃い色の出汁がでました。
お皿に取り出したらオレンジというより鮮やかな黄色の煮汁です
先ずはワサビ醤油で味見してみましたが、
ザクザクとした食感で舌触りはとてもよろしいです
味はエリンギに少し杏臭を被せたようなものです
洋食にあいそうですが、まだバター炒めはしてません

DSC03243.jpg

煮込みうどんに入れたらスープがターメリック色に染まっちゃいました
カレーうどんみたいです😆

これでご飯を炊いたらサフランライスみたいになるかもしれませんね

DSC03251.jpg

あまりに綺麗な黄色なので白のパーカーをダイダイイグチの煮汁で草木染めしてみました

DSC03430.jpg

なかなか良い風合いの色彩に染まりました😄

DSC03431.jpg



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | ムラサキシメジ | トキイロラッパタケ | ダイダイイグチ | 草木染め
食材  /  きのこ  | CM(0)  | TB(0)