li阿幾左与庵 阿幾左与庵
2020/01/01 (Wed) 00:00

酉年水無月 昼😅 宴会倶楽部御品書

会員様ご予約受付中 


前菜

干し甘海老、蝦虎魚味醂干し、白鯖河豚味醂干し、本唐墨
漉油お浸し、焼銀杏

吸い物 

白身魚の潮汁 八丁味噌赤出汁

刺身(振り塩締め氷温熟成)  

あかねアワビ、甘海老、黒ミル貝、コイチ、グレ、鰆、黒鯛、甘て鰈、サゴシ
剣先烏賊、真烏賊

酢肴

炙り〆鯖、炙り〆サゴシ

焼き物

宮崎産鰻、淡路産焼穴子、淡路産鱧蒲焼き
干物(エテカレイ、赤鰈、真鯖、真烏賊、鯵開き)

煮物  

時魚

蒸し物 

 時魚酒蒸し、淡路産鱧、淡路産穴子

鍋物  

魚すき 鶏すき

揚げ物

山菜天(コシアブラ、タラの芽、蕗の薹

ご飯、留椀

棒寿司(〆鯖、銀毛、焼鱧)焼穴子押し鮨
橙猪口、銀杏、零余子ご飯
玉筋魚釘煮茶漬け 白飯
赤身魚赤出汁
タイカレー(グリーン or レッド)
北海道産そば粉使用手打ち蕎麦(要予約)

香の物 

ラブレ漬け(高菜、白菜、小蕪) 玉葱粕漬け 南高梅干 
生姜甘酢漬け 茗荷甘酢漬け、辣韮甘酢漬け

果物  

巻き柿、干し安納芋、トルコ産干し白無花果

蒸し物 

 淡路産鱧、淡路産穴子

鍋物  

魚すき 鶏すき

揚げ物

山菜天(コシアブラ、タラの芽、蕗の薹

飲み物

純米吟醸酒大和蔵 麦焼酎(のんのこワイン酵母仕込み)
テンプラニーリョ赤ワイン (VINA PENA、PATA NEGRA 2007
 
VINA PENA Airen 白ワイン
Akispecial(ブランデー50+チンザノロッソ50)
ハイボール、ジンフィズ
マルガリータ、豆乳割りマルガリータヨーグルト 

ソフトドリンク

珈琲モカ、抹茶、煎茶、
明日葉・ヒュウガトウキ・煎茶のトリッ茶

サイドメニュウ 塩麹漬けの酒蒸し

国産鶏 砂肝、肩肉、モモ
国産豚 肩ロース
OG Beef 肩ロース


ようこそおいでませm(_ _)m
 


P1040225.jpg

 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2017/06/22 (Thu) 00:50
6月13日(火)

14時~シーサイドでテニスレッスン

16時帰宅して、ヴィニャ白オープンしてオンザロックでグビリと
お供は隠匿物資秋鮭の酒蒸し~
オクラも一緒にお酒を掛けてラップしてチンかフライパンで蓋してジュワ~
超簡単レシピで美味しいんです😆

DSC05651.jpg

牛肉のしぐれ煮をご飯に乗せて食べますが、ポチャティブルこと間違い無し😅

DSC05652.jpg

筍も酒蒸しに ちと焦げたかしら

DSC05653.jpg

一息ついたところで、本日の獲物を処ろしましょう
活け〆後1日経ったのでお安く提供されているそうです
塩焼、煮付け用となってますがフレッシュな子持ち

DSC05654.jpg

近頃は先に頭を落としてからフィレ取りするようにしてます
そのほうがし易いので
また、左手にはニトリルゴム手袋と、その下にケブラー糸にステンレス細線を編み込んだ手袋を嵌めてます
まだグラスワイン3杯ほどしか飲んでませんがテニスの後ですし、酔って無いとは言えども手を滑らせてしまうかもしれません
転ばぬ先の杖ならぬ、切っても切れないプロテクターをしてますので安心でっぇ~っす😁

DSC05655.jpg

フィレはいつも通り振り塩締めにパーシャル熟成に入れて
粗は酒蒸しに♫

DSC05656.jpg

6月14日(水)

この一週間ほど、家の周りでイソヒヨドリのメスが「ゲゲッ、ゲゲゲゲッ、ゲゲッ」って鳴きながら飛び回ってるの。
雄は「ピーピルルル、ピャラルル」ってとてもかわいい声で鳴くのに、メスは蛙みたいな声?
私たちが外へ出ると鳴くのをみると、どうも警戒音を発してるみたい(猫が徘徊してると同じように鳴いてた)
電線に留まってる姿を見たら口にトカゲみたいなものを咥えて鳴いてるから雛に餌やりしてるみたいですがどこに巣があるのか、雛の姿は見えません。

またガレージの床や車の屋根に糞が落ちてたりしてるけど、なんでガレージに居てるんやろ?
ガレージ上の波板屋根をドタバタ歩き周ってるし、巣でもあるのかしら?って見てみたけどそれらしきものはありません。

が、ガレージ上のバルコニーにイソちゃんが居てる。
やっぱりこの近くに巣があるのでしょうね。

DSC05657.jpg

今朝は昨日作ったムール貝の酒蒸しの残りスープでリゾットでございます😆
またまたポチャティブルんだけどね😅
暑くなってきて夏痩せどころか運動してお腹が空いて、お肉が欲しくなって、肉食⇒豚るのりピで増加の一途😓
でも今日は角パイプを切ってシートプレートに溶接する作業予定なので朝からパワーインプットです😁

DSC05658.jpg

DIYが終わって片付けてる頃にSちゃんが帰宅

こちらは次回の酒肴食材でございます
肉類は塩麹漬けにいたします

DSC05667.jpg

お土産のかっぱ寿司のまぐろ尽くし
いつも通り、シャリは半分残して別ネタでいただきました

DSC05662.jpg

追加握りのネタ と言いますか鯛の振り塩締め氷温熟成お造り~

DSC05668.jpg

鯛のあらの酒蒸っし~😝

DSC05669.jpg

DSC05670.jpg

今日の収穫なんだけどぉ、ハダニにやられてボロンボロン😓

DSC05671.jpg

6月15日(木)

例のイソヒヨちゃんがなんか咥えてる

DSC05675.jpg

アップしてみたら、
毛虫ですねぇ

DSC05676.jpg

こんな細いアンテナに器用に留まってますが、滑りコケないようにガッチリ掴んでるのでしょうね

DSC05677.jpg

この状態で鳴くから口を開けられなくて「ゲゲゲのゲ」ってしか発声できないのかも?

DSC05678.jpg

なんの毛虫かしら?
で相変わらず、「ゲゲッ、ゲゲゲッ」って鳴いてる
餌を咥えてるから口を開けないので「ピーピルルル」って鳴けないのかも
でも、メスがそんな鳴き方してるの聞いたこと無いしやっぱりメスは「ゲゲゲのイソちゃん」なのかなぁ?

DSC05679.jpg

15時から潮芦屋テニスCコートで自主練
帰って17時半頃
メンマとオクラでドリンク開始

DSC05680.jpg

コシナガマグロと鯛のお造り

DSC05681.jpg

銀鮭の酒蒸っし~😝

DSC05682.jpg

豚さんの肩ロース、鶏手羽中の塩麹漬けの酒蒸っし~😝

DSC05684.jpg

シャワーを浴びたときには無かったはずだけど、お風呂に行こうとしたらこんな皮下出血が
おそらく練習中にSちゃんのボールが当たった所だと思う
肘から先はなんでかしらん、ちょっと打っても直ぐに皮下出血しちゃうんですよね😓

DSC05687.jpg+

6月16日(金)

今日は潮芦屋Cコートでテニスなのですが
朝からガレージの波板屋根でドタバタ音がするので見てたらイソちゃんMotherが下の家のテレビのアンテナに留まって山桃と思しき実を咥えてゲゲゲのゲって鳴いてます。 あんたはゲゲゲの女房か?

DSC05688.jpg

ゲゲゲの母さんの声に反応してかな?
じゃじゃぁ~ん、お出ましになりましたわお雛様♫
毎日波板の上をドタバタサーフィンしてたのはあんたかいっ😆
ずんぐりむっくりの体に短い嘴、そしてふわふわの産毛、正真正銘の雛鳥でございます

狙いを定めて、Baahaan! バーン!

DSC05689.jpg

うぅっ、やられた~っ😵 バタッ
といったかどうか、まるで動物俳優みたい
風で産毛を飛ばすのかしら?
でもこの俯せの姿勢は水浴び後のイソちゃんは良くするんですね、大人でも
なので、この子は私の「ば~ん」に(ゆうてへんけど😅)に反応したことにしておきましょう

DSC05690.jpg

「やられた~」から生還したイソ雛ちゃん
でかい雀(失礼)みたいですね

例のゲゲゲの鳴き声はどうも警戒音じゃなくて、雛を餌で誘ってるようですね、「食べにおいで」って。
うちのガレージの上の波板は雛達の巣立ち練習場なのでしょう。
予科練の飛行場みたいなものかしら。
自由に使ってもいいけど、うんちは他所でしてね😅

DSC05691.jpg

本日ゲットの食材

DSC05692.jpg

DSC05693.jpg

DSC05694.jpg

昨日に引き続き
コシナガマグロと鯛

DSC05695.jpg

白バイガイ、

DSC05697.jpg

豚肩ロース、手羽中の溝漬け酒蒸っし~😝
オクラと、白いのはエリンギの輪切りに自家製ハウス水耕トマトも一緒に酒蒸っし~😝
青紫蘇はオクラとエリンギの間でくたくたになってますが香りはちゃんと残ってます

DSC05698.jpg

6月17日(土)

朝からガレージの波板屋根でドタバタ運動会してると思ったら下の家のテレビアンテナにご両親と思しきイソちゃんの番が

DSC05699.jpg

両親の見守る中、バルコニーの下から下隣の家の屋根に雛鳥が飛んでいき、例のポーズをしています。
やっぱり、産毛はふかふかで蒸れるのかしら? 
ブリーズで逆毛を立てて気持ちよさそうにしてますね😃

DSC05700.jpg

雛鳥は三羽居ました
五羽の家族のようです

DSC05701.jpg

今日は父の日のお届け物、棒鮨アラカルトを作ります

➀ 海苔の上に酢飯を広げて

DSC05703.jpg

② その上にラップを置いてひっくり返します

DSC05704.jpg

③ 海苔の上に大葉と甘酢生姜、実山椒を乗せて

DSC05705.jpg

④ 巻きます

DSC05706.jpg

DSC05707.jpg

⑤ 山葵を乗せて

DSC05708.jpg

⑥ 具材を乗せてラップを巻いて成形して完成です

㋑ これは鱧の酒蒸っし~😝

DSC05709.jpg

㋺ 宮崎産鰻の蒲焼きを酒蒸っし~😝

DSC05710.jpg

㋩ コシナガマグロの塩麹漬けの押し寿司

コシナガマグロの腹身を観音開きにして塩麹に2時間漬け込んでます

DSC05711.jpg

実山椒を混ぜた酢飯を詰めて

DSC05712.jpg

皮目は炙っています♫

DSC05713.jpg

㋥ 鰹の塩麹漬け

山葵と山椒の葉を乗せて酢飯を詰め

DSC05714.jpg

飾り包丁を入れて炙りました

DSC05715.jpg

棒鮨イロハニ4種アラカルトの出来上がり~っす😄

DSC05716.jpg

残しておいたお持ち帰り寿司のケースがちょうどの大きさで綺麗に収まりました♫

DSC05717.jpg

仕事が終わったので

バイ貝のお造りでヴィニャ白を一杯

DSC05718.jpg

コシナガマグロの叩きでさらにグビリと

DSC05719.jpg

棒鮨にするときに削いだコシナガマグロとカツオの血合いとUS中落ちカルビの塩麹漬けの酒蒸っし~😝

DSC05720.jpg

飲んでたら、発見、また新たな皮下出血が😪
こうしてマクロアップしたらBBAバレバレの萎びたお肌、
ちょっとした打突や腕を強く掴まれても出血するし、寄る年波には勝てませんねぇ😅

この皮下出血はドアノブにぶつけたりテニスボールの打球が当たったりという打突を受けた直後には発生していませんがアルコール類を摂取してると現れるみたいです
症状が出るのは両手の肘から手首までの部位の手の甲側のみでその他では打突を受けても出血しません
この箇所の皮膚はとても薄くなってるし毛細血管も脆くなっていて飲酒を開始した瞬間の血圧上昇?で破裂するのかも

DSC05721.jpg

舞茸と椎茸の酒蒸っし~😝
お肉を酒蒸っし~😝した同じパンで調理したからお味も付いてます😄

DSC05722.jpg

ホタテSサイズの酒蒸っし~😝

DSC05723.jpg

田舎から届いた玉蜀黍
こんな時にしか食べませんけど、たまに食べると美味しいものですね😋

DSC05724.jpg

6月18日(日)

第3日曜日は兵庫きのこ研究会の修法ヶ原定点観察会
から帰ってきて早速、カツオの叩きとバイ貝で一杯開始

DSC05756.jpg

ホタテとエリンギの輪切り酒蒸っし~😝

DSC05757.jpg

US中落ちカルビの塩麹漬け酒蒸っし~😝
自家栽培の大葉を敷いて、修法ヶ原で拾ってきた蕨も一緒にね

DSC05758.jpg

お肉を食べると体重が増えるみたいだけど、タニタのヘルスメーターによると筋肉量が増えてる。
喜ばしいのでしょうか?




 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 棒鮨 | 棒鮨アラカルト | イソちゃん | イソヒヨドリ | 酒蒸っし~😝
2017/06/20 (Tue) 21:20
5月4日(木)

腹筋強化でシッティングマシンを買ったのですが、もちろんシナ製の安物ゆえ3ヶ月でシートポストが折れてしまいました。


DSC04996.jpg

DSC04994.jpg

折損部を見てみると鉄板と軸(ポスト)との溶接が円周の半分ほどしかされておらず、しかも殆ど溶け込んでいない状態でした。
シナ製とは言えあまりのお粗末さなので部品交換を依頼しましたが、「2週間しか保証致しません」と木で鼻をくくったお返事。
製品価格は6千円ほどなのですが、大型ゴミにするには忍びないので溶接機を買って直すことにしました。


DSC04995.jpg

DSC04997.jpg

DSC04998.jpg

で、溶接機を買って修理することにしました。
5月9日に溶接したと思いますが記録イメージがありません😅

TRUSCO 革手袋袖長   TRUSCO カストリハンマー#1/2

スズキッド(SUZUKID) ホームアークナビプラス 60Hz専用 SKH-42NP

スズキッド(SUZUKID) B-1 1.6φ*230mm 200g スズキッド(SUZUKID) マグホールドS PB-02



取り敢えずくっついたので、余盛を削ることもなくそのまま組み立てて使用していました。

5月31日

が、1ヶ月程でまた折れちゃいました😅
もぉ~、やっぱ素人溶接は欠陥だらけ~、なのでありますわね。

仕方ないですね、またやり直しです

溶接にチャレンジ (06/05)
前回は手持ち溶接面で作業したので全くと行って上手くできませんでした
今はこんな便利なものができていますので素人には必需品だと思います😝

自動遮光溶接面 液晶フィルター 遮光速度1/30000秒 ソーラー充電式溶接マスク・溶接ヘルメット

手持ち溶接面だと溶接面を外して溶接箇所に溶接棒を近づけ、アークが出たら手持ち面を顔の前に持ってきて遮光するのですが、家庭用の低電圧溶接だと溶接棒が1.6mmΦしかないのでブラブラするし、一瞬目標が消えるので狙った箇所を正確に溶接することは大変難しくなります。
ところが、自動遮光溶接面だと面を被ったままで明るいので狙った場所に溶接棒を持っていくことができますし、アークが発生すると瞬時に遮光(暗くなる)のでとても便利です😝

これだと顔を近づけて湯の状態を見ることができるので素人なりになんとかシャフトの隅肉溶接をいたしました。

DSC05466.jpg

反対側の平板とシャフトエンドとの溶接ですが、一応開先加工して溶接しました。

DSC05467.jpg

なんとかくっついたかな?

DSC05468.jpg

粕取りハンマーでスラグを取って

DSC05469.jpg

余盛をサンダーで研削しました

DSC05470.jpg

一部黒い隙間(溶込み不良部)がありますが、まぁ強度的には大丈夫でしょう

DSC05471.jpg

シートに取り付けて

DSC05472.jpg

DSC05473.jpg

組立て、完了です😝
今度は何日持つかな?
ま、何事も練習、慣れですね。
溶接道具が常備されたのでDIYの範疇が広がりました😄

DSC05474.jpg



6月9日(金)

なんてこった、1週間でぇ~、おぉ~れちゃったぜい😣
破断面を見ると、全然溶け込んでない
前回もそうだったけど家庭用の100Vだと出力電流が足らないのかも



DSC05587_20170619125751068.jpg

DSC05588_2017061912574941b.jpg

家庭用100V電源溶接機の使い方ノウハウを調べてみた

家庭用アーク溶接機を使った金属DIYのテクニック

1万円で出来る溶接~未経験者が試行錯誤~ - YouTube

うすうす思ってたけど、やっぱり

*S35C(だと思う)素材の軸(Φ18)をSPCC(だと思う)鉄板2.3mmtに溶接するのは至難の業
*1.6Φの溶接棒だと隅に近づけるとアークがコーナー接点でなくて軸やプレートに流れてしまうし、棒が細いのでブラブラ振動して目標を定めにくい
(新入社員研修で工場見学したとき体験実習で200v溶接機を使って3Φ溶接棒で4.5mmの鉄板を溶接したけど、まぁなんとか溶け込んでたが3Φの棒だと堅くてブラブラしないのしっかり目標に押し付けられる)
*2.0Φの溶接棒だとアークは太いが短いので持続させるのが難しい。 すぐ母材にくっついてしまう。
*軸に溶接しようと思えば、軸をバーナで予熱する必要がある。

でも
1万円で出来る溶接~未経験者が試行錯誤~ - YouTube  の中で2.0Φ溶接棒を使って上手くできていたので真似して2.0Φの溶接棒を注文しました😅


6月10日(土)

2Φの溶接棒は明日届くのですが、その前に1.6Φの棒で再チャレンジしてみました


DSC05602.jpg

顔を近づけて一生懸命湯(鉄が溶けている所)を見ようとしているのですが、周りが明るいのであまり良く見えません。
理想的な溶接作業環境は屋内のほうが良いのです。


DSC05603.jpg   

上手く行ったでしょ~
と思ってスラグを削ってみたら、な、な、なんと、
軸は全然溶けてなくて、周りの薄板が溶け落ちて大穴があいちゃいました😣


DSC05604_201706191249297d4.jpg

上からまたウィービングしながら溶接したけど、・・・

DSC05605_2017061912492704c.jpg

なんどやってもだめか~😣

DSC05606.jpg

こちらのすみ肉溶接も、こんなざま

DSC05607_2017061912492682c.jpg

DSC05609_20170619124925ee7.jpg

DSC05610_201706191249234a8.jpg

ま、明日2.0Φの溶接棒が届くのでそれてやってみましょう


6月11日(日)

2.0Φの溶接棒でやってみた
やっぱ、アークが太いから眩しさもそれなりに強い



DSC05617.jpg

写真で見たら、薄い皮手で溶接してた
けど、スパッタで火傷することはなかった😅


DSC05618.jpg

電流値が大きいからかスパッタが半端ない

DSC05619_20170619125105c4e.jpg

凸凹の芋継ぎ
およそ、ビードなるものは形成されていない


DSC05620.jpg

すごい肉盛りされてるみたいですが、

DSC05621.jpg

削ってみたら、こんなもの😣
左側の大きな雫様ビードは全く見当違いの場所
薄鉄板の上にてんこ盛りしたのでありました😅


DSC05622_2017061912510321e.jpg

上っ側もかさぶただらけ

DSC05623_20170619125101e6f.jpg

こんなんでくっついてるとは思えませんが

DSC05624.jpg

ビードを削ってみたら、
やっぱり、


DSC05625_201706191251001e8.jpg

隙間だらけで母材と溶着してるようには見えませんねぇ😓

DSC05626_201706191250597be.jpg

でもまぁくっついてるかもということで、組み立ててみたら、

翌日折れた😨


6月13日(火)

やっぱり軸をバーナで余熱しないとできないのでしょうね。
TIG溶接だったらできるのでしょうが100均じゃなかった、100V家庭用ウェルダーじゃ無理なんですね😓
半自動溶接機を買えば良かったかもとか思うけど、でも出力電流は一緒だからムズいことは同じでしょうね。

溶接が上手くできない最大要因は軸を薄板に溶接しようとしていること。
ならば、パイプと薄板だと板厚が同じだからできるはず。

シートポストの受け部は角パイプに樹脂のブッシュが嵌め込まれています

DSC05649.jpg

38□x35□ 1.5t の角パイプ

DSC05648.jpg

DSC05645.jpg

そして、思い出しました
地下倉庫にSTKがあったんです😆


DSC05646.jpg

32□ でぴったし😁

DSC05647.jpg

この角パイプを適当長切ってシートポストに使うことにしました。
 


6月14日(水)

角パイプの切断は金切り鋸で簡単に30分程で終了
溶接は1.6Φの溶接棒でしました。
2Φはなんせ、アークを出すのも維持するのもメッチャムズいんです😅
もう少し電圧が高ければ良いんだけど、まぁ練習あるのみでしょうね。


DSC05659.jpg

やっぱ、芋継ぎだけど、

DSC05660.jpg

余盛はあまり削らないでおきましょう
削ったらくっついてる部分が減るかもしれないので😅


DSC05663.jpg

DSC05664.jpg

DSC05665.jpg

溶接線が長いので、それなりに加熱された鉄板は伸び切って歪んじゃいました😅
けど溶け込んで溶着してる証として良しとしましょうね😁


DSC05666.jpg

歪もなんのその、無理やり組み立てて

DSC05673.jpg

今のところ溶接部が外れる気配はございません。

DSC05674.jpg

溶接の知識はあっても実技は別物、溶接士の値打ちを思い知った案件でございました。
国家資格を有する職人さん🙌万歳


 
[Read More…]
 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | WIY | WIY | DIY | 溶接機 | アーク | STK | 
2017/06/12 (Mon) 01:42
6月1日(木)

13時30分兵庫医大で再診
今日は早めに行ってみることにしたので12時前に受付で受診登録しました。
そしたら、やっぱり早く受診できた😝
いつもだと17時を回ることもあるのに15時半頃に終わりました
結果、今以上あまり視力回復は見込めなさそうです。
次回は左眼の白内障手術をいつするか9月に行って決めることになりました。

兵庫医大に出かける前に撮影
山葵栽培のプランターに生えてました
ワサビカレバタケかな? わっかんない~😅

DSC05477.jpg

DSC05478.jpg

周囲はグランドカバーの杉苔
横の若葉は去年の花が咲いてできた種から生えた実生の若芽

DSC05479.jpg

DSC05480.jpg

去年の簾が行方不明なのでコーナンプロに買いに行ったら軒下にツバメの巣が
ほんとに何年ぶりかしら、ツバメの巣を見たのは
どうやら卵を抱いてるみたいでした

DSC05481.jpg

兵庫医大の診察が早く済んだのでマルハチさんに回遊してゲット

DSC05482.jpg

最近、お肉も食べたくなって出来合のタレ漬け肉をゲット
食べたら柔らかくて美味しかったけど、成型肉だとは、後から気が付きました😅
眼科で散瞳したあとなので、よく見えないんですよね。
鶏肉は味噌漬けにします

DSC05483.jpg

石鰈と鬢長のお造り~

DSC05484.jpg

鯛と淡竹、絹さや、若布の酒蒸し

DSC05487.jpg

新玉と成形ハラミの焼肉
OGビーフで成型肉とはねぇ、美味しかったから良いんです。

DSC05488.jpg

ほうれん草の海苔巻き

DSC05489.jpg

6月2日(金)

今日の収穫

DSC05490.jpg

15時から潮芦屋Cコートでテニス、の前にマルハチさんに回遊してゲット
台湾産の鬢長はけっこう良い冊があります

DSC05491.jpg

早速の鬢長のお造りで一杯

DSC05493.jpg

OGロースを味噌漬けにしてみたんだけど、期待したほど柔らかくはならなかった
次は塩麹漬けで試してみるべ😋

DSC05495.jpg

イサキの酒蒸し~♫

DSC05496.jpg

淡竹と若布の炊合せ

DSC05497.jpg

6月3日(土)

鰆の炙りと炙り〆鯖で

DSC05512.jpg

隠匿物資の黒ミルガイのお造り~

DSC05513.jpg

隠匿物資のアナゴの酒蒸し~

DSC05514.jpg

6月4日(日)


今日の収穫

DSC05515.jpg

奥池へきのこチェックに行きました
まだ蒲は芽吹いてません?
代わりに黄菖蒲が花盛り

DSC05516.jpg

蜉蝣が居ました

DSC05518.jpg

この方だけです
蜉蝣の羽化って、そこら中に飛び回ってるってイメージがあるんですけど?

DSC05519.jpg

まだこれから脱皮する亜成虫なのでしょうか

DSC05520.jpg

何の花か調べてません😅

DSC05521.jpg

あじさいの仲間のような

DSC05522.jpg

DSC05523.jpg

森の中を探したけど、ま~ったくキノコが生えてませんでした。
広葉樹の葉が茂ってきて日当たりが悪くなったからなのかしら?
森から出て池の畔を回っていて見つけました
ホウキタケ

DSC05524.jpg

上に干からびた老菌も

DSC05525.jpg

でもこんなに小さいんですね

DSC05526.jpg

山菜は元気ですね
山葡萄だと思います

DSC05527.jpg

湖畔のコシアブラはめっちゃ葉っぱがでかい! 

DSC05528.jpg

若葉だって、なんか別の種みたいな育ち方

DSC05529.jpg

スイカズラもありました

DSC05530.jpg

これは苔なのか、キノコなのか?

DSC05531.jpg

DSC05532.jpg

木苺の種類に見えるけど、なんやろか

DSC05533.jpg

DSC05534.jpg

肉を柔らかく焼くコツというか調理方法が紹介されていたので試し焼きにゲット

DSC05535.jpg

ビントロとコシナガマグロ

DSC05536.jpg

業務スーパーさんで同じメーカー品が安価であったので買ってみたら、
めっちゃ厚みが薄かった・・・安くて当たり前か~😝はは

DSC05537.jpg

鬢長と炙り〆鯖で純米大吟醸吟の司をぐいっと♫

DSC05538.jpg

自家製水鰈の干物を酒蒸しで♫

DSC05539.jpg

鶏肉の味噌漬け~
ま、お菓子みたいなもんですね

DSC05540.jpg

6月5日(月)

今日の収穫

DSC05541.jpg

奥池で拾ってきた山菜の若葉
蕨とタラ

DSC05542.jpg

15時から潮芦屋Aコートでのテニスの前にマルハチさんに回遊してゲット
コイチ 
水洗いしてもらってますから、100g50円ですね~、メッチャお安い♫
コブダイといい、知名度が低くて馴染み薄の魚はお買い得で嬉しい限りです😋

DSC05544.jpg

コシナガと鬢長で一杯引っ掛けてから、

DSC05545.jpg

コイチの解体でありますわ😝

DSC05546.jpg

DSC05548.jpg

片身をフィレどりしたら頭を落とします

DSC05549.jpg

邪魔な頭を落としたらもう片側もフィレどりします
ニベの種類なのですが、水っぽくなくしっかり締まった身質です
フィレは振り塩締めに

DSC05550.jpg

試し焼き用の肩ロースを弱火で55℃ほどを保つ焼き方で焼いたら
まぁ柔らかく焼けたのでしょうが材が薄いので効果の程があまり出ませんでした😅

DSC05552.jpg

6月6日(火)

Sちゃんが怒り狂ってアイコの株を伐採しちゃいました😣
ハダニにやられて、アーリーセーフを頭からかぶりながら噴霧したのにちっとも回復しないからって・・・
それはあんまりじゃありませんか😰

年を越して越冬に耐えて頑張ってたのにぃ・・・
アバウトな性格のSちゃんに水耕トマトを任せたのが’O’間違い(オー間違い)だったみたい

ハダニ大発生の原因は調べてみたら、
水循環ポンプの不調(ゴミづまり)とエアストーンの詰まりで酸欠だと思う
Sちゃんは何にも調べずに無茶苦茶しちゃうんだからぁ😪
装置もほったらかしでドロドロだし、もぅハウス水耕やめようかしら・・・

DSC05554.jpg


DSC05555.jpg

伐採しなけりゃ青いのも赤く実ったのにねぇ・・・😪

DSC05557.jpg

お取り寄せ食材が届きました

DSC05558.jpg

メヌケ西京漬け、粕漬け、キンキ干物、茜鮑

DSC05559.jpg

宮崎産鰻の蒲焼き

DSC05560.jpg

道産ホタテ、カナダ産黒ミルガイ、デンマーク産甘海老

DSC05563.jpg

コイチの粗の酒蒸し~

DSC05564.jpg

コイチのお造り~
結構歯応えありますわねぇ♫

DSC05565.jpg

コイチの酒蒸し~

DSC05566.jpg

宮崎地鶏の炭焼き(出来合品)

DSC05567.jpg

6月7日(水)

うまい具合に社長ご来庵に間に合いました、お取り寄せ品
甘海老、茜鮑、黒ミルガイ、とコイチのお造り~

DSC05568.jpg

茄子の煮浸し

DSC05569.jpg

鮑の肝のバター焼き
ちとバターが多すぎた😅

DSC05570.jpg

お土産のお酒

DSC05571.jpg

DSC05573.jpg

恒例の乾杯~ ♫

DSC05574.jpg

ホタテの酒蒸し~
Sサイズだからちっこいけど美味いっす😝

DSC05575.jpg

山菜の湯通し
コシアブラは冷凍保存してたけど全くとれとれのまんま、鮮度バッチリ
調味料不要で美味しくいただけました

DSC05576.jpg

冷凍保存状態のコシアブラ

DSC05578.jpg

ご機嫌の社長様

DSC05580.jpg

コイチの酒蒸っし~😝

DSC05581.jpg

6月8日(木)

玄関先の薔薇の葉にナナホシテントウの蛹かしら?

DSC05582.jpg

15時から潮芦屋Cコートでテニスの後
昨日の宴会の残り物で一杯

DSC05584.jpg

ラーメンに自家製メンマてんこ盛りで

DSC05585.jpg

6月9日(金)

本日の収穫

DSC05586.jpg

大潮の真っ昼間
ど干潮の宮川にチヌをチェックに行ったけど影も形もありませんでした
ただ鷺が一羽じっと佇んでいらっしゃいました

DSC05589.jpg

お取り寄せ鰻の蒲焼き
タレを洗って酒蒸っし~😝にしました
皮が蕩けますね~

DSC05591.jpg

牛肉のしぐれ煮にヒラタケの薄味佃煮

DSC05592.jpg

メヌケの西京漬けも酒蒸っし~😝
コッシー(コシアブラ)添え

DSC05593.jpg

Sちゃんの好物、パンピザ
チーズにハム、コッシー載せ

DSC05594.jpg

6月10日(土)

溶接作業(別稿でアップ予定)後にマルハチさんに回遊してゲット
コシナガマグロ、白バイガイ、味付け焼肉

DSC05595.jpg

塩焼・煮付け用だけど、開いたらめっちゃ新鮮なので片身を振り塩締めにして残りは酒蒸しにします

DSC05596.jpg

今日の収穫

DSC05597.jpg

業務スーパーさんでゲット
やっとお安くなってきました

DSC05598.jpg

新商品のお試しセットが届きました

DSC05600.jpg

社長があまり説明しなかったので効能はどうなんだか?
後からメールで資料を送ってきてたけど、まだ読んでまへん😅

DSC05601.jpg

バイ貝のお造り
好きなんだけど、湯掻いたあとに殻から取り出しにくいのでウォータープライヤで割っちゃいます。
なので、細かい殻が残ってる場合があるので要注意なのです

DSC05611.jpg

コシナガマグロと黒ミルガイのお造り~♫

DSC05612.jpg

焼肉とオクラ、山菜、& トマト

DSC05613.jpg

6月11日(日)


2mmΦの溶接棒が届いたので昨日に引き続いて溶接補修
この様子は纏めて別稿にてアップします

今日の収穫

DSC05614.jpg

昨日ゲットした新生姜をスライスして

DSC05615.jpg

色付に梅酢に2時間ほど着けてから甘酢に付け直します

DSC05616.jpg

グレとコシナガマグロ

DSC05627.jpg

掻敷用にプランターで栽培してる大葉ですが、〇〇酵素をやったらメッチャでかくなった😅

DSC05628.jpg

ウナギの酒蒸し~
トロトロで一流店のお味になりました😋 (一流店で食べたこと無いけど、お取り寄せ品以上の味です)

DSC05629.jpg

メヌケの西京漬けの酒蒸し~
もぉなんでも酒蒸し~にしちゃいます😝
私たち、「サカムッシスターズ」なんちって

DSC05630.jpg

これも、
グレの半身の酒蒸っし~😝

DSC05631.jpg

グレ皮の酒蒸っし~😝

DSC05633.jpg

明太子
酒蒸しの後で食べたらめちゃ塩っぱい😣

DSC05632.jpg

鶏のピリ辛煮(出来合品)
これもメッチャ塩っぱい
やっぱ、出来合は塩分過多ですね~

DSC05634.jpg

 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | グレ | コイチ | ウナギ | メヌケ | 茜鮑 | アワビ | ミルガイ | ホタテ
2017/06/06 (Tue) 21:45
6月3日(土)

久々のノーイベントの土日
季節の良い間にうすくちむぎしょうゆを仕込むことにしました。
うちでは麦のエキスを発酵させて作る液体を麦醤油と呼んでおります。

むぎしょうゆの原料です♫
色が薄くなるはずなので薄口なんざんす😄

DSC05499.jpg

発酵菌、薬味(コリアンダー、オレンジピールなど)、ハラタウ(トンカチで砕いてます)
今回はこれに加えて夏みかんの皮(陳皮ですね)の乾燥粉末を加えました

DSC05500.jpg

先ずは原料を溶かします。
水温が高くなってるので溶けやすいですね♫

手前に写ってるのがファーメンタ(うちでは醤油絞り器と呼んでおります😅)

DSC05501.jpg

大分溶けて醤油色になってまいりました

DSC05503.jpg

こちらはテイスト&フレイバーの要、ハラタウ&コリアンダー、オレンジピール
不織布の袋に入れて20分煮出しました
そのあと氷を投入して冷却します・・・だって30℃を超えると菌が死んじゃうんですよね

DSC05504.jpg

溶かした原料と、味付けエキスを絞り器に移します

DSC05506.jpg

DSC05505.jpg

最後は水で薄めて規定量の容積にしました。

 DSC05507.jpg

5ガロンですね

 DSC05508.jpg

発酵菌を加えて・・・イーストともいいますが😅

 DSC05509.jpg

表面発酵菌・・・いい仕事するんですよね😝

 DSC05510.jpg

蓋してキッチンの片隅に置いて
2週間ほどで薄口麦醤油が出来上がるはず

 DSC05511.jpg

仕込みの後は
炙り鰆のお造りと炙り〆鯖で純米大吟醸をぐいっと一杯

DSC05512.jpg

こないだ捌いて隠匿物資になってた黒ミル貝の半分ですが
美味しいです😄 なので大吟醸が、・・・あぁ~目減りするわ~😅

DSC05513.jpg

まだ飲み足りない口が卑しいあたしは
アナゴの酒蒸しでグビグビと・・・
アナゴも焼きより酒蒸しのほうが旨いっ!
ってことは鰻も酒蒸しのほうが美味しいのかしら?
こんど試してみるべ😄

DSC05514.jpg

 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 薄口むぎしゅうゆ | 醤油絞り器 | ファーメンタ | ハラタウ
2017/06/06 (Tue) 01:24
5月29日(月)

今朝の収穫です
アイコは普通はナツメ型だと思うけど、・・・なんか、瓢箪みたいな形になってる😥
大きさはミニミニサイズから普通サイズに戻ってきたけど、そのかわり糖度が下がったというか普通に戻った
ミニミニサイズのときは苺以上に甘かったの


DSC05447.jpg

15時からの潮芦屋Aコートでのテニスの前にマルハチさんに回遊したら、こんな立派な大鯛の半身がありました。 
マネージャーさんが居てはって、賞味期限が翌日だから2割引きにしてくださいました。
全部酒蒸しにするつもりなので全く問題ありません😄
1141g,980円x0.8

DSC05448.jpg

石鰈もゲット

DSC05449.jpg

昔よく食べていたOGビーフ
なんとか美味しくできないかトライしてみます


DSC05450.jpg

藍那の淡竹筍

DSC05451.jpg

酢飯に乗っけて一口握りにしてみました
筍の握り寿司ってあまりお目にかからないと思いますが、美味しいです😄


DSC05452.jpg

鯛の酒蒸し
先ずは兜から戴きましょう


DSC05453.jpg

料理酒に2%程の塩分があるので、フライパンかお鍋に具材を入れて料理酒をじゃぶじゃぶ掛けて沸騰したら蓋して蒸らすだけなので超簡単クッキングです😄
お魚の旨味がお酒で引き出されますのでお出汁は不要です。


DSC05454.jpg

淡竹、さやえんどう、山蕗、若布の煮物

DSC05455.jpg

石鰈は片身を振り昆布茶締めにして残りは酒蒸しにしました♫

DSC05456.jpg

焼き茄子とほうれん草の煮浸し

DSC05457.jpg

5月30日(火)

14時からシーサイドでテニススクールレッスン
の前にマルハチさんに回遊してゲット
いかにも脂ノリノリのビントロ部位


DSC05458.jpg

金メダルと国内製造に惹かれて買ってみました

DSC05459.jpg

マルハチさん店内調理の手羽元開き焼き
美味しいので時々セールの時に買います


DSC05460.jpg

昨日作り置きした鯛の酒蒸し
直ぐに食べられるのでお酒の充てに便利ですねぇ、美味しいし😄


DSC05461.jpg

修法ヶ原で採取したマツオウジのお吸い物
少し苦味があるけど歯応えは抜群
ジンのような松脂の香りも悪くないですね


DSC05462.jpg


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ
2017/06/05 (Mon) 13:19
5月31日(水)

今朝の収穫

DSC05463.jpg

水曜日は潮芦屋テニスコートがおやすみなのでDIYや家庭園芸の日なのです。

腹筋強化でシッティングマシンを買ったのですが、もちろんシナ製の安物ゆえ3ヶ月でシートポストが折れてしまいました。

DSC05474.jpg


折損部を見てみると鉄板と軸(ポスト)との溶接が円周の半分ほどしかされておらず、しかも殆ど溶け込んでいない状態でした。
シナ製とは言えあまりのお粗末さなので部品交換を依頼しましたが、「2週間しか保証致しません」と木で鼻をくくったお返事。
製品価格は6千円ほどなのですが、大型ゴミにするには忍びないので溶接機を買って直すことにしました。

下の写真は、実はもう既に一度溶接したのですが下手くそなので一月ほどでまた折れちゃったものです😅

DSC05473.jpg

溶接前の部材準備
シャフトに付いている前回溶接の余盛などをディスクサンダで削ります

DSC05465.jpg

プレートも同様に削ってクリーニングします

DSC05464.jpg

溶接修理のために用意した品々
総額、約15000円ほど
TRUSCO 革手袋袖長   TRUSCO カストリハンマー#1/2



スズキッド(SUZUKID) ホームアークナビプラス 60Hz専用 SKH-42NP

スズキッド(SUZUKID) B-1 1.6φ*230mm 200g スズキッド(SUZUKID) マグホールドS PB-02

前回は手持ち溶接面で作業したので全くと行って上手くできませんでした
今はこんな便利なものができていますので素人には必需品だと思います😝

自動遮光溶接面 液晶フィルター 遮光速度1/30000秒 ソーラー充電式溶接マスク・溶接ヘルメット



手持ち溶接面だと溶接面を外して溶接箇所に溶接棒を近づけ、アークが出たら手持ち面を顔の前に持ってきて遮光するのですが、家庭用の低電圧溶接だと溶接棒が1.6mmΦしかないのでブラブラするし、一瞬目標が消えるので狙った箇所を正確に溶接することは大変難しくなります。
ところが、自動遮光溶接面だと面を被ったままで明るいので狙った場所に溶接棒を持っていくことができますし、アークが発生すると瞬時に遮光(暗くなる)のでとても便利です😝

これだと顔を近づけて湯の状態を見ることができるので素人なりになんとかシャフトの隅肉溶接をいたしました。

DSC05466.jpg

反対側の平板とシャフトエンドとの溶接ですが、一応開先加工して溶接しました。

DSC05467.jpg

なんとかくっついたかな?

DSC05468.jpg

粕取りハンマーでスラグを取って

DSC05469.jpg

余盛をサンダーで研削しました

DSC05470.jpg

一部黒い隙間(溶込み不良部)がありますが、まぁ強度的には大丈夫でしょう

DSC05471.jpg

シートに取り付けて

DSC05472.jpg

DSC05473.jpg

組立て、完了です😝
今度は何日持つかな?
ま、何事も練習、慣れですね。
溶接道具が常備されたのでDIYの範疇が広がりました😄

DSC05474.jpg

ビントロとイシカレイ

DSC05475.jpg

OGビーフのロースステーキ
やっぱり和牛には敵わないけど贅沢言ってられないわ😅

DSC05476.jpg



 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | スズキッド | 溶接機 | カストリマンマー | 自動遮光溶接面 | シッティングマシン | DIY
2017/06/04 (Sun) 20:33
5月28日(日曜日)

今日の予定は炭出し選別&山桃植栽地排水溝整備です
前回灰神楽になって懲りてますのでエプロンと不織布製使い捨て(といっても充分再利用可能)ジャンパーで防備してきました。

窯から出して灰に埋めていた炭を掘り出してふるいにかけます

DSC05423.jpg

それを大中小に選別するんです

DSC05422.jpg

原料木が細かったみたいであまり大きな炭はありません

DSC05424.jpg

DSC05426.jpg

結果、こんな中サイズの炭ばっかりに生りました
でも、家庭で使うにはちょうどよいサイズかも

DSC05425.jpg

蜜蜂の巣箱内部構造です   下から見てます

DSC05429.jpg

下部入り口にスズメバチガードメッシュを付けています

DSC05430.jpg

こういうところに設置するんですね

DSC05431.jpg

DSC05432.jpg

巣箱の設置を見た後は
山桃植栽地の水捌けを良くするために排水路に巾15cmx深さ15cmの溝を掘りました

DSC05440.jpg DSC05441.jpg
道具が無いので持参したアーミー仕様の携帯シャベルを使いました

これで~っす 

MTH シャベル アウトドア 折り畳み式 スコップ 園芸 軍用 除雪 キャンプ用品 緊急ツール シャベル ゴールド


お昼になったので炭焼き小屋に帰還
アザミが美しく棚田の水面に映えてます

DSC05433.jpg

こちらは溜池の水面をバックに

DSC05434.jpg

DSC05435.jpg

DSC05436.jpg

お昼ごはんが終わったら窯に原料木を詰めていきます

DSC05428.jpg

その前に、床に竹を敷いて地面からの湿気を防ぎます

DSC05437.jpg

炭から順番にきっちりと立て掛けていきます

DSC05438.jpg

DSC05439.jpg

詰め終わったら入り口を塞ぎますが、
私たちはここまでで退散いたしました😅

DSC05442.jpg

淡竹筍の刺し身~♫

DSC05443.jpg

蝦虎魚の味醂干しの酒蒸し~
酒蒸しにすると柔らかくなって焼くより食べやすいっす😅
真ん中のはシロサバフグの味醂干しでした

DSC05444.jpg

酒蒸し中毒になった私は銀鮭も酒蒸しにしちゃいました 
美味いっす

DSC05445.jpg

今日は良く働いたのでご褒美に
ブランド鰻をいただきました😝
やっぱ、美味しいですねぇ😋

DSC05446.jpg 


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 炭焼き
2017/06/04 (Sun) 02:10
5月27日(第4土曜日)

3月に駒打ちしたホダ木本伏に行きました
↓ 駒打ちの記事
藍那の里 ホダ木駒打ち [2017.03.16]

地伏の場所に行く途中の淡竹林に筍が出てましたのでいただきました😝

DSC05384.jpg

地伏せの場所は谷あいなのでまだ筍が出てません
そんなことより、地伏ホダ木を取り出して本伏の場所に移動させなきゃなりません。
人海戦術あるのみですが、シラカシ(白樫)は重くて大変

DSC05385.jpg

これ、なんのきのこのホダ木だったっけ?
湿気の多い水路に置いたほうが沢山出てくるんですって

DSC05386.jpg

齣(きのこ)によって、置き方が違います

DSC05387.jpg

こちらは半分地面に埋めた伏せ方

DSC05389.jpg

何かの菌
回答はこちらを御覧くださいませ

あいな5月のキノコ

ホダ木を本伏

DSC05390.jpg



DSC05391.jpg

まむし草

DSC05392.jpg

次なる場所は溜池の辺り

DSC05393.jpg

作業中に古いホダ木から生えてた冬虫夏草らしききのこ
キマワリという甲虫に生えた「ヒメクチキタンポタケ」じゃないかという説です

ワイワイ言いながら鋸で切り取ろうとしたけど堅くて刃が立ちませんでした

あいな5月のキノコ  ←こちらを御覧くださいませ

ホダ木を本伏 ← こちらも


DSC05394.jpg

サクラタケ

DSC05395.jpg

DSC05396.jpg

DSC05397.jpg

こんなのも居てはりました

DSC05399.jpg

DSC05400.jpg

せっせとホダ木を運んでる私たち

P5270052.jpg

DSC05402(1).jpg

綺麗に並びましたね♫

DSC05403.jpg

DSC05404.jpg

DSC05405.jpg

小口にはきのこの名前がかいてあります

DSC05406.jpg

このキハダの樹木の名前を聞いたんだけど忘れちゃった😅

DSC05408.jpg

タケカレハの毛虫

DSC05409.jpg

都忘れが沢山咲いてました

DSC05410.jpg

アザミも

DSC05411.jpg

久し振りに見た蓑虫さん 道路をてくてく歩いてましたが轢かれないことをお祈りしますね

DSC05412.jpg

シロツメクサとなんだっけ、アカツメクサだったっけ?

DSC05413.jpg

そして、今日は田植え体験イベントなので有りました

DSC05414.jpg

お土産に頂いたジューンベリー

DSC05415.jpg

淡竹

DSC05416.jpg

ほっと一息ついたところで
鰆の酒蒸しで一杯😝

DSC05418.jpg

淡竹筍の刺し身
全く灰汁がないのでパクパク行っちゃいますね

DSC05419.jpg

隠匿物資のかに玉と淡竹筍の玉子綴じ

DSC05420.jpg

パイ生地にイワシのピリ辛煮を乗せてチン
夜更けに食べちゃいけないのにねぇ・・・😅

DSC05421.jpg

あ~今日もよく遊びました、おやすみなさいませ


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | 淡竹 | 地伏 | 本伏 | サクラタケ | ヒメクチキタンポタケ | ホダ木
食材  /  きのこ  | CM(0)  | TB(0)
2017/06/04 (Sun) 02:06
5月22日(月)

新兵器(超デカラケ)のスペック

Sちゃん用 ①

このラケットを使いだしてバックのストロークとボレーが飛躍的に良くなりました。
そして、サーブもぐっと良くなりました😝


Gamma RZR Bubba Racquets

Head Size:

137 sq. in. / 884 sq. cm.

Beam Width:

24.0mm

String Pattern:

18 Mains/21 Crosses

Length:

29.00 inches / 73.66 cm

Tip/Shaft:

22.0mm / 22.0mm

Main Skip:

7T,9T,11T & 9H

Strung Weight:

10.40 oz / 295 g

Composition:

100% Graphite

String Tension:

50-65

Balance:

7pts HH

Power Level:

High

 

 

Swing Weight:

412

Stiffness:

64

 

 


 Sちゃん用だったけど、私用にしたけど、少し軽いので、グリップに錘を増やして310gほどに改造しようと思います。
そうすれば、バランスポイントがHL(ヘッドライト)となって、扱いやすくなるでしょう。

私用
 ② W
ilson 3.4 Sledge Hammer The Limits

Head Size:

135 sq. in. / 871 sq. cm.

Beam Width:

0.0mm

String Pattern:

18 Mains/21 Crosses

Length:

29.00 inches / 73.66 cm

Tip/Shaft:

24.0mm / 33.0mm

Main Skip:

9T,8H,10H

Strung Weight:

10.00 oz / 283 g

Composition:

 

String Tension:

57-67

Balance:

8pts HH

Power Level:

High

 

 

Swing Weight:

385

Stiffness:

71

 

 

 

 

バランスポイントとは

Balance
: Static measure of weight distribution in a racquet and measured from the butt end in inches and/or centimeters. Commonly referenced in "points" head light or head heavy - each "point" represents 1/8 inch. Generally speaking, heavier racquets are head light to maintain maneuverability, while most of today's super-light racquets are head heavy to supply enough mass (which translates into power) to the area of the frame where the ball is being contacted. A 27 inch racquet with a balance point of 12-1/2 inches is 1 inch, or 8 points head light (even balance would be 13-1/2 inches). A 28 inch racquet with a balance point of 15 inches is 1 inch (or 8 points) head heavy. Static balance ultimately affects swingweight (see below), which is a dynamic measure of racquet maneuverability.




ebayでゲットしたラケットです
Wilson
OUTER LIMITS SLEDGE HAMMER 3.4 STRETCH
Maximum ITF Size
Regulation for Racquet lingth & head size 4-1/4  275gr

Sちゃん用の秘密兵器ですねん😅

けど、SちゃんにはGammaのほうが合うみたいなのでわたしがつかうことにしました。
が、バランスポイントが8ポイントヘッドヘビーなのでグリップに鉛を入れて重くします。

DSC04611.jpg

 
DSC04613.jpg

DSC04614.jpg

グリップエンドを外してみると中は中空で、グリップエンドに振動止が付属してました。
そのスケッチと重量増加プランです


DSC05334.jpg DSC05335.jpg

グリップエンドが空洞なのでガラスクロステープで蓋をします

DSC05326.jpg

グリップエンドキャップですが、とてもタイトに嵌っていたのでコーナー部にカッターナイフでスリットを入れて抉じ開け外しました。
当時の高級品だったようでグリップエンドキャップ内に振動止(ダンパー)が組み込まれています。(黒とオレンジ色の部品)


DSC05328.jpg

オレンジ色のパーツはエラスティック材料でキャップと4箇所で接着されていて、その中に黒いパーツがその周囲に空隙を保たせてオレンジ色のパーツに取り付けられていて力が加わると動くようになっています。 これでグリップに伝わった振動をダンプニング(減衰)させようと意図しているものと思われます。
上の写真の白い粒粒は隙間から侵入したオムニコートの砂です。


DSC05329.jpg

ダンパーが出っ張っているのでリブとの空間にはこの程度の板鉛しか入れられません。
これで20gあります


DSC05330.jpg

板鉛を入れてエンドキャップを嵌めましたが、スカート部がスリットで開いてしまったのでガラスクロステープで押さえました。
けど、まだ浮いてますね😅


DSC05331.jpg

まだ重量不足なので、グリップエンドに板鉛17gを巻きました

DSC05332.jpg

その上にオーバーグリップテープを二枚巻いて出来上がりです

DSC05333.jpg

改造後のスペック
Strung weight  312gr
Balance point  4PtHL(12.5mm Head Light)

 

 


 
 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

テーマ:写真ブログジャンル : ブログ  
tag | Gamma | RZR | Bubba | Racquets | Wilson | 3.4 | Sledge | Hammer | The | Limits