阿幾左与庵 阿幾左与庵
FC2ブログ
2022/01/01 (Sat) 00:00

丑年卯月 昼飲み😄 宴会倶楽部御品書


前菜

するめソーメン酒浸し
鮑旨煮
鯔子唐墨
海鼠腸

吸い物 

白身魚の潮汁 玄米味噌汁 八丁味噌赤出汁

刺身  

鬢長鮪、メバチ鮪
淡路産真蛸
ロシア産ボタン海老
鱚昆布締め、カラスカレイ縁側

津本式究極の血抜き処理後
振り塩締め氷温熟成各魚
 真子鰈、あま鰈、石鯛、真鯛


酢肴


乾き物

するめソーメン

焼き物

大隅半島産特大鰻蒲焼き(無頭250瓦)
淡路産鱧、太刀魚
メヌケ西京漬
開干し(エテ鰈、キンキ、のどくろ、
ホッケ、灰干し鯖、
潤目鰯丸干し
栗豚ハモンセラーノロース
伊太利産仔牛タンスモーク

煮物  

時魚

蒸し物(酒蒸し) 

道産栗蟹
淡路産鱧、淡路産穴子
山菜のバター醤油味

鍋物  

てっちり、魚すき 鶏すき 肉豆腐

揚げ物

天然極大シータイガー(30cm)
山菜天婦羅(蕨、コシアブラ、タラの芽

ご飯、留椀

棒寿司(焼鱧、炙り〆鯖)焼穴子押し鮨
玉筋魚釘煮茶漬け 白飯
赤身魚赤出汁

北海道産そば粉使用手打ち蕎麦

香の物 

ラブレ漬け(高菜) 南高梅干 
甘酢漬け(
生姜、茗荷、辣韮、牛蒡、人参、蕪)
辛子高菜・刻み昆布・するめソーメン酒浸しミックス

果物  

巻き柿


飲み物

秀鳳純米大吟醸生原酒出羽燦々磨き三割三分
秀鳳純米吟醸出羽の里
大和蔵純米吟醸酒
熟成梅酒、タラの実酒、ドクダミ酒
ハーディーズスタンプスパークリングシャルドネピノC
テンプラニーリョ赤ワイン (PATA NEGRA,VINA PENA
 
VINA PENA Airen 白ワイン
Akispecial(ブランデー50+チンザノロッソ50)
アブサン
ハイボール
ジンフィズ
マルガリータ
カンパリソーダ

ソフトドリンク

珈琲(モカ、ガテマラ)
自家栽培緑茶紅富貴
抹茶、煎茶
明日葉・日向当帰(日本山人参)、どくだみ、ブレンド茶

サイドメニュウ 

タイカレー(レッド)、和チキンカレー

お土産

道産ベビー帆立漬け干し
バナメイエビ漬け干し



ようこそおいでませm(_ _)m
 


P1040225.jpg



 
[Read More…]
 
 
スポンサーサイト



にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
写真ブログジャンル : ブログ  
tag | MMS | JimHumble | 
2022/01/01 (Sat) 00:00
コロナウイルスを撲滅できる特効サプリメントがあります
これを隠蔽する厚労省は万死に値する
新型コロナウイルスによる死亡者数、死亡率を見れば大騒ぎするような感染症でないことは明らかです。
 
大騒ぎするのは治療薬が無い、治療方法が無いと喧伝されているからです。
コロナウイルスを撲滅できる特効薬があれば感染を怖がる必要も無くなりロックダウンはおろかワクチンも不要になります。
特にmRNAワクチンと称する、安全性も不確実な状態で特別認可され、事故を起こしても責任を問われない得体の知れない薬剤?遺伝子操作細胞?なんか体に入れたくありません。
 
ほんとうに治療方法が無いとお考えでしょうか?
 
実は治療方法はあるのです。
それはCDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)≒MMS(Master Mineral Solution)です。

[
注記:MMSとは亜塩素酸ナトリウム(NaClO2)25%水溶液3滴と、50%クエン酸水溶液(または4%HCL水溶液)3滴とを混ぜて活性化させ、二酸化塩素溶解水を作り、これを蒸留水、RO水、あるいはミネラルウォーター120mlで希釈したもので二酸化塩素濃度は約50ppmでナトリウムイオンを含みます。 一方CDSは、発生した二酸化塩素を蒸留水に溶解させたものでNaイオンを含みません。]

CDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)というサプリメント(医薬品ではないのでサプリメントと定義)をご存知でしょうか?
2020年の4月にトランプ大統領がコロナの治療に使えるのではないかと発言してFDAやCDCなどの政府関係者が躍起となって効果を否定したものです。
勿論彼らはCDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)の効果はよく知っているのですが、安価(例えばマラリアの場合、ヒドロキシクロロキンは424円(200mg1錠)に対しCDS一日量で30円未満)で幾多の疾病に万能の効能を発揮するサプリメントなので、これを認可すると、医薬品が売れなくなり医薬マフィアの収入が激減するので、CDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)は、FDAをはじめとする、医薬コングロマリットから弾圧を受けています。
(リンク:https://science.srad.jp/story/20/04/25/0635236/
 
(リンク:https://science.srad.jp/story/19/08/17/0546201/
なお、Amazon.comはMMS製品の販売MMS製品による治療法を解説する書籍の販売が批判されるので、たびたび出品を取り消している。
後述のアンドレアス・カルカー氏の著書「Forbidden Health」も高評価であったにもかかわらず出品が削除されている。
 
(リンク:https://science.srad.jp/story/20/04/11/0526255/
 
(リンク:https://srad.jp/story/20/07/13/1511252/

CDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)≒MMSの生成方法の代表的なものは、亜塩素酸ナトリウム(NaClO2)25%水溶液3滴と、50%クエン酸水溶液(または4%HCL水溶液)3滴とを混ぜて活性化させ、二酸化塩素溶解水を作り、これをミネラルウォーター120mlで希釈したもので二酸化塩素濃度は約50ppmです
3+3滴とは6/20mlの容量です。(経験則として20滴≒1ml)
 
ネガティブキャンペーンでは二酸化塩素濃度50ppm希釈水という部分を無視して、亜塩素酸ナトリウム25%水溶液原液を飲用しているかのように歪曲したり、意図的に次亜塩素酸ナトリウムとすり替えて報道しています。
 
医薬品ではなくて殺菌消毒剤ですが、これを飲用することで二酸化塩素の働きにより体内の有毒物を解毒し、感染源の細菌やウイルスを酸化破壊することで体の免疫力を高めて健康を回復する作用があります。
 
1996年に、Jim Humble氏がその作用を発見して、MMS(Miracle Mineral Solution あるいはMaster Mineral Solution)という名称を付与し水面下で広めてきました。
 
MMSという名称を使ったのは、医薬品ではないとカムフラージュするためだったそうです。

これまでの経緯を上手く纏めているサイト がありますのでご覧ください。
21世紀 薬はいらなくなる
http://thinker-japan.com/mms.html

Jim Humble氏のサイト
https://jimhumble.co/
 
ジム・ハンブルからの一言https://jimhumble.co/
(Google翻訳)
「あなたの命を、あるいは愛する人の命を救う画期的な方法をお伝えしたいと思います。1996年、南米の金鉱山探検中、私は二酸化塩素がすぐにマラリアを根絶することを発見しました。その時以来、それは癌、糖尿病、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、ライム病、MRSA、多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病、HIV/AIDS、マラリア、自閉症、あらゆる種類の感染症、関節炎、高コレステロール、酸の逆流などの病気の広い範囲に苦しんでいる何十万人もの人々に部分的または完全な健康を回復することが証明されています。腎臓や肝臓の病気、痛みや痛み、アレルギー、尿路感染症、消化器系の問題、高血圧、肥満、寄生虫、腫瘍や嚢胞、うつ病、副鼻腔の問題、目の病気、耳の感染症、デング熱、皮膚の問題、歯の問題、前立腺の問題(高PSA)、勃起不全とリストは続きます。これは、はるかに包括的なリストではありません。私はそれがあまりにも良いように聞こえることを知っていますが、私が過去20年間に受けたフィードバックによると、MMSは人類に知られているほとんどの病気を克服する可能性を持っていると言っても良いと思います。

MMSは病気を治さないことに注意することが重要です。MMSは酸化剤であり、病原体を殺し、毒を破壊します。これらが体内で減少または排除されると、体は適切に機能し、それによって治癒することができます。私はよく「体は体を癒す」と言います。MMSは、体がまさにそれを行うことができるように物事を並べるのに役立ちます。

アラバマ州の僻地の少年から海兵隊に入り、栄養と代替医療の愛好家、航空宇宙、電子機器の研究者、発明家(多くのものを発明した)、金の採掘に至るまで、私は生涯で多くのことをしてきました。MMSを発見した時に「本物の金」を見つけたことに気付き、それ以来、私は他の人々の健康回復を支援し、この技術を世界に広めるために時間と労力を捧げてきました。この健康回復の知識を人類に伝えることが私の使命です。私の本の販売から得られる利益はすべてこの使命のために使われています。」
 
MMS(二酸化塩素)に関する重要な事実https://jimhumble.co/important-facts-regarding-mms
(Google翻訳)
•二酸化塩素は、70年以上にわたって水の浄化に使用されてきました。

•二酸化塩素(MMS)は、米国の何十万人もの人々によって85年以上にわたって健康飲料として摂取されてきました。

•二酸化塩素は、人類の病気を殺すために1000以上の公共水道で使用されています。人体の水中の病気を殺すためにそれを使用することはできないと誰もが信じることを拒否するのはなぜですか?

•二酸化塩素の由来である亜塩素酸ナトリウムは、何十年にもわたって健康を改善するために12社以上の企業から販売されてきました。

•2012年、赤十字はウガンダで活性化亜塩素酸ナトリウム(MMS)を使用してテストを行い、154例のうち154例のマラリア犠牲者が100%治癒しました。

•1996年、ジム・ハンブルは、亜塩素酸ナトリウム(MMS)がわずか4時間でマラリアを根絶することを発見しました。それ以来、それを証明するために何千もの人々がすでに回収されていますが、主流メディアはそれが知られることを妨げてきました。

•ジム・ハンブルの発見以来、二酸化塩素(これは亜塩素酸ナトリウムから作られるMMS)を使用することにより、世界の150か国以上(私たちが知っている)で数十万のさまざまな他の病気が克服されました。

•1930年代以降、二酸化塩素の工業的利用に関する特許は10万件を超えていますが、不治の病の治療に関する特許も数多くあります。これらの特許は1980年代初頭に開始され、特許庁に記録されているため、無料でコピーを入手できます(これが証明です)。

•FDA、EPA、およびその他の政府機関は、食品およびその他の用途での二酸化塩素の使用を称賛する多くの記事を書いています(それが有毒ではないことを示しています)。残念ながら、この情報の一部はインターネットから消えつつあります。

•フェイクニュースは、二酸化塩素(MMSとして)が病気との闘いに役立つことを否定することに積極的であり、一般的な家庭用漂白剤と混同しています。彼らは嘘をつくことによって真実を否定します。一般的な家庭用漂白剤(NaClO)は、塩素処理によって病原体を破壊します。二酸化塩素(ClO2)は酸化の過程で病原体を殺しますが、大きな違いがあります。

•二酸化塩素(MMS)は寿命をもたらします。二酸化塩素はほとんどの病気を殺すので、それは高齢者を殺す病気を殺します。これは、MMSを服用している人に10年から20年の長寿(そしてより良い生活の質)を与えることができる可能性が高いことを意味します。

•FDAおよびその他の政府機関は、二酸化塩素を食品への使用を称賛していることを除いて、二酸化塩素を非常に有毒であるとブランド化した記事を書いています。

•医薬品は、病気の原因ではなく、病気の症状をほぼ独占的に治療します。これは、人々を病気にし、麻薬に依存させ続ける方法です。

誰でもMMSを作成できます。または、50米ドル未満で病気を根絶するのに十分なMMSを購入できます。インターネットを見てください。利用できます。独自のMMSを作成する方法については、こちらをご覧ください。https://jimhumble.co/how-to-make-mms

•MMSは、ウイルスだけでなく他の病気の病原体も殺します。医療専門家はウイルスに影響を与えるものは何もないので、ウイルス性疾患を患っている場合にできることは、できるだけ快適にし、役立つかどうかわからない抗菌薬を与えることだけです。
最新刊のMMS Health Recovery Guide Book october_2016は下記のリンクでPDFファイルをダウンロードできます。(英文)
https://www.jahealthadvocate.com/uploads/2/4/5/9/2459046/mms_health_recovery_guidebook_1_october_2016.pdf
21 世紀の大発見 21 世紀のミラクルミネラル・サプリメント(MMS)健康講座 © 2009-2010 年 (和文)は下記のリンクからダウンロードできます。
http://www.runru.info/mueki/mms/protocol.pdf
国内でMMSを購入できるサイト ですが、
http://mms12-jp.ssl-xserver.jp/index.php?FrontPage

沖縄の沖縄県保健医療部薬務疾病対策課から弾圧を受けています。
!!注意喚起!! MMS等と称されるものについて
https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/seikatsueisei/yakumu/mms.html
当局からの通達
http://mms12-jp.ssl-xserver.jp/index.php?notice#content_1_10
厚労省はFDAからの通達を受けて「嘔吐、下痢、脱水などの症状を起こす」(こともある)程度の副作用にもかかわらず禁止しています。(1996年発見以来今までにMMSが原因で亡くなった方はいません)
個人輸入において注意すべき医薬品等について
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html

「米国FDA(米国食品医薬品局)他3カ国において、HIV、肝炎等に効果があると謳い、インターネット等を通じて販売されているMiracle Mineral Solution等と称されるものに関して、使用を中止するよう注意喚起をしている。当該製品は、亜塩素酸ナトリウムを含む経口液体製品で、クエン酸等の酸性のものと一緒に摂取することにより、二酸化塩素が発生し、これにより嘔吐、下痢、脱水などの症状を起こすことが報告されている。当該製品は、承認された医薬品ではない。」

(注記:ヘルクスハイマー反応で嘔吐、下痢の症状を起こす人もいますがその際は摂取量を減らすなどの対応をするので問題はありませんし、MMSの服用が原因で死亡した人はいません)
幾多の致命的疾病から健康を回復したエビデンスがあっても、利用者が増えると製薬業界が崩壊してしまい、儲からなくなるので躍起となって潰しにかかるのです。
厚労省がMMS(CDS)(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)を認可すれば、コロナを根絶できてロックアウトなどしなくても普通通りの生活ができるのですが。
ここからがコロナウイルスに関する肝腎なお話です。
ジム・ハンブル氏は先駆者ですがエンジニアですので、医科学的裏付けが無くて民間療法としてMMSを広めてきています。

一方で、ジム・ハンブル氏の発見したMMSを知り、13年前からCDS(二酸化塩素溶解水)の研究を始めて、さらに洗練された使い方を開発し、本も書き、原理も解明し、命を捧げてきているアンドレアス・カルカー氏という、ドイツの生物物理学者の方がいらっしゃいます。命を捧げてきているというと大げさに聞こえるかもしれませんが、ジム・ハンブル氏もアンドレアス・カルカー氏も医療マフィアを牛耳るDS・CIAから常に命を狙われる危険があります。
アンドレアス・カルカー氏のサイトに多数の情報が詰まっています。
https://andreaskalcker.com/en/
アマゾンから削除された本ですがここで買えます。PDF €14.41
Forbidden Health」禁じられた健康PDF

カルカー氏は、スイス科学生物物理学協会(2020年、COMUSAV(comusav.com)という国際組織を立ち上げ、数千人の専門医がCovid-19パンデミックに「健康回復計画」の最良の選択肢としてCDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)を適用し、大成功を収め、数千人の命を救っています。

カルカー氏もハンブル氏と同様に先進各国政府の保険医療機関から弾圧を受けてきていますが、カルカー氏はCDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)をCovid-19に適用するために多角的に検討を進めてきています。
 
コロナウイルスメニュー(カルカー氏のサイトより抜粋)(Google翻訳)
二酸化塩素: Covid-19を克服するための安全で潜在的に効果的な解決策
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/introducci%C3%B3n.html#ANEXOS
目次
1.はじめにhttps://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html
1.1。バックグラウンド
1.2。二酸化塩素の簡単な概要 
1.3。考慮すべきキーポイント 
1.4。二酸化塩素溶液(CDS)とは何ですか?ミラクルミネラルソリューション(MMS)との違いは何ですか? 
不必要な論争とその結果
2.二酸化塩素の有効性、安全性および毒性(https://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html#EFECTIVIDAD) 
2.1。ウイルスに対する対策 
2.2。前臨床試験 
2.3。臨床試験 
2.4。毒性 
3.医療経験に続く推奨事項、注意事項および禁忌 
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html#RECOMENDACIONES
4.法的事実と国際人権  https://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html#HECHOS
5.最終的な考慮事項 https://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html#CONSIDERACIONES 
6.参考文献 https://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html#REFERENCIAS
7. 
ANNEXES 付録:経験報告、ボリビアの事例
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus.html#ANEXOS
 
コロナウイルス、特別情報COVID-19に対する治療の成功(Sars-Cov 2)
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/covid-treatment.html
研究
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/research.html
コロナウイルスプロトコル 治療法と推奨事項
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/protocols.html
臨床試験
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/clinical-trials.html
COVID19トレーニング
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/covid-training-19.html
COVID-19リファレンス科学文献
https://andreaskalcker.com/en/coronavirus/covid-treatment.html
 
ビデオ(英語のみ)(Ctrlキーを押しながらクリックしてリンク先を表示してください)
1.   Covid 19 finally defeated!! CDS works 100%
https://lbry.tv/@Forbiddenhealth:1/Covid-19-Finally-defeated-!!:6?fbclid=IwAR09NBBqUc8W1vhlce7X_rvbkpUCLhZiQc_AglmNE-a_O-5V84KRMiH6Ii8
2.   Effects of ClO2 in Blood
https://lbry.tv/@Kalcker:7/Effekte-Von-Clo2-Im-Blut--1:c
3.   FORBIDDEN HEALTH ANDREAS KALCKER
https://lbry.tv/@Kalcker:7/FORBIDDEN-HEALTH_--ANDREAS-KALCKER:c
4.   How CDS Chlorine Dioxide Solution was invented.
https://lbry.tv/@Kalcker:7/Inventing-Cds-History--Eng-1:8
5.   How to make CDS with Andreas Kalcker
https://lbry.tv/@Kalcker:7/C%C3%B3mo-hacer-CDS--ENG:5
6.   Over 100 Recovered from Covid-19 with CDS by Physicians of the AEMEMI
https://lbry.tv/@Kalcker:7/100-Recovered-Aememi-1:7
7.   Why ClO2 works against covid 19 a scientific approach
https://lbry.tv/@Kalcker:7/Why-ClO2-works-against-covid-19:2
 
また医薬品ではないCDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)を医療に使用することに関する合法性について は
https://andreaskalcker.com/en/cds-clo2/cds-legality.html

<抜粋
二酸化塩素の使用は禁止されていません。それは単に薬として認可されておらず、その合法性に関してジレンマを示しています。
ギレルモ・ロバートソン博士、国際人権委員会の連邦委員。

ペルーとアルゼンチンでは、患者の要求に応じて二酸化塩素を適用する医師を迫害しているが、国際人権裁判所は加盟国に対し、反対する規範を適用解除するよう命じた。

医師が患者の要求に応じて二酸化塩素を適用し、その理由で彼が職場から解雇された場合、それは違法です。

医師が二酸化塩素の使用に抵抗したために患者を放棄し、彼が死亡した場合、医師は医療過誤に対して民事および刑事責任を負います。

医師や医者が有害物質であるという主張をする場合は、それを証明する科学的な資料が必要になります。

厚生大臣が、科学的証拠がなくても二酸化塩素の存在とその治療効果について適切に知らされ、それを無視し、公衆による使用を禁止している場合は、国家司法、人権に関する米州人権委員会と米州人権裁判所に報告することができます。

それに加えて当局者が国民に嘘をつくことによって二酸化塩素について虚偽の陳述をすることは情報に対する国際人権を侵害しています。そして、これが市民の死を引き起こすならば、それは大量虐殺の犯罪になる可能性があります。

出典:国際人権委員会の連邦委員、ギレルモ・ロバートソン。 抜粋ここまで>
 
これが適用されるのなら、MMS・CDSを禁止している国の当局者はジェノサイドで告発されるべきでしょう。
 
CDSの毒性について
https://andreaskalcker.com/en/cds-clo2/cds-toxicity.html
人間の二酸化塩素、塩素酸塩および塩素酸塩の制御された臨床評価
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1569027/pdf/envhper00463-0059.pdf
 
ボリビアの一部州、省ではその成果が認められてCDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)による治療が合法化されました。(省法および州法)

英語字幕がついた下のビデオ、解説欄にはこんな言葉が。
「ボリビアで合法化(省法および州法)されたのち、人口五万人都市San Juan de Chiquitosは、たったの1か月で、最初の「コロナ・フリー都市」と宣言するに至った。」
ビデオ:コロナがとうとう敗北!二酸化塩素は100%効く
https://lbry.tv/@Forbiddenhealth:1/Covid-19-Finally-defeated-!!:6?fbclid=IwAR09NBBqUc8W1vhlce7X_rvbkpUCLhZiQc_AglmNE-a_O-5V84KRMiH6Ii8

【*筆者注:CDSが合法化されたのは一部地域のみであり、ボリビア全国ではない模様で対策のメインはワクチン接種です。2020年10月末に感染が収まりつつありましたが、2021年2月現在、再び感染が拡大しています。

REUTERS COVID-19 TRACKER
世界中南米とカリブ海地域 ボリビア
https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/bolivia/

また、ボリビアの保健スポーツ省のCovid-19感染防止策は世界各国と同様にワクチン接種に基軸を置いているようです。
https://www.minsalud.gob.bo/ 】 

FDAやCDCはファイザーなどの製薬業界と一心同体ですから、CDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)の効果を知っていながら禁止しています。それはワクチンを売るためとしか思えません。そう考えると今回のパンデミックはファウチとCCP(China Communist Party)とDS(Deep State:ロックフェラー、ロスチャイルド・ジョージソロス、ビル・ゲイツなどなど)(注1)が共謀して作り出した医療マフィアDSを儲けさすための壮大なマッチポンプ詐欺なのでしょう。

(国立衛生研究所(NIH)の下で運営され、アンソニー・ファウチ博士が監督するNIAIDは、COVIDワクチンに関するModernaとの共同特許権者です。ロイヤルティを通じて、ファウチの代理店と従業員は莫大な利益を上げています。https://childrenshealthdefense.org/defender/new-york-times-explains-lack-covid-treatments/?utm_source=salsa&eType=EmailBlastContent&eId=efee09b0-753b-44d9-a222-f705daf53a87)
(注1)
DS(Deep State)の定義(馬渕睦夫氏による)
  • 国境を廃止し、グローバル市場によって世界統一を目指すユダヤ系左派の国際金融資本によって形成されている「ディープ・ステート」(国家内国家・影の統治者) 
  • 国家を忌避してグローバリズムを目指す「ディープ・ステート」は共産主義と同根

アンソニー・ファウチについてのBlack Factは枚挙に暇がありません。
 
邪悪なアンソニー・ファウチ
ファウチは使い魔にすぎず、黒幕の悪魔はユダヤ系左派の国際金融資本家、旗振りがビル・ゲイツという構成なのでしょう。
【アンソニー・ファウチの正体】
1984
米国立アレルギー感染症研究所所長(以来現在も同職)
エイズ、エボラ、豚インフルなどで業績も全て現在のコロナと同じ
2014
新型コロナウイルス研究も国土安全保障省が禁止
2015
研究を中国武漢に補助金付きで移管
Full version
26分~)
https://www.youtube.com/watch?v=AIFesoHbAQs&feature=youtu.be&t=26m40s
 

l  【トランプ大統領コロナ会見にて】
2015
年オバマ政権で米国立衛生研究所(NIH)が中国の武漢ウイルス研究所に370万ドルの補助金を支給。米国人はNIHに年間平均320億ドルの税金を注ぎ込んでいるが、中国の軍拡などに使われている可能性など調査する必要がある。
Full version
https://sp.nicovideo.jp/watch/sm36761050?fbclid=IwAR1vDGBOC47o9NnoYapftZd_p0voT5h-YWwC3NYITixsdqbDt-pjjh3TseA

注目すべきドクター A.フォーチ
https://journal-neo.org/2020/04/15/the-remarkable-doctor-a-fauci/
 
第一線でウイルス研究をしていた科学者ジュディ・マイコヴィッツ博士によるファウチ告発ドキュメント PlanDemic /プランデミックショート1〜10 ALL
https://www.bitchute.com/video/cZ99dd5rX0q2/
 
ビル・ゲイツについても同様で、過去のビデオを見れば歴然としています。
 
【ビル・ゲイツ】ビル・ゲイツは予言していた?エボラ感染拡大時から学ぶ、新型コロナウイルス脱却のカギは○○!?【日本語和訳日本語字幕英語字幕】【リスニング英語】 https://www.youtube.com/watch?v=SLJLwtKO08E

ビル・ゲイツ:全人類の敵 https://www.youtube.com/watch?v=PdKqMzzaVH8

ビル・ゲイツの世界ワクチン接種計画 https://www.youtube.com/watch?v=M4OwOtK3awQ

Qanon 世界を救う計画
https://www.youtube.com/watch?v=xPWw5HHdhac

CDS(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)禁止令は米国のみならず、カナダ、EU諸国も南米も右へ倣えです。
日本は勿論FDAの子分ですから、彼らの言いなりでしょう。ビル・ゲイツは軽井沢に別荘を持っていますし、2020年4月29日「世界的な技術革新とグローバルヘルスの進歩に対する貢献により」「旭日大綬章」を授与されましたので日本政府に影響力を与えていることは紛れもない事実です。おそらく医薬マフィアDS(Deep State)は世界中の政権中枢に潜り込んでいるのでしょう。

厚労省がMMS(CDS)を隠蔽して認可しないのですから、なんとかして、日本国中にMMS(CDS)(Chlorine Dioxide Solution 二酸化塩素溶解液)を「コロナウイルスを撲滅できる特効サプリメント)として周知させたいものです。

うがい、手洗い、+CDS を飲めば、コロナなんて怖くない。です。
 
政府も有識者もマスごみも信用できない今現在
医療機関がCDSを適用してくれない(公助を提供しない)のですから
 
自助で、自分の健康は自己責任に於いて自分で守りましょう!
特に医療従事者の方々は30ppm濃度のCDSを飲用することで感染防御できますので自衛のための情報を提供させていただきました。


 
 
*******************************
[特記事項]
コロナウイルスプロトコル 治療法と推奨事項
Google翻訳(カルカー氏のサイトより抜粋)
予防措置と禁忌:
1. 酸化剤であるため、二酸化塩素の有効性病原体の除去にビタミンCやその他の抗酸化物質は推奨されません
2. 1時間の投薬と30分の食事の間隔を空けます。
3. CDS濃縮物は、11ºC未満で冷蔵保存する必要があります。紫外線から保護されています。
4. 金属に対してわずかに腐食性のある酸化剤であり、材料の保管および洗浄の際に考慮してください。
5. 粘膜領域と接触している濃縮CDSは少し攻撃的すぎる可能性があるため、生理食塩水で50 mg / l(0,005%)に希釈する必要があります。
6. 濃縮された形のCDSは、酸化剤であるため、着色された組織を退色させます。
7. (肺毒性のため)集中用量で吸入してはならない。
8. ワルファリンの薬物治療を受けている患者の場合、二酸化塩素はワルファリンと同じように血流を改善することが示されているため、過剰摂取を避けるために常に値をチェックする必要があります。 

以下のサブプロトコルは、関連するアプリケーションに従って適用する必要があります。
1. 手と表面の消毒:プロトコルD(> 1000 ppm ClO2)
2. 予防(医療従事者+無症候性の患者):プロトコルC.10が必要です。
3. 患者と医療従事者の間の伝染の回避:プロトコルH
4. 急性伝染:プロトコルF + C
5. 重症の場合:Y + Cプロトコル(2時間間隔)
 
プロトコルC = CDS
このプロトコルは、医療従事者と無症候性の患者の両方の予防策として使用されます。
1. 3000ppm CDS濃厚液 10 ml を 1 リットルの水で希釈する。(30ppm希釈水)
2. ボトルが終了するまで、約1時間に1回、100mlを10回服用してください。
3. 重篤な病気や生命への危険がある場合には、用量は、水の1リットル当たりの3000ppm CDS濃厚液を30ミリリットル(90ppm希釈水)に達するまで、ゆっくりと上向きの進行を作る、増加することができます。
 
プロトコルD =皮膚科
このプロトコルは、伝染のリスクがある皮膚と物体の両方を消毒するために使用されます。
これは、1000〜2000 ppmの濃縮CDSを充填するスプレーノズルの使用で構成されています(これは、0.1〜0.2%のClO2を意味します)
-スプレーを希望の場所に直接塗布し、軽くこすります。まるでハイドロアルコールジェルのように使用されます。
敏感な部分(目や粘膜など)の場合は、水または生理食塩水で濃度を約50ppmに下げる必要があります(病原体を不活化するには十分すぎるほどです)。
 
プロトコルF =頻繁
このプロトコルは、急性のウイルスや細菌感染と戦うために使用されます。
1.   1mlのCDSを15分、1時間と45分間、8回の投与で=8mlのCDSを投与します。1mlのCDS(0.3%)のテイクを100mlの水に溶かします。(30ppm希釈水)
2.   2. あなたは、水の1リットルのボトルにCDS濃縮物(0.3%)の8ミリリットルを追加し、ボトルを8等分に分け、フェルトチップのペンの線でこれらをマーキングし、15分ごとに1つのマークダウンを飲むことができます。
3.   重症度に応じて、プロトコルFを1日1~2回行う。
4.   2 回行う場合:午前と午後(2 時間以上の間隔をあけて)に行う。
5.   1回やったら、残りの日はCプロトコルを継続する。
プロトコルH = 部屋
10 mlの0.3%濃縮CDSを乾燥ガラスビーカーに入れ、ベッドの患者の間に置きます。ガスは部屋の温度によって蒸発し、環境を消毒して、同じ部屋の患者と医療従事者の間の伝染を防ぎます。
飽和二酸化塩素は黄色がかった色をしており、ガスが蒸発すると失われ、ガラス内の液体が透明になると、同じ量と濃度の二酸化塩素濃縮物に置き換えられます。 
計算によると、約12平方メートルの部屋は、国際的な安全および毒物学の規制の範囲内であり、使用が承認されている最大量1ppmで飽和する可能性があります。
 
プロトコルY =静脈注射(医師のみ)
1. プロトコルCは通常、非経口的に開始する前に少なくとも1回実行されます。
2. 患者の状態を判断するために、静脈血ガス分析を実行します
3. 準備:0.9%NACL生理食塩水100 mlごとに1〜2 mlのCDS(0.3%)を追加します。等張。
4. 500 ml 0.9%NaCl IV中の典型的な成人用量5mlCDS(0.3%)[45 mg(= 0,0045%)に相当](必要に応じて、用量を2倍にすることができます)。
5. 校正済みのデジタルpHメーターでpHを測定します。これは、pH 7,4-pH7,8の間でなければなりません。静脈炎を避けるために。
6. 低い場合は、重炭酸ナトリウムで緩衝します。
7. IV点滴速度=遅い:500mlで4〜8時間。 
8. IV後の状態を判断するための別の静脈血ガス
9. 毎日異なる四肢で異なるルートを使用することをお勧めします。
10.通常の期間は4日連続です。
11.2時間後、患者は回復するまでプロトコルCを続行できます。
 


 
DISPUTES  About chlorine dioxide
紛争  二酸化塩素について(DeepLによる翻訳)

https://andreaskalcker.com/en/about-me-andreas/controversies.html
 
二酸化塩素は、健康に関する大きな論争の1つであり、おそらく世界がこれまでに知っている中で最大のものです。
13年間の研究とそれに関するいくつかの本の後で、私は二酸化塩素が間違いなく優れた治療効果 を持っているという何千もの経験と観察を集めました。経験自体は疑わしいものではないからです。
「人身攻撃」タイプの攻撃を仕掛ける人のために。 
私は、彼ら自身の理由で彼らが受け入れたり聞いたりしたくないという知識のメッセンジャーにすぎないので、私は無関係です。 
 
FDAとWHOによる想定される毒性についての警告が真実である場合、ボリビアの病院は中毒者でいっぱいになるはずですが、これは明らかにそうではなく、実際、2万人以上の患者が治療しましたし、死傷者もありません。COMUSAV3000人以上の医師
 
血液中酸素の増加は、500mlに50ppmのClO2の濃度を静脈内注入した後に測定され、静脈血ガスの最大50%の増加が観察されます。これは、これが理論的に不可能であると主張する専門家は、科学が最初に観察可能で測定可能な事実に基づいており、次に書面による参照にのみ基づいているため、理論を確認する必要があることを意味します。 
二酸化塩素は消毒剤であるため、CDSの形で使用できないと考える人のために。私たちの多くが飲むアルコールも消毒剤です。つまり、物質の名前はそれに関して最も関連性のあるものではありません。
 
ボリビアでは、病院や診療所で直接CDSの効果を何千もの症例で研究した結果、コビド19に対する95%の有効性を否定的な影響なしに観察することが可能となり、省法だけでなく州法にもなっています。
 
おそらく少数の人は騙されるかもしれませんが、COMUSAV (www.comusav.com)の3000人の医師たちを騙すことは不可能でしょう。PCR検査は約50%の確率で失敗するのですが、私たちはその後、記録的な速さで7000人の回復者を何のマイナスの影響も受けずに回復させています。
 
コロナウイルスやコビド-19は存在するのか?それとは関係なく、明確に定義された症状は非常に現実的であり、何十万人もの死亡者が出ています。CDSは、感染を防ぐためにも、3つの症状のいずれかの段階の人々のために健康を取り戻すのを助けるためにも、完璧に機能しています。
【*筆者注:CDSが合法化されたのは(省法だけでなく州法になっている)一部地域のみであり、ボリビア全国ではない模様です。2020年10月末に感染が収まりつつありましたが、2021年2月現在、再び感染が拡大しています。

REUTERS COVID-19 TRACKER世界中南米とカリブ海地域 ボリビア
https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/bolivia/

また、ボリビアの保健スポーツ省のCovid-19感染防止策は世界各国と同様にはワクチン接種に基軸を置いているようです。
https://www.minsalud.gob.bo/ 】
 
権力を握っている人々の最大の恐怖は、彼らの多くの行動や信念に物理的な安心感を与えているこの支配力を失うことである。
 
したがって、経済権力者によって確立され、コントロールされたルールに満ちた日和見主義的な(そして腐敗した)システムの枠組みなしでは、学習したり、調査したりすることは非常に困難です。
 
経済権力者は、お金と特許の仕組みを使って世界の医薬品供給をコントロールしています。
 
このすべてが、医師が代替医療を研究し、自分自身のための新しい道を学ぶことを難しくしています。
 
実際にはシステムは腐敗していない...腐敗はシステムです。それは腐敗が順番に自然の生存のための基礎である健全な日和見主義の寄生形態であることを理解しなければならない...すべての生き物があるので。 
 
お金はこのシステムの主要なメカニズムであり、お金をコントロールする者は、事実上、すべてのものをコントロールしています。経済的独立が実現してこそ、結果として個人に自由が訪れるのである。
 
問題は、良心(con-science=知識を持って)を持ち、それに従って生きることがより適切であるかどうかということである。意識の高いレベルの人々は、1つは物事を所有していないことを認識し、物事は恐怖のメカニズムを介して、あなたを所有している。これらを失うことの。確立されたシステムのための最も危険な人々は、彼らが制御することができないので、恐怖なしでそれらであり、順番に彼らは独自の剛性にロックされたままのシステムで変化を作成することができる唯一のものです。
 
真実は説明を必要としないが、嘘は説明を必要とする。
 
今、集中治療室には希望を失った人たちがいます。私は彼らに尋ねます:これらの治療に参加している医師は、CDSのことをすでに聞いたことがあるはずなのに、黙って座っているつもりなのでしょうか?
 
死が避けられない状況に直面して、この物質を無毒化することで何を失うことができるのでしょうか?残念なことに、変化は通常、痛みが変化の恐怖よりも大きい場合にのみ来ます。
 
ヘルシンキ条約は、伝統的な科学で証明されていない治療法を使用した場合、すべての証明されたリソースを使用した後、結果が得られない場合、医師を保護しています。人権は常に国家管理の上にあります。 
 
患者がそれを要求した場合、医師はCDS療法を使用することができますこの治療法が最終的にそれ自体が有用であることが証明された場合、それを使用することを拒否すると、重大な過失で発生します。
 
各個人の良心は、最終的に人間としての各個人を定義するものであり、善良な人々が恐怖のために何もしないときに悪は常に勝つことを覚えておいてください。
 
これは、テレビが常に「奴隷」を静かに従順に保つために、一定の恐怖と無知を播種することによって、あらゆる人間の活動を操作する理由です。誰もがこの教化を無視し、良いことにすべてのテレビをオフにするために、幸いにも自由な日付になります
苦情ではなく解決策に焦点を当て、否定的なコメントは無視することにし、深い理解によって恐怖から解放されました。
 
*******************
 
因みに私はOxdizers様のサイトで
亜塩素酸ナトリウム水溶液 (100ml) & 50%クエン酸水 (100ml)を購入 して
日中に、MMS3滴を活性化させ、ミネラルウォーターで120mlに希釈して(二酸化塩素濃度50ppm)、1時間ごとに8回飲んでいます。
http://mms12-jp.ssl-xserver.jp/index.php?%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B#content_1_2
 
就寝中は、トイレ起床時に
 
安定化二酸化塩素5%原液 」
 
を50ppmに希釈してトイレ起床時に80ml飲んでいます。
政府も有識者もマスごみも信用できない今現在
医療機関がCDSを適用してくれない(公助は当てにならない)のですから
自助を活用して、自分の健康は自己責任に於いて自分で守りましょう!

注記:CDS・MMSを飲用中は、アルコール、抗酸化作用の強い食品・ビタミンCなどは併用禁止です。CDSを不活化してしまいます。
その他有用情報

二酸化塩素溶液濃度試験紙 (次亜塩素酸濃度試験紙では検出できません)
amazon.com のサイトで購入できます。

LaMotte Insta-Test 3002 Chlorine Dioxide Single Factor Test Strip, 0-500ppm Range (Vial of 50 Strips)
LaMotte Insta-Test 3002二酸化塩素単一因子テストストリップ、0-500ppm範囲(50ストリップのバイアル)

https://www.amazon.com/gp/product/B00EA9D39M/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

DMSO(ジメチルスルフォキシド)はこれを使っています
DMSO 100ml、 ジメチルスルフォキシド、液体、医薬グレード、高純度。
ブランド: Heiltropfen

 

 
[Read More…]
 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | MMS | 二酸化塩素 | CDS | ジム・ハンブル | アンドレアス・カルカー
2021/04/07 (Wed) 16:59
 

新型コロナウイルス

アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

4月 13, 2020 16:00 Asia/Tokyo

  • アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚
    アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

英国の新聞は、新型コロナウイルスの発生源とされる中国・武漢の研究所に、米国が370万ドルの寄付をしていたことを暴露しました。

英紙デイリーメールは12日日曜の記事で、新型コロナウイルスの発生源とされる中国武漢のウイルス研究所が、新型コロナウイルス発生の主原因とされるコウモリを利用した研究を米政府の予算で行っていたと報じました。

この研究所は、米政府から資金提供を受けた370万ドル規模のプロジェクトの中で、5000㎞近く離れた中国・雲南省で捕獲されたコウモリを使ってコロナウイルスに関する研究を行っていました。

新型コロナウイルスの発生源は中国武漢の海鮮市場で、コウモリから人間に感染したとする論が一般的です。

しかし、この武漢のウイルス研究所が米政府の資金で実験を行っていたということは、武漢の市場ではなくこの研究所自体が新型コロナウイルス蔓延の主原因ではなかったかとの疑惑が深まっています。

コロナは、アメリカが作った!? オバマ政権が武漢の研究所 ...

www.youtube.com › watch

2020/11/12 — ここまで、正義と悪がコロナウイルスを、実はアメリカから武漢へファウチ博士が送っていたと、本人が証言しました。こんな時代ははじめてですね。#コロナ #大統領#トランプ大統領 #ファウチ #武漢 #ウィルス #ウイルス ...

 

YTubeが消されていたらこちらをどうぞ

オバマ政権が武漢の研究所に370万ドルの補助金を支給 ...

www.nicovideo.jp › ... › 社会・政治・時事 › 政治

2020/04/28 — オバマ政権が武漢の研究所に370万ドルの補助金を支給 

政治,新型コロナウイルス,ドナルド・トランプ,トランプ大統領,アメリカ,もっと知られるべき,ニュース,バラク・オバマ,消費税,バリー・ソエトロ,陰謀論

 


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | オバマ | 武漢研究所 | 補助金支給 | 370万ドル
2021/04/07 (Wed) 16:51
  
bonafidr.com
 

米国立アレルギー感染病研究所のファウチ所長、新型コロナ発生当初からチャイナ共産党と協力していたことを示す証拠文書が開示される -

編集部

政府監視を行う市民組織であるジュディシャル・ウォッチ(Judicial Watch)は、アメリカ政府に情報開示請求訴訟を起こし、国立アレルギー感染病研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が送受信したeメールを含む301ページの資料を入手したと3月1日(月曜)に発表した

公表された資料から、ファウチ所長は、チャイナ共産党CCP)からの要望や、米国による新型コロナ規制に対する彼らの要求に従うことを重要視していたことが明らかになったとジュディシャル・ウォッチは発表した。

「これらの新たなeメールは、WHOファウチの国立衛生研究所(NIH)が、COVID-19(武漢ウイルス)に関する情報を統制しようとするチャイナ共産党による活動に、特別な便宜を働いていたことを示している」と、ジュディシャル・ウォッチのプレジデントであるトム・フィットン氏は語っている。

また、ジュディシャル・ウォッチは声明の中で次のように記している:

米国保健福祉省のアンソニー・ファウチ博士とH.クリフォード・レーン博士の電子メールやその他の記録301ページ分から、国立衛生研究所(NIH)の職員たちが中国の条件に合わせて機密保持フォームを手直ししたこと、そして世界保健機関(WHO)が未発表の「極秘の」COVID-19疫学分析を2020年1月に実施していたことが明らかになった。

さらに、これらのメールは、チャイナの独立ジャーナリストが、チャイナにおけるCOVID感染者数は一貫性がないと、NIHの国立アレルギー感染病研究所(NIAID)で臨床研究・特別プロジェクト担当副部長のクリフ・レーン氏に指摘していたことも明らかにしている。・・・

2020年1月20日付けの1件のメールの中で、1人のWHO職員は、彼らがその月の初旬に実施したCOVID-19の疫学分析について触れ、それが「極秘」であり、WHOの専門家ネットワークと感染症ハザードに関する戦略的・技術的諮問グループ(STAG-IH)「のためだけ」のものであること、そしてこの疫学分析は「他に広めるべきではない」と記している。

財新のレポーターであるゼン・ジア(Zeng Jia)氏がファウチ所長の代理であるレーン博士に送った2020年3月4日付けの1件のメールの中で、同レポーターは、WHOの合同チャイナ・ミッションの報告書の中で記載されている感染者数が、武漢公衆衛生委員会が報告した数字と矛盾していると指摘している。・・・

(太字強調はBonaFidr)

ジュディシャル・ウォッチと協力してこれら301ページ分の資料を入手したデイリー・コーラー・ニュース財団(DCNF)のイーサン・バートン編集長は次のように語っている:

これらのメールが、新型コロナウイルスの大流行の初期段階で、基本姿勢を決定づけていた。WHOが中国に最初から情報の流れをコントロールさせていたことは明らかだ。真の透明性が極めて重要だ。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | ファウチ | CCP | 志那 | 共産党 | WHO
2021/04/07 (Wed) 16:43
  
尋常ならざる医師、アンソニー・ファウチ - 寺島メソッド翻訳NEWS元岐阜大学教授寺島隆吉先生による記号づけ英語教育法に則って開発された翻訳技術。大手メディアに載らない海外記事を翻訳し、紹介します。リンクtmmethod.blog.fc2.com

<記事原文>The Remarkable Doctor A. Fauci
F. William Engdahl 15.04.2020


ジャーナル・ネオ
2020年4月25日
ウイリアム・エングダール

<記事翻訳 寺島美紀子・隆吉>


 どのような緊急検疫措置をとるべきかについて、米国や世界中で政治的・社会的に劇的な決定がなされている。多くの場合、世界的経済閉鎖など過激で厳しい措置が、COVID-19の将来の感染率予測によって正当化されている。
 ワシントンでコロナウイルスに対処する現在の戦略の中心人物がいるとすれば、それは米国立衛生研究所(NIH)を構成する27の研究所のひとつ、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ博士である。
 ファウチの役割について語る際に、大手メディアが都合よく省略しているのは、彼がエイズパニックの始まった1984年に初めてNIAIDに加わって以来の、彼のひどく物議を醸した矛盾に満ちた長い経歴である。そして、その当時の彼の役割は、今日の彼の異常で物議を醸す特異な言動に貴重な光を当てている。


 アンソニー・ファウチはホワイトハウスのコロナウイルス対策委員会の主要メンバーであるが、CNN、MSNBC、ニューヨークタイムズ紙などの米国の大手メディアによって、Covid-19発生に関連するすべてについて、偉大な専門家であるとして宣伝されている。
 重度コロナ患者の治療薬として有効だとニューヨークタイムズ紙が報じた抗マラリア感染症薬クロロキンをトランプ大統領も強く推したが、ファウチは「裏付けに乏しい」として却下した。7年前には同じ薬を支持していたにもかかわらず。
 ファウチはゲイツ財団がワシントン州に設立した医学研究所から、以下のように公然と、新型コロナウイルスの死者数予測を提供されていた。というのも、ゲイツ財団は世界保健機関(WHO)を事実上所有しており、また大手ワクチンメーカーの主要な株式も所有している。かくしてファウチは、最大20万人の米国人がCovid-19で死ぬ可能性があると主張した。
 そのうえ、ファウチは、「Covid-19 はおそらく季節性インフルエンザの約 10 倍の致死率」であると述べた。これは今年30万人~60万人がコロナウイルスで死ぬことを意味する。しかしこう述べる以前には、ファウチは評価の高い医学誌『New England Journal of Medicine』3月号で「Covid-19は季節性インフルエンザと同程度の低い致死率である」と述べていた。(March 26, 2020 N Engl J Med 2020; 382: pp.1268-1269)
 米国経済の多くの閉鎖をいつまで続けるべきかとの質問を受けたとき、ファウチは、「Covid-19の新たな陽性事例がゼロになったときにのみ」であると答えた。しかし、欠陥のある
検査が前提となれば、それは全く不可能である。彼はまた、動物実験をしていない新しいワクチンの、ヒトへの直接投与を支持している。これには、過激とも言える「mRNA遺伝子改変ワクチン」が含まれる。
〔ウイルスをワクチンとして接種することは危険性が高く、実際は不可能である。こうした中、その異常な遺伝情報をmRNA(リボ核酸の配列)に転写させ、蛋白質が発現する過程で免疫ができるという仕組みをベースにしたのが、この手のワクチンだとされる。〕

 ファウチは、前例のないCovid-19パンデミックに関する米国の国策に対して、大統領を含む誰よりも大きな影響力をもっている。多くのメディアは、彼を非の打ちどころのない科学者、世界最高の科学者のひとりとして畏敬の念をもって扱っている。しかし、アンソニー・ファウチの経歴を詳しく見てみると、全く異なる様相を呈していて、実に憂慮すべきものである。


米国「エイズの皇帝」ファウチ

 アンソニー・ファウチは、ワシントンの米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のトップポストを36年間も握り続けてきた。現在79歳で定年をかなり過ぎているが、NIAIDの年間50億ドルの予算の中から、どの製薬会社や大学の研究者がこの貴重な政府資金を得られるかを決める権限を一手に握っている。

 1984年に話を戻すと、ファウチはレーガン時代にNIAIDのトップに就任した。その年、ファウチの下で働いていたエイズ研究者のロバート・ガロは記者会見を開き、エイズウイルスを「発見した」と発表した。彼はそれを「HIV(ヒト免疫不全ウイルス)」だと言った。衝撃的な発表は世界中を駆けめぐったが、それは予めエビデンスについて査読を受けるという科学的手続きを完全に無視したものだった。必要とされる電子顕微鏡分析もなかった。
 これは「記者会見による科学」の初めての事例であった、と批判的な科学者であるピーター・H・デュースバーグ教授は述べた。デュースバーグは受賞歴のあるバークレー大学の研究者で、1970年にレトロウイルスの研究を通じて最初のがん遺伝子を単離し、
これらのウイルスの遺伝子構造を解読した人物である。
〔レトロウイルスは、逆転写によりRNAゲノム(遺伝情報の総体)の二本鎖DNAコピーを作製し、それを宿主細胞のゲノムに挿入する。逆転写はウイルスが殻内に保持する逆転写酵素RTを用いておこなわれる〕

 しかしガロとファウチにとっては、そんな批判など重要ではなかった。というのも、新しいウイルスであるHIVを研究するために、数百万ドルの研究資金がNIAIDに流れ込んでいたからである。ファウチとガロは、エイズは接触伝染性が高いので、とくに男性同性愛者のあいだでの性感染によって起こると主張した。
 特筆すべきは、ガロがHIVエイズウイルスを発見したと主張するより以前に、NIAID自体がポッパー剤や亜硝酸塩の役割についての研究をおこなっていたことである。これらの薬剤は、免疫抑制作用があるため初期エイズ患者たちの死の要因になっていることが証明されていたものであった。しかし、その研究はエイズの新しい「治療法」発見のために妨げになるとして即座に中止された。
 メディアには「エイズは公衆衛生上の、世紀の脅威である」と伝えられた。ガロは、HIV血液検査で特許を取得し、数百万ドルをかせぎつづけたが、このHIV血液検査はあまりにも頻繁に疑陽性を示したばかりでなく、直接的なHIVウイルス検査ではなく活性抗体の検査であったことも問題であった。抗体があるということは単に過去に感染したことを示唆するだけであって必ずしも現在エイズを発症しているわけではないので、免疫学的にはこうした血液検査は妥当ではないとされていたからである。
 このように問題の多かった1980年代に、NIAIDのエイズ研究の責任者だったにもかかわらず、ファウチはいまだにそのポストを維持している。


ファウチがすすめた虚偽の検査?

 HIV/AIDSに関しては「検査」が議論の争点であり核心である。恐怖に煽られて、世界がHIV検査を渇望しているなか、ガロとファウチは、欠陥の多い抗体検査を強力に推進した。2006年、ガロは「HIV検査は1984年に開発された時点から精度がきわめて高く、時間の経過とともにはるかに正確になってきた」と主張した。1984年には高精度だったが、時間の経過とともに、より正確になったとは、いったいどういうことなのか。ガロは批判に応えて、「ウイルスの存在自体を調べるPCR検査で、小児HIVの状態を正確に判断できる」と付け加えた。

 ガロのこの主張は、ファウチと米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)だけでなく米疾病管理センター(CDC)も支持してきた主張である。
 この主張に対して、ロベルト・A・ジラルド医学博士とエッチェネ・デ・ハーベン医学博士は鋭い反論をして、次のように指摘した(ちなみにハーベン博士は、レトロウィルスの最初の電子顕微鏡写真を作成した科学者であり、HIVはレトロウィルスの一種である)。
 「酵素免疫測定法エライザすなわちウェスタンブロット法、遺伝子検査であるPCR検査すなわちウイルス負荷テストは、ひとがエイズに罹っているかどうかを判断するために使用される二大主要検査であるが、これらは検査としては有効でない」「これらの検査では、HIVウイルス自体を検出しないばかりか、HIVウイルスの小片すら検出しないからだ」
 更に二人はこう付け加えた。
 「疑陽性の症例の中には、HIVに感染していなくても抗体検査で陽性反応が出る70種類以上の症状が記録されている」「疑陽性の症例の中には、インフルエンザ、ふつうの感冒、ハンセン病、
妊娠などが挙げられる」
 このように少なからぬ問題が指摘されているにもかかわらず、現在、SARS-CoV-2(Covid-19発生当初の名称)の陽性判定にも、このHIV検査と同じ検査方法が
用いられている
〔・酵素免疫測定法エライザ:目的とする物質とだけ結合する「優れた特異的結合能」と「ごく微量の物質でも結合できる強い親和性」をもつ抗体を結合試薬として利用した測定法。
・ウエスタンブロット法:電気泳動によって分離したタンパク質を膜に転写し、任意のタンパク質に対する抗体でそのタンパク質の存在を検出する手法。
・PCR法:遺伝子はそのままでは目で見ることはできないので、人工的に増やしたい部分だけを増やし特別な装置を使えば目で検出することが可能になった。遺伝子増幅技術の代表的なもの。
・レトロウイルスの例としては、ヒト免疫不全ウイルスやヒトT細胞白血病ウイルスなどがある。〕

 ジラルドとデ・ハーベンの両医学博士は次のように結論づけた。
 「25年にわたって精力的な研究をしたにもかかわらずHIVウイルスが単離も精製もされていないという事実は、古典的なウイルス学の観点からすると、エイズが人から人への接触によって直接感染するウイルス病であるとする流布された考え方そのものに問題がある。なぜならそれは明らかに存在しない病原菌に基づいているからである」

 ジラルドとデ・ハーベンの両医学博士は、「HIVウイルスの存在が疑われるというのは、タンパク質、逆転写酵素(RT)、培養液上清のなかに見られるRNAゲノム断片、こうしたものを観察することができたときであって、
精製ウイルス粒子を直接に分析できたからではない」と断言した。
 米疾病管理センター(CDC)は、米国のエイズ発症を診断するにはHIV抗体検査が陽性であることを必要条件としているが、アフリカでは1985年以来、世界保健機関(WHO)はHIV抗体検査やその他の臨床検査をまったく要求してこなかった。体重減少、慢性的な下痢、長引く発熱、長引く咳などをエイズ患者の症状としただけであったが、これらは慢性的な貧困、栄養失調、公衆衛生の欠如などに見られる一般的な症状であって、HIV特有の症状ではない。

 しかし、この詐欺こそ35年以上にわたってアンソニー・ファウチの経歴を形作ってきたものである。このインチキな研究のために、NIAIDの責任者としてのファウチは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団やクリントン財団から数百万ドルを獲得してきたし、さらに米国の納税者から数百億ドルを受け取ってきたのである。
 実に不審に思われるのは、ジラルドとデ・ハーベンの両医学博士によって発表された2006年の「(ファウチらの主張する)HIV検査ではHIV感染症は診断できない」という論文が、コロナウイルスの武漢での発生直前の2019年、ジャーナル編集部によって突然、削除されたことである。
ジラルド医学博士とデ・ハーベン医学博士による2006年の論文
「HIV検査ではHIV感染症は診断できない――論文 <ハーパーマガジン誌2006年3月号に載せられたセリア・ファーバーの記事の誤り>(ガロその他、2006)における数々の誤謬に対する、私たちの回答」
http://www.robertogiraldo.com/eng/papers/Farber_Reply_April_2006.html
〔セリア・ファーバーは米有名雑誌でさまざまなトピックをカバーしたジャーナリスト兼作家。とくにHIV/AIDSに関する論考では注目を浴び、デュースバーグのようなHIVウイルスだけがエイズを発症させるわけではないとする議論を調査し論じた。なかでも『ハーパーマガジン』誌に載った彼女の記事「制御不能:エイズと医学の腐敗」が注目の的となった。しかし、ファウチの下で働いていたNIAIDのガロその他が、その論考の批判の先鋒に立った。〕

 ウイルス学の確立された規範を知っていたにもかかわらず、ファウチはNIAIDの責任者として、バローズウェルカム社の抗ウイルス治療薬AZTを、HIV陽性と診断されたが何の症状もなかった患者の「予防薬」として推奨したのである。
 バローズウェルカム社は、AZTに有利になるよう歪められた研究結果を、NIAIDに提供した。胎児へのこのような重大なリスクがあるにもかかわらず、ファウチは、妊婦へのAZT投与を支持した。妊娠を示す指標のひとつは、すべての女性で抗原(生体内に入って抗体をつくる細胞毒素)レベルが高くなることである。これは自然免疫システムが胎児を保護するために感染症と戦うからであって、ウイルスに感染したことの証明にはならない。にもかかわらず、妊婦へのAZT投与を支持したのである。
 そのうえ、AZTまたは医薬品名「レトロビル」は白血病の治療に失敗した薬剤でもあり、
非常に毒性の強い薬であることが証明されている。にもかかわらず、それが1987年にエイズ検査用として、記録的な5日間という短期日の審査期間で、ファウチと米国政府によって承認されてしまった。
 30年以上も資金援助を受け、数十億ドルを投じた研究にもかかわらず、現在でもまだHIV/AIDSに有効なワクチンは存在していない。つまり、AZTを生産する製薬会社をもうけさせただけだったのである。


ファウチとギリアド社

 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の責任者としてのアンソニー・ファウチの役割を研究してきた人びとによると、彼の研究の中心はいわゆる科学的還元主義にあった。「彼の理論は19世紀型の単一細菌理論である。1980年代初期に一部の同性愛の男性の免疫系を崩壊させた複雑な要因を全く無視したものだ」と批判されている。
 さまざまな致死性薬物や亜硝酸塩のような他の毒素がエイズ発症に何らかの役割を果たしている可能性がある、という証拠があったにもかかわらず、彼はそれにたいする調査研究を拒否してきた。
 このようなエイズ発症の他の要因を排除してきた結果、彼は1984年以来、行き詰った治験に数百億ドルの税金を無駄遣いしてきた。しかし、彼の最も極悪非道な行為のひとつは、ギリアド・サイエンシズとの共同研究であった。
〔・科学的還元主義:複雑な相互作用と対象物を減らして研究しやすくする考え。科学的削減主義とも言う。
・ギリアド・サイエンシズ:米カリフォルニア州フォスターシティに本社を置く、世界第二位の大手バイオ製薬会社。治療薬の発見・開発・商品化をおこなっている。1987年の創業以来、HIV、B型肝炎、C型肝炎、インフルエンザといった感染症治療のための抗ウイルス剤開発を事業の中心としている。〕

 エイズの疑陽性検査をバローズウェルカム社に開発させ、エイズ発症という重篤症状のあるHIV陽性患者にいざ抗ウイルス治療薬AZTを販売しようとして、ファウチは米食品医薬品局(FDA)からの特別迅速承認を手に入れた。しかしファウチはそれにさえ満足しないで(聖書にある「ギリアドの香油」にでもするつもりなのか)ギリアド社と協力することを決定した。その結果、PrEPテスト(前処理テスト)と呼ばれるようになったものが誕生した。
〔ギリアデに乳香があるではないか。/その所に医者がいるではないか。/それにどうしてわが民の娘は癒やされることがないのか。(エレミヤ書 8:22)ギリアデの香油は医学的に使用される希少な香水で、ギリアデの生産地名にちなんで名付けられた。
 『There Is a Balm in Gilead』は黒人霊歌。その1節は、ギリアデには香油がある/傷ついた者を無傷にするための/ギリアドには香油がある/罪の病に苦しむ魂を癒すための/私はときどき挫けて落胆し、/自分のなす事には意味がないように感じてしまう…〕

 2007年になるとファウチは、HIV「陰性」者を対象としたAZT薬の臨床試験に資金提供を始めた。開発された化学療法薬を飲めば「陽性」になるのを「防ぐ」ことができるという理論に基づき、健康な人に毒性のあるHIV薬を投与してエイズにならないことを「保証」するというわけである。頭が狂っているように聞こえるかもしれないが、実際それがおこなわれたのである。
 ギリアド社は2007年から2012年のあいだに、HIV陰性者を対象とした臨床試験の最終段階(第三相臨床試験)のために、NIAIDに「トルバダ」という薬を供給した。四回の臨床試験がそれぞれ、少なくとも2000人、最大5000人の被験者を対象としておこなわれた。このプロジェクトは「曝露前予防」または「PrEP(前処理)」と呼ばれていた。健康な被験者に化学療法薬「トルバダ」の一定投与量が与えられた。それは彼ら健康な被験者が将来 HIV陽性になることを防ぐことができるというテーゼに基づいたものである。
 米疾病対策予防センター(CDC)は2014年5月の勧告で、いわゆる「リスクグループ」の陰性者には「トルバダ」を処方するようにと医師たちに
促した。非常に収益性の高い薬のための、政府による公式認可であった。
(「トルバダ」のブランド名で販売されているエムトリシタビン/テノフォビルは、HIV/AIDSの治療と予防に使用される薬剤とされている)

 米食品医薬品局(FDA)は、「トルバダ」の四回の臨床試験のうち二回が失敗して中止になったことに目をつむった。二回の臨床試験の失敗を無視したうえに、ファウチのNIAIDとギリアド社によるデータ改竄の甲斐あってようやく、FDAは「PrEP(前処理)」用の危険な「トルバダ」を承認した。
 現在、ギリアド社は「トルバダ」の副作用を以下のように列挙している。腎不全を含む腎臓の問題、B型肝炎の悪化、血液中の乳酸過多(乳酸アシドーシス、これは死に至る可能性がある)、重度の肝臓の問題、骨の問題である。
 しかしギリアド社は当時、こう
述べていた。「トルバダを毎日飲んで、安全な性行為をしていれば、性行為で HIVに感染するリスクを減らすことができる」

 HIV感染の「リスクを減らす」ためにとして、健康な人にトルバダを売り込んだファウチとギリアド社の詐欺行為は、医療過誤として扱われるべきであり、場合によっては、人びとの健康に対する明らかな犯罪的不正行為とされるべきものである。これがまさに、現在のホワイトハウスのコロナウイルスの第一人者であるA・ファウチが体現しているものなのである。


ファウチとCOVID-19

 2019年10月、ファウチと彼の米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、HIVと鎌状赤血球疾患のための「遺伝子に基づく」治療法を開発するために、ゲイツ財団から1億ドルを獲得した。そのことは、中国武漢で新型コロナウイルスが初めて発見される時まで、ファウチがHIVに関する35年間の詐欺行為を
延々と続けていたことを意味する。
 ファウチはゲイツ財団の陰謀にも加わっている。ファウチは2012年に、ゲイツ財団がWHOの中に創設した「世界ワクチン行動計画2011-2020」のリーダーシップ評議員五人のうちのひとりに
任命されているからだ。
〔・鎌状赤血球症は遺伝性の貧血病で、赤血球の形状が鎌状になり酸素運搬機能が低下して起こる貧血症。 鎌状赤血球貧血症ともいう。ほとんどが黒人に発症し主にアフリカ、地中海沿岸、中近東、インド北部で見られる。
・以下の五人がリーダーシップ評議員:WHO事務局長マーガレット・チャン、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長アンソニー・ファウチ、UNICEF事務局長アンソニー・レイク、マラリア同盟アフリカ指導者連の国際顧問員会議長および事務総長ジョイ・フマフィ、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の世界保健部門議長タチ・ヤマダ〕

 これはトランプ政権のコロナウイルス「教皇」としての、今日の彼の役割と大いに関連がある。彼のNIAIDや世界中の他の研究所は、SARS-CoV-2検査をした患者のサンプルを、厳密に電子顕微鏡を用いて分離・精製して、Covid-19陽性であると判定したのだろうか。それとも、ファウチとエイズ閥がHIV検査のために捏造したのと同じ程度の、欠陥に満ちた不完全なウイルス証明なのだろうか。

 また、NIAIDはギリアド社と協力して、COVID-19と診断された成人の入院患者に対する治療薬として、ギリアド社の薬剤である「レムデシビル」の第二相臨床試験を実施している。


偶然の一致か?

 もう一つここで確認しておくべきことは、OVID-19に関する米国大統領特別委員会の主要な科学顧問たち全員が、何十年ものあいだ、インチキで破壊的なHIV/AIDS研究と誤った理論の流布に加担してきたという事実である。

 その一員に、アンソニー・ファウチ(米国立アレルギー感染症研究所NIAID)に加えて、デボラ・L・バークス医学博士がいる。彼女はオバマが任命した米国の世界エイズ・コーディネーターであり、1983年から1986年のあいだNIAIDのアンソニー・ファウチの下で
働いていた。

 もうひとりの一員ロバート・レッドフィールドは、米疾病管理予防センター(CDC)の現所長であるが、最近のコロナウイルス検査スキャンダルの中心人物である。彼はロバート・ガロとともに、メリーランド大学に拠点を置くヒトウイルス研究所(IHV)を1996年に共同設立したが、ガロの評判も良くない。
 というのは、レッドフィールドとロバート・ガロは、米国立衛生研究所(NIH)の1980年初期の薬害エイズ事件当時、ファウチとは同僚だったからである。
 また、ガロは2006年、ハーパーマガジン誌上のセリア・ファーバーの記事に対して共著で反論を書いたが、先述のジラルドとデ・ハーベンによる論文「HIV検査ではHIV感染症は診断できない」で、完膚なきまでに反駁され、信用失墜してしまっている。
 そのうえ、ロバート・レッドフィールドとデボラ・L・バークスの二人は、HIVワクチンとされるものについて、これまで多数の科学論文を共同執筆してきたが、どれも全く人目すら引かない有り様だった。

 このように、ファウチ、バークス、レッドフィールドの三博士は全て、HIV/AIDS詐欺や医療過誤に近親相姦的に加担してきたが、今日もまた、米国の公衆衛生だけでなく世界経済全体の将来をも左右している。とても良好な状況とは言えない。

 なぜなら、HIV/AIDS詐欺についての彼らの研究が示しているのと同じく、コロナウイルス検査も、コロナウイルスが致死的なウイルスであることを全く証明していないからである。だとすれば、それはおそらく医療史上最大の犯罪的詐欺といえるであろう。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | ファウチ | 尋常ならざる | 基地外 | カバール | 
2021/04/07 (Wed) 16:14
  
02/04/21
••

ビル・ゲイツと新封建制:ファーマー・ビルの詳細

ビル・ゲイツは静かに彼自身を合衆国で最大の農地の所有者にしました。独占管理に取りつかれている男性にとって、食料生産を支配する機会も魅力的であるように思われるに違いありません。

業企業は気候にやさしいのとは正反対です。彼のGMOコーンは、肥料、農薬、天然ガスから作られた農薬、その他の化石燃料の投入を大量に使用する必要があります彼は、マイケル・ポーランの言葉によれば、アフリカ人に「石油を食べることを効果的に強制したアフリカの農民はゲイツのプログラムを「気候に愚かな農業」と呼んでいます

ゲイツ氏は、パンデミック、気候、飢饉、大量絶滅など、世界的な危機で自分自身を太らせることを学びました。気候変動により、ゲイツ氏は種子、食糧、農業を独占する言い訳になりました。

2008年、ビル&メリンダゲイツ財団はサハラ以南のアフリカと南アジアの小規模農家の間で高収量の持続可能な農業を促進するための3億600万ドルの助成金発表しました財団の計画には、遺伝子操作による高生産で干ばつに強い乳牛の作成、および気候変動に耐性のある超作物の開発と増殖が含まれていました。

言い換えれば、気候変動は、よりいたずらな地球工学の装いでした。一方、ゲイツのag政策は、地球の気候システムを破壊し、何百万もの種を絶滅に追いやり、土壌を砂漠化し、水システムを破壊し、毒カルテル豊かにしている

それで、私の仲間の環境リーダーへのメモ:ビルゲイツは私たちのアミーゴではありません!さらに、ゲイツ氏は、人類を支配し、経済活動と個人の自由に終止符を打つという彼の野心の文脈で彼の気候がふりをしているのを見る何百万人ものアメリカ人と気候改革を悪臭にさらしました。

アメリカの半分が気候変動を富を上向きにシフトするための「グレートリセット」の危機、または地球工学のブーンドッグと見なしているのは、主にゲイツ氏の行動です。彼らが気候変動の深刻な危険を認識していないのは彼らの責任です。ビル・ゲイツの危険を故意に知らされていないように見えるのは私たちの責任です。

ゲイツはこのすべての混乱から利益を得ています。気候論争の二極化は改革努力を麻痺させ、それによって彼の炭素の利害関係の価値を維持します。私たちは皆、そのグリーンマスクの背後に誰が本当にいるのかを認識する必要があります!

バイオパイラシー

「その土壌を破壊する国はそれ自身を破壊します。」— 1937年2月、フランクリンD.ルーズベルト大統領からすべての州知事への手紙

長年の経験と研究により、生物多様性、種子の自由、食糧の自由に基づく農業生態学は、市民の自由と民主主義だけでなく、食糧と農業の未来にとって不可欠であることが示されています。

何千年もの間、農民の革新と生物多様性は共に進化し、持続可能な食料生産と生物多様性のための最も効率的な慣行を生み出してきました。開発のための農業知識、科学、技術の国際評価(IAASTDによる国連の2009年の独創的な研究は、ゲイツ/ロックフェラーの「緑の革命」が伝統的な農業を改善することに失敗したことを示す議論の余地のない証拠を文書化しています。

IAASTDは、世界の飢餓の問題を研究するために、900人の主要な科学者、農学者、研究者のチームを配置しました彼らの包括的で決定的な報告は、GMO作物が食糧不足や地方の貧困への答えではないことを示しました。その報告書は、ゲイツの緑の革命も彼のGMOも世界を養うことはできず、同時に地球を保護することもできないと断定的に結論付けています。

IAASTDの包括的な分析は、ロックフェラー財団が1960年代にインドとメキシコで立ち上げた緑の革命が大惨事であったことを示しています。モノカルチャーの化学的経路は、生物多様性、土壌、水を破壊し、気候変動に寄与することによって、生命と食糧生産を支援する地球の能力を弱体化させました

緑の革命政策は、食糧と栄養の安全を破壊し、外部からの投入物に対する債務を通じて小規模農家を処分します。IAASTDおよび他の多くの研究は、種子主権食糧主権および知識主権が食糧および農業の唯一の実行可能な未来であることを示しています。国連と世界のトップ農業科学者は、GMOが伝統的な農業ほど効果的に飢餓戦うことができないことを認めています。

ビル・ゲイツはこの現実を無視することを選択し、科学に基づいた証拠を却下し、テクノロジーで世界を救うために神によって叙階されたという彼の救世主信仰を支持しました。ゲイツ博士によると、健康は注射器でしか得られません(彼は世界最大のワクチン生産者です)。

同様に、ファーマービルは、良い食べ物は、彼がたまたま所有している単一栽培、化学農薬と肥料、GMO作物と特許を取得した種子からのみ来ると説いてます。ゲイツ氏は、農業帝国を構築するにあたり、科学者や農民の声を無視し、法律、条約、伝統、公民権、科学、感性を踏みにじることを繰り返し望んでいます。

種を盗む

約1万年前の新石器革命の開始以来、農民と地域社会は、収量、味、栄養、独特の成長を促進する堅固な種子の品質、薬効と栄養の属性、そして特定の種子が特に繁栄することを可能にする遺伝的回復力の改善に取り組んできました土壌と水の状態または捕食者に抵抗します。

これらの活発で独創的な遺伝学は、人類の1,000世代にわたる激しい農業革新の間の、人間、自然、そしてその創造主の間の奇跡的なコラボレーションの産物です。農民間の知識と種子の自由な交換は、生物多様性と食料安全保障を維持するための基礎となっています。

1979年以来、世界銀行の後援の下、国際農業研究協議グループ(CGIAR)として知られる農業研究センターのコンソーシアムが、世界中の小規模農家からこれらの最高の種子を収集し、異なる場所にある15の独立した公的種子銀行に保存しています。国。そのベンチャーは、何千年もの間作物の多様性を維持するために、すべての人類の利益のために遺産の種子ストックの完全な目録をアーカイブしようとしました。

過去17年間で、ゲイツはこれらのコレクション(768,578シードを含む)の管理を獲得し、世界有数のシード在庫の独占所有権を主張することに成功しました

2003年から、ロックフェラー財団と協力して、ビル&メリンダゲイツ財団は7億2000万ドルをCGIARのシードバンクプロジェクトに投入しました。CGIARの最大の資金提供者として、ゲイツ氏は彼の財政的影響力を利用して、CGIARの15の法的に独立したセンターを1つの法人に統合しました。これは、彼が「ゲイツAgOne」と呼ぶ不吉なイニシアチブですその後、彼は、科学研究機関から、彼が提携しているバイエルやカーギルなどの商品ベースの企業への研究とシードの転送を調整するために移動しました。このようにして、彼は世界中の先住民の農民からの最も有望な種子のために種子備蓄を襲撃し、略奪し、民営化している。

Gates AgOneのディレクターであるJoeCorneliusは、Bayer CropScienceの元幹部です。それ以前は、モンサントの国際開発ディレクターを務めていましたゲイツ氏はコーネリアスと協力して、1980年代にモンサントがGMOの普及と特許シードの推進を主導したときに開拓した技術を完成させました。ゲイツ氏は、数千年にわたって農民によって育てられた何百万もの植物の一般的なゲノムデータを略奪し独占するために、ビッグデータの海賊戦争の司令官になりました。

ゲイツ氏は、シードバンクに保管されている農民の種子ストックのゲノムとゲノム配列をマッピングするために2015年に立ち上げたグローバルプロジェクトであるDiversity Seek(DivSeek)に資金を提供しています。DivSeekとGatesAg Oneは彼の槍のヒントであり、コモンズを「検閲」するためにシードデータを「マイニング」します。言い換えれば、一般の所有権の主張を終わらせることです。

人工知能(AI)とデジタル技術を使用して、DivSeekとGates AG OneのGatesの手先は、これらの種子をスキャンし、遺伝子データを分類して、人類の世界的な種苗遺産をマッピング、特許取得、盗難します。ゲイツ氏は、CRISPRテクノロジーを使用して遺産シードゲノムを選択的に編集し、特許の課題に耐えるのに十分な変更を加えることで、特許の論理的根拠を強化しています。

ゲイツの主な目的は、繁殖することである緑の革命『ゲイツによって生成化学物質の入力に対応するために設計品種毒カルテル』パートナーなどモンサント、バイエル、ダウ/デュポン、CropLife、BASF、シンジェンタ、Corteva、要するに、ゲイツ故意:奪うをその完全性と多様性の種であり、進化の歴史と土壌とのつながりを消去し、すべてを単純な「コード」に還元します。このようにして、ゲイツは私たちの惑星の遺伝的多様性を捉え、それを書き直し、そのコードの特許を取得し、人類から種子を盗み、それらを化学コングロマリットと結婚させます。

シードバンクを一元化し、知的財産法を操作することにより、ゲイツ氏は「遺伝的植民地主義」のキャンペーンを開始し、世界の農民や先住民の農民から苦労して稼いだ種子や知識奪いました

「GatesAgOneの目的は、この惑星の遺伝的多様性を管理することです」と、農業の自由活動家であるヴァンダナシヴァ博士は私に語った。シヴァによれば、ゲイツ氏は「農民の種子主権と国の種子主権の両方を破壊し、妨害し続けている。「ゲイツ・アグ・ワン」は、生命と生物多様性、食糧と農業、そして私たちの生活を超えて帝国を築こうとする彼の意図を明確に宣言しています。」その過程で、シヴァは言います。「ゲイツは、神の創造物を汚す地獄のフランケンシュタイン実験に資金を提供しています。」

市民、政府、農場組織は多くの法律を作成し、政府は生物多様性条約(CBD)やCBDのカルタヘナ生物安全プロトコル含む生物多様性保護に関する国際条約を採択しました。、政府関係者をコニング知的財産法を操作し、シード規制を書き換えることで、ゲイツ氏は、することができたバイパスや踏みつけこれらの法律や条約をそして政府は地球の生物多様性やハイジャックからグローバル企業を防ぐための場所に置くことを多国間のガバナンス構造を回避するために農民と農民の種の連邦。

遺伝子組み換え生物(GMO)

食糧不安や病気から気候の健康に至るまで、すべての人間の病気の解決策としてのテクノロジーに対するゲイツの宣教師の信仰は、GMOの彼の執拗な宣伝を説明しています。ゲイツ氏の熱心なGMO偶像崇拝遺伝子編集技術は、彼らの安全性に疑問を呈する農学者、栄養士、毒物学者、その他の科学者による査読済みの科学的証拠と警告の山に耳を貸さないままにしている。

GMOワクチンと医薬品は彼の公衆衛生企業の主力であり、ゲイツはあらゆる農業問題の解決策としてGMOの研究、開発、普及に資金を提供しています。は、たとえば、遺伝子編集で2020年のノーベル賞を受賞した2人のCRISPR化学者であるEmmanuelleCharpentierとJenniferDoudnaに資金を提供しました

ゲイツ氏はまた、世界で最も積極的なGMOと農薬のプロモーターであるモンサントの最大の株主の1人でありましたGates Ag Oneの中心的な使命は、事実上すべての独立した科学と安全性の評価に直面し、GatesのテストされていないGMO、特許取得済みの種子、合成食品、実験薬を人類に押し付けることです。

彼のモンサントの株式と加工食品、化学、石油会社とのパートナーシップは、公衆衛生の擁護者としてのゲイツのふりを信用できないと予想するかもしれませんしかし、メディア・ジャーナリズムのゲイツの大規模な投資は(2020年3月の国家マガジンのExposéはとの良好なカバレッジのゲイツ保証購入したゲイツ財団明らかにメディアへの助成金$ 250百万 店舗を含む、NBC /ユニバーサル、BBC、NPR、ガーディアン、ル・モンド、アルをジャジーラや「ニュースに影響を与える」他の人々は、メディアが歴史的に凶悪な営利計画に適用した精査や懐疑論から彼を隔離し、権力狂の億万長者による偽善をランク付けしました。

金銭交渉、そしてゲイツと彼の製薬同盟国が毎年公的および商業的ジャーナリズムに注ぐ数十億は、代わりにゲイツをメディアの主な最愛の人にした。彼は、コマンドソフトボール質問に彼の魅惑的なパワーを披露する大手ケーブルとネットワークニュース番組の彼の隔週「サテライトツアー」を使用し、(の例外を除いてobsequiousホストからの敬意をへつらうノラ・オドネル含む)、アンダーソン・クーパー(CNN)、デイビッド・ミューア( ABC)、Ari Melber(MSNBC)、およびChuck Todd(NBC)は、公衆衛生から経済および農業政策に至るまでのトピックに関する彼の高尚な予言を感謝して楽しませています。

政府規制の回避

ゲイツの富と権力はまた、GMOの拡散を規制する政府の努力を回避することを可能にします。2011年、インドがゲイツの遺伝子組み換えBtコットンラウンドアップレディ作物にモラトリアムを導入したとき、ゲイツは彼の事業をバングラデシュに移しました欧州司法裁判所が、遺伝子組み換え生物とGMOは公衆衛生を保護するために厳しく規制されなければならないと裁定したとき、ゲイツは欧州共同体全体で規制緩和のためのロビー活動を開始しました

ゲイツ氏は現在、安全基準を課している多くの国で、GMOおよび遺伝子編集法に対する攻撃を調整するために数十億ドルを配備しています。科学者や規制当局が、遺伝子編集とGMOの安全性を正確に評価するには時間が不可欠であると主張するとき、ゲイツ氏は「時間は敵です!」と宣言します。

2017年、ドイツの人権団体であるハインリッヒベルスティフトゥング(HBS)は、ハイリスク遺伝子操作実験に民主的に課せられた制限を回避するためのゲイツの秘密キャンペーンの証拠を発表しました。HBSは、米国の情報公開法に基づいてグループが取得した1,200通を超える電子メールをリリースしましたこれらの文書は、ビル&メリンダゲイツ財団が、国連当局者を堕落させ、「遺伝子ドライブ」と呼ばれる悪魔的な新技術を禁止する国際的な取り組みを妨害することを目的とし覆面スパイ攻撃仕掛けるために、怪しげなビッグAg /バイオテクノロジーのスパイとプロパガンダの衣装を雇ったことを示しています。

遺伝子ドライブは、遺伝子工学、合成生物学、遺伝子編集の最先端にあります。これらは、優生学者や、ゲイツと彼のシリコンバレーの仲間たちが擁護するテクノクラートの「トランスヒューマニズムの未来」を構築しようとしている人々に最適なツールです

科学者はCRISPRテクノロジーを使用して、遺伝子を生物の染色体に編集し、DNAを再プログラムして、遺伝的遺伝の通常のルールをオフにし、人工的に導入された形質を集団全体に「駆動」して、将来のすべての世代に広めます。種全体のゲノムを恒久的に変化させるそれらの能力は、遺伝子ドライブを究極の力の生物学的手段にします。

遺伝子編集技術は、新しく改良された植物や動物の種を作成して特許を取得したり、彼が不承認にした駆除したりするためのゲイツの計画を促進する可能性があります。彼の目的の1つは、遺伝子ドライブを使用して「自殺遺伝子を挿入し、ジカ熱またはマラリアを蔓延させる蚊の種全体を根絶することです。これは、ゲイツ財団が4,000万ドルを投資しターゲットマラリアプロジェクト目標です。博士はアンソニーFauci、長年の弟子とパートナーゲイツの遺伝子ドライブのための熱狂的なチアリーダーは、語ったStatNewsを「祝福となり、それらを取り除きます。」、

批評家は、遺伝子ドライブは、種全体を変更または排除し、生態系を壊滅的に変化させる能力があるため、人類に実存的なバイオセキュリティリスクもたらすと主張していますそれらはまた、究極の生物兵器でもあります。さまざまな軍事および諜報機関の最も悪魔的な精神は、遺伝子ドライブを切望して超兵士を繁殖させたり、「黙示録遺伝子」を鋳造したりします。批評家は、国家がいつか「ジェノサイド遺伝子」使用して特定の人種や望ましくない形質を根絶するかもしれないことを恐れています。

HBSの遺伝子ドライブファイルは、遺伝子ドライブ技術の開発における米軍の主導的役割を明らかにしています。米国防衛先端研究プロジェクト庁(DARPA)は、遺伝子ドライブの研究に約1億ドルを費やしました他の主要な遺伝子ドライブ投資家は、フォーチ博士の国立衛生研究所(NIH)と、自殺および不妊治療遺伝子の研究に7500万ドルを投資したビル&メリンダゲイツ財団です。

カンクンで開催され2016年の国連生物多様性条約(COP 13)で、ハインリッヒベル財団を含む179の国際機関が、遺伝子ドライブに世界的なモラトリアムを課すよう国連に投票しました。この技術の反対者はまた、「良心を持った保全の呼びかけ:保全における遺伝子ドライブの場所がない」という手紙を回覧しました環境保護論者は、自殺や絶滅の遺伝子が種を飛び越えた場合の意図しない結果を心配しています。

遺伝子ドライブの電子メールは、COP 13の決議に応えて、ゲイツ財団が「Emerging Ag」を採用したことを明らかにしています。これは、BigPharmaおよびBigAgとの不吉な絡み合いに関する大ざっぱなスパイの懸念であり、多様で統一された国際連合を妨害し、閉鎖します。反対の遺伝子ドライブ。

ゲイツ財団は、「遺伝子ドライブに関する国連の意思決定プロセスを操作するために、学者の秘密の連合を募集する」ために、EmergingAgに160万ドルを寄付しました電子メールは、ゲイツのキャンペーンが「遺伝子ドライブモラトリアムの支持者と戦う」という億万長者の計画の一部であったことを明らかにしています。新興のAgは、約65人の「独立した科学者」(業界では「生物研究所」)と公務員をオンライン専門家グループである国連CBD合成生物学オンラインフォーラムに密かに動員しましたゲイツ財団の上級幹部は、これらの曲がった工作員に毎日の指示を提供しました 規制を妨害し、科学を弱体化させ、支持者の信用を失墜させ、プロセスを腐敗させ、民主主義を破壊する方法について。

そのキャンペーンを促進するために、ゲイツは同時に、遺伝子ドライブを承認する米国科学アカデミーによる2016年のレポートに資金を提供しました。DARPAは、白塗りレポートをGatesFoundationと共同出資しました。NASレポートのリリース後にガーディアンが指摘したように:

「NAS研究にお金を払った同じ米国国防研究機関(DARPA)は、彼らが遺伝子ドライブの研究と「堅牢な」合成生物の開発に全面的に取り組んでいることを明らかにしました。心配するのには十分な理由があります。」

ETCグループのジムトーマスが観察したように:「遺伝子ドライブの開発が現在主に米軍によって資金提供され構造化されているという事実は、この分野全体について憂慮すべき質問を引き起こします。」

ゲイツ財団は、エマージングAgとの調整キャンペーンを促進するために、ゲイツの管理下にある、合成生物学に関するAHTEG(アドホック技術専門家グループ)として知られる関連する国連専門家委員会の3人のメンバーを操作しましたGatesとEmergingAgは成功し、国連はモラトリアムを撃墜しました。

遺伝子ドライブのファイルによって明らかにされた、この危険な技術に対する環境運動のキャンペーンを覆すゲイツ財団の役割は、ゲイツと彼の財団が、プロセス、民主主義、科学、法律、世論、公衆衛生を軽蔑する不正な無法者カルテルであることを裏付けています。そして人類の安全。

おそらくその幸せな日を見越して、ゲイツ財団は、栽培されたウジから食用タンパク質を製造する南アフリカの会社に投資しまし同社の工場には10億匹のハエが生息し、毎日22トンのウジが生産されており、食肉処理場、都市ごみ、家庭ごみを食べています。人間の食物としてのマゴットの市場はまだ未成熟であるため、ゲイツは彼のマゴットミールをゲイツのパートナーであるタイソンフーズが所有するような工場の食肉事業、バタリーケージの鶏に餌を与えるため、そして所有するような大規模な養魚場に販売しています。ゲイツのビジネスパートナーであり、彼の独特の公的慈善団体の助成金受益者でもある、580億ドルの多国籍企業であるユニリーバによる

いつものように、ゲイツ氏はまた、彼が管理する国際機関と、彼が提携している大企業を動員して、ダボスで世界の億万長者を集めるゲイツ氏が資金提供する世界経済フォーラム(WEF)を含む彼の偽の食品アジェンダを推進しています。毎年、人類の政治的および経済的未来を計画し、計画するために。

WEFの会長であるクラウスシュワブは、影響力のある本「COVID-19:The Great Reset」の著者であり、WEFは、世界の選出された役人のほとんどに、州の幹部に至るまで郵送したようです。

シュワブは、強力な人々がCOVID危機を利用して、権威主義的統制、広範な監視、抑圧的な新しい経済モデル、そして困惑し、恐怖を感じ、従順な人類に世界政府を課すべきだと主張しています。グレートリセットは、COVID-19パンデミックの後に体系的に新しい管理された経済を再構築するWEFの計画です。

シュワブとチャールズ皇太子は2020年5月のWEFサミットで「グレートリセット」発表しました。これは、トラウマを抱えた人口を管理し、富を上方にシフトし、利益に奉仕するためにテクノクラートによって操作される全体主義および権威主義の監視国家に世界を移すためのビジョンです。エリート億万長者のオリガルヒの。世界の食糧政策を「リセット」するために、WEFは、自身を「食糧のダボス」と称するEATフォーラムと呼ばれる組織を推進し、提携しました

EATの共同創設者はWellcomeTrustです。これは、Gatesが多額の投資を行っているワクチンメーカーGlaxoSmithKlineによって設立され、資金提供され、戦略的にリンクされている組織です。EATの最大のイニシアチブはFReSHと呼ばれ、組織はフードシステムの変革を推進するための取り組みとして説明しています。プロジェクトのパートナーは、バイエル、カーギル、シンジェンタ、ユニリーバ、およびハイテク大手のGoogleが含まれます。

EATフォーラムはこれらの企業と協力して、「ビジネスと産業に付加価値を与え」、「政治的議題を設定」します。この利益を生み出す企業を促進するために、EATはヨーロッパ、アフリカ、アジア、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリアの40近くの市政府と協力しています。この組織はまた、ゲイツが資金提供した国連児童基金(UNICEF)の「新しい食事ガイドラインの作成」と持続可能な開発イニシアチブを支援しています。

ブリュッセル大学の食品科学およびバイオテクノロジーの教授であるフレデリック・リロイよると、EATネットワークは、インポッシブル・フーズや他のバイオテクノロジー企業を含むいくつかの最大の模造肉会社と緊密に協力して、健康的な栄養価の高い食品をゲイツの遺伝子組み換えラボ調合品に置き換えています。 。

「彼らはそれを健康的で持続可能なものと見なしていますが、もちろんどちらでもありません」とリロイはディフェンダーに語った。

シヴァ博士はまた、ゲイツ氏の長年の宣伝を嘲笑し、彼のGMO肉は子供たちに食事を与え、気候変動を狂わせることを目的としていると主張しています。

「ラボで処理された偽物の食品は、ゲイツと彼の仲間のバイオテクノロジーの友人がふりをしているように、人々に食事を与えたり、気候を保護したりすることではなく、実際に私たちの食品の特許を取得することです。EATが提案する食事療法は、栄養に関するものではなく、大企業に関するものであり、食品システムの企業による買収に関するものです。」

リロイは次のように付け加えました。「ユニリーバやバイエルなどの製薬会社はすでに化学薬品の加工業者であるため、これらの会社の多くは、これらのラボ製食品の製造に必要な化学薬品や抽出物の加工を中心とするこの新しい食品事業から利益を得ることができます。世界規模で。」

栄養強化食品

合成食品やGMO食品は、人間の健康をサポートする重要な微量栄養素が少ない傾向があります。たとえば、グリホサートはキレート剤として機能します。それは生命の鉱物の構成要素を浸出させることによって雑草を殺します。グリホサートにさらされた農作物は、自然食品よりも栄養価はるかに低くなっています

ゲイツの加工食品、合成食品、GMO食品を食べている人は、臨床的に栄養不良である一方で、胃がいっぱいになっている可能性があります。ゲイツ氏は、テクノロジーを購入し、ミネラルやビタミンで人工的に食品を強化するロシュやクラフトなどの企業と提携することで、この問題の解決を急いでいます。彼は同時に食品の強化を義務付けるために発展途上国の法律を推進しています。これらの法律は、農薬および加工食品会社に利益をもたらし、伝​​統的および有機農民に不利益をもたらします。Roche、Kraft、General Foods、Philip Morrisなどの米国企業は、プロセスチーズとシリアルをすでに強化しているため、このギャップにおけるGatesの熱狂的なパートナーです。

私は、この喧噪が私のキャリアの早い段階で別のビッグフード詐欺師によって行われたのを見ました。2003年、私はスミスフィールドフーズの工業用豚肉工場をポーランドから遠ざけるための戦いで数千人の小規模なポーランドの農家を代表していましポーランドの副首相AndrzejLepperは、スミスフィールド当局者が、レーザー操作のトイレの蛇口を含むハイテク衛生技術を設置することを食肉処理場に要求する法律を支持するために彼に100万ドルの賄賂を提供したと私に語った。スミスフィールドは、この法律が、ポーランドの代表的なキルバサソーセージを作った2,600の家族経営の食肉処理場を閉鎖する効果があることを知っていました。レーザーを買う余裕のある唯一の実体として、スミスフィールドはそれによってポーランドの虐殺能力とその儲かるキルバサ輸出の100%の独占的支配を獲得するでしょう。

ゲイツはスミスフィールドのプレイブックから彼の栄養強化法を取りました。CheezWhizやAmericanSinglesなどのクラフト製品とそのビタミン強化クールエイドやTangは、すべての食品を強化することを義務付けることで、村の市場で地元で生産された山羊チーズや山羊乳に取って代わり、アフリカの小規模農家を廃業させる立場にあります。 。

ゲイツ氏は、必須の栄養強化食品アジェンダを推進するために、彼の有用な準政府組織のもう1つである、栄養改善のためグローバルアライアンス(GAIN)を設立し、多国籍食品会社(ゲイツ氏のビジネスパートナー)が加工食品および強化食品、および対象国における新製品のより迅速な規制レビュー。ゲイツのGAINコンソーシアムはまた、大規模な広報キャンペーンを通じて、または企業の食品に対する政府の「承認の印」を提供することにより、強化食品の需要を刺激するための資金を地方自治体に提供しています。

ゲイツ、GAVI、GAIN

ゲイツ氏は、10億ドル規模のグローバルワクチンプログラム(GAVI)をモデルにしてGAINプロジェクトを作成しました公衆衛生機関になりすますことにより、GAVIは公的機関と民間企業を動員して、発展途上国の貧しい子供たち接種する ために、テストされていない、実験的または信用できない、そしてしばしば致命的なワクチン有益に投棄することに成功しました。

GAVIモデルに続いて、ゲイツ氏は国連の子供に関する特別セッションで7000万ドルのGAINプログラムを開始しました。彼のコラボレーションには、世界銀行世界保健機関、ユニセフなどの国連機関のゲイツコントロール、および彼が投資しているフィリップモリスやクラフトなどの大手加工食品会社が含まれます。

Vandana Shivaによると、GAINの目的は、「アフリカとアジアの国々に、わいせつな補助金、減税、関税免除、その他の加工食品の選好を与えるよう圧力をかけるキャンペーンを調整すること」です。

一部の専門家は、ビル・ゲイツと多国籍食品会社が協力して発展途上国の食品システムを植民地化し、公衆衛生の旗の下で加工食品を売り込むという考えに悩まされています。

ニューヨークタイムズのベストセラー作家であり、クリーブランドクリニック機能医学センターの戦略とイノベーションの責任者あるマークハイマン博士は私に次のように語っています。

「…時々ビタミンやミネラルで強化されているにもかかわらず、加工食品には砂糖、でんぷん、加工油、人工着色料、防腐剤、農薬、ナトリウムが含まれており、肥満と栄養失調、そして慢性疾患の蔓延の二重の負担になっています。世界で毎年1,100万人が超加工食品の過剰と保護用の全食品の不足により死亡しており、加工食品は世界一の殺人者となっています。」

ハイマン博士は、これらの食品を栄養の「反対」と呼んでいますシヴァは同意します。「GAINプログラムは、栄養失調を解決することではなく、貧しい国々に市場へのアクセスを開放し、地元の生産者を全滅させるための手間のかかる方法ではありません」とシバは言います。

「栄養強化食品は、複雑な社会経済的問題に対する幻想的な技術的解決策です。社会的および経済的解決策は、長期的にはより効果的に機能するでしょう」とマリオン・ネスル教授は主張します。ネスレは、ニューヨーク大学ポーレット・ゴダード栄養・食品研究委員長を務める、尊敬されている食品と栄養のアイコンです食品政治の著者であるネスレ:食品産業が栄養と健康にどのように影響するか、言った:

「1つの例外を除いて、ヨウ素添加塩、栄養強化食品は、コストがかかりすぎるか、意図した目標を達成できないか、範囲が限定されすぎて意図したことを実行できません。これらの法律は、栄養素やカロリーの不足に対処するのではなく、これらの製品を製造する企業の問題を​​解決するものだと思います。私は栄養強化食品のファンではありません。多種多様な本物の食品をより入手しやすく、より安価にし、地元で生産したいと思っています。だから私は批評家に同意します。ゲイツ財団が地元の小規模な食料生産を促進するプロジェクトに投資することを願っています。」

人工知能:農民の世界を取り除く

ゲイツ氏は、超効率的でハイテクなAIで農業変革し、「未来の農場」を創造することで、農業経済を復活させたいと語っています。ゲイツによると

「私たちは皆、外に出て農業をしなければなりませんでした。天気が悪かったとき、人々は飢えていたので、私たちはほとんど十分な食料を手に入れませんでした。今では、より良い種子、肥料、多くのものを通して、ほとんどの人は農民ではありません。そのため、AIは私たちに計り知れない新しい生産性をもたらします。」

とりわけ、彼はそれが速く動作することを望んでいます。ゲイツ氏の「計算の加速」は、気候変動が収穫量を破壊する前に、小規模農家に科学的進歩をもたらすという野心的な計画を達成するために、これらの有益なイノベーションの採用を早めるでしょう。

しかし、シヴァは、すでに借金に溺れているアメリカの農民に、ゲイツが彼らに一線を引くという約束に警戒するよう警告している。

「ビル・ゲイツがインドの農民に悪魔のような「救助」技術を強制したとき、恩恵を受けたのはゲイツと彼の多国籍パートナーだけでした。彼は政府とデジタルグリーンと呼ばれる会社にお金を与え、インドの農業をデジタル的に変革するという贅沢な約束をしました。それから彼の購入した政府関係者の協力を得て。

「ビルゲイツは、カメラと電子センサーをインドの農民の家と畑に設置しました。彼は無料で提供した携帯電話と、インドの電気通信会社に資金提供を説得した光ファイバーと5Gの設備を使用して、農民の作物データ、先住民の慣行、農業知識をカタログ化し、調査し、盗みました。自由。それから彼はそれを新しいデータとして彼らに売り戻しました。彼が約束したように農場をデジタル変換する代わりに、彼はインドの農民をデジタル情報に変換しました。彼は彼らの種を民営化し、公的システムの仕事を収穫した。彼は彼らの知識資産と家宝の遺伝学を取り除いて、GMOシードと他のばかげた慣行をインストールしました。」シヴァは、「彼の明確な議題は、小農民を土地から追い出し、最終的には食糧生産を機械化して民営化することでした」と付け加えています。

クリスチャン・ウェストブルック、農業研究者とオンラインポッドキャスト、の創設者「アイス・エイジファーマーは、」アメリカの農民は、インドやアフリカでゲイツの歴史を知っているという快適さを取る:「我々は、ビル・ゲイツが誰であるか知っている、と我々は彼がのために作られたいたずらを知っていますメキシコ、アフリカ、インドの小規模農家。ここでの彼の最近の土地購入は、緑の革命3.0の始まりに過ぎないことを私たちは知っています。彼は、アメリカの牧歌的な風景と私たちの農場の家族の民主的な本質を吸い取り、私たちの生活、知識、種、そして土地を盗もうとしています。」

Westbrookは、すべてのノミのように、Gatesが常に急いでいるという事実に注意します。

「彼の戦略は、詐欺を見ることができないほど速く全員を動かし続けることです。彼は常に、気候変動が待ちきれないこと、これらの製品へのアクセスと彼の技術の採用を加速する必要があること、研究が十分に速く行われていないことを私たちに語っています。」

ウェストブルックは、ゲイツ氏の「プロセスの加速」についての果てしない話と、奇跡的な新技術、「投資」、「官民」パートナーシップについての彼の贅沢な約束はすべて彼の詐欺の一部であると私に語った。「彼は私たちが 『加速する、加速する、加速する』必要があるとみんなに言い続けています。」

多くの農民は、ゲイツに助けられても構わないと言っています。ウェストブルック氏は、ゲイツ氏は、彼のバロニアルな米国のスプレッドが旗艦として機能することを意図していると考えていると述べています。「彼は自分の技術をインドの農場に持ち込んだのと同じ理由でそれを行っています—彼らの知識を盗み、彼らを土地から移動させるためです。」

中西部の第6世代の牧場主で農場活動家のトレント・ルースは、農民はアメリカの農地で「独占をしている」億万長者に対してひざまずく反応を示していると私に語った。

「若い農民や何世代にもわたって農業を営んできた農民でさえ、そのような深いポケットと競争することは困難です。それは確かに彼らにとって障壁を作ります。この種の富を持つ人々が農場を購入し始めるとき、それは私たちに彼らが本当に何をしているのか不思議に思います。ビル・ゲイツから土地を借りたり、彼の小作人として働いたりすることは誰も望んでいません。」

ウェストブルックは、ゲイツ氏がより暗い議題を追求していると信じていると述べています。シヴァのように、ウェストブルックはゲイツと他の泥棒男爵が気候、生物多様性、そして人獣共通感染症のパンデミックの脅威の口実を使って人間を農業から抜け出し、農場から追い出すと信じています。そして彼を支持する証拠があります。ゲイツ財団、Googleの親会社であるアルファベットに多額の投資を行っています。Alphabetは、「ミネラル」プロジェクトの一環として、農家や牧場主に取って代わるように設計された「作物スニッフィング」ロボットを発明しました。その「Moonshot」プロジェクトは、「人工知能、シミュレーション、センサー、ロボット工学などの飛躍的進歩に基づいて、さまざまなソフトウェアとハ​​ードウェアのプロトタイプを開発およびテストする」ことです。

ホールフーズを購入してから1年以内に、ゲイツ氏はアマゾンにかなりの投資を行っています。また、人間の農業への関与を最小限に抑えるロボット制御の垂直農法にも多額の投資を行っています。

ウェストブルックは、「彼は人々を農場から降ろし、動物を降ろし、私たち全員に彼の植物ベースの肉とバグタンパク質を食べさせたいと思っています」と述べています。

「ゲイツ氏は、農業を過去からの古風で趣のある、汚い、危険な、非効率的な、野蛮な遺物として語っています。これは、気候変動の脅威と、人間を微生物と危険な接触にさらすことによって世界的なパンデミックのリスクを高めることによって私たちを脅かしています」とハワードは言います。1992年以来、米国とカナダで作物と家畜のコンサルタントとして働いてきたアイオワ州の農家、Vlieger 

Vliegerは、農薬とGMOが食品や土壌に与える影響に関する専門家です。「ゲイツの目的は、土壌との接触を祝い、自然との敬意を持った相互作用で健康を見つける持続可能な人道的な畜産から、すべてトップの特徴である人工牛と厳しい化学パラダイムに向けて世界を動かすことです。 -ダウンジストピア。彼のビジョンは、汚染された不快な食品と、人間と自然の分離の1つです。」

「ゲイツには、私たちの家族のような一般の人々が農業に参加する喜びの概念がないようです」とニコレット・ニマンは私に言いました。ニマンはカリフォルニアの牧場主兼農家であり、「RighteousPorkchop」と「DefendingBeef」の著者です。彼女の夫であるビルは、持続可能な牧草飼育事業から高品質の有機牛肉と豚肉を販売する、数百の持続可能な米国の小規模な牛と豚の生産者の協同組合であるNimanRanchの創設者です。

再生農業と牧場は、人間の生活を計り知れないほど豊かにします。地球との親密な接触に基づいて、それは挑戦的な仕事です。最高の状態で、良い農業は自然のモデルを理解し、それに従うための探求です」とニマンは言いました。ニマンは、ゲイツは自然の知恵にほとんど関心がないようだと言います。

「彼は、私たちの土壌との関わり、そして私たちが地球との接触から得られる喜び、私たちの動物との複雑な関係が、すべての困難と困難があっても、私たちの自由と誇りの源であることを理解していないようです。そして私たちの運命の主人であることに幸せを感じます。」

「私たちは、個人の自己決定、動物の人道的な扱い、そして私たちの土壌の優れた管理を尊重する世界を構築する必要があります。自然との健全な関係は、私たちの健康と気候に不可欠であるだけでなく、脱工業化時代の尊厳、自由、豊かさの源であることを理解する必要があります。」

さまざまな大陸のこれらの活動家全員が、幅広い技術を使用して、ゲイツが人ではなく人口に目を向け、人口の管理を彼の技術的解決策の緊急の必要性の問題と見なす傾向に不快感を示しました。

「ゲイツは木ではなく森を見ています」とVliegerは観察します。「そして、彼が森を見たときでさえ、彼は材木のボードフィートしか見ないようです—彼がどのように現金のために風景を活用して人々を商品化することができるか。」Vliegerは続けます:

「彼が利益を得ることができるいくつかの技術的解決策のレンズを通してすべての人間の困難を見るというゲイツの習慣は、近視眼的ではありません。それは病理学です—本当に社会病理学です。ゲイツは、1370億ドルの危険なほど強力な社会病質者であり、トップダウンのテクノクラートのビジョンを持っています。それは誰かを心配しますか?」

ウェストブルックは、ゲイツ、カーギル、タイソンは、畜産を終わらせ、農場から人間を追い出すという使命を帯びた強力なカルテルだと言います。「それは 『代替農業』です」とウェストブルックは言います。「彼らはその言葉、「代替農業」さえ使用します。」

ビル・ゲイツによって構想されたテクノクラート全体主義のディストピアの未来に関するウェストブルックの見解は、彼を支持するすべての証拠を無視すれば、根拠のない陰謀論のように聞こえます。彼は、農地をアイドリングし、農地の仕事をロボットと人工知能に置き換えることで、遺伝子組み換え食品の不足と農村景観を空にし、「改善」する圧力がすぐに(数年ではなく数か月で)見られると予測しています。

Westbrookは、ビジネスが閉鎖され、仕事が不足しているメガシティやスマートシティに人口を押しやる政府の取り組みを予測しています。私たちのほとんどは、デジタル通貨で支払われるベーシックインカムに依存します。もちろん、違反や不服従の場合は取り消すことができます。Westbrookは、「人間の牛がお金と食料を政府に完全に依存しており、すべての人々がスマートシティの1つの場所にいて、GatesのGreatResetのテクノクラートによって簡単に監視されている」というシナリオを予測しています。ウェストブルックは続けた:

「彼らは食糧生産を停止し、実際にはもっと広く、すべての経済活動、すべての人間活動を停止し、私たちをスマートシティに閉じ込めています。それはかなりぞっとします。そして今、私たちはこれらのパンデミックを抱えているので、戒厳令を施行しなければなりませんでした、そしてそれはすべて健康危機なので、私たちはあなたのすべての食糧生産とあなたの栄養ニーズも引き継ぐ必要があります。彼らはこれら2つのことと結婚しました。」

ウェストブルックの悪夢が単なる妄想的な陰謀説であるかどうかは、時が経てばわかるでしょう。そう願っています。

フードシステムサミット

2009年、政府機関や外交ポートフォリオを持たない選出されていない億万長者であるビルゲイツは、国連へのスピーチで彼の世界的なワクチン事業を開始しました。彼は100億ドルの寄付を発表し、「ワクチンの10年」の立ち上げを宣言しました。彼のスキームは、時計のように展開しました。ゲイツの貢献により、彼はWHOを強力に支配することができました。外務省が報告しているように、「世界保健機関によって設定されたいくつかの政策イニシアチブまたは規範的基準は、ゲイツ財団のスタッフによって非公式に精査される前に発表されます。」

ゲイツ氏は、PATH、GAVI、CEPI、ブライトンコラボレーションなどの強力な偽政府機関を創設し、資金を提供して、発展途上国でワクチンを推進し、公衆衛生に対する彼の管理を強化し、彼が以前に持っていた世界的なワクチンプッチの基礎を準備しました。 2020年に予定されています。

2019年1月、WHO具体的な証拠を引用せずに、「ワクチンの躊躇」が世界の健康に対する主要な脅威の1つであると忠実に宣言しましたゲイツのメディカルカルテルは、ワクチンを義務付け、免除を終了する法律を導入する製薬会社の資金提供を受けた政治家による、すべての米国の州および世界中の国々での組織化されたキャンペーンでその声明に続きました。

2か月後、強力な下院諜報委員会の委員長であるアダムシフ(ゲイツのもう1人の経済的受益者)は、ソーシャルメディアとメディア企業に「ワクチンの誤報」の検閲を開始するよう要求しましたゲイツはグーグル、アップル、アマゾンフェイスブックに大きな利害関係を持ってます。これらの企業はすべて、ワクチンに対する批判を熱心に検閲し始めました。

1年後、COVID-19の発生は、ゲイツと彼のワクチンカルテルが人類の管理を強化するための便利な機会を提供しました。The Last AmericanVagabondのDerrickBrozeによる2020年5月の記事は、次のように述べています。「財団の投資とゲイツの関係を追跡すると、COVID-19との戦いに関与するほぼすべての人がゲイツまたは彼の財団と2度結びついていることがわかります。以下。" 彼らの関係は、ビル・ゲイツと彼の財団に、パンデミックへの対応に対する挑戦的な影響力を与えました。

ゲイツ氏は、事実上すべてのネットワークとケーブルショー、およびすべてのメディアプラットフォームに登場し、70億人全員が予防接種を受け、 予防接種パスポートを所持するまで、すべての経済活動を停止しなければならないと繰り返し宣言しました彼の国連出頭から始まった彼の10年間のワクチンの10年は、問題なく終了しました。ゲイツの古いプロテジェでロイヤリストであるフォーチのリーダーシップの下、米国保健福祉省はCOVIDワクチンに対する責任の免除を手配し、新しい実験用ワクチンの従者を購入して配布するために480億ドルの納税者のお金を約束しました。ゲイツによる。

ゲイツによるプロセスの管理は完了しました。彼のワクチン予測の実行はエレガントで完璧でした。そして今、ゲイツの代理人は彼の全体主義的な食糧議題を推し進めるために同じプレイブックを展開しています。

国連世界食料安全保障委員会の第46回会合の10月14日から18日までのプレナリーで、国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、2021年に国連フードシステムサミットを開催することを発表しました。国連食糧農業機構(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、世界食糧プログラム(WFP)、世界経済フォーラム(WEF)。ビルゲイツと彼の財団は、4つの組織すべてに惜しみなく資金を提供し、管理しています。

さらに悪いことに、グテーレスはアグネス・カリバタ博士を国連フードシステムサミットの特使に任命しました。カリバタは、ゲイツの悪名高い失敗したアフリカの緑の革命を組織化したゲイツ/ロックフェラーのAGRAプログラムの社長です。Kalibataは、AGRAを世界にもたらすための完璧なリーダーです。サミットは、官民パートナーシップのすべての主要な利害関係者を集め、「食料システムを包括的で、気候に適応し、回復力を持たせ、持続可能な平和を支援する彼女は予測している

国連フードシステムサミットは、2020年6月にグレートリセット会議を主催したときにWEFが立ち上げたものと並行する議題を効果的に発表しました

カリバタが任命されたとき、500以上の組織がグテーレス事務総長に2 通の手紙送り、企業関係者との関係のためにカリバタを指導的役割から取り消すよう呼びかけ、国連における多国籍企業の影響力の高まりに懸念を表明した。

市民社会の要求に応えて、銀行、学術機関、および民間部門を代表する12人の指導者が、カリバタへの支持を発表する手紙書いた国連フードシステムサミットの調査で、AGRAウォッチ(ゲイツと彼の財団がアフリカで失敗した緑の革命に続く草の根擁護団体)は、サミットに参加した12人のうち、11人がゲイツ財団と強いつながりを持っていることを発見しました場合によっては、これらの組織はゲイツ財団から直接資金提供を受け、他の組織は主要な役割を持つ特定のプログラムに資金提供しました。

カリバタは、フードシステムサミットの参加者に緊急性を思い出させました。彼女によると、気候、栄養、パンデミックへの対応に関する持続可能な開発目標を達成するために、食料システムの変革を加速するまであと10年しかありませんでした。

国連フードシステムサミットは、2030年までに完了する世界的な食糧アジェンダのためのゲイツの「食糧の10年」の青写真を提示します。ゲイツの次の人類のための新しい健康計画が同じレベルの外傷性暴力を伴わないことを祈ることしかできません。私たちの市民権、私たちの世界経済、私たちの文明の伝統、民主主義の理想主義、そして彼の2020年の「ワクチンの10年」に伴う私たちの自己決定に。

結論

ゲイツ財団は、従来の慈善活動ではありません。それは、もしあれば、負傷した戦士財団、ASPCA、環境、または投票権または公民権団体のような人気のある原因へのごくわずかなサポートを提供します。

ゲイツ氏が1994年に立ち上げたのは武器化された慈善活動であり、マイクロソフトの独占禁止法訴訟により、グローバルな情報導管の凶暴な独占管理を目的とした嘘つき、不正行為、泥棒、マニピュレーターとしての評判が復活した。

ゲイツはそれ以来、ゲイツ財団に360億ドルを投資しており、ゲイツ財団は469億ドルの価値があり、その上で彼と彼の妻は完全な支配権を行使しています。財団はわずか236億ドルの慈善助成金を提供しており、これらの「ギフト」にはメルク、グラクソ・スミスクライン、ノバルティス、サノフィなど、ゲイツが投資している企業への数十億ドルの税控除可能な寄付が含まれています。

ゲイツ氏の輝かしい精神は、彼の収入を保護する財団を形成するためにこのスキームを考案し、税金を避けながら、彼の富を増やし、彼の権力と公的名声を拡大するプロジェクトに財団の収益を投資することによって納税者のドルを活用できるようにします。

この構造を使用して、彼は部分的に所有している企業に税控除の対象となる寄付を行い、税金を回避しながら個人および財団の利益を得ることができます。そして、無数の方法でお金を隠すことができます。それはお互いに有利です!ゲイツは、独占と支配に対する彼の基本的な本能の具現化として彼の基盤を展開しました—公共のアクセスを乗っ取り、企業と公共の利益の間の境界線を曖昧にし、高尚な公共の精神的なレトリックで私的な利益の議題を覆い、彼自身に独占与える冷酷な慈善資本主義のための手段制御公衆衛生の上に、私たちの惑星の生命維持システム、私たちの経済と人々 。

ゲイツ氏は、彼の仲間の億万長者、捕虜となった規制当局、ビッグファーマ、ダーティエナジー、GMO食品、テレコム、ビッグデータのビジネスパートナー、そして買収されて頭がおかしくなったジャーナリストの努力統合するためのツールを基盤にしています。彼らが私たちの残りのために手配したジストピアの世界の増殖する悲惨さ。ゲイツと彼の仲間、おもちゃ、手先は、パンデミック、気候変動、大量絶滅への恐れを高め、救いとしての新しいテクノロジーのビジョンを提供します。彼だけが展開する天才を持っています。

彼が私たちの健康と食料システムの管理を強化している間でさえ、ゲイツはデジタル化された通貨を促進しており、これらのシステムを「世界的な人道上の優先事項」と呼んでいます(Kissingerの最終的な判断は、「誰がお金を管理するかで世界を管理できる」です)、地上および宇宙ベースの5Gインフラストラクチャ、都市規模の分析センター、および生体認証チップ資金を提供して、データと生体データをマイニングおよび収集し、監視、利益、および管理。

ゲイツ氏は、地球の1平方インチごとに1日24時間調査できる衛星艦隊を計画しています。そのようなシステムは、人口が政治的および経済的構造で落ち着きがなくなり、市民の権力を剥奪し、富をこれまで以上にシフトさせ、人類の大部分を無意味で絶望的な生存に追いやる場合に役立つことは間違いありません。

民主主義と農場の自由を擁護するヴァンダナ・シヴァ博士は、ゲイツの慈善資本主義は「地球の未来を絶滅と生態系の崩壊に向かわせる可能性のある破壊的な力」であると述べています。シヴァは、ゲイツが慈善資本主義利用して、種子、農業、食糧、知識、世界的な医療制度の企業買収を加速させたと非難している「彼は情報の操作に資金を提供し、民主主義の侵食を促進します—すべて個人の力と利益を追求します。」

シヴァ氏によると、ゲイツ財団は、多様性、自己組織化、自由の自然界を破壊するように設計されたモノカルチャー、特許、独占を通じて、大資本、科学技術機関、政府間の不聖な同盟」を推進し、生涯にわたって世界的な帝国を確立したとのことです。 。

「あなたは彼らが公衆衛生の名の下にワクチンでできる邪悪さを見てきました」とシヴァは私に言いました。「まあ、今彼は土地を支配している。彼は種を制御します。彼は食べ物を管理します。彼は私たち全員を餓死させる究極の力を持っています。」


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | ビルゲイツ | 人口削減 | 農地買収 | 食糧管理 | 種子独占
2021/04/07 (Wed) 15:34
  

欺瞞腐敗–お金を追跡するたびに、ビル・ゲイツにつながります

ウィリアムヘンリーゲイツIII、別名ビルゲイツは、1975年にマイクロソフトコーポレーションを設立したアメリカの億万長者であり、その後、世界最大のパーソナルコンピュータソフトウェア会社になりました。ゲイツ氏は、2000年にCEOを辞任するまで、会長兼CEOとして会社を率いていました。ビルは会長としての役割を維持し、チーフソフトウェアアーキテクトにもなりましたが、2006年6月までに、マイクロソフトでパートタイムの役割に移行し、新しいプロジェクトであるビル&メリンダゲイツ財団を全面的に推進すると発表しました。

 

ゲイツは、アンドリュー・カーネギーとジョンD.ロックフェラーの業績を研究した後、1994年に「ウィリアムH.ゲイツ財団」を設立しました。ロックフェラーは製薬業界のゴッドファーザーです。

石油でお金を稼いだロックフェラーは、医療業界に参入することを決心しました。1935年にスイスでビタミンCが最初に人工的に合成されたとき、ロックフェラーは、石油、化学、医療などの複数の産業を一度に管理および独占する機会を見ました。どうやって?彼はビタミンと薬が石油から開発される可能性があることを知っていたので、彼は彼の計画を実行に移しました。

しかし、ロックフェラーは1900年代初頭に米国で自然医学とハーブ医学が非常に人気があり、米国の医科大学と医師のほぼ50%がヨーロッパとネイティブから得た知識を使用してホリスティック医学を実践していたため、彼の手で戦いました。アメリカの伝統。

ロックフェラーは、医療業界を掌握するために競争の評判を汚さなければならないことを知っていたので、彼の莫大な財産を使ってドイツの製薬会社IGFarbenの一部を購入し、エイブラハムフレクスナーという請負業者を雇って米国に報告書を提出しました1910年の議会は、米国には医師や医学部が多すぎ、何百年もの間存在していたすべての自然治癒法は「非科学的ないんちき」であると結論付けました。

もちろん金銭交渉と議会は医療行為に関連する法律を変更し、「対症療法」医学(現代の医薬品)が選択の標準になりました。その後、ロックフェラーは、1つの厳しい条件で、米国中の医学部に資金を提供し始めました。彼らは、対症療法の医学だけを教えることでした。

その後、ロックフェラーは、ホメオパシーと自然薬に対する主流メディアを介した中傷キャンペーンに着手しました。中傷キャンペーンは非常にうまく機能したため、一部の医師は自然医学の実践のために投獄されました。

そして、それが、一人の男が、すべての人の病気や病気への答えが化学物質と合成薬である現代世界の「ビッグファーマ」産業を開始することに成功した方法です。

それで、ロックフェラーの仕事が他の億万長者に同様のベンチャーを始めるようにどのように刺激したかは興味深いではありませんか?

ビルゲイツは、ウィリアムH.ゲイツ財団と他の2つの家族財団を組み合わせて、2000年に「ビル&メリンダゲイツ財団」を設立し、ゲイツは50億ドル相当の株式を寄付しました。

それが私たちを今日に導きます。私たちは1年以上にわたってCovid-19のパンデミックに感染しており、疑惑の問題に対する答えであるワクチンを支持するために1人の男性がずっと立ち会っています。

しかし、私たちが最も懸念しているのは、このパンデミックの疑いに応えて、いくつかの大規模な主流プレーヤーに関連してお金を追跡するときはいつでも、それが私たちを同じ男に戻すことです...ビルゲイツ

イベント201について聞いたことがあるかもしれませんし、聞いたことがないかもしれません。イベント201は、2019年10月18日にニューヨークで実施された演習でした。演習は、新しく出現したコロナウイルスの高レベルのパンデミックのシミュレーションです。明らかな目的は、大規模な経済的および社会的影響を軽減するために、深刻なパンデミックへの対応中に官民パートナーシップが必要となる分野を説明することでした。

現在、SARS-CoV-2と呼ばれる新しいコロナウイルスが世界中に広がったとされる事実は、まったく同じことのシミュレーションを行ってからわずか数か月後に、私たちの好みには少し偶然です。私たちは偶然を信じていません。そのため、イベント201が、世界経済フォーラム、そしてもちろんビル&メリンダゲイツ財団と協力してジョンホプキンスセンターフォーヘルスセキュリティによって実施されたことがわかってもショックを受けませんでした。

これは、疑惑のCovid-19パンデミックへの対応を導く上で最も重要なプレーヤーの1人であるニールファーガソン教授に私たちをもたらします。

ニールファーガソンは悪名高いインペリアルカレッジモデルの背後にいる男であり、ボリスジョンソンに、即時の封鎖がなければ、コロナウイルスは50万人の死者を出し、国民保健サービスを圧倒するだろうと警告しました。ファーガソンのモデルはまた、200万人以上のアメリカ人が死亡するという衝撃的な予測で封鎖の動きをするように米国に影響を与えました。

その結果、中国の共産主義専制政治の行動をモデルにした英国の国家政策、つまり封鎖が実現しました。

なぜ当局はこの男に耳を傾けたのですか?

ファーガソンは、2001年の口蹄疫の発生時に1100万頭の羊と牛の大量殺処分を引き起こした論争の的となった研究の背後にいた。ファーガソンは、15万人が死亡する可能性があると予測しましたが、実際には200人未満でした。

ある農夫の隣人は、彼女が「あの恐ろしい時間を覚えている」ことを思い出しました。羊は私たちの近くの畑で飢えたままでした。それから野外虐殺がやってきた。かわいそうな動物たちはパニックに襲われました。それは私が目撃した中で最悪のことの1つでした。そして、すべてモデルに基づいています—もしそうなら、そして多分です。」

2006年の回顧 的科学論文 は次のように結論付けました。

「当時は明らかではなかった人々にとってさえ、起こった屠殺がひどく過度であったことは、より明白になりつつあります。」(「数学的モデルの使用と乱用:英国での2001年の口蹄疫流行からの実例。」

2002年、ファーガソンは、最大50,000人がBSE(狂牛病)への曝露で死亡する可能性が高いと予測しました。ファーガソン氏は、「私たちの最新の分析によると、羊と比較して、感染した牛への曝露から人間の健康を保護するためのより集中的な管理が行われているため、羊の現在のリスクは牛のリスクよりも大きい可能性があります。」

ファーガソンの最悪のシナリオはBSEによる15万人の死亡であり、最終的な結果はわずか177人の死亡でした。

2005年、ファーガソンは鳥インフルエンザで最大1億5000万人が死亡する可能性があると予測しました。結局、2003年から2009年の間に世界中で282人だけがこの病気で亡くなりました。

2009年、ファーガソンのアドバイスに基づく政府の推定によると、「合理的な最悪のシナリオ」は、豚インフルエンザが65,000人の英国人の死亡につながるというものでした。結局、豚インフルエンザは英国で457人を殺しました

ここで繰り返しテーマを見ることができますか?


さらに衝撃的なのは、ファーガソンが、英国での過去1年間の独裁的専制政治を正当化するために使用されたインペリアルカレッジモデルが、恐れられているインフルエンザの流行での使用を目的とした、文書化されていない13年前のコンピューターコードに基づいていることを認めたことです。

しかし、世界中の政府によって採用された「封鎖または死ぬ」という議論は、ファーガソンのモデルが科学に基づくのではなく、現在の推定99.8%よりもはるかに高い予測死亡率に基づいて丸く攻撃された後も公式の方針のままです -プラス COVID-19ウイルスの生存率。

しかし、ニールファーガソン教授の仕事に資金を提供しているのは誰ですか?この男が英国経済の破壊とすべての人の権利と自由の喪失をもたらした悲惨なモデリングを実行することを可能にしたのは誰ですか?ビルゲイツはそうします。

もちろん彼はそうします。ニールファーガソン教授は、ビルアンドメリンダゲイツ財団からの助成金を受けた後、もちろん助成金を受けているインペリアルカレッジロンドンで働いています。

ワクチン研究のための帝国ネットワークへの最大の寄付者は、ビル&メリンダゲイツ財団です。

ワクチン研究のための帝国ネットワーク内のワクチン影響モデリングコンソーシアムの主任研究者は誰ですか?それは、英国政府のWebサイトにあるCovid-19SAGE参加者登録文書内でそのように宣言したニールファーガソン教授です。この文書には、ビル&メリンダゲイツ財団が寄付者として記載されています。


次に、英国の最高医療責任者であるクリス・ホイッティ教授のところに行きます。疑惑のCovid-19パンデミックに対する英国政府の対応を形作る上で多大な影響力を持った男。彼がACTコンソーシアムの主任研究員であった間、2012年10月に4000万ドルの助成金の受領者でもあった同じ男性。

39,795,736.00ドルは、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、米国の約50の学術機関を含むACTコンソーシアムを支援するためにビル&メリンダゲイツ財団から寄付されました。

当時のACTコンソーシアムの主任研究員であるクリストファー・ホイッティ教授は次のように述べています–

"我々は喜んでいます。新薬の開発は大きく前進しました。私たちは今、それらを必要とする人々にそれらを届け始めなければなりません。ゲイツ財団による4大陸でのこれらの研究への資金提供は、アフリカに集中することで、これを達成するための最善の方法を決定するのに役立ちます。」

私たちが下った次の道は、BBCで始まったときに私たちを驚かせました。19〜20会計年度、ビル&メリンダゲイツ財団は合計156万9千ポンドをBBCに寄付し、上位10社の寄付者の1人でした。突然、BBCが過去1年間に政府のプロパガンダ部門に変わったことは理にかなっています。

 

次に、この腐敗の網の中で、私たちは、疑惑のCovid-19パンデミックへの対応で間違いなく最大のプレーヤーである世界保健機関に到達することを解き明かそうとしました。

WHOは加盟国から資金提供を受けており、加盟国を合わせると資金の約37%を占めます。しかし、WHOへのトップドナーは誰だと思いますか?ビル・ゲイツ氏に他なりません。慈善財団はWHOの資金の10.81%を占め、ビル&メリンダゲイツ財団はその10.81%のなんと89.15%を占めています。過去1年だけで6億1000万ドル以上がゲイツ氏からWHOに寄付されました。

ビル&メリンダゲイツ財団からWHOに寄付された助成金のそのような例の1つは、2018年11月に発生し、ビルゲイツは、エピデミック対策の研究と革新の能力を向上させるために300万ドルを寄付し、グローバル準備監視委員会を支援しました。準備努力に対する世界的な説明責任を高める」。

世界保健機構


日付:  2018年11月
目的: エピデミックへの備えに関する研究と革新の能力を向上させるとともに、準備の取り組みに対するグローバルな説明責任を高めるためのグローバル準備監視委員会を支援する
金額:  $ 3,000,000
期間:  28
トピック: ワクチン開発
プログラム: グローバルヘルス
助成対象場所:  Geneva
Grantee Webサイト:
http ://www.who.int 

最後になりましたが、確かに重要なことですが、英国でのみ緊急使用が承認されているアストラゼネカと一緒にワクチンを開発したオックスフォード大学に来ました。彼らのワクチンは、緊急承認から1か月以内に200人以上の死者を記録し、その数は数千人の副作用と同様に増加しています。私たちを信じていないのですか?ここで自分の目で確かめてください。

2018年12月、彼らはビル&メリンダゲイツ財団から「臨床試験プロトコルの事前配置とエピデミック疾患の研究準備の強化」のために200万ドルの助成金を受け取りました。

オックスフォード大学


日付:  2018年12月
目的: 臨床試験プロトコルを事前に配置し、エピデミック疾患の研究準備を強化し、最初の患者登録までの時間を短縮する
金額:  $ 2,008,816
期間:  60
トピック: ワクチン開発
プログラム: グローバルヘルス
助成対象場所: オックスフォード、オックスフォードシャー
被付与者のウェブサイト:
http ://www.ox.ac.uk 

この一人の男と彼のお金が、Covid-19のパンデミックの疑いに応えて、主要なプレーヤーとの関係で私たちが旅行する各道路の終わりにあるのは偶然ですか、それともここにもっと不吉なものがありますか?

それはあなたが決めることですが、ビル・ゲイツ氏自身が2010年に表明した声明の引用を残しておきます–

「今日の世界には68億人の人々がいます。それは約90億に向かっています。今、私たちが新しいワクチン、ヘルスケア、リプロダクティブヘルスサービスで本当に素晴らしい仕事をしているなら、それをおそらく10または15パーセント下げることができます。」


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | ビルゲイツ | お金の流れ | 腐敗 | 欺瞞 | 
2021/04/07 (Wed) 15:20
  

<Google機械翻訳>
03/16/21

••

ビル・ゲイツ:ワクチンは「驚異的な」利益を生み出すものです

ビルゲイツ—あなたが言わなかったこと」は、ワクチンに投資する彼の本当の動機を明らかにする声明を含む、マイクロソフトの大物の個人的および専門的な背景をレビューします—彼らの20-1の投資収益率。

一目でわかるストーリー

  • 「冷酷な技術独占者」としての評判を何年にもわたって築き上げてきた後、ビル&メリンダゲイツ財団の創設によりビルゲイツ2.0が発売されました。この財団により、彼は世界で最も寛大な慈善家の1人として自分自身を再発明し、ブランド名を変更しました。
  • ただし、ゲイツの慈善活動のブランドは、解決する問題ごとにいくつかの新しい問題を生み出し、「慈善活動として最もよく説明できます
  • 今日、ゲイツ氏は、テクノロジー産業、世界の健康とワクチン農業と食品政策(バイオパイラシーと偽物食品を含む)、気象調節とその他の気候技術、監視、教育、メディアに対して不釣り合いな影響力独占または行使しています。
  • ゲイツ氏によると、ワクチンは驚異的な利益を生み出し、20対1以上の利益をもたらします。
  • ゲイツ氏は現在、積極的な気候変動アジェンダを含むテクノクラートの「リセット」計画を推進していますが、ゲイツ氏のプライベートジェットによる広範囲にわたる旅行は、彼を最大の汚染者にしています。

Plandemicドキュメンタリーの一部である「BillGates— What You Were Not Told」では、マイクロソフトの大御所であるビルゲイツの個人的および専門的な経歴をレビューしています。一般的な神話に反して、多くの人はゲイツを天才発明者というよりは日和見主義者と見なしており、ビデオは彼のキャリアのあまり名誉のない瞬間のいくつかに触れています。

「冷酷な技術独占者」としての評判を何年にもわたって築き上げてきた後、ビル&メリンダゲイツ財団の創設によりビルゲイツ2.0が発売されました。この財団により、彼は世界で最も寛大な慈善家の1人として自分自身を再発明し、ブランド名を変更しました。

ゲイツの慈善は見た目とは違う

残念ながら、AGRA Watch、Shiva Vandana、Ph.D。などが指摘しているように、Gatesの慈善活動のブランドは、解決する問題ごとにいくつかの新しい問題を生み出し、「慈善活動として最もよく説明できます2017年に発行されたAGRAWatchの記事「Philanthrocapitalism:The Gates Foundation's African Programs Are Not Charity」に記載されているように、慈善資本主義の擁護者は次のように述べています。

「…多くの場合、ソーシャルプログラムへの投資から、長期的には経済的利益または二次的利益を期待します。慈善活動は、利益と企業支配の原動力のもう1つの部分になります。ゲイツ財団の「開発」戦略は、実際には新自由主義の経済政策と企業のグローバル化を促進しています。」

実際、ゲイツ氏は何年にもわたって、テクノロジー業界だけでなく、世界の健康とワクチン農業食品政策(バイオパイラシーと偽物食品を含む)、気象調節などに対して不釣り合いな影響力を独占または行使する立場になってきました。気候技術、監視、教育およびメディア

当然のことながら、彼は言論の自由を取り締まるオンラインのファクトチェッカー組織と結びついており、最近「60 Minutes」に、科学への不信と戦うためには「クレイジーなものを遅くする」方法を見つける必要があると語った。しかし、「クレイジー」なものとそうでないものが、主流メディアがあなたに信じてほしいほど明確であることはめったにありません。

そして、真の慈善家のように、ゲイツの寛大さは、何よりも自分自身に利益をもたらすことになります。以下のように述べた「ビル・ゲイツ- ?近代史で最も危険な慈善家」ビル&メリンダゲイツ財団は、財団が株式や債券を所有しているのとまったく同じ企業や業界に数十億ドルを寄付しています。

ゲイツ自身が特集ビデオで明らかにしているように、彼はワクチンが驚異的な利益を生み出すものであると理解し、ワクチンはこれまでに行った中で最高の投資であり、20対1以上の利益を上げていると述べました。これを可能にする1つのことは、責任シールドワクチンメーカーが政府によって与えられていることです。

ゲイツ、地球規模の気候変動

特集ビデオで述べたように、ゲイツ氏は地球温暖化と戦うために地球の表面から太陽光線をそらす努力に資金を提供しています。これは地球規模の農業を荒廃させる可能性を考えると、せいぜい不合理なアプローチです。

彼の最新の本はまた、彼の気候変動の推奨事項についても詳述しています。これには、彼が投資した企業そのものを支援するよう政府に促すことや、同様の手先の早業が含まれています。

一方、The Nationが指摘しているように、ゲイツ自身は深刻な汚染者であり、66,000平方フィートの邸宅、プライベートジェット、242,000エーカーの農地(彼は米国で最大の農地所有者になっています)、化石燃料に依存する投資を行っています。航空会社、重機、自動車などの産業。

「ジェット機を設置するエリートからの極端な炭素排出量を調べた2019年の学術研究によると、ビルゲイツのプライベートジェットによる広範囲にわたる旅行は、彼を世界のトップ炭素貢献者の1人、つまり真のスーパーエミッターにする可能性があります」とTheNationは書いています

「調査した10人の有名人のリスト(ジェニファーロペス、パリスヒルトン、オプラウィンフリーなど)では、ゲイツが最も多くの排出源でした。「裕福な個人は、世界の貧困層に起因する温室効果ガスの数万倍の量を排出する可能性があります」と同紙は述べています。「これは、有名人の気候変動の擁護がさらに望ましいかどうかについての疑問を提起します…」

ゲイツはテクノクラートの乗っ取りをリードしています

ゲイツ氏が気候変動に焦点を当てていることは、彼が何十年もの間、以前はワンワールドオーダーとして知られていグレートリセットを見越して世界の資源をむさぼり食うために働いてきテクノクラートエリートの一員であることを理解すれば、完全に理にかなっています

過去1年間、グレートリセットの必要性が世界中の政府指導者によって発表されました。その明確な呼びかけは、世界経済と私たちの生活、仕事、旅行、社交の方法を「リセット」する必要があるというものです。世界はより公平で持続可能なものです。世界的な緊急事態の旗印の下で気候変動に取り組むことは、そのPRキャンペーンの一部です。

あなたが注意を払ったならば、あなたはおそらくヒントを見たことがあるでしょう。2020年初頭の最初の封鎖中に、人間の社会化と旅行がない状態で自然と野生生物がどのように繁栄していたかについて話している記事がたくさんありました。また、COVID-19のパンデミックは、自然との同期が取れなくなったときに何が起こるかについて、私たち全員に警告として提示されています。

あなたのための本当の食べ物はありません

ゲイツは明らかに、テクノクラートの夢を実現するために自分の役割を果たさなければならないというプレッシャーを感じています。「60分」に、彼のさまざまなビジョンが彼の生涯の中で実現するのを見たいと熱望しており、彼は20年または30年残っているかもしれないと推測しています。などによって報告さZeroHedge:

「ゲイツ氏は、温室効果ガス(主に二酸化炭素)の放出を即座に停止し、地球を長期的に予測された(そして一貫して間違った)環境から救うために、経済に劇的で「根本的な」変化を推し進めています。災害。ゲイツのビジョンを実現するために必要な変更は次のとおりです。

  • 気候とクリーンエネルギーの研究に年間350億ドルを割り当てています。
  • 電気すべて。
  • 牛が「すべての温室効果ガスの4%」を占めるため、偽肉の広範な消費。
  • ゲイツ氏によると、二酸化炭素排出量全体の16%を占める鉄鋼およびセメント産業を改造して、捕捉されたCO2の最大30%をコンクリートに注入し、別の種類の鉄鋼を作成します。
  • 風力と太陽エネルギーを補うための次世代原子力エネルギーの普及。

ゲイツ氏は、偽肉を作るための植物を生産することでガスも排出するため、真菌を使ってソーセージやヨーグルトを作る会社を支援してきました。億万長者はこれを「かなり素晴らしい」と呼んでいます…パーク。土壌や肥料がなくても、この栄養タンパク質を生産するために成長させることができます。これにより、二酸化炭素排出量の少ないさまざまな食品に変えることができます。」

確かに、ゲイツ氏は、裕福な西側諸国が完全に実験室で育てられた合成牛肉に切り替え、偽の肉がそのように適切にラベル付けされていることを確認する法的な試みに反対することを望んでいます。

ゲイツは封建制が失敗したシステムであることを再び証明します

ゲイツ氏土地を所有しているため、農業と食料生産を彼が望む方向に推進する独占的な立場にあることは明らかであり、私たち全員にできるだけ多くの偽物を食べてもらいたいと考えています。指摘ディフェンダーによってGatesのphilanthrocapitalist努力に長く、詳細な記事で:

「トーマス・ジェファーソンは、自治の高貴な実験でヨーロッパの封建制のくびきに取って代わるアメリカの模範的な闘争の成功は、それぞれが私たちの利害関係を持つ何万人もの独立した農民による国の土地基盤の永続的な管理に依存すると信じていました民主主義。

「だから、せいぜい、アメリカの農業用不動産をスカーフするゲイツのキャンペーンは、封建制が再び流行しているかもしれないという合図です。最悪の場合、彼の買いまくりは、はるかに憂慮すべき何かの前兆です。ナポレオンコンプレックスを備えた電力を大量に消費する誇大妄想狂による世界的な食糧供給の管理です。」

この記事では、1994年GMOの支援を皮切りに、ゲイツ氏の「世界の農業と食料生産をマスターする長期戦略」について詳しく説明します。それ以来、ゲイツ氏の飢餓と食料生産に対する「慈善的」アプローチが構築されてきました。彼の技術、化学、製薬、石油業界のパートナーを中心に、それによって失敗したすべての救助事業に対して、彼はそれにもかかわらずより豊かになることを保証します。

「ゲイツのアフリカのワクチン企業と同様に、内部評価も公的説明責任もありませんでした」とディフェンダーは書いています

 「2020年の調査「FalsePromises:The Alliance for a Green Revolution in Africa(AGRA)」は、ゲイツ氏のカルテルの14年間の取り組みに関するレポートカードです。

「調査の結果、ゲイツ氏が対象とした18か国で、極度の飢餓に苦しんでいるアフリカ系アメリカ人の数が30%増加したと結論付けています。農村部の貧困は劇的に転移しました…

「ゲイツのプランテーションシステムの下で、アフリカの農村人口は、ハイテク投入、機械化、厳格なスケジュール、厄介な条件、クレジット、補助金の専制的な農奴制の奴隷になりました…ゲイツのプログラムから恩恵を受けている唯一のエンティティは彼の国際的です企業パートナー…

「彼の投資履歴は、ゲイツと彼の仲間にとっての気候危機は、侵入的な社会統制、「グレートリセット」規模の監視、および彼の痴呆で恐ろしい虚栄心プロジェクトを含む大規模なサイエンスフィクションの地質工学の大騒ぎのアリバイにすぎないことを示唆しています。成層圏に塩化カルシウムまたは海水を噴霧して温暖化を遅らせ、巨大な風船を配備して反射粒子で大気を飽和させ、太陽を消し去ります。または、南フロリダで何百万もの遺伝子改変蚊を放出するという彼の危険なギャンビットです。

「彼が毎年1億6100万人のアフリカの子供たちに強制する一連の実験的ワクチンと一緒にこれらの悪夢の計画を文脈に置くとき、ゲイツが私たち全員を彼の実験用ネズミと見なしていることはかなり明らかです。」

ゲイツ財団は壊滅的なCOVID-19ポリシーをシードしました

もちろん、ゲイツ氏は、COVID-19パンデミックへの世界的な対応においても主導的な役割を果たしてきました。よるとSubstackのチャンネルを持っている調査ジャーナリストヨルダンSchachtel、ゲイツ氏は、ニューヨーク、カリフォルニア、ニュージャージー、ペンシルベニア州とミシガン州の老人ホームで高齢者の過度の数を殺した「刑事過失コロナウイルスの対応方針」に手を持っていました。

Schachtelは、これらの事例の共通の糸は、ビル&メリンダゲイツ財団によって資金提供および管理されている保健指標評価研究所(IHME)からの恐ろしく不正確なモデリング予測を聞いたことであると指摘します。は書いています

「3月と4月初旬、政治家は、ゲイツが資金提供したIHMEのモデリング「専門家」から、病院がコロナウイルス患者に完全に襲われようとしていることを知らされました。

「IHMEのモデラーは、この大規模な急増により、病院は数週間や数か月ではなく、数日で救命設備を使い果たすと主張しました。時間は重要であり、今は迅速な意思決定の時間であるとモデラーは主張しました。

「4月1日と4月2日の2回の記者会見で、クオモは彼の政策決定がIHMEモデルに基づいていることを明らかにしました…4月9日のブリーフィングで、ミシガン州知事グレッチェンホイットマーは死とPPEを予測するためにIHMEモデルに言及しました想定される急増に必要なリソース。ペンシルベニア州政府と同じ話でした。」

ホワイトハウスコロナウイルスタスクフォースのメンバー博士。アンソニー・ファウチとデボラ・バークスは、どちらもゲイツと実質的な関係があり、IHME予測モデルにも依存していました。Schachtelが指摘したように:

「これらのモデル、およびそれらに依存して行われた政策決定は、無期限の封鎖、完全な事業閉鎖、州全体の夜間外出禁止令、そして最も悪名高いことに、ナーシングホームの死刑執行令状につながる一連の出来事を引き起こしました。」

もはや役立たないものを削除する

ゲイツ財団はまたイベント201を共催しました。これは、COVID-19の発生のわずか数か月前に行われた、非常に予言的なスクリプトによる卓上演習です。

不思議なことに、2020年4月のBBCのインタビューで、ゲイツ氏はシミュレーションが行われたことを否定し、「これをシミュレートしなかった、実践しなかったので、健康政策と経済政策の両方で、未知の領域にいることに気づいた」と述べた。ナショナルヘラルドインドの記事で、ノルベルトヘーリングは、ゲイツの明らかな忘却を強調し、次のように述べています。

「意見の操作に少し重点が置かれていなければ、健康と経済政策にもっと注意を払うことができたはずです。4つの会議のうちの1つは、これに完全に専念していました。しかし、健康と経済政策は議論されました。ゲイツはそれをほとんど忘れることができません。

「世論の管理に関するビデオは、私たちが現在経験しているこの点に関する取り組みを展望するのに役立つため、最も興味深いものです。ある参加者は、ビル・ゲイツがソーシャルメディアプラットフォーム上の情報を組み合わせて、そこで見つけた情報を人々が信頼できるようにするアルゴリズムの研究に資金を提供していると語っています。」

ゲイツはまた、真実が彼を悩ませるために戻ってきている他の証拠を消し去った。好例:ゲイツが資金提供したファクトチェッカーは、ゲイツがデジタルワクチンパスポートが必要だと言ったことがあるという主張を激しく否定し、それをさらに別のクレイジーな陰謀説として無視しました。

しかしゲイツ氏は2020年6月のTEDトークでそう言った。引用がソーシャルメディアでラウンドを始めた後、誰かが彼のスピーチからその特定のステートメントを編集しました。2020年12月11日の記事で、ディフェンダーその証拠を提示しました。

ファクトチェッカーはまた、皮下マイクロチップまたはデジタルタトゥーが最終的に私たちを追跡および追跡するために使用されるという主張を却下しますが、ディフェンダーが指摘したように、ゲイツ氏はMITに、身体の医療データを「タトゥー」する注射可能な量子ドット染料システムの開発を依頼しました。身体と脳の活動を監視し、暗号通貨システムに関連付けられている埋め込み型バイオセンサーを使用する特許技術を持っています。

彼はまた、遠隔制御のドラッグデリバリーシステムを備えたマイクロチップデバイス、パンデミック感染とワクチンコンプライアンスを追跡および追跡する軍事請負業者に数千万ドルを投資し、5Gビデオ監視衛星と5Gアンテナに10億ドル以上の投資を行っています。これらすべてをまとめると、ゲイツの計画はかなり不吉な感じになり始めます。

ゲイツは現代のテクノクラートの最も目に見える船首像です

事前に計画されているかどうかにかかわらず、COVID-19パンデミックは、官民パートナーシップによる政府の私的乗っ取りを含む、紛れもなく全体主義の構築である非常に物議を醸す変化の到来を告げるために明らかに使用されています。

監視は地球上で最大の営利産業になり、あなたの存在全体が今や利益の対象になっています。最も利益を上げる立場にあるのはゲイツ自身です。

私たちを救うためにビッグテック必要であるという主流の物語に沿ってあなたが諦めていることをよりよく理解するには社会心理学者とハーバード大学のショシャナ・ズボフ教授に関する私の記事と彼女の並外れた本「The Age ofSurveillanceCapitalism 」を参照してください。 」

また、「テクノクラートの差し迫った危険」で取り上げられたパトリック・ウッドとの私のインタビューも見逃せません彼は飲み込むのが難しい絵を描いています。特に、これらすべてについて初めて耳にする場合はなおさらですが、私たちが直面していることを誰もが理解し始めることが非常に重要です。

時間がなくなっています。それを止めるチャンスを得るには、私たちの軌道を理解し、ゲイツや彼のような他の人々が私たちのために設定したコースを変更するために団結する必要があります。



 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | 人類の敵 | ビルゲイツ | ワクチン | 人口削減
2021/04/07 (Wed) 15:05



驚くべきことに、陰謀論とみなされていた話が、ロシアの公共放送で特番になりました。
 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

 
tag | ビルゲイツ | コロナワクチン | 人口削減
2021/04/07 (Wed) 14:52
 キャプション

・Google
・Facebook
・スターバックス
・ゴールドマン・サックス

<金融系>
・モルガン・スタンレー
・プルデンシャル
・クレディ・スイス
・ロスチャイルド銀行
<メディア系>
・ニューヨーク・タイムズ
・ワシントン・ポスト
・ロイター
・ウォール・ストリート・ジャーナル
<製薬系>

・言わずもがな
<その他>
・ネスレ
・フィリップス
・IBM
・ボーイング

・WHOの運営資金の筆頭はゲイツ

COVIDの前に、ゲイツは製薬会社、CDC、メディア、中国、CIAとのワクチン安全擁護者のソーシャルメディア検閲を計画しました

2019年10月、COVIDの発生直前に、ゲイツ氏と他の強力な個人は、イベント201として知られる世界的大流行の卓上シミュレーション中に、ソーシャルメディアからワクチン安全擁護者を検閲する方法を計画し始めました。

過去2週間にわたって、Facebookやその他のソーシャルメディアサイトは、や他の多くの規制の腐敗や権威主義的な公衆衛生政策の批評家のプラットフォームを解除しましたですから、パンデミックが発生する前であっても、政府/業界のパンデミック対応が計画されたように感じられるという不気味な感覚をお持ちの方のために、ここにいくつかの飼料があります。

添付文書の強力な個人の秘密結社が実際の質量立ち退き計画を開始なかったことを示しているワクチン懐疑論者2019年10月にソーシャルメディアからは、前の週または2 COVIDが循環し始めました。その月、マイクロソフトの創設者であるビルゲイツは、世界的なコロナウイルスのパンデミックと他の上位の「ディープステート」パンデミックの4つの「卓上」シミュレーションの演習を組織しました。この演習はイベント201と呼ばれていました

ゲイツの共謀者には、世界銀行、世界経済フォーラム(グレートリセット)、ブルームバーグ/ジョンズホプキンス大学人口センター、疾病管理予防センター、さまざまなメディア大国、中国政府、元中央情報局の代表者が含まれていました。 /国家安全保障局長官(元CIA役員などはいない)、ワクチンメーカーのジョンソン&ジョンソン、金融およびバイオセキュリティ業界、そして世界をリードする企業PR会社であるエーデルマン。

ゲイツ氏の指示により、これらの著名人はパンデミック管理評議会のメンバーを演じ、パンデミック、物語、人口を管理するための政府の戦略を警告しました。言うまでもなく、免疫システムの構築、既製の治療法、または特許を取得していない治療薬やビタミンについての話はほとんどありませんでしたが、新しい特許性のある抗ウイルス薬やワクチンの摂取を促進することについては多くのおしゃべりがありました

しかし、参加者は主に、ソーシャルメディアの大量検閲で最高潮に達する架空のグローバルコロナウイルス感染を管理するための業界中心の恐怖をかき立てる警察国家戦略の計画に焦点を合わせました。

奇妙なことに、ゲイツはシミュレーションが行われなかったと主張しています。2020年4月12日、ゲイツ氏はBBCに次のように語っています。私たちはこれをシミュレートせず、実践もしなかったので、健康政策と経済政策の両方で、私たちは未知の領域にいることに気づきました。」

そのワッパーにとって残念なことに、イベントビデオはまだインターネット上で利用可能です。彼らは、ゲイツとチームが実際に健康と経済政策をシミュレートしたことを示しています。ゲイツが忘れてしまったことを飲み込むのは難しい。

ゲイツのイベント201でシミュレートされたCOVIDの流行により、18か月のエンドポイントで6,500万人が死亡し、世界経済の崩壊は最大10年続きました。したがって、ゲイツのシミュレーションと比較すると、実際のCOVID-19の危機は少し不発であり、過去13か月間に「COVIDに起因する」わずか250万人の死者を出しました。

現実の状況で「COVIDに起因する」死亡は非常に疑わしいものであり、世界人口78億人の状況で見る必要があり、年間約5,900万人の死亡が見込まれています。10年にわたる経済崩壊の予測は、おそらくより正確であることが証明されるでしょうが、それはゲイツによって促進された厳格な封鎖のためだけです。

ゲイツのイベント201スクリプトは、インターネットの投稿によって引き起こされた大規模なワクチン忌避暴動を想像しています。参加者の間の普遍的でひたむきな推定は、そのような危機は新しいワクチンを促進し、監視検閲国家による管理を強化するための便利な機会を証明するだろうというものでした。

世論の操作と制御に関するスクリプトのセグメント4が最も明らかになっています。それは、民主主義の現在の危機を不思議なことに予測しました:

  • 参加者は、メディアをプロパガンダ(「良い情報」)で「氾濫」させ、虚偽を広め、ワクチン接種反対運動の信用を傷つけることに対して罰則を課すことにより、「偽情報」と「誤報」を管理するメカニズムについて話し合った。
  • オーストラリアの抑圧的な「ジャブなし、支払いなし」ポリシーの作成者の1人であるオーストラリアのANZ銀行のジェーンハルトンは、ゲイツ財団が「これらのソーシャルメディアプラットフォーム上の情報をふるいにかける」アルゴリズムを作成して、一般市民を危険から保護していることを参加者に保証しました考えと情報。
  • 中国疾病対策センターの先見の明のあるディレクターであるジョージ・ガオは、ウイルスが実験室で生成されたという「噂」を抑制する方法について心配しています。 。」
  • アップルの研究科学者であり、Googleの学者であり、追跡と追跡、顔認識技術の世界有数の専門家であるChen Huangは、政府の対抗策について報道するニュースキャスターの役割を果たしています。彼は反ワクチン活動家の暴動を非難し、TwitterとFacebookが協力して「発生に関する誤った情報を広めることに専念する不穏な数のアカウントを特定して削除」し、「インターネットのシャットダウン…パニックを鎮める」と予測している。」
  • ブルームバーグスクールオブヘルスのジョンズホプキンスヘルスセキュリティセンターの上級学者であるタラカークセル博士は、製薬会社が薬やワクチンでお金を稼ぐためにウイルスを導入したとして非難されていることを心配しています。彼らの製品は急落しました。」彼女は警戒しながら次のように述べています。「誤った噂と分裂的なメッセージによる不安が高まり、信頼のレベルが低下し、人々が対応努力に協力しなくなるにつれて、病気の蔓延を悪化させています。これは大きな問題であり、政府や信頼できる機関を脅かすものです。」

セルは、彼女の仲間の協力者に、「ソーシャルメディアが今や多くの人々がニュースを入手する主要な方法であることを知っているので、これらのプラットフォームへの中断は誤った情報の拡散を抑えることができます」と思い出させます。セルは、政府と業界の同盟国がこの目的を達成するための多くの方法があります。他の人はウェブサイトやソーシャルメディアコンテンツを検閲しており、少数は誤った情報の拡散を防ぐためにインターネットアクセスを完全にシャットダウンしています。逮捕を含む有害な虚偽を広めることに対して罰則が設けられました。」

  • Edelman PublicRelationsのCEOであるMatthewHarringtonは、政府の政策を推進するためにソーシャルメディアが一致しなければならないことに同意します。放送局ではなくテクノロジープラットフォームが終わりました。実際、彼らは正確な情報を放送し、科学および健康コミュニティと協力して、ゾーンを氾濫させないにしても、正確な情報を相殺することに参加する必要があります。魔神を誤った情報や偽情報のボトルに戻そうとすることは不可能だからです。」
  • 公衆衛生サービスの提督であるStephenReddは、政府がソーシャルメディアデータをマイニングして否定的な信念を持つ人々を特定する必要があるという不吉な考えを持っています。誤った情報なので、その通信メカニズムからデータを収集する機会があると思います。」
  • Johnson&JohnsonのAdrian Thomasは、「いくつかの「メンバー企業[製薬]」から共有するいくつかの重要なニュースを発表しました。新しい抗レトロウイルス薬、そして実際にはワクチンで臨床試験を行っています!」彼は、彼らの粗雑にテストされた製品が「死を引き起こしているので、患者はもはやそれらを服用していない」という「噂が実際に広まった」ときにこれらの会社に問題に対処する戦略を推奨します。彼は、「多分、私たちはすべての死者と感染症を報告し、数えるという間違いを犯しているのだろう」と示唆している。
  • 元CIA副長官であるアヴリル・ヘインズは、「影響力のあるコミュニティリーダーや医療従事者」を含む「信頼できる情報源」からの宣伝で「ゾーンを氾濫させる」戦略を発表しました。彼は、「パンデミックに対処する能力を実際に妨げ始めている誤った情報は、それに迅速に対応できる必要がある」と警告しています。
  • Matthew Harrington(Edelman CEO)は、かつて情報の分散化と民主化を約束していたインターネットを一元化する必要があると述べています。情報や公衆衛生のニーズの管理に関する一元化について話しましたが、コミュニケーションアプローチに関する一元化された対応が必要であり、それはNGOコミュニティ、医療専門家などに代表される情報に基づいた支持者にカスケードされます。」
  • トム・イングレスビー(ジョン・ホプキンス国立衛生研究所、国防総省、国土安全保障省のバイオセキュリティ専門家顧問)は、集中管理が必要であることに同意します。
  • Matthew Harrington(Edelman)は、情報アクセスは次のようにすべきであると回答しています。「データの事実と重要なメッセージの中央リポジトリが必要だと思うので、国際的に集中化する必要があります。」
  • Hasti Taghi(メディアアドバイザー)は次のように要約しています。「ワクチン反対運動は非常に強力であり、これは特にソーシャルメディアを通じて広まったものです。それで、私たちがこれの継続を防ぐのを助けるために適切なワクチンを考え出すために研究をしているとき、どうやってそこに適切な情報を得るのですか?私たちが作成しているこれらのワクチンを一般の人々が信頼できるようにするために、適切な情報をどのように伝達するのでしょうか?」
  • ゲイツが資金提供した農業プロジェクトのコミュニケーション責任者であるケビン・マカリーゼは、次のように述べています。私たちは、ソーシャルメディア企業がこれらの偽情報キャンペーンと戦うために24時間体制で取り組んでいることを知っています。すべての悪意のある人物を特定する作業は計り知れません。これは、私たちがパンデミックを終わらせるのを妨げる大きな問題であり、アラブの春で見たように、政府の崩壊にさえつながる可能性があります。解決策が情報へのアクセスを制御および削減することを意味する場合、それは正しい選択だと思います。」
  • ブルームバーグのジョンズホプキンスヘルスセキュリティセンターのディレクターであるトムイングレスビーは、「この場合、政府はソーシャルメディア企業に特定の方法で運営することを要求する必要がある段階にあると思いますか?」と同意します。
  • シンガポールの財務大臣であるLavanThiruは、政府が「偽のニュースに対する政府または執行措置」で反対派の例を示す可能性があることを示唆しています。私たちの何人かは、この新しい規制は、私たちが偽のニュースをどのように扱うかについて施行されています。たぶん、これは私たちがいくつかの悪い俳優を前に出して、彼らが実際にいくつかの偽のニュースを広めたかどうかを決定するために裁判所にそれを残すことができるいくつかのケースを紹介する時です。」

添付のトランスクリプトを読んで、ゲイツ氏と彼の政府、製薬会社、諜報機関が、パンデミックの際にメディアを検閲および管理する計画をどのように電報で伝えたかを確認してください。さらに別の不思議な偶然の一致で、COVID-19はゲイツの会合から数日以内に世界の人々の間で循環し始めました。


 
 
にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

テーマ:
伝えたいことジャンル : ブログ  
tag | ビルゲイツ | ビッグテック | 検閲 |